ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-11-15][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は14日、今後数カ月インフレ率は高水準で推移すると予想しているが、インフレ高進は一時的である可能性が高く、米連邦準備理事会(FRB)は過剰反応すべきではないとの見解を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2021-11-15][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は14日、今後数カ月インフレ率は高水準で推移すると予想しているが、インフレ高進は一時的である可能性が高く、米連邦準備理事会(FRB)は過剰反応すべきではないとの見解を示した。

[2021-11-10][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「需給ショックは一過性であるはず」「高価格は自分の想定以上に長期化」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金融政策においてはオープンマインドを維持している」

[2021-10-01][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「労働市場の回復までにはまだ時間がかかる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「そう遠くない時期にテーパリング(資産購入の段階的縮小)を開始するのは理に適う」

[2021-08-18][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「雇用市場にはまだ多くのスラックがある」「非常に低金利の中で政府支出に価値」「さらに労働者が戻り、物価圧力緩和と予想」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「データを綿密に監視して、高インフレが一時的なものかどうかを確認する」「FRBは必要ならインフレと戦うために金利を引き上げる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「デルタ株はリスク」「最も有力な推測はわれわれが利上げから数年離れている」「仮想通貨は95%が不正、虚偽、ノイズ、混乱」

[2021-08-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁「テーパリングの前にもう少し強い雇用報告を見たい」

[2021-08-06][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・米ミネアポリス地区連銀総裁「労働市場は楽観的だが、デルタ株がリスク」「物価上昇はインフレ期待の上昇に至っていない」「米国は雇用に関して大幅に前進していない」
・ロイター通信によると、米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は5日、新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大によって労働市場の回復が遅れれば、連邦準備理事会(FRB)の量的緩和の縮小(テーパリング)計画に影響が生じる可能性があるとの認識を示した。

[2021-08-02][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・CBSは、米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、新型コロナウイルスのデルタ型変異株の感染拡大をめぐる懸念が、米労働市場の回復を遅らせる可能性があるとの見方を示したと報じている。

[2021-07-19][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は、多くの国内経済セクターが急速な価格上昇に直面しており、閉鎖後の経済再開への適応に苦慮しているとの認識を示した。

[2021-07-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米経済は強力な回復への準備ができている」「まだ700-1000万の米国人が仕事についていない」「秋までにはより強力な労働市場となっているだろう」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「700万から1000万人の国民が依然失業中」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは一時的」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは一時的なもの」「労働市場はインフレの最も重要な要因」「経済の準備が整えば、金融政策の正常化を開始」

[2021-06-29][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が寄稿文のなかで、銀行はあらゆる危機から政府が救済してくれることを期待すべきでないとし、次回の「予期せぬ衝撃」に備えるため、自己資本の増強が必要だと指摘したと報じている。

(最終更新日時 2021-11-16 12:59)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース