ニール・カシュカリの発言・ニュース

ニール・カシュカリ

 ニール・タシャール・カシュカリは、1973年生まれのアメリカの銀行であり政治家です。

 カシュカリは、ゴールドマン・サックス・グループやパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の出身者で、財務省時代、2008年のリーマンショックによる金融危機時に財務次官補として、問題債権購入計画(TARP)の運営責任者を務めている。

 また、カリフォルニア州知事選に共和党から出馬し落選するものの、コチャラコタ総裁の後継として、ミネアポリス地区連銀総裁に就任している。

HDP

中間派

 HDP   +0.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-12][NP-2.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「低い金利は賃金を押し上げ住宅市場を助ける」「米国はまだ最大雇用ではない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「2.3%のインフレが数年続いたとしても問題はない」「量的緩和は効果的なだが景気回復勢いづけるものではない」「米雇用は最大ではなく、インフレも目標を下回っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニール・カシュカリの発言・ニュース

[2019-06-03][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.0]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、低インフレや貿易摩擦の激化をめぐる懸念は強まっているものの、金融当局が利下げを開始するには時期尚早との認識を示したと報じている。

[2019-05-31][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「対メキシコの関税は米国経済を害する可能性も」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「金融政策を変更する理由は見当たらない」「インフレ予測は1.7%付近で停滞」「メキシコへの関税は米経済にとって痛手となるかもしれない」

[2019-05-17][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBはインフレ2%超えを容認するべき」「インフレ期待は低い」
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、FRBに物価上昇率の22%超えを容認するよう呼び掛けた。

[2019-04-12][NP-2.0 HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.0]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「低い金利は賃金を押し上げ住宅市場を助ける」「米国はまだ最大雇用ではない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「2.3%のインフレが数年続いたとしても問題はない」「量的緩和は効果的なだが景気回復勢いづけるものではない」「米雇用は最大ではなく、インフレも目標を下回っている」

[2019-04-11][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国はまだ完全雇用ではない」「FEDの新たなインフレ戦略により雇用が急増する可能性も」

[2019-04-04][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRB 最大雇用が何かを完全に見誤った」「大統領は自由に意見を述べることができるが、FRBはその話を聞かないだろう」「米経済が過熱しているとも思わないし、ブレーキを踏む必要はない」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBはノイズのあるデータに反応して今利下げをするべきではない」「リセッション対策ではまず利下げとなるが、量的緩和やフォワードガイダンスを活用する可能性も」

[2019-04-01][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が、このところの米経済の弱さが一時的なものなのか、それとも将来的な悪化の兆しなのかが明確になるまで、FRBは市場の圧力に屈して「時期尚早な」利下げに踏み切るようなことがあってはならないという考えを示した、と報じている。

[2019-03-30][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBの休止に満足。利上げする理由はない」「米景気が実際に減速しているとの結論に達した場合は利下げ支持」「利下げが必要かどうかを決定する前に数カ月のデータが必要」

[2019-03-29][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「イールドカーブが、投資家は低成長を予測しているということを表している」「労働市場に緩みがあると引き続き信じている」「来年利上げするべきかと判断するのは時期尚早」

[2019-03-26][NP     HDP +0.3 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP +0.3]
・米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、自身のツイッターで、FRBは過去数年間に米労働市場に予想外に多くの人々が参入したことは、経済の過熱防止に向け高金利が必要な高圧経済の兆候を示しているとの見解を示していると指摘した。これに対し「人々が働くことを選んでいる場合、なぜこれが持続不可能なのか。これは持続不可能な過熱ではなく、むしろ一段の供給の可能性を示しているのではないか」と疑問を呈している。
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)は、インフレ、インフレ期待、賃金上昇を注視すべき」

(最終更新日時 2019-06-05 21:16)

ニール・カシュカリの発言・ニュース バックナンバー

ニール・カシュカリ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース