中国人民銀行関係

中国人民銀行関係のイメージ画像

 2020年9月の期間中の中国人民銀行関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は1日、7日物リバースレポで200億元の資金供給を実施する。推計で差し引き2300億元吸収。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

中国人民銀行関係による2020年9月 発言・ニュース

[2020-09-01][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は1日、7日物リバースレポで200億元の資金供給を実施する。推計で差し引き2300億元吸収。

[2020-09-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は2日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8376元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8498元前後)からは0.0122元程度の元高ドル安水準となった。

[2020-09-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行「外国の機関投資家が中国の債券デリバティブやETFを取引することを許可」

[2020-09-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は9日、7日物リバースレポで1200億元の資金供給を実施する。推計で差し引き1000億元供給。

[2020-09-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は9日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.8423元にすると発表した。前営業日の基準値(6.8364元前後)からは0.0059元程度の元安ドル高水準となった。

[2020-09-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週の公開市場操作(オペ)で、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)を通じて差し引き2300億元の短期資金を銀行間市場に供給した。週内にリバースレポ操作で6200億元を供給し、償還期限に伴う資金吸収は3900億元にとどまった。

[2020-09-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)が11日発表した金融統計によると、外資系を含めたすべての国内金融機関の各種貸付残高は、2020年8月末時点で前年同月比12.8%増の173兆6600億元だった。

[2020-09-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)が11日発表した金融統計によると、2020年8月の社会融資総量は3兆5800億元で、市場予想の2兆7300億元を上回った。前年同月比では1兆3900億元増えた。

[2020-09-15][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行が15日公表した人民元の売買基準値(中間値)は1ドル=6.8222元と前日比0.0139元と2019年5月中旬以来約1年4ヶ月ぶり元高・ドル安で設定された。なお、対円の基準値は100円=6.4526元と前日比0.0114元の元安・円高だった。

中国人民銀行関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース