OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

OECD(経済協力開発機構)ロゴ

OECD(経済協力開発機構:Organisation for Economic Co-operation and Development)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関です。

 このカテゴリ内ではOECD関係者による世界の経済状態などについての発言や相場に関係のあるニュースを紹介していますが、複数の人物によるHDP・RHDPとなるため数値は目安範囲となります。

 また、OECDの主な目的は、経済成長・開発・貿易の3つ要素から世界経済の発展を目指しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-11-28][NP+3.0 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は28日、2017年の世界の経済成長率を3.2%から3.3%へ上方修正した。なお、16年を2.9%で据え置いた。なお、米国の16年成長率を1.4%から1.5%、17年を2.1%から2.3に引き上げた。
・OECD(経済協力開発機構)は28日、最新の経済見通しを発表した。それによると、米国の2017年成長率見通しは2.3%、2018年は3.0%となっている。またユーロ圏は2017年が1.6%、2018年が1.7%。日本は2017年が1.0%、2018年が0.8%。
・経済協力開発機構(OECD)は28日、世界経済見通しを公表し、日本の2016年の実質成長率を9月時点の前年比0.6%から同0.8%に引き上げた。今夏の経済対策などが円高の影響を抑えていると指摘したうえで、個人消費が成長をけん引するとの見通しを示し、また、日銀には2%の物価目標達成に向けて金融緩和の継続を求めたと同ニュースは伝えている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のOECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は玉木林太郎事務次長(元財務省財務官)が近く退任し、後任に前金融庁金融国際審議官の河野正道氏を充てる方針を固めた。

[2017-04-17][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長へのインタビューとして、米国が離脱したTPPは、まだ「死んでいない」と語り、関係各国に米国と対話を続けるよう呼び掛けたと報じている。

[2017-04-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長へのインタビューとして、「トランプ米政権の保護主義的な貿易政策は世界経済に悪影響を与えかねない」などと述べ、懸念を示したうえで自由貿易の推進を強く訴えたと報じている。

[2017-03-07][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・OECDは7日世界経済の短期見通しを公表した。その中では「中国の債務水準、成長へのリスク」などの見解が示されている。
・経済協力開発機構(OECD)は7日公表した世界経済見通しで、2017年の日本の国内総生産(GDP)伸び率見通しを1.2%と、前回の昨年11月時点の予想から0.2ポイント引き上げた。財政出動が成長を押し上げる。今後の成長率は「現在低水準にとどまる賃金の伸びが、どれほど加速するかに左右される」と分析した。

[2016-11-28][NP+3.0 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は28日、2017年の世界の経済成長率を3.2%から3.3%へ上方修正した。なお、16年を2.9%で据え置いた。なお、米国の16年成長率を1.4%から1.5%、17年を2.1%から2.3に引き上げた。
・OECD(経済協力開発機構)は28日、最新の経済見通しを発表した。それによると、米国の2017年成長率見通しは2.3%、2018年は3.0%となっている。またユーロ圏は2017年が1.6%、2018年が1.7%。日本は2017年が1.0%、2018年が0.8%。
・経済協力開発機構(OECD)は28日、世界経済見通しを公表し、日本の2016年の実質成長率を9月時点の前年比0.6%から同0.8%に引き上げた。今夏の経済対策などが円高の影響を抑えていると指摘したうえで、個人消費が成長をけん引するとの見通しを示し、また、日銀には2%の物価目標達成に向けて金融緩和の継続を求めたと同ニュースは伝えている。

[2016-10-28][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)は、税務情報を各国当局間で交換する国際協定にパナマが加盟したと発表した。タックスヘイブンであるパナマは、富裕層の「税逃れ」の温床と批判されてきたが、協定加盟により資金の流れの透明化が進む可能性もある。

[2016-09-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)は21日、2016年の世界の経済成長率を2.9%、17年を3.2%に引き下げた。なお、米国の16年成長率を1.4%、17年を2.1%に引き下げた。

[2016-07-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務局長に対するインタビューとして、中国で開かれたG20財務相・中銀総裁会議では、超低金利環境を活用して投資を増やし、経済成長を支援することが議論されたと報じている。

[2016-07-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は、参加した会議で、欧州委員会に対し、財政規律違反国のスペインとポルトガルに制裁を科さないよう要請した。
・経済協力開発機構(OECD)は11日、主要な月間経済指標の公表を9月まで中断することを明らかにした。英国が欧州連合(EU)離脱を決定したことで先行き不透明感が出ており、データが不正確または誤解を招く恐れのある内容になる懸念があるため、とされている。

[2016-06-17][NP+3.8 HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)「米インフレ、かたくなに低い状況が続く見通し」「米金融当局はかなり緩和的な政策を維持」「FOMC、マイナスのショックに対応する余地は限定的」
・経済協力開発機構(OECD)「米経済が新たなリセッションに入る可能性は低い」「景気回復を損なわない穏やかな米利上げは正当化される」「2016年と17年の米経済は約2%の成長と予想」

(最終更新日時 2017-05-02 00:29)

OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース バックナンバー

OECD(経済協力開発機構) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース