ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-05-12][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「これまでFOMCメンバーは全会一致でマイナス金利に反対だった」「マイナス金利は絶対ダメだとは言わないが、FRBはそれよりも前にやることがある」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「投資家の信頼を失うほどの多すぎる国債発行は避けたい」「新型コロナ危機が去ったなら財政を正常化すべき」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2020-05-15][NP-6.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「雇用データは真のダメージを過小評価」「実際の失業率はおそらく24%から25%」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDが金融システムの崩壊を阻止したことにより、株式の一部が回復」「米国は3Qで成長に戻る可能性が高いが、長い間で失われていたものは回復しない」「失業率はピークからゆっくりと低下します」

[2020-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、米経済が新型コロナウイルス危機から迅速に回復することはあり得ず、ワクチンが開発されるまでは完全に回復しないかもしれないという見方を改めて示したと報じている。

[2020-03-19][NP-6.8 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「新型肺炎は大恐慌並み、もしくはそれ以上の可能性」

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2020-06-20][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「銀行は回復力を高めるために配当を停止すべき」

[2020-06-19][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国の実質的な失業率は約20%」「経済回復は浮き沈みが多く、控えめとなる可能性」

[2020-05-15][NP-6.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「雇用データは真のダメージを過小評価」「実際の失業率はおそらく24%から25%」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDが金融システムの崩壊を阻止したことにより、株式の一部が回復」「米国は3Qで成長に戻る可能性が高いが、長い間で失われていたものは回復しない」「失業率はピークからゆっくりと低下します」

[2020-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、米経済が新型コロナウイルス危機から迅速に回復することはあり得ず、ワクチンが開発されるまでは完全に回復しないかもしれないという見方を改めて示したと報じている。

[2020-05-12][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「これまでFOMCメンバーは全会一致でマイナス金利に反対だった」「マイナス金利は絶対ダメだとは言わないが、FRBはそれよりも前にやることがある」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「投資家の信頼を失うほどの多すぎる国債発行は避けたい」「新型コロナ危機が去ったなら財政を正常化すべき」

[2020-05-08][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「経済はビジネスベースで再開される」
・NBCは、米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、8日に労働省が発表する4月の雇用統計について、多くの人が積極的に職探しをできていないことを踏まえると、実体が過小評価される可能性があるとの考えを示したと報じている。4月の雇用統計で、失業率は17%まで上昇する可能性があるが、実際の失業率は最悪の場合23%まで高まっている恐れがあるという。

[2020-05-07][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「本当の失業率は23-24%と考えているが、明日の米雇用統計ではより低い数値となるだろう」「不景気のシナリオは避けることができるが、回復は長い緩やかなものになるだろう」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「職を探していない人が多いため、明日の雇用統計はダメージを過小評価するだろう」「残念ながら景気回復は遅くなるだろう」

[2020-04-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「議会は素早い行動を継続する必要がある」
・米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は16日、英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)に寄稿し、新型コロナウイルスの感染が拡大しており、米国の大手銀行は直ちに2000億ドルの資本を調達すべきだと主張した。

[2020-03-19][NP-6.8 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「新型肺炎は大恐慌並み、もしくはそれ以上の可能性」

[2020-03-18][NP     HDP +0.0 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「新型コロナウィルスの拡大が急に米経済の危機になった」「ウィルス拡大は急速にリセッションに陥りはじめる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「健康の危機であり、金融危機ではない」「国民がレイオフになると経済が回復するために何年も必要になる」
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大で米経済は2001年9月11日に発生した同時多発テロ後のような緩やかなリセッションに陥るとの見方を示した。ただ、こうした自身の基調的な見方に対する不確実性は大きいと述べている。

(最終更新日時 2020-06-21 11:33)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース