アンゲラ・メルケル

アンゲラ・メルケルのイメージ画像

 2018年6月の期間中のアンゲラ・メルケルによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は4日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁と意見交換を行った。同首相のザイベルト報道官が明らかにした。欧州連合(EU)機関のリーダーらとの非公式協議の一環だという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

アンゲラ・メルケルによる2018年6月 発言・ニュース

[2018-06-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は4日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁と意見交換を行った。同首相のザイベルト報道官が明らかにした。欧州連合(EU)機関のリーダーらとの非公式協議の一環だという。

[2018-06-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、ベルリンを訪問したイスラエルのネタニヤフ首相との共同記者会見で「イランが地域に及ぼす影響を憂慮している」と述べた。ドイツは英仏とともに米国の離脱後もイラン核合意を維持する立場だが、イランによる弾道ミサイル開発やイエメン、シリアでの活動を抑え込んでいくように努めると約束した。

[2018-06-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「G7は共同声明で合意できない可能性がある」「G7首脳会合では困難な議論が予想される」

[2018-06-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、参加した議会で、カナダで8-9日に開かれるG7サミットについて、厳しい議論の場となる見通しを示した。トランプ米大統領とイランや貿易関税をめぐる意見の違いについて協議する意向も表明している。

[2018-06-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、カナダで8-9日に開かれるG7首脳会議(サミット)で、安倍首相と2国間会談を行う方針を明らかにした。そのうえで、「安倍首相との会談を楽しみにしている」「日本は非常に重要なG7のパートナー」などと指摘している。

[2018-06-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「貿易の伸びがG7会合での議題だった」

[2018-06-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、トランプ米大統領が貿易赤字をめぐり他国を批判していることについて、サービス部門を含めると米国は欧州に対して多額の黒字となっているとの見解を示した。

[2018-06-18][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・反難民感情がくすぶるドイツで、難民に融和的なメルケル首相と、強硬派ゼーホーファー内相の対立が深刻化している、と報じている。内相は18日には、首相が反対する難民政策の厳格化を、担当相として即時に決めると警告。首相の求心力が低下するなか、独メディアでは、政権崩壊や総選挙の可能性も取り沙汰され始めたという。

アンゲラ・メルケルの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース