ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「歴史的水準を踏まえれば政策金利は低い」「金融市場、FEDの行動前に金利上昇を織り込む」「FEDがどれくらい利上げが必要かは、供給動向次第」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「年末までに少なくとも中立的な金利にする」「経済のバランスを取り戻すために必要なことを行う」「現在はインフレが異常に高く、労働市場が強いので、タカ派になりやすい」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「賃金・物価スパイラルが始まる前にインフレ率を2%まで下げる必要がある」「5年後に多くの人のお金が危険に晒されるよりも、今、暗号資産が崩壊したほうがもしかしたら良いかもしれない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2022-08-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレとの闘い、勝利宣言にはほど遠い」「FEDは2%のインフレに戻さねばならない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「今日のCPIのデータで私の考えは変わらない」「ンフレが下振れに転じたことを嬉しく思う」「FEDは政策金利を年内3.9%、来年は4.4%へ引き上げ」「FEDはインフレが緩和するまで金利を引き上げる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレへの勝利宣言には程遠い」「FF金利は年末に3.9%、来年末に4.4%を見込む」「我々はインフレ率を2%まで下げるというコミットメントについて一致団結している」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「来年初めに利下げするとの見方は現実的ではない」「近い将来、景気後退(リセッション)に陥る可能性」

[2022-08-04][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレが一過性の可能性は十分にある」「来年の利下げの可能性は低いシナリオだろう」「ソフトランディングは可能だが、どれだけの可能性があるかは分からない」

[2022-08-01][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・米紙NYタイムズは、ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁がインタビューに応じ、FOMCが2会合連続で0.75%利上げを決めた後の市場の反応について触れ、「市場の解釈に驚いた」と述べたと報じている。「FOMCはインフレ率を2%に引き下げるとの決意で一致している。インフレが2%に低下する軌道に十分に乗ってきていると確信するまで、我々は必要なことを続けるだろう。そこに至るまでには長い道のりがある」と語ったという。

[2022-06-20][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、FRBが14-15日のFOMCで0.75%の利上げを決めたことを支持し、7月にも同規模の利上げを支持する可能性があると述べた。一方、拙速な利上げには「慎重」であるべきだとも指摘している。

[2022-06-17][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「7月FOMCでの0.75%の利上げを支持する可能性も」「7月FOMC後、物価が沈静化するまで0.5%の利上げペースとなる可能性も」

[2022-05-20][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ率を引き下げるために、どの程度の金利引き上げが必要か分からない」「FRBがどの程度動く必要があるかは供給サイド次第」「ほぼあらゆる指標で好調だが、労働市場は完全には回復していない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「ソフトランディングを成功させる確率は分からない」「長期的な高インフレ体制にあることを示すいくつかのエビデンスがある」「もし長期的であれば、FRBはもっと積極的になる必要があるかもしれない」

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「歴史的水準を踏まえれば政策金利は低い」「金融市場、FEDの行動前に金利上昇を織り込む」「FEDがどれくらい利上げが必要かは、供給動向次第」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「年末までに少なくとも中立的な金利にする」「経済のバランスを取り戻すために必要なことを行う」「現在はインフレが異常に高く、労働市場が強いので、タカ派になりやすい」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「賃金・物価スパイラルが始まる前にインフレ率を2%まで下げる必要がある」「5年後に多くの人のお金が危険に晒されるよりも、今、暗号資産が崩壊したほうがもしかしたら良いかもしれない」

[2022-05-14][NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ低下のため必要な措置を講じる」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレは高すぎる」

[2022-05-09][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「我々はデータ次第で行動」「株式相場動向に焦点をあてていない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBはインフレを低下させることに自信」「労働市場は非常に強い、しかし、インフレは高過ぎ」

[2022-05-06][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「フォワードガイダンスを実行しなければいけない」「中立がどこかを評価し続けなければいけない」「中立金利は2%に留まるというのが私の意見」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「私の見通しで、中立金利は2%」「FRBがインフレを2%まで低下させることができると自信」「FRBはインフレ対処の金融政策で立ち遅れているとは思わない」

(最終更新日時 2022-08-12 19:20)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース