ニュース

ニュースのイメージ画像

 2024年2月の期間中のニュースによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2024年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2024年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.107%低い(価格は高い)3.794%だった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ニュースによる2024年2月 発言・ニュース

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.107%低い(価格は高い)3.794%だった。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・31日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間1日3時時点の水準で、前営業日終値比0.102%低い(価格は高い)2.166%だった。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ侵攻反対を掲げ、3月のロシア大統領選で出馬を目指す元下院議員ナジェージュジン氏が、候補者登録に必要な署名を中央選挙管理委員会に提出した。中央選管が今後10日以内にナジェージュジン氏の出馬の可否を判断することになるが、反戦ムードの高まりを警戒する政権の意向を受け、出馬が認められない可能性も指摘されている。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・南アフリカのパンドール外相は、国際司法裁判所(ICJ)が示したイスラエルをめぐる判断を受け、すべての国はイスラエルの軍事行動への資金提供を停止する義務を負っているとの見解を示した。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・CNNは、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長がインタビューで、米国のトランプ前大統領が11月の大統領選で再選されたとしてもNATOは弱体化しないとの考えを示したと報じている。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、銀行持ち株会社ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)は31日、株価が記録的な下落となった。2023年に起きた地銀危機の勝ち組と目されていたNYCBは、同年10-12月(第4四半期)決算が予想外の赤字となり、配当を引き下げた。商業不動産が次の波乱要因となる可能性を示す前兆だとして、投資家の懸念が広がっている。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインの下落も一服。NY高値43700ドル台を目先トップに、早朝には42300ドル台まで1500ドルほど下落していたが、さすがに目先は底入れした感がある。足もとは42600ドル台で推移。ただ、再び下値を試す可能性もある、などと警戒心を抱く向きも少なくないようだ。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信は、ウクライナのポドリャク大統領府顧問がインタビューで、ウクライナ軍の一日当たりの砲弾使用数について、東部戦線で攻勢を強めるロシア軍の4分の1程度だとの分析を明らかにしたと報じている。ロシアが北朝鮮から大量の砲弾提供を受けたのに対し、ウクライナは西側諸国による支援の遅れが「深刻な砲弾不足」につながっているという。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、米地銀株が31日の取引で軒並み下落した。ニューヨーク州を地盤とする銀行持ち株会社ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)の予想外の赤字決算と減配を受け、地銀の健全性を巡る懸念が再燃した。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは再下落し42000ドル割れ。一時小康を保っていたものの、ここにきて下落が再燃している感を否めない。テクニカルには41500-700ドルが次のサポートで、下回ると4万ドル割れも見えてくる。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安保理は、国際司法裁判所(ICJ)が1月26日にイスラエルに対し、パレスチナ自治区ガザでのジェノサイド(集団殺害)を防ぐよう命じたことを受け、緊急の公開会合を開いた。日本を含む各理事国からICJの命令順守を求める意見が相次いだが、イスラエルは「集団殺害を実行したのはイスラム組織ハマスだ」と反発したという。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は上値が重い。対ドルでは4万2100ドル台で推移し、BTC円は618万円前後で取引されている。

[2024-02-01][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・スウェーデンクローナ(SEK)は弱含み。スウェーデン中銀は政策金利を予想通り4.00%で据え置いたが、声明文で「2024年前半に利下げを行う可能性を排除できない」と言及すると、クローナ売りで反応した。ユーロクローナは一時11.2821クローナまでユーロ高・クローナ安が進んだ。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日の米株式市場では地銀株が下落。KBW地方銀行株指数は1時2分現在、前営業日比3.31ポイント(3.46%)安の92.41で推移している。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近3月限は急落。一時1バレル=74.15ドル近辺まで値を下げた。「イスラエルが停戦案に合意」との一部報道を受けた。また、この報道を受けてダウ平均は320ドル超上昇した。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・1日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間2日3時時点の水準で、前営業日終値比0.048%低い(価格は高い)3.746%だった。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・中東の衛星テレビ局アルジャジーラは「イスラエルが停戦提案に同意」とのツイートを削除した。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・アルジャジーラがイスラエルが停戦同意のツイート削除。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ハマス関係者はイスラエルとまだ戦闘休止で合意しておらず、戦闘休止案をまだ検討している、と述べた。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、ロシアが占拠するウクライナ南部ザポロジエ原発で、ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムと雇用関係にある作業員の勤務をロシア側が認めないと決めたと明らかにした。グロッシ氏は声明で、「スタッフはすでに大幅に減少している」と指摘し、原発の管理態勢に懸念を示している。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日経新聞は、新しい少額投資非課税制度(NISA)を通じた個人の海外投資が新たな円安圧力になるとの見方が外国為替市場で出てきたと報じている。新NISAのもと、個人が毎月3000億円超を株式など海外資産に投じるとの試算がある。円を外貨に替える需要が発生し、円相場を押し下げる方向に働く。とくに積立投資が多い月の前半に円が弱含む場面が増えそうだという。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が4月以降も現行の自主減産を延長するかどうかを3月に検討し、決定することが分かった、と報じている。1日の合同閣僚監視委員会(JMMC)のオンライン会合では現行方針を据え置いていた。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのガラント国防相は、パレスチナ自治区ガザ南部のハンユニスでイスラム組織ハマスの旅団を解体したと発表した。声明で、イスラエル軍はこれまでにパレスチナ人の戦闘員1万人を殺害し、さらに1万人を負傷で戦闘不能にさせたと指摘。「我々はハンユニスで任務を達成しつつある。またガザとエジプトの境界にあるラファにも到達し、我々を脅かすテロ分子を排除する」とした。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が西部・南浦市の南浦造船所を視察したと報じている。金総書記は「戦争準備を進める上で海軍力強化はもっとも重要な問題になる」と主張し「船舶工業部門が新たな飛躍的発展を遂げることが必要だ」と強調したという。なお、視察日は不明だ。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が4月以降も現行の自主減産を延長するかどうかを3月に検討し、決定することが1日、分かった。関係者2人が明らかにした。この日の合同閣僚監視委員会(JMMC)のオンライン会合では現行方針を据え置いた。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小じっかり。それほど大きな動きにはなっていないが、緩やかな上昇が続いている。足もとは43400ドル台まで上げてきた。上値は重そうだが、続伸リスクを懸念する声も少なくない。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)はもみ合い。対ドルでは4万3100ドル台で推移し、BTC円は633万円前後で取引されている。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、2日の東京株式相場で、米国オフィス向け融資の追加引き当てで赤字転落し株価が急落したあおぞら銀行の余波で保険株に余波が及んでいる。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、中国株式市場では1月の株価下落を受けて、マージンコール(追加担保の差し入れ要求)が相次いでおり、株価が一段と下げれば、投資家が大量の保有株売却を迫られるのではないかとの懸念が浮上している。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、外為市場では、新NISA(少額投資非課税制度)を巡る円売り需要が息の長い取引テーマになりそうだ。同制度を使った外国株投資に伴う円売りが1月月間で8000億円超に上ったとの推計も出てきた。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、1月の米雇用統計では雇用者数が1年ぶりの大幅増となり、賃金も伸びた。労働市場が再び勢いを増していることが示唆された格好だ。

[2024-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、1月の米雇用統計では雇用者数が1年ぶりの大幅増となり、賃金も伸びが加速した。労働市場が再び勢いを増していることが示唆され、利下げが先送りされる可能性が高まった。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・2日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前営業日終値比0.172%高い(価格は安い)3.918%だった。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・2日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前営業日終値比0.092%高い(価格は安い)2.241%だった。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・トルコリラは売りが強まるものの一時的。「トルコ中銀のエルカン総裁が辞任」と伝わると瞬間的に30.45リラ付近から30.58リラ台までリラが売られたが、すぐに元に水準まで戻している。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・2日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前営業日終値比0.172%高い(価格は安い)3.918%だった。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・2日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前営業日終値比0.092%高い(価格は安い)2.241%だった。

[2024-02-03][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・トルコリラは売りが強まるものの一時的。「トルコ中銀のエルカン総裁が辞任」と伝わると瞬間的に30.45リラ付近から30.58リラ台までリラが売られたが、すぐに元に水準まで戻している。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮のミサイル総局が、黄海で巡航ミサイルと新型の対空ミサイルの発射実験を実施したと報じた。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮外務省が、日本が先月、米巡航ミサイル「トマホーク」を購入する契約を正式に結んだことについて、「地域にとって最大の脅威になろうとしている」と非難したと報じている。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・週末、立憲民主党は定期党大会を東京都内のホテルで開いた。泉代表は「次期衆院選で政権交代を必ず成し遂げよう」と訴え、自民党を上回る第1党の議席獲得に向け結束を呼びかけた。自民派閥の政治資金パーティー裏金事件に関し「金権体質を政界から一掃しなければいけない」と強調。事件を受けて政治改革を主導すると明記した2024年度活動計画を採択した。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラク国営通信は、同軍報道官が、イラクの都市が米軍機により空爆されたとし「イラクの主権侵害だ」と非難する声明を発表したと報じている。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連人権理事会が任命した特別報告者らは、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)に対する資金拠出停止の動きに深い懸念を示し、拠出を再開するよう求めた。日米や欧州諸国など計18カ国が拠出を停止したとして「UNRWAが集団的に処罰されてはならない」と強調した。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラム組織ハマスの最高指導者ハニヤ氏は声明で、パレスチナ自治区ガザでの戦闘休止交渉について「戦闘の完全終結とイスラエル軍のガザ撤退」につながる必要があると訴えた。共闘する過激派「イスラム聖戦」などと協議した結果としている。戦闘終結に応じない構えのイスラエルや、仲介役のカタールや米国などをけん制した。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、ガザ地区での戦闘休止と人質解放をめぐる交渉について「どんな取引にも応じない」などと述べ、妥協しない姿勢を強調した。また、ガザ地区でハマスの部隊の7割程度を壊滅させたと主張したうえで、「残る部隊は南部、ラファにいる。我々はそれに対処する」と述べ、多くの人が逃れ、100万人以上が密集しているラファへの攻撃をさらに強める構えを示している。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、S&P500種株価指数は好調を維持しているが、歴史的に見ると2月は米株にとって1年で最も荒れる時期のひとつとなっている。

[2024-02-05][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・今週の米国債市場では、2月6-8日に四半期定例の大型入札が予定されている。前週1月29日には米財務省が、1-3月の連邦政府の借り入れ必要額見通しを下方修正させ、国債発行は来年まで増額がない可能性が示唆された。あくまで需給面では昨年までの国債増発懸念が一服となり、前週には米債価格の上昇と金利低下、ドル安の材料となる場面が見られている。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、イスラエル軍がイスラム組織ハマスの戦闘員の半数以上を死傷させたとし、「完全勝利」まで戦いを続けると言明した。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは底練り商状。欧米タイムの43500ドル台を目先高値に42300ドル台まで1000ドル以上も下落後、足もとも低位揉み合いを続けている。再下落の動きを警戒する声も少なくない。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安保理は、クーデターから3年が経過したミャンマーの情勢に関する緊急会合を非公開で開催した。会合前に日米英など安保理メンバーの9ヵ国が、ミャンマー軍事政権による市民への暴力を「強く非難する」との共同声明を発表している。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信によると、ウクライナのラプチナ退役軍人相が5日、最高会議(議会)に辞表を提出した。ステファンチュク議長が明らかにした。ゼレンスキー大統領は4日放送の国営イタリア放送協会とのインタビューで、ザルジニー軍総司令官の解任を検討していることを認め、政府高官の交代も検討していると述べていた。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は下値堅く、対円では634万円前後で推移。昨日はニューヨーク序盤に買いが強まり、一時646万円台まで上昇した。一巡後は売り戻し優勢となるなか630万円付近まで下押すも、下げたところの買い意欲はまだ強そうだ。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、英エネルギー大手のBPは自社株買いを加速させる。昨年10-12月(第4四半期)の利益が予想を上回った。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は堅調。対ドルでは4万3000ドル台で推移し、BTC円は639万円前後で取引されている。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イエメンの親イラン武装組織フーシ派は、紅海で2隻の船舶にミサイルを発射したと表明した。イエメンのホディダ沖を航行していた商船1隻が軽微な損傷を受けたという。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ最高会議(国会)は、ゼレンシキー大統領による戒厳令と総動員の効力を2024年2月14日から同年5月13日までの90日間延長する大統領令を確定する法律を採択した。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、台湾と外交関係のある中米グアテマラが、中国と正式な通商関係を結ぶことを検討していると報じている。同国外相が明らかにした。台湾との関係は維持する方針だという。1月中旬に就任したアレバロ大統領は、汚職撲滅と中国との関係樹立を掲げている。

[2024-02-06][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ国営通信は、本来であれば3月に行われる同国大統領選が延期されると報じている。ウクライナ最高会議(議会)が、2022年2月に始まったロシアの侵略を受けて全土に発令している戒厳令と総動員令を5月中旬まで90日間延長する法案を可決したためで、同国の法律では「戒厳令下での国政選挙は禁じられ」ている。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・6日のフランクフルト株式相場は反発し、史上最高値を更新した。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前営業日終値比129.18ポイント高の17033.24。株式相場下支えを強化する中国当局の対応が好感されてこの日の中国株が上昇すると、欧州の主要株式市場も買いが先行。引けにかけては買いが強まり上げ幅を広げた。個別ではキアゲン(4.94%高)やシーメンス・エナジー(3.23%高)、バイエル(2.15%高)などの上昇が目立った。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、ロシア軍が制圧しているウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所を7日に訪れると発表した。核燃料の安全性などを確認したのち、グロッシ氏はモスクワを訪問するという。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ウクライナ軍にドローン(小型無人機)専門の部隊を創設する大統領令に署名した。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラム組織ハマスは、エジプトやカタールなど4ヵ国が提示したパレスチナ地区ガザにおける休戦案に対する回答を行ったと発表した。ハマス側の回答の詳細は明らかになっていないものの、カタールはハマスの回答が「ポジティブ」な内容という認識を示している。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が6日発表した今年の国内原油生産増加幅見通しは日量17万バレルで、従来の29万バレルから大幅に下方修正した。増産ペースは2023年の102万バレルから急激に鈍化することになる。

[2024-02-07][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、欧米石油大手5社の2023年通期決算が7日、出そろった。ウクライナ危機に伴うエネルギー価格の急騰で業績が押し上げられた前期の反動で、3社が2桁の減収減益となった。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・タス通信は、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が、ロシア軍の制圧下にあるウクライナ南部のザポロジエ原子力発電所を視察し、原子炉を冷やすための冷却水は十分にあるとの見解を示したと報じている。グロッシ氏の視察にはロシア軍兵士が同行したという。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ東部ハリコフ州の警察幹部は、ロシア軍が7日朝の攻撃で州内に発射したミサイル5発のうち2発について、北朝鮮の短距離弾道ミサイル「KN23」だったとの見方を示した。残骸を調べた専門家の暫定的な分析結果としている。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKは、北大西洋条約機構(NATO)への加盟が注目されているスウェーデンのヨンソン国防相がインタビューに応じ、「我々には強力な防衛産業の基盤がある」と述べ、欧州の安全保障やウクライナ支援におけるスウェーデンの役割を強調し、早期加盟の必要性を訴えたと報じている。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イスラム組織ハマスが、エジプトやカタールなど4ヵ国が提示したパレスチナ自治区ガザにおける休戦案への回答として、135日間にわたる3段階の休戦を提案したと報じている。入手した文書草案で判明したという。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、パレスチナ自治区ガザでの完全勝利は手の届くところにあると述べ、イスラム組織ハマスが提示した休戦案を拒否する姿勢を示した。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、約61兆ドル(約9037兆円)規模の先進国株式で構成するグローバル株価指標、MSCI世界指数が7日、最高値を更新した。ウォール街で続く巨大テクノロジー企業への熱狂が株価指数を押し上げた。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の国会に当たる最高人民会議が韓国との経済協力推進に関する合意を全て破棄することを決議したと報じている。金剛山観光事業の運営に関する特別法など韓国との経済関係について定めた法律の廃止も決議したという。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連のグテレス事務総長は、国連総会で演説し、国際平和に責任を負う安全保障理事会が拒否権を持つ米国とロシアの対立などにより「機能不全の状態だ」と痛烈に批判し、改革を求めた。ロシアによるウクライナ侵攻や、パレスチナ自治区ガザでのイスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘に終わりが見えず「平和が失われている」と危機感を表明している。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は堅調、対円では24時間比で約3%高の658万円台まで上値を伸ばした。BTCドルも4万4500ドル付近で推移している。米国では現物ビットコインETFが承認されて約1カ月が経つ。ETFへの資金流入は続いており、それが相場の支えとなっているもよう。

[2024-02-08][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは右肩上がり。昨日NYの43000ドル前後から44600ドル台まで1500ドルを超える上昇をたどっている。少し遠いが48000ドル台の年初来高値を意識した展開をたどる、といった強気派の声も聞かれていた。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・アイスランド南西部レイキャネス半島で、火山が噴火した。昨年12月以来3度目となる。溶岩流が80メートル上空まで吹き上がり、道路を寸断したほか、水道管も直撃。数千世帯が地熱による温水暖房を失い、緊急警報が発令される事態となっている。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ウクライナ軍のザルジニー総司令官の交代を発表した。後任に陸軍のオレクサンドル・シルスキー司令官を充てる。ゼレンスキー氏は声明で「今日から新しい指導部がウクライナ軍を引き継ぐ」と表明した。ウメロフ国防相も、軍の指導者を交代させる決定が下されたと声明で発表している。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連子どもの権利委員会は、ロシアに対し、占領したウクライナの地域からの子どもたちの強制移送をやめ、家族のもとに戻すように要求した。強制移送は国際法に違反していると訴えた。これに対しロシアは、紛争地域から弱い立場の子どもたちを保護しているだけだと主張している。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イラク軍のラスール報道官は、イランに支援された武装勢力に対する米主導の有志連合軍によるイラクでの度重なる空爆を受け、イラクによる任務が終了に向かっていると発言した。連合軍の動きは「不安定化の要因となっており、イラクを紛争の連鎖に巻き込む恐れがある」との懸念も示した。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、米CPI年次改定控え緊張感、昨年の大幅上方修正踏まえFRBも関心、と伝えた。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連のグテレス事務総長は記者会見で、イスラエルが解体を求めている国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)について、パレスチナ自治区ガザでの「人道支援の屋台骨だ。代替組織はない」と述べ、存続へ理解を求めた。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日のアジア時間に米国債市場は、時間外取引で10年債金利が低下からやや下げ渋り。為替相場では、全般ややドル高に振れている。米GDPの年次改定などをにらんだ展開となっている。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が、朝鮮人民軍創建76年の記念日となった8日、国防省を祝賀訪問したと報じている。金氏は「韓国の傀儡たちをもっとも有害な第一の敵対国家、不変の主敵と定め、有事にその領土を占領・平定することを国是に決めたことは、将来の平和と安定のために極めて妥当な措置だ」と演説。韓国の尹政権への敵対姿勢を改めて鮮明にしたという。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は買いの勢いが増し、対円では一部取引所で693万円台まで上昇して再び700万円が視野に入ってきた。足もとでは689万円台と24時間比4%高の水準で推移している。BTCドルも4万6000ドル台に乗せてきている。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、トレーダーが想定するイングランド銀行(英中央銀行)の今年の利下げ幅が低下している。市場では年内3回の0.25ポイント利下げは、もはや完全には織り込まれていない。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日の欧州外為市場では、ノルウェーの通貨が上昇一服も日中の高値圏を維持。ポーランドやイスラエルの通貨は、下落一服で小幅な反発となっている。

[2024-02-09][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、来週の外為市場でドルは、150円台乗せを視野に入れた攻防となりそうだ。日米金利差をにらんだ買いと介入警戒の売りがぶつかり合い、値幅は小さくなる可能性もあるが、米消費者物価指数(CPI)や日米の中銀幹部発言などを通じて、均衡がどちらに崩れるかを見定める局面となる。

[2024-02-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間10日3時時点の水準で、前営業日終値比0.035%高い(価格は安い)4.085%だった。

[2024-02-10][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・9日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間10日3時時点の水準で、前営業日終値比0.028%高い(価格は安い)2.382%だった。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・NHKは、19日に東京で開かれるウクライナの復興に関する会議で、日本政府は地雷の除去や農業の生産性向上など幅広い分野の支援策を打ち出す方針だと報じている。複数の協力文書をウクライナ側と交わす方向で調整しているという。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナは、ロシア軍による有毒化学物質を装填した弾薬の使用が急増していると非難した。今年1月だけで200回以上に上るという。ロシアはウクライナでの化学兵器の使用を否定すると同時にウクライナ軍が化学兵器を使用していると非難しているが、ウクライナ側も否定している。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのダニロフ国家安全保障・国防会議書記は、1月下旬にロシア西部ベルゴロド州で墜落したロシア軍輸送機に「ウクライナ人捕虜65人は乗っていなかったと断言できる」と述べた。もし事実ならロシア側はウクライナを非難するため「遺体と分かる映像を公開したはずだが、何も示していない」などと不審点を挙げている。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのネタニヤフ首相は、軍などに対し、「イスラム組織ハマスの壊滅」と「住民の避難」を組み合わせた計画を提出するよう指示したと発表した。イスラエル軍はハマス壊滅を目指してパレスチナ自治区ガザ地区南部ラファでの攻撃を強めているが、ラファにはガザ各地から多数の避難民が集まっており、懸念と非難の声が上がっている。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、国防支出が基準に満たないNATO加盟国への攻撃をロシアに促すと警告したトランプ前米大統領の発言について「同盟参加国が相互に防衛しないと示唆することは、米国を含む全加盟国の安全保障を損なう」と批判した。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、9日の米株式市場で、銀行持ち株会社ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)の株価が急反発。トーマス・カンジェミ最高経営責任者(CEO)ら内部関係者が合計で20万株余りの自社株買いを行ったことが明らかにされた。商業用不動産に関連する貸倒引当金の増加と減配を発表した先週以降、同社の株価は約半分に落ち込んでいた。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・フィンランドの現地メディアは、11日に同国大統領選の決選投票が行われ、北大西洋条約機構(NATO)を重視し対ロシア強硬姿勢の与党第1党の国民連合ストゥブ元首相が勝利宣言したと報じている。緑の党ハービスト前外相との接戦を制したという。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は買いの勢いが強まり、対円では722万円台まで上昇。前週(7日前)比では14%高まで上げ幅を拡大している。BTCドルも4万8600ドル台まで値を上げた。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の兵器開発を担う国防科学院が11日に新型の放射砲(多連装ロケット砲)の発射実験をしたと報じている。240ミリの「操縦放射砲」で、軌道を操作するシステムとともに開発したという。従来型よりも命中力を向上させる狙いとみられている。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルメディアは、イスラエル政府がパレスチナ自治区ガザ地区のイスラム組織ハマスとの休戦交渉を再開することを検討していると報じた。ただし、ハマスが今月6日に提示した休戦案からさらに譲歩することが条件だという。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小じっかり。約1ヵ月ぶりの高値である48700ドル台まで一時値を上げた。ただ、そこからは上げ渋っている感も否めない。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、イエメンの親イラン武装組織フーシ派は12日、紅海で貨物船を標的に攻撃を行ったことを明らかにした。

[2024-02-12][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は12日、国有石油会社に原油生産能力拡張の停止を指示したことについて「エネルギー転換のためだ」と説明した。市場の動向に応じて原油の生産能力を継続的に見直す考えも示した。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ビットコイン、2021年12月以来の高値に上昇。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは買いが優勢。対ドルでは一時5万0091ドル前後と2021年12月以来の高値を付けたほか、対円では746万円台と21年11月以来の高値を更新した。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ポーランドのトゥスク首相は、安全保障リスクへの対処について、欧州諸国、北大西洋条約機構(NATO)加盟国、米国とのパートナーシップに代わるものはないとの考えを示した。同首相は12日にフランスを訪問。こののちドイツを訪問する予定だ。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・12日の米国債券相場で長期ゾーンは小幅続落。表面利率4.000%の10年物国債利回りは前営業日比0.01%高い(価格は安い)4.18%で終えた。明日13日の1月米消費者物価指数(CPI)の発表を前に様子見ムードが強く、大きな方向感は出なかった。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、戒厳令と総動員令を5月13日まで延長する法律に署名した。2022年2月の侵攻開始にともない全土に発令され、延長を繰り返している。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、好景気でも浮かぬ米国人、長期的な経済基盤は幅広い社会的・政治的脅威にさらされていると多くが感じている、と伝えた。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・13日の中国株式市場は春節(旧正月)の連休につき休場。取引は19日から再開される。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は上昇一服も底堅さは継続。対円では750万円付近を頭に746万円前後で取引きされている。時価総額が第2位のイーサリアム(ETH)も堅調であり、39万8000円前後と節目40万円を睨む位置での値動き。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは強保ち合い。昨日NYタイムに久しぶりの5万ドル台を回復したものの、依然として上値は重く上げ渋りの様相だ。リスクは上方向だが、上値の重さから調整を警戒する声も聞かれていた。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、昨年の第28回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP28)で議長国を務めたアラブ首長国連邦(UAE)と、今年と来年にそれぞれ議長国となるアゼルバイジャンとブラジルの3ヵ国が、より野心的な二酸化炭素(CO2)排出削減目標を推進するために協力すると明らかにしたと報じている。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・タス通信は、北朝鮮に駐在するロシアのマツェゴラ大使がインタビューで、「米国と韓国が核抑止力を拡大するなど北朝鮮への挑発を続ければ、北朝鮮の指導部は新たな核実験の実施を決定する可能性がある」と述べたと報じている。

[2024-02-13][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、石油輸出国機構(OPEC)のガイス事務局長がインタビューに応じ、サウジアラビアが原油生産能力の拡張を延期したことについて、原油需要が減少していると解釈すべきではないと述べたと報じている。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、1月の米消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る伸びを示した。インフレ鈍化継続への期待に冷水を浴びせる格好となり、連邦公開市場委員会(FOMC)による利下げが遅れる可能性が高まった。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・iシェアーズダウ・ジョーンズ米国不動産インデックス・ファンドは下落。中盤に持ち直しを見せるも伸び悩んでの推移。米国株が下げ主導となっており上値を抑える商状、直前のレンジは84.84近辺から85.22前後の動き。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連のグテレス事務総長は、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの攻撃は「壊滅的な結果」を招くと警告した。そのうえで、イスラエルとイスラム組織ハマスとの戦闘休止に向けた交渉が成功し、イスラエル軍によるラファ攻撃が回避されることを望むとしている。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は底堅さが継続され、対円では744万円台で推移している。昨晩725万円台まで売り押される場面があったものの、一巡後は再び下値を切り上げた。時価総額2位のイーサリアム(ETH)もしっかりとした値動きであり、対円では39万6000円前後。ビットコイン同様に、現物イーサリアムETFの上場に対する期待感が高まりつつあるようだ。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・14日の日経平均は4日ぶり反落。米国株が強い1月CPIを受けて大きく下げたことから、3桁下落スタート。200円超下げて始まった後は動意が乏しい。為替が円安に振れたことが下支え要因となっているほか、ネガティブな影響が予想された大型半導体株がそこまで弱くなく、売りづらさが意識されている。一方、他の銘柄に物色が広がることへの期待は後退したことから、戻りも鈍い。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・パレスチナ自治区ガザ地区のイスラム組織ハマスとイスラエルの戦闘をめぐり、イスラエルと米国、エジプトの情報機関トップらとカタールの首相がエジプトの首都カイロで休戦案について協議した。交渉関係者は「少しずつ前進している」と述べたが、「ハマス壊滅」を目指すイスラエルと「恒久的な停戦」を求めるハマスとの隔たりは大きく、合意にはほど遠いとみられている。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル北部にロケット弾、レバノンからの攻撃がエスカレート。

[2024-02-14][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは堅調だった。対ドルでは一時5万2053ドル前後と2021年12月以来の高値を付けたほか、対円では782万円台と史上最高値を更新した。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、ドル指数は3月半ばまでに5-7%上昇する可能性があると、アカディアン・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、クリフトン・ヒル氏はブルームバーグに語った。マイアミで開催の業界会議出席に合わせてインタビューに応じた。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル首相、市民の退避を許可した後でラファで作戦を開始へ。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・14日の日経平均は4日ぶり反落。終値は260円安の37703円。13日の米国では1月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る強い結果となり、長期金利が大きく上昇。株式には売り材料となり、ダウ平均は500ドルを超える下落となった。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金総書記が、韓国が北朝鮮との海上の境界線とする「北方限界線(NLL)」の無効を強調し、韓国艦船が海域侵犯していると非難したと報じている。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、加盟31ヵ国中18ヵ国が今年、国防費をGDP比2%とする目標を達成する見通しを明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻が続くなか、総国防費が再び過去最大となる見込みも示している。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長がインタビューに応じ、ロシアがウクライナでの戦争で勝利すれば、中国が勢力を増すと警告したと報じている。それを踏まえ、米下院に対し「極めて重要な」ウクライナ支援法案を可決するよう訴えたという。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・パレスチナ自治政府のマリキ外相は、イスラエルのネタニヤフ首相は自分の政治生命の継続だけを気にしていると非難した。「ネタニヤフ首相は、自分の個人的なキャリアや将来のために戦争を続けることを望んでおり、罪のないイスラエル人とパレスチナ人の運命や命、イスラエルの人質やガザ地区の罪のないパレスチナ人のことを気にしていないのは明らかだ」と述べている。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル首相府は、パレスチナ自治区ガザの戦闘休止などの交渉進展にはイスラム組織ハマスの立場変更が必要だとの声明を出した。イスラエルメディアなどによると、ネタニヤフ首相はエジプト・カイロでの15日の休戦案をめぐる協議への代表団派遣を拒否した。休戦やハマスの人質解放をめぐる交渉は難航が続き、先が見通せない。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、ドル指数は3月半ばまでに5-7%上昇する可能性があると、アカディアン・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、クリフトン・ヒル氏はブルームバーグに語った。マイアミで開催の業界会議出席に合わせてインタビューに応じた。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が14日に新型の地対艦ミサイルの発射実験を視察したと報じている。韓国軍は14日、北朝鮮が東岸沖に向けて複数の巡航ミサイルを発射したと発表していた。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、1月から大幅に拡充された日本の個人投資家向け非課税制度は、米国債利回りの上昇を抑制しているほか、今年予想されていた円相場の反発を遅らせている。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、トレーダーが一段の円安進行と政府・日銀による介入の可能性に備える中、円の先物取引では期近限月の建玉が6年ぶりの水準に膨らんだ。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、台湾の沿岸警備当局による取り締まりで14日、中国の小型漁船が転覆し、2人が死亡した。中国のインターネット上で「あまりにもひど過ぎる」と怒りの世論が広がっている。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、国際エネルギー機関(IEA)は15日、世界石油需要の伸びが鈍る一方で、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」以外からの供給は増加の一途をたどっており、年間を通じて市場が供給過剰となる可能性があるとの見通しを示した。

[2024-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・円安によるコスト上昇が響くなかニトリホールディングスの似鳥昭雄会長は日米金融政策転換に望みを託し、まず今春「幅広い企業が5%賃上げを実現すればマイナス金利解除につながる」とし、さらに米国が夏にも利下げに転じ「2024年中に1ドル=130円台前半まで円高が進む」と予想しているという。(了)

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、1月の米小売売上高は広範に減少し、約1年ぶりの大幅減となった。昨年末ホリデー期間の消費は力強く伸びたものの、個人消費には一服感が出ている。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、複数のNATO加盟国が協力してウクライナにドローン(無人機)を100万機提供すると発表した。提供は英国とラトビアが主導し、ラトビア国防省によると、ウクライナを含めドイツやオランダなど7ヵ国が合意書を交わし、参加するという。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・15日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率4.000%の10年物国債利回りは前営業日比0.02%低い(価格は高い)4.23%で終えた。1月米小売売上高が予想を下回ったことで買いが先行したものの、買い一巡後は徐々に上値が重くなった。2月米NY連銀製造業景気指数や前週分の米新規失業保険申請件数などが予想よりも強い内容となったこともあって売りが出やすかった。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記の妹で党副部長の金与正氏が、日本との関係緊密化に障害はなく、岸田首相が平壌を訪問する日が来るかもしれないと述べたと報じている。日本と北朝鮮の正式な外交関係は確立されていないが、岸田は北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け北朝鮮の金朝鮮労働党総書記と会談する可能性を探っていると述べていた。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米紙ワシントン・ポストは、ウクライナ軍の兵員の一部がアウディイウカから撤退を開始したと報じている。同国軍当局者は「(陥落は)時間の問題」と認めているという。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、米ウォール街では中国株を敬遠する向きが多いが、一部のアナリストは中国の半導体企業を投資対象として検討するよう顧客に伝えている。ただし、その恩恵を受けるには時間がかかるかもしれない。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・15日の中国株式市場は春節(旧正月)の連休につき休場。取引は19日から再開される。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、16日の東京株式市場では日経平均株価が一時3万8865円まで上げ、1989年末の史上最高値3万8915円に迫った。投資家が日本株変革の象徴として期待するのが、株主の持ち分である資本対比でどれだけ効率よく稼いだかを示す自己資本利益率(ROE)の成長だ。米欧並みの2ケタも視野に入る。「ROE革命」の成否が長期株高のカギを握る。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、 ウクライナ侵攻を続けるロシア軍は、包囲する東部ドネツク州の激戦地アウディイウカで、ウクライナ軍の主要な補給路を遮断したもようだ。占領地区にロシア国旗が掲げられたことがドローンの映像で確認できたと、双方の軍事ジャーナリストらが15日、SNSで指摘した。事実であれば、同地での攻防は重大局面を迎えた可能性がある。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・16日の欧州外為市場では、ノルウェー、ポーランドの通貨は対ドルで上昇の流れ。日中の高値圏で推移している。イスラエルの通貨は上昇一服となり、小幅に調整反落となっている。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、15日の米株式市場で不動産株が上昇。世界最大の商業用不動産サービス会社CBREグループが好決算を発表し、低迷するオフィスリース市場が最悪期を脱した可能性が示唆された。

[2024-02-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信は、株高、AI人気が主導、金融緩和も支え、と伝えた。日経平均株価は16日、1989年12月の史上最高値に迫った。背景には人工知能(AI)に対する投資家の関心の高まりがある。AIを支える半導体関連企業の株価は日経平均の値動きに大きな影響を与えるため、「相場のけん引役」(大手証券)を担う形だ。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は、北朝鮮が米軍と韓国軍の偵察機が、南北の軍事境界線付近や朝鮮半島周辺の海域の上空を連日、飛行しているとして米韓両国を非難する論評を報じている。そのうえで、「軍事的衝突の可能性が常に存在する朝鮮半島で堂々と偵察行為をするのは、地域の情勢を、破局的な状況に追い込む挑発だ」と反発。さらに、「我々は戦争の危機を高める敵たちをいつでも攻撃して壊滅させられる臨戦態勢にある」と威嚇した。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北朝鮮メディアは、故金正日総書記の生誕82年の記念日を迎え、金徳訓首相や朝鮮労働党と政府の幹部らが、故金日成主席と金正日氏の遺体が安置されている平壌のクムスサン太陽宮殿を訪問したと報じている。金党総書記は含まれず、この記念日に際して訪問が伝えられなかったのは3年連続のこと。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、ベルリンとパリを歴訪し、独仏両国と安全保障協力に関する2国間協定を締結した。ドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領とそれぞれ会談、今後の長期的な支援について協議し、両国との連帯を強調した。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのコスチン検事総長は、ロシアがウクライナに対して使用した北朝鮮の弾道ミサイルは少なくとも24発になったと述べた。昨年12月30日以降、首都キーウ、東部ハリコフ、南部ザポロジエ州などで使われ、市民14人が死亡して70人以上が負傷したという。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナ軍のシルスキー総司令官は、激しい戦闘が続く東部ドネツク州の要衝アブデーフカから部隊が撤退したと明らかにした。ロシア軍による完全包囲を防ぐのが狙いだという。ロシアにとって同州バフムトを掌握した昨年5月以来の大きな戦果を得る道が開かれた。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安全保障理事会は、イスラエル軍の地上侵攻が懸念されるパレスチナ自治区ガザ最南部ラファについて協議する緊急会合を22日に開催すると決めた。議長国ガイアナが明らかにした。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、バイデン米政権がパレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスと戦闘を続けるイスラエルに対し、数千万ドル相当の新たな武器売却を検討していると報じている。ガザ最南部ラファへの地上侵攻を準備するイスラエルに国際社会は批判を強めており、売却すれば批判を受けそうだ。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、今週発表予定の経済統計では、欧州やアジアの製造業活動を測る指標が注目される。回復し始めた生産が勢いを増しつつあるのかどうかを点検する機会となる。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、中国株は春節(旧正月)の休暇から本土のトレーダーが戻る19日、力強い取引再開となりそうだ。好調な旅行・観光データが低迷を極める本土株に待望の支援材料をもたらすとの期待が高まっている。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、投資家や企業の間では、中東での戦争が企業業績への大きなリスクになっているとして警戒感が広がりつつある。イスラム諸国でのボイコットの広がりで売り上げが落ち込んでいるほか、紅海での貨物船攻撃によりサプライチェーンが脅かされている。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのガラント国防相は、パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニスでイスラム組織ハマスの有力部隊を排除したことで、ハマス指導部はガザ地区トップ、シンワール指導者の交代を検討していると述べた。イスラエル軍の決断次第で、軍事組織としてのハマスは完全崩壊するとも語っている。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞は、オイルマネー、日本株に流入、運用受託の「争奪戦」激化と伝えた。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、19日のシンガポール市場で鉄鉱石先物は下落。中国本土市場が春節(旧正月)の連休明けとなる中、投資家は世界最大の輸入国である同国の当面の鉄鋼需要の見通しを見極めている。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは底堅い。欧州序盤に買いが強まり、対ドルでは一時5万2400ドル前後まで上昇したほか、対円では786万円台まで買われている。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、アセットマネジャーの円に対する弱気ポジションが過去1年以上で最大の規模に膨らんでいる。日本株が史上最高値更新に迫る中、海外投資家が引き続き為替リスクを警戒していることを示唆している。

[2024-02-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信は19日、イスラエル軍が続行するイスラム組織ハマスに対する本格的な軍事作戦が今後6週間から8週間は継続する見通しだと報じた。イスラエルと中東地域の当局者の話として伝えた。現在米国やカタールなどが仲介する戦闘休止協議は難航。イスラエルはハマス壊滅に向け強硬姿勢を貫いている。時事通信が引用で伝えた。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は底堅く、対円では787万円前後で推移。前週(7日前)比では9%の上昇率を維持している。また、時価総額で第2位のイーサリアム(ETH)が堅調であり、対円では43万8000円台と前週比で16%超の上げ幅。一部取引所では一時44万円をつける場面もあった。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、日ウクライナ経済復興推進会議が東京都内で開かれたことを受け、岸田首相や日本政府、日本国民に対する謝意をX(旧ツイッター)に投稿した。また、両国の協力関係の強化にも触れ、日本が独自の専門性と経験を持つ復興分野などへの期待を寄せている。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾紙、中国時報は、台湾の離島、金門島周辺海域を航行していた台湾の観光船が、中国海警局の臨検を受けたと報じている。中国漁船が14日に同海域で台湾当局に追われ、海に落ちた2人が死亡したことを受け、中国側はパトロールを強化する対抗措置を表明していた。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・サウジアラビアのジャドアーン財務相は、同国の非石油部門の成長率が中期的に5%を超える見込みだと述べた。従来予想の6%をわずかに下回った。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、イランが高濃縮ウランの生産を続けており、来月には1年ぶりにイランを訪問してこうした動きにブレーキをかけたい考えを示した。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・共同通信は、国連安全保障理事会が、イスラエル軍のパレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの地上侵攻を防ぐため、アルジェリアが提案した「即時人道的停戦」を求める決議案を日本時間21日午前に採決すると決めたと報じている。米国は外交交渉が続いているとして拒否権を行使する構えで表現を後退させた独自の決議案を提出する見通しだという。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは弱含み。足もとでは、対ドルでは5万1600ドル台で推移し、対円では776万円前後で取引されている。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、投資家に人気のインド株だが、高止まりする株価バリュエーション以上の逆風が吹いている。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、マレーシア・リンギットは20日、ドルに対し1998年来以来の安値を付けた。中国経済の低迷がマレーシアの輸出に打撃を与えている。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、他国と共同開発する防衛装備の第三国への輸出解禁を巡り、自民党内で次期戦闘機に限って容認するよう公明党に打診する案が浮上した。自公両党の政調会長は21日に会談する。岸田文雄首相は2月末までに結論を出すよう促しており、与党は検討を急ぐ。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、東京証券取引所が20日に発表した海外投資家の1月の地域別売買動向で、欧州勢による日本株の買越額は1兆8581億円と2017年10月以来6年3カ月ぶりの高水準となった。地域別で欧州の投資家が買い越しとなったのは2カ月ぶり。年初からの株高を欧州勢がけん引していたことを映す。欧州投資家が1月に売買した日本株はおよそ85兆円規模。外国人の売買代金のうち欧州勢のシェアは76%だった。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾で海洋政策を担う海洋委員会の管主任委員(閣僚)は、中国海警局による台湾観光船への臨検が台湾人民の感情を損なったとして遺憾の意を表明した。台湾当局によると、6人の海警局員が19日、台湾の観光船に乗り込み、航路計画、証明書、乗組員免許を確認し、約30分後に立ち去ったという。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・アルゼンチンのカプト経済相は、2月のインフレ率は前月比で20%よりも10%に近い水準になるとの見通しを示した。同国インフレ率は前年比で254%に上り、前月比でも25%を超えていた。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルとイスラム組織ハマスの仲介役を務めるカタールのムハンマド首相は、イスラエルのネタニヤフ首相がハマスに圧力をかけて人質を解放させるようカタールに求めたと発言したことについて、紛争を長引かせようとする試みだと非難した。

[2024-02-20][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは小高い。51500ドル台を目先安値にじり高推移で52300ドル台まで値を上げてきた。まだ土台は不安定だが、上方向のリスクを取り沙汰する向きが少なくないようだ。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は上昇が一服し、対円では795万円付近を頭に766万円台まで上値を切り下げている。NY序盤に買いが強まったBTCドルも、5万3000ドルの手前から5万1600ドル付近まで失速した。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、米ホワイトハウスのマクガーク中東政策調整官が、パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスに拘束されている人質の解放に向けた協議を継続するため、週内に現地を訪問すると報じている。当局者によると、マクガーク氏は21日にエジプト、22日にイスラエルを訪問するという。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安全保障理事会は、非常任理事国アルジェリアが提出したパレスチナ自治区ガザでの「人道的な即時停戦」を求める決議案を採決にかけたが、米国が拒否権を行使し否決された。全15理事国中、日本を含む13ヵ国が賛成、英国が棄権し、米国のみが反対した。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインはVの字型の回復。未明には50800ドル台まで下落していたものの、底入れすると右肩上がりで足もとは52300ドル台での推移となっている。ただ上値も重そうだ。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は上昇が一服し、対円では795万円付近を頭に766万円台まで上値を切り下げている。NY序盤に買いが強まったBTCドルも、5万3000ドルの手前から5万1600ドル付近まで失速した。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、米ホワイトハウスのマクガーク中東政策調整官が、パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスに拘束されている人質の解放に向けた協議を継続するため、週内に現地を訪問すると報じている。当局者によると、マクガーク氏は21日にエジプト、22日にイスラエルを訪問するという。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・国連安全保障理事会は、非常任理事国アルジェリアが提出したパレスチナ自治区ガザでの「人道的な即時停戦」を求める決議案を採決にかけたが、米国が拒否権を行使し否決された。全15理事国中、日本を含む13ヵ国が賛成、英国が棄権し、米国のみが反対した。

[2024-02-21][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインはVの字型の回復。未明には50800ドル台まで下落していたものの、底入れすると右肩上がりで足もとは52300ドル台での推移となっている。ただ上値も重そうだ。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・BTCは一時50651ドルまで下落した。ほぼ2年ぶりの高値で利益確定売り意欲も強いと見られる。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、ウクライナが国際通貨基金(IMF)の総額156億ドルの同国向け融資プログラムから次回供与分として9億ドルを受け取ることで合意に近づいていると報じている。この融資実行はロシアとの戦争で打撃を受けている財政を支えるとともに、米国の金融支援が依然不透明ななかでウクライナへの信任投票となる。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イランがロシアに大量の強力な地対地弾道ミサイルを供与し、両国間の軍事協力を深めているもようだと報じている。関係筋6人が明らかにしたという。イラン筋によると、イランは「ゾルファガール」を含む約400発のミサイルを供与する計画。専門家によると、これらは300-700キロの射程距離にある目標の攻撃が可能だという。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)が発表した2023年の世界の債務総額は313兆ドルと過去最高を記録した。第4四半期に前年同期比で15兆ドル超増えた。新興国債務のGDPに占める比率も最高を更新した。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのメディアは、パレスチナ自治区ガザでの戦闘休止や人質解放に向け、関係国の情報機関トップらによる会合が近く開かれると報じた。戦闘休止をめぐる協議はこれまで、交戦当事者のイスラエルとイスラム組織ハマスの主張が折り合わず難航していた。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグは、浮かび上がる日銀の正常化プロセス、キーワードは「緩和環境維持」と伝えた。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは右肩上がり。未明の50600ドル台を目先安値に右か上がりで、51900ドル台まで値を上げてきた。1000ドルを大きく超える上昇になる。上値は重そうだが、続伸を期待する声も少なくない。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米国の石油パワー、限界は近いか、原油価格の高騰を抑えてきた米生産量の伸びが鈍化、ダイヤモンドバック・エナジーはコスト削減を優先している、と伝えた。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・朝鮮中央通信は論評で、米国のターナー北朝鮮人権問題担当特使の日韓歴訪について、「真の人権保障と縁のない愚かな『人権』謀略策動は通用しない」と反発したと報じている。ターナー氏は先週以降、日韓両政府高官らと会談し、北朝鮮の人権問題に関し連携を確認したとしている。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)時間外取引の米ナスダック100先物「EミニNQ100」は日本時間22日12:40現在、前日比249ドル高の1万7785ドルと大幅高で推移している。好決算を発表した半導体大手エヌビディアが米時間外取引で急伸。他のハイテク株の先高観も高まり、投資家心理が上向いている。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、米石油・ガス探査会社コード・エナジーは、カナダの同業イナープラスを株式と現金を合わせて37億ドル(約5560億円)で買収することで合意した。シェールオイルが豊富な米北部のバッケン地域で大手生産業者が誕生する。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)市場では、時価総額首位のビットコインから2位のイーサリアムに熱狂の中心が移りつつある。現物投資型の米上場投資信託(ETF)で次の承認候補になるとの観測が一因で、投資家の需要拡大が期待されている。

[2024-02-22][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、22日の東京株式市場で日経平均株価が史上最高値を更新したことを受け、閣僚から日本経済にとって明るい兆しと評価する声が相次いだ。バブル崩壊以降、長年続いたデフレからの完全脱却を目指す岸田文雄内閣にとって好材料となる。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのチャンネル12テレビは、同国がパレスチナ自治区ガザに「人道的区域」を設置し、イスラム組織ハマスとの戦闘後に想定するパレスチナ人による統治試験の実施を計画していると報じている。当局者によると、ハマスと関連がなく、民生を管理できるパレスチナ人の人材を模索しているという。ただ、当局者は「ハマスが壊滅し、イスラエルやガザ市民に脅威を及ぼさないという状況なら成功する可能性がある」と述べた。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イエメンの親イラン武装組織フーシ派は、パレスチナ自治区ガザのパレスチナ人との連帯を示すため、紅海やその他の海域で船舶に対する攻撃をエスカレートさせると表明した。攻撃に「潜水艦兵器」を導入したとしている。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で米商業用不動産市場が一変して以降、不動産ローンの貸し手は前向きに借り手と協力することが多かった。しかし、そうした忍耐強さは限界に近づきつつあるようだ。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・パレスチナのマンスール国連大使は、パレスチナ自治区ガザでの即時停戦を求める安保理決議案が米国の拒否権行使で廃案になったことを受け、国連総会の緊急特別会合の開催を要請する意向を示した。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・23日の欧州外為市場では、ポーランドの通貨が反発、ノルウェーやイスラエルも下落一服で小幅な反発となっている。対ドルと対円で一段の上昇と、戻り売り圧力に押される形での反動調整的な反落をにらんだ展開となっている。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、熱電池への投資が拡大、脱化石燃料で期待、鉄鋼などの製造工程において熱電池は化石燃料を代替する可能性がある、アントラは蓄熱・放熱に使うためにカーボンブロックを採用した、と伝えた

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると昨年、短期金利が上昇する中でマネー・マーケット・ファンド(MMF)には1兆ドル(約150兆4500億円)を超える資金が流入したが、こうした資金が次にどこに向かうのかを金融機関は探ろうとしている。

[2024-02-23][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)は伸び悩み、対円では767万円台と今週安値763万円付近を睨む動き。前週比でも2.5%安で推移している。BTCドルが5万900ドル台で推移。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、ロシアのウクライナ侵攻開始から2年に合わせた声明で「ウクライナはNATOに加盟する。加盟するかどうかではなく、いつ加盟するかの問題だ」と強調した。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領とデンマークのフレデリクセン首相は、安全保障協力に関する2国間協定にウクライナ西部リビウで署名した。ウクライナとの同様の協定締結は、英国、ドイツ、フランスに続いて4ヵ国目。G7以外では初めてになる。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、首都キーウでイタリアのメローニ首相、カナダのトルドー首相とそれぞれ安全保障協力に関する2国間協定に署名した。ウクライナと同様の協定を締結したのは英国、ドイツ、フランス、デンマークを含め計6ヵ国となった。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、同国を訪れた米上院民主党トップ、シューマー院内総務らと会談した。シューマー氏によると、ゼレンスキー氏は「米国の支援がなければ戦争に敗北する」と伝えたという。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのウメロウ国防相は、支援国からの兵器の供与について「状況が常に動き、変化しているため、50%は予定通りにとどかない」と述べた。供与の遅れは「国民や領土の喪失」につながるという。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・新経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」のサプライチェーン協定が24日、日本、米国、インド、シンガポール、フィジーの5ヵ国で発効した。半導体やレアメタル(希少金属)など経済安全保障上の重要物資の調達が困難となった場合に、生産活動に支障が出ないよう多国間で融通し合う。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・パレスチナ自治区ガザの休戦案をめぐり、米国、イスラエル、カタール、エジプト4ヵ国の情報機関トップらがパリで協議を再開した。イスラエル紙ハーレツなどは、協議に進展があったと伝えている。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエルのメディアは、同国の代表団が26日にガザの休戦案について協議するため、仲介役のカタールに派遣されると報じている。政府筋によると、ハマスが拘束する人質の解放交渉が今後2週間以内にまとまり実行に移されるなら、イスラエルが準備するガザ最南部ラファへの軍事作戦は延期されるという。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのカミシン戦略産業相は、昨年の兵器生産が3倍に拡大し、現在では国内防衛産業に国営・民間企業500社が携わっていると明らかにした。テレビ放送された会議で、今年は弾薬の生産を大幅に増やす計画だと述べている。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・26日の日経平均株価は東京休場の23日まで米ダウ平均3日続伸を受けリスク選好姿勢を強めた海外投資家中心に買いが優勢となり特に著名投資家ウォーレン・バフェット氏が保有比率を上げた総合商社に買いが広がり一時上げ幅が300円に迫り連日で史上最高値を更新したが半導体中心の利益確定売りに押され、結局、前週末比135円高の3万9233円と続伸して終えた。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は底堅い、対円では775万円台で推移。週末の下押しも761万円付近に留まり、一巡後は買い戻し優勢に。週明け、一部取引所では780万円前後まで上昇した。BTCドルも5万ドル手前で支えられ、足もとでは5万1500ドル近辺で推移している。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、台湾与党・民主進歩党(民進党)と中国大陸で台湾問題を扱う学者が接触していたことがわかった。台湾メディア、中国時報が26日伝えた。5月に発足する民進党の頼清徳政権の対中方針を巡り、水面下で探り合いが始まった可能性がある。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、フィリピンと中国が領有権を争う南シナ海のスカボロー礁に新たな「浮遊障壁」が設置されたことが衛星写真で明らかになった。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、投機筋による円売りが膨らんでいる。米商品先物取引委員会(CFTC)の20日時点のデータによると、ヘッジファンドなど投機筋の売買動向を示す「非商業部門」の米ドルに対する円の売り越し幅は12万778枚(約1兆5000億円)と23年11月中旬以来の高水準だった。日米の金利差が開いた状態が続くとの見方から円売りドル買いが進んでいる。円の売り越し幅は6週連続で拡大している。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海での商船攻撃で、世界の石油取引に広範な混乱が生じている。そうした中、石油タンカー業界には建造される船舶の数が少な過ぎるという長年の警告が突き付けられている。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、債券市場で欧州各国の財政再建への期待が高まっている。財政リスクが懸念されていたイタリアのドイツに対する上乗せ金利(スプレッド)はメローニ政権発足後で最小に縮小した。欧州中央銀行(ECB)の利下げによる金利の低下(債券価格は上昇)を見込んだ投資マネーも流入しており、スプレッドの縮小は続きそうだ。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、世界的な金融ストレスの緩和が円キャリートレードの魅力を高め、さらなる円安と日本の通貨当局による為替介入のリスクを増幅させている。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると。経済見通しがなお良好で、投資家が最近の出遅れ銘柄に資金を投入すれば株式相場は過去最高値を超えてまだ上昇する余地がある。ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストが予想した。

[2024-02-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・26日のNY外為市場では、ポーランドの通貨が対ドルと対円で上昇基調を維持。ノルウェーやメキシコの通貨は上昇を経て、上げ渋りとなっている。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは買いが優勢。対ドルでは一時5万3400ドル台と2021年12月以来の高値まで上げたほか、対円では803万円台まで買われている。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・スロバキアのフィツォ首相は、北大西洋条約機構(NATO)とEUに加盟するいくつかの国が2国間ベースでウクライナ派兵を検討していると述べた。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・26日の米国債券相場で長期ゾーンは反落。表面利率4.000%の10年物国債利回りは前営業日比0.03%高い(価格は安い)4.28%で終えた。米財務省が公表した2年債・5年債の入札がいずれも低調だったとの見方から債券売りが優勢となった。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の蔡総統と次期総統の頼副総統は、台北市内のホテルで開かれた天皇誕生日祝賀会に出席し、地域の平和維持へ日米などと協力していきたい考えを改めて示した。祝賀会は日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)が主催する恒例行事。同所によると、断交後に2003年に会が再開されてから現職の総統や副総統が出席するのは初めてだという。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・イスラエル首相府は、軍が民間人保護を含むパレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの侵攻作戦計画を策定し、戦時内閣に提出したと発表した。イスラム組織ハマスと休戦や人質解放で間接交渉を続けるなか、準備を着実に進める実態が浮かんだ。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインの続伸止まらず。ついには55000ドルを大きく超え、55700ドル台へ。2021年12月以来の高値圏で、ポジションの偏りは気掛かりだが、さらなる続伸が期待されているようだ。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・マレーシア中銀は、通貨リンギットはより高く取引されるべきだ、という見解を示した。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・27日午後の円債市場で新発2年債利回りが一段と上昇し前日比0.015%高い0.170%と2011年7月以来12年7ヶ月ぶり高水準を付けた。日銀マイナス金利解除観測が高まり政策金利の影響を受けやすい2年債利回りが上昇している。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、イスラエルとイスラム組織ハマスの停戦に向けた交渉が進展し、停戦は来週初めにも始まる可能性があると、バイデン米大統領が26日述べた。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイター通信によると、モルガン・スタンレーは26日付のリポートで、日本株に対する楽観的な見方を背景に、今年に入ってから米国市場に上場するアジア株にヘッジファンドの資金が大幅に流入していると指摘した。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本経済新聞によると、韓国のシン・ウォンシク国防相が、北朝鮮によるロシアへの兵器提供が続いているとの見方を示した。ロシアに6700個のコンテナが渡ったと明らかにし、ウクライナ攻撃に主に使う152ミリ砲弾で換算すると300万発以上の分量だと分析した。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は底堅いまま、対円では851万円台で推移。東京昼前に一部取引所で859万円台まで最高値を更新後、840万円付近まで緩む場面があった。しかしながら、持ち高調整が一巡すると再び買い優勢となっている。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・米CNNは、ウクライナのゼレンスキー大統領が、米大統領選で返り咲きを目指すトランプ氏について、ロシアのプーチン大統領を理解しておらず、同大統領の側に付いていると述べたと報じている。「トランプ氏がなぜプーチン氏の側に付くことができるのか理解できない」としたうえで、「驚きだ」と語ったという。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、パレスチナ自治区ガザでイスラエルと戦闘を続けるイスラム組織ハマスが、すべての軍事行動の40日間停止やパレスチナ人の囚人とイスラエル人の人質の交換を含む提案の草案を受け取ったと報じている。パリで行われているガザ停戦協議について知る関係者が明らかにしたという。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、ウクライナのポドリャク大統領府顧問が、西側の民主主義国がウクライナ戦争への直接軍事介入について議論することは良いことであり、ロシアの侵略が欧州にもたらすリスクを認識していることを示していると述べたと報じている。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イスラム組織ハマスの2人の幹部が、イスラエルがイスラム教のラマダン(断食月)期間中にパレスチナ自治区ガザで軍事活動を行わないことに合意したとのバイデン米大統領の発言について、すでに基本合意に達したかのような発言だが時期尚早だと述べたと報じている。

[2024-02-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・台湾の海洋委員会のトップで閣僚の管主任委員は、金門島の沿岸に設定されている「禁止水域」を26日に中国当局の船が無許可で航行していたことが明らかになったことについて、「受け入れるわけにいかない」と中国当局を非難した。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・関係筋「OPECプラス、第2四半期も自主的減産継続を検討」

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、サウジアラビアを訪問し、ムハンマド皇太子と会談した。ロシアによる全面侵攻が3年目に入るなか、自らが提案するロシアとの和平案などについて協議したという。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・独英のほか、スペイン、ポーランド、チェコなどは、ロシアによる侵攻を受けているウクライナに地上軍を派遣する可能性を否定した。米ホワイトハウスも、ウクライナに軍隊を派遣しないと表明している。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、イスラエルがパレスチナ自治区ガザでの「侵略」を終了させた場合のみ、海運の要衝である紅海での船舶に対する攻撃について再考すると表明したと報じている。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ロイターは、レバノンの親イラン組織ヒズボラが、イスラム組織ハマスがパレスチナ自治区ガザでのイスラエルとの停戦案に同意すれば、イスラエルに対する攻撃を停止すると報じている。ハマスは現在、先週パリで行われた仲介者との協議でイスラエルが合意した40日間の戦闘停止という案を検討している。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・香港は不動産市場の過熱抑制策の一部を撤回し、同市場の回復を促す方向にある。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が匿名の関係者を引用して27日、報じた。ブルームバーグも紹介している。陳茂波(ポール・チャン)財政官が28日の予算演説で発表する見込み。撤回される過熱抑制策は一部にとどまる可能性。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・SMBC日興証券では、1月の全国消費者物価指数(CPI)の結果を受けて、コアCPIは(生鮮食品を除くCPI)は2月に再び+2%台後半まで伸びが加速(1月は前年同月比+2.0%)すると予想している。昨年2月から電気・ガス代支援策の効果が生じており、電気・ガス代の前年水準が下がることをその背景に挙げている。一方、財価格や宿泊価格の伸びが鈍化することで、伸びは2月に拡大した後、3月以降は縮小すると予想。2023年度は+2.8%が見込まれるコアCPIの伸びは、2024年度には+1.8%程度まで減速するとSMBC日興では予想している。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・時事通信によると、ウクライナ軍報道官は27日、東部ドネツク州で今月陥落したアウディイウカ近郊の2集落から部隊が引き揚げたと明かした。ウクライナメディアが伝えた。前日も別の集落から撤退したといい、ウクライナ軍は立て直しを急いでいる。前線で指揮を執るタルナフスキー司令官は27日、これら3集落の後方地点を挙げて、「防衛線は安定している」と主張した。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5日続伸し、月間では2021年10月以降で最大の上昇率を記録しそうな勢いだ。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・日本国際問題研究所は28日開催のシンポジウム「東京グローバル・ダイアログ」にて米中対立の長期化を想定し指揮統制連携や相互運用など日米韓の協調体制を強めるべきとの提言を柱とする2023年の戦略年次報告の概要を示した。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは堅調。対ドルでは一時6万ドル台まで上昇し2021年11月以来の高値を付けたほか、対円では908万円台まで買われている。

ニュースの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース