中国人民銀行関係

中国人民銀行関係のイメージ画像

 2022年1月の期間中の中国人民銀行関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて差し引き6000億元の短期資金を銀行間市場に供給した。週ベースの供給超過としては今年10月最終週以来の大きさ。週内にリバースレポで供給した資金が計6500億元に上った一方、償還期限に伴う吸収は500億元だった。今週のリバースレポは全て7日物で、金利は2.20%に据え置かれた。ほかに、700億元の国庫定期預金が29日に満期を迎え、同額を商業銀行から吸収した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

中国人民銀行関係による2022年1月 発言・ニュース

[2022-01-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて差し引き6000億元の短期資金を銀行間市場に供給した。週ベースの供給超過としては今年10月最終週以来の大きさ。週内にリバースレポで供給した資金が計6500億元に上った一方、償還期限に伴う吸収は500億元だった。今週のリバースレポは全て7日物で、金利は2.20%に据え置かれた。ほかに、700億元の国庫定期預金が29日に満期を迎え、同額を商業銀行から吸収した。

[2022-01-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行傘下の為替市場運営機関、中国外国為替取引システム、2022年の主要人民元指数バスケットの構成を調整すると発表した。1月1日から、バスケットにおける米ドルの比率を18.79%から19.88%に、ユーロは18.15%から18.45%に引き上げたという。

[2022-01-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は5日、7日物リバースレポで100億元の資金供給を実施する。推計で差し引き2000億元吸収。

[2022-01-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・新華社系の経済紙『中国証券報』は5日、中国人民銀行(中央銀行)が2月1日の春節(旧正月)入り前に資金を供給するとの見方を伝えた。ただ、供給手段はリバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)や中期貸出制度(MLF)などの公開市場操作(オペ)で、市場で期待が高まる利下げや預金準備率の再引き下げの可能性は小さいとした。

[2022-01-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は13日、7日物リバースレポで100億元の資金供給を実施する。推計で期日到来額と一致。

[2022-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は1年物MLF金利を2.95%から2.85%、7日物リバースレポ金利を2.2%から2.1%に引き下げると発表した。

[2022-01-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は17日の公開市場操作(オペ)で、中期貸出制度(MLF)を通じて7000億元を供給した。償還期間は1年、金利は前月比0.1%低い2.85%とした。MLF金利の引き下げは20年4月以来1年9カ月ぶり。同金利は人民銀が毎月20日に公表する最優遇貸出金利(LPR、ローンプライムレート)の算出基準になる。

中国人民銀行関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース