ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-21][NP-3.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「9月FOMCでは利下げだけではなくフォワードガイダンス使用も主張する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、FRBは日銀が金融政策の一環として採用している長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)に類した政策を検討する必要があるとの考えを示した。

[2019-10-11][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米経済は成長するだろうが、目先はリスクに直面」「金利はおおむねニュートラル付近」「ダウンサイドリスクが増大した場合はサポートを強化」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「0.25%の追加利下げを支持」「弱いデータが継続するようなら、さらなる利下げが正当化される」「今のところ主要な金融安定リスクは見当たらない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「賃金の成長はまだまだ」「経済にブレーキをかける時ではない」「金融政策は貿易戦争に対応する適切な手段ではない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「おそらく10月の利下げを支持するだろう」

[2019-10-09][NP     HDP +0.1 CHDP -0.1 RHDP +0.4 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FEDはデータと分析に焦点を当てており、政府にではない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「現時点で量的緩和を政策手段の一つとみている」「米経済がリセッション入りなら金利をゼロにし、その後量的緩和を行う」

[2019-10-07][NP-3.6 HDP +0.1 CHDP -0.1 RHDP +0.4 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「経済はより多くのリスクに直面」「まだどの程度利下げするべきは分からない」

[2019-10-05][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金融政策は経済を前進させる大きな役目がある」

[2019-09-27][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「私は早期の利下げを主張」「経済が過熱している証拠はない」「FEDは金利をより引き下げるべきだった」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米経済見通しはまちまちだが、雇用は引き続き堅調」「賃金が徐々に上昇し始めている」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「前回FOMCではより大幅な利下げを主張」「最近のレポ市場に大きな問題があるとは考えていない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国経済の見通しは強弱まちまち、雇用は強い」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「政策金利が0になるまで再度QEが行われるのを期待すべきではない」「米国の建材見通しはまちまち。労働市場は強い」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「賃金は上昇しているが、完全雇用ではない」「基本的なケースではリセッションを予想しない」

[2019-09-05][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「鈍い賃金の伸びは、完全雇用ではないことを示している」「米経済が過熱している事実は見当たらない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ兆候がでるまでは、FRBは米経済のブレーキを踏むべきではない」「逆イールドカーブが現状、最も懸念されるシグナル」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「最も懸念されるシグナルは利回り曲線の逆転」

[2019-08-22][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁による寄稿文を掲載している。そのなかで、世界経済の減速や米長短金利の逆転、米企業の投資停滞などを指摘したうえで、FRBは足元でフォワード・ガイダンスを活用すべきとの見方を示していた。

[2019-08-21][NP-3.0 HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「9月FOMCでは利下げだけではなくフォワードガイダンス使用も主張する」

[2019-08-19][NP     HDP +0.2 CHDP -0.1 RHDP +0.7 CRHDP +0.1]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁がインタビューで、景気の減速に歯止めをかけるため、利下げや積極的な金融政策がおそらく必要になるという考えを示したと報じている。

(最終更新日時 2019-10-15 11:39)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース