ニール・カシュカリ

ニール・カシュカリのイメージ画像

 2022年8月の期間中のニール・カシュカリによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年8月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年8月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-08-01][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・米紙NYタイムズは、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁がインタビューに応じ、FOMCが2会合連続で0.75%利上げを決めた後の市場の反応について触れ、「市場の解釈に驚いた」と述べたと報じている。「FOMCはインフレ率を2%に引き下げるとの決意で一致している。インフレが2%に低下する軌道に十分に乗ってきていると確信するまで、我々は必要なことを続けるだろう。そこに至るまでには長い道のりがある」と語ったという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ニール・カシュカリによる2022年8月 発言・ニュース

[2022-08-01][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・米紙NYタイムズは、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁がインタビューに応じ、FOMCが2会合連続で0.75%利上げを決めた後の市場の反応について触れ、「市場の解釈に驚いた」と述べたと報じている。「FOMCはインフレ率を2%に引き下げるとの決意で一致している。インフレが2%に低下する軌道に十分に乗ってきていると確信するまで、我々は必要なことを続けるだろう。そこに至るまでには長い道のりがある」と語ったという。

[2022-08-04][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレが一過性の可能性は十分にある」「来年の利下げの可能性は低いシナリオだろう」「ソフトランディングは可能だが、どれだけの可能性があるかは分からない」

[2022-08-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレとの闘い、勝利宣言にはほど遠い」「FEDは2%のインフレに戻さねばならない」

[2022-08-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「今日のCPIのデータで私の考えは変わらない」「ンフレが下振れに転じたことを嬉しく思う」「FEDは政策金利を年内3.9%、来年は4.4%へ引き上げ」「FEDはインフレが緩和するまで金利を引き上げる」

[2022-08-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレへの勝利宣言には程遠い」「FF金利は年末に3.9%、来年末に4.4%を見込む」「我々はインフレ率を2%まで下げるというコミットメントについて一致団結している」

[2022-08-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「来年初めに利下げするとの見方は現実的ではない」「近い将来、景気後退(リセッション)に陥る可能性」

ニール・カシュカリの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース