マリオ・ドラギ

マリオ・ドラギのイメージ画像

 2018年4月の期間中のマリオ・ドラギによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-21][NP-1.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「自由でオープンな貿易が世界成長にとり不可欠」「かなりの金融緩和が依然必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

マリオ・ドラギによる2018年4月 発言・ニュース

[2018-04-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏経済の拡大は力強い」

[2018-04-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレが中期的に目標に近づくと確信していると同時に、経済の緩みの度合いに不確実性が依然として存在する」

[2018-04-11][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済の改善につれて賃金やインフレが上昇する」「インフレがECBの目標まで上昇すると確信」「ECBの政策変更は緩やかである必要」

[2018-04-12][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ECBのドラギ総裁は、米中両国が公表した貿易関税がユーロ圏経済に直接及ぼす影響は小さいものの、投資家の信頼感に悪影響を与えるほか、報復措置を招く恐れがあると指摘した。

[2018-04-13][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ドラギECB総裁が、欧州安定メカニズム(ESM)に関する規定をEU法へ組み入れる案を支持する考えを示した。ただそれには、ESMの一段の改革が必要だとの認識も示している。

[2018-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP -0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ見通しに対する信頼感は上昇した」「資産価格の上昇は注視が必要」

[2018-04-21][NP-1.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「自由でオープンな貿易が世界成長にとり不可欠」「かなりの金融緩和が依然必要」

[2018-04-21][NP+3.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「基調的なインフレは緩やかに上昇する見通し」

[2018-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「域内のインフレは依然抑制されている」

[2018-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の成長サイクル、ピークを過ぎた可能性」「潤沢な金融緩和が引き続き必要」

[2018-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ見通しに対する自信は増した」「辛抱強さと粘り強さ、慎重さが必要」

[2018-04-21][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP +0.1]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「基調的なインフレ、緩やかに上昇する見通し」「ユーロ圏の成長サイクル、ピークを過ぎた可能性」「潤沢な金融緩和、引き続き必要」

マリオ・ドラギの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース