ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-03][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「政策金利は当面の間、現状の水準で維持されるべき」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2024-06-03][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「政策金利は当面の間、現状の水準で維持されるべき」

[2024-05-29][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「2024年には2回以上の利下げは予定していない

[2024-05-28][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「政策の方向性について何も排除すべきではない」「最近のインフレ率は横ばい状態にある」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「物価動向をさらに確認する必要がある」「米経済は引き続き力強さを示している」「利下げを急ぐ必要性は見られない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「利下げを行う前にさらに数カ月、インフレ率が改善する良好なデータを確認したい」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「賃金上昇率は2%目標に比べて依然としてかなり堅調」「米国の労働市場は軟化しているが、依然としてタイト」

[2024-05-16][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBはインフレ率を下げるために経済の潜在的な需要に焦点を当てている」「大きな問題は現在のFRBの政策がどれほど制限的なものであるか」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレの行方を見極めるためには、もうしばらく現状維持が必要になるだろう」

[2024-05-11][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金融政策がどの程度引き締め的かについて慎重な姿勢」「金融政策の今後については見守る姿勢」

[2024-05-08][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金利の長期据え置きとなる可能性が非常に高い」「労働市場が」著しく弱まれば利下げ加速の可能性も」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「今年利下げについては勿論まだ可能性がある」「FRBはインフレ率を2%にするために必要なことを行う」「インフレの進展が停滞していると宣言するには時期尚早」
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は7日、インフレが当局目標への道筋を進んでいるとの確信が得られるまで、金利を現行水準に「長期間」維持する方針だと語った。

[2024-05-07][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「想定する中立金利は2%から2.5%に小幅上昇」「住宅市場は過去に比べて金融引き締め政策に対してより回復力があることが判明している」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「住宅市場の回復力は、少なくとも短期的には中立金利が上昇したことを意味する可能性がある」「問題はディスインフレがまだ進行中なのか、それとも単に時間がかかるだけなのかということ」

[2024-04-19][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ率が2%に戻れば利下げは可能」「インフレが確実に低下するまで忍耐が必要」「利下げはいくらでも待つことが可能」「利下げを2025年まで待つ可能性もある」

[2024-04-05][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「利下げ前にインフレの進展をさらに確認する必要がある」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレが停滞すればFRBは今年利下げしない可能性」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「もし、インフレ鈍化が停滞した場合、FRBは年内利下げしない可能性」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「利下げまで、インフレのいくらかの一段の進展を見る必要がある」「もし、経済が引き続き強かった場合、なぜ利下げを実施するのかが問題に」「利上げは排除していない」

[2024-03-07][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP +0.2]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「さらなる利上げはないというのが基本シナリオ」「利下げの決定はインフレデータ次第」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレが再燃すれば利上げが正当化される可能性がある」「12月には2024年に2回の利下げが行われると予想していた」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「現時点では24年に2回の利下げを検討、1回の可能性も」「米労働市場はバランスが良くなりつつある」

(最終更新日時 2024-06-04 10:40)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース