OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

OECD(経済協力開発機構)ロゴ

OECD(経済協力開発機構:Organisation for Economic Co-operation and Development)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関です。

 このカテゴリ内ではOECD関係者による世界の経済状態などについての発言や相場に関係のあるニュースを紹介していますが、複数の人物によるHDP・RHDPとなるため数値は目安範囲となります。

 また、OECDの主な目的は、経済成長・開発・貿易の3つ要素から世界経済の発展を目指しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-11-28][NP+3.0 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は28日、2017年の世界の経済成長率を3.2%から3.3%へ上方修正した。なお、16年を2.9%で据え置いた。なお、米国の16年成長率を1.4%から1.5%、17年を2.1%から2.3に引き上げた。
・OECD(経済協力開発機構)は28日、最新の経済見通しを発表した。それによると、米国の2017年成長率見通しは2.3%、2018年は3.0%となっている。またユーロ圏は2017年が1.6%、2018年が1.7%。日本は2017年が1.0%、2018年が0.8%。
・経済協力開発機構(OECD)は28日、世界経済見通しを公表し、日本の2016年の実質成長率を9月時点の前年比0.6%から同0.8%に引き上げた。今夏の経済対策などが円高の影響を抑えていると指摘したうえで、個人消費が成長をけん引するとの見通しを示し、また、日銀には2%の物価目標達成に向けて金融緩和の継続を求めたと同ニュースは伝えている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のOECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

[2017-06-15][NP     HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)は15日、「NZ中銀は2018年の遅くから利上げを開始すると予想」「NZドルは若干過大評価の可能性」などの見解を示した。

[2017-06-09][NP     HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・パリで開かれた経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会は、地球温暖化対策の枠組みを定めた「パリ協定」の扱いについて直接言及せず、急速なグローバル化の弊害を指摘する閣僚声明を採択して閉幕した。パリ協定からの離脱を表明し、「自国優先」の姿勢を強める米トランプ政権に配慮した可能性がある。

[2017-06-07][NP+3.0 HDP -1.7 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)、2017年の世界の経済成長率を3.3%から3.5%へ上方修正した。なお、18年を3.6%で据え置いた。なお、米国の17年成長率を2.4%から2.1%、18年を2.8%から2.4%に下方修正した。
・経済協力開発機構(OECD)、日本の成長率は2018年1%、2017年は1.4%と予想されている。

[2017-05-01][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は玉木林太郎事務次長(元財務省財務官)が近く退任し、後任に前金融庁金融国際審議官の河野正道氏を充てる方針を固めた。

[2017-04-17][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長へのインタビューとして、米国が離脱したTPPは、まだ「死んでいない」と語り、関係各国に米国と対話を続けるよう呼び掛けたと報じている。

[2017-04-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長へのインタビューとして、「トランプ米政権の保護主義的な貿易政策は世界経済に悪影響を与えかねない」などと述べ、懸念を示したうえで自由貿易の推進を強く訴えたと報じている。

[2017-03-07][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・OECDは7日世界経済の短期見通しを公表した。その中では「中国の債務水準、成長へのリスク」などの見解が示されている。
・経済協力開発機構(OECD)は7日公表した世界経済見通しで、2017年の日本の国内総生産(GDP)伸び率見通しを1.2%と、前回の昨年11月時点の予想から0.2ポイント引き上げた。財政出動が成長を押し上げる。今後の成長率は「現在低水準にとどまる賃金の伸びが、どれほど加速するかに左右される」と分析した。

[2016-11-28][NP+3.0 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は28日、2017年の世界の経済成長率を3.2%から3.3%へ上方修正した。なお、16年を2.9%で据え置いた。なお、米国の16年成長率を1.4%から1.5%、17年を2.1%から2.3に引き上げた。
・OECD(経済協力開発機構)は28日、最新の経済見通しを発表した。それによると、米国の2017年成長率見通しは2.3%、2018年は3.0%となっている。またユーロ圏は2017年が1.6%、2018年が1.7%。日本は2017年が1.0%、2018年が0.8%。
・経済協力開発機構(OECD)は28日、世界経済見通しを公表し、日本の2016年の実質成長率を9月時点の前年比0.6%から同0.8%に引き上げた。今夏の経済対策などが円高の影響を抑えていると指摘したうえで、個人消費が成長をけん引するとの見通しを示し、また、日銀には2%の物価目標達成に向けて金融緩和の継続を求めたと同ニュースは伝えている。

[2016-10-28][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)は、税務情報を各国当局間で交換する国際協定にパナマが加盟したと発表した。タックスヘイブンであるパナマは、富裕層の「税逃れ」の温床と批判されてきたが、協定加盟により資金の流れの透明化が進む可能性もある。

[2016-09-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・経済協力開発機構(OECD)は21日、2016年の世界の経済成長率を2.9%、17年を3.2%に引き下げた。なお、米国の16年成長率を1.4%、17年を2.1%に引き下げた。

(最終更新日時 2017-06-17 08:14)

OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース バックナンバー

OECD(経済協力開発機構) カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース