中国人民銀行関係

中国人民銀行関係のイメージ画像

 2019年5月の期間中の中国人民銀行関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は6日、7日物リバースレポで700億元の資金供給を実施する。推計で差し引き200億元供給。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

中国人民銀行関係による2019年5月 発言・ニュース

[2019-05-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は6日、7日物リバースレポで700億元の資金供給を実施する。推計で差し引き200億元供給。

[2019-05-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は6日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7344元にすると発表した。前営業日の基準値(6.7286元前後)からは0.0058元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-06][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は6日、中小の銀行向け預金準備率引き下げを決定した。実施日は15日。

[2019-05-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は7日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7614元にすると発表した。前日の基準値(6.7344元前後)からは0.0270元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-08][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は8日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7596元にすると発表した。前日の基準値(6.7614元前後)からは0.0018元程度の元高ドル安水準となった。

[2019-05-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は9日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7665元にすると発表した。前日の基準値(6.7596元前後)からは0.0069元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は10日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7912元にすると発表した。前日の基準値(6.7665元前後)からは0.0247元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行貨幣政策委員会の馬駿委員はこのほど、米中摩擦がエスカレートし、米国が予定通り中国製品への制裁関税を引き上げ、中国が報復措置を取った場合の影響について、中国の国内総生産(GDP)成長率を約0.3ポイント押し下げるとの見通しを明らかにした。ただ、コントロール可能な範囲だとした。『経済通』が10日伝えた。

[2019-05-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週、公開市場操作(オペ)を通じて500億元の短期資金を銀行間市場に供給した。6-8日に連日で実施したリバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)の規模が同額に達した。週内に償還期限を迎えたリバースレポはなかった。前週は1-3日がメーデー連休だったこともあり、オペを通じた資金の出入りがゼロだった。

[2019-05-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は3営業日連続でリバースレポを見送った。推計で差し引き200億元吸収。

[2019-05-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は13日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.7954元にすると発表した。前日の基準値(6.7912元前後)からは0.0042元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-14][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は14日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8365元にすると発表した。前日の基準値(6.7954元前後)からは0.0411元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は14日、納税資金需要などに対応し、中期貸出制度(MLF)を通じて2000億元を市中銀行に供給すると発表した。同日償還のMLF資金1560億元との差し引きで、440億元の供給超過となった。

[2019-05-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は5営業日連続でリバースレポを見送った。推計で差し引き100億元吸収。

[2019-05-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は16日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8688元にすると発表した。前日の基準値(6.8649元前後)からは0.0039元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は17日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8859元にすると発表した。前日の基準値(6.8688元前後)からは0.0171元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は17日、第1四半期の金融政策実施報告書を公表し、米国との貿易戦争に起因する中国経済の減速に対応する措置の一環として、中小企業の金融コスト低減を支援する方針を示した。

[2019-05-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は、「中国経済は安定している。我々には人民元レートを理にかなった水準で安定させる条件と自信、能力がある」とする潘副総裁のコメントを発表した。

[2019-05-20][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は20日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8988元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8859元前後)からは0.0129元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-21][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の発表によると、人民元の対ドル中心レートは1ドル=6.8990元となった。

[2019-05-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は23日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8994元にすると発表した。前日の基準値(6.8992元前後)からは0.0002元程度の元安ドル高水準となった。

[2019-05-23][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行副総裁「為替市場は安定している」「市場のいかなる混乱も防ぐ」、「中国は為替変動に対応する豊富な手段を有している」

[2019-05-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は24日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8993元にすると発表した。前日の基準値(6.8994元前後)からは0.0001元程度の元高ドル安水準となった。

中国人民銀行関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース