パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-05][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「12月に3回目の利上げを予想」「来年3回の利上げを依然として予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国経済は非常に回復力がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国は基本的に最大雇用にある」「米国の労働市場はひっ迫、しかし、質の高い雇用を創出していない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-10-05][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「12月に3回目の利上げを予想」「来年3回の利上げを依然として予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国経済は非常に回復力がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国は基本的に最大雇用にある」「米国の労働市場はひっ迫、しかし、質の高い雇用を創出していない」

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2017-10-18][NP+4.8 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米労働市場にたるみはほとんどない」「今後数年で労働参加率は数パーセント低下する可能性」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁(WSJのインタビューで)「2018年に3度の利上げと予想」「17年にもう1度利上げと予想」

[2017-10-05][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「12月に3回目の利上げを予想」「来年3回の利上げを依然として予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国経済は非常に回復力がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国は基本的に最大雇用にある」「米国の労働市場はひっ迫、しかし、質の高い雇用を創出していない」

[2017-09-30][NP-2.0 HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +3.6 CRHDP -0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「GDPはトレンドを若干上回って推移」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ハリケーンの影響から回復し、GDPは第4四半期に強く反発すると見る」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「労働市場は非常にひっ迫している模様」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FF金利、一時停止は適切」「12月と来年3回の利上げを予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ハリケーンの影響、今四半期のGDPを100bp引き下げへ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ハリケーンの恐ろしいほどの惨状は経済に一時的な影響を与える」「平均的な米国人にとって低インフレは問題ないが、金融政策にはリスクがある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ目標の引き上げに反対しない」「(12月について)待つことは可能」

[2017-09-08][NP     HDP +3.2 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、米経済や金融政策の見通しについて言及しなかった。

[2017-07-12][NP     HDP +3.2 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「再投資を停止し市場の反応を見てから、3度目の利上げを検討すべき」

[2017-06-28][NP     HDP +3.2 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ抑制要因は一時的なもの」「2%インフレ達成予測を18年初期に後ずれ」「2017年の経済成長は平均2.3%を予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「バランスシートの縮小を年内、緩やかに開始へ」「インフレを下方に押し下げている要因は一時的との見解」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「本年あと一回の利上げを支持」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBは依然として緩和的」「我々が望むような賃金上昇は見られない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレが目標から離れれば金利見通し再考も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBの政策は依然緩和的」「今のドルが特に問題とは見ていない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今のドルが特に問題とは見ていない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「自身のリスクのリスクの中で、ドルが特に高い位置にはない」「現在、ドルが特に問題だとは見ていない」

[2017-06-03][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ率は年末ごろに目標の2%に達すると予想」「軟調なインフレ指標巡る懸念は正当化されない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「5月の雇用者13万8000人増は良い数字」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「最近の弱いデータにもかかわらずインフレは依然として軌道上にある」「インフレ率は年末頃には目標の2%に達すると予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年計3回の利上げをなお予想」「年内のバランスシート縮小開始を予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「経済の一番のリスクは財政政策の不確実性」「FOMCは後手に回っていない」

[2017-05-24][NP+4.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3回の利上げがなお適切」「年内のバランスシート縮小開始を見込む」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「バランスシート縮小は時間かけて説明へ」「バランスシート縮小の異なる選択肢をなお協議中」「米労働市場のスラックはほとんど残っていない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「バランスシート縮小の計画説明へ、サプライズ回避」「バランスシートは予測可能で透明なやり方で縮小へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2018年も年3回の利上げペースを維持するのが望ましい」「必要であれば利上げペースを調整する」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「自身の予想には財政刺激策を織り込んでいない」「バランスシート縮小による大きな影響は予想せず」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「賃金の圧力が多少見られ始めている」「米労働市場は極めてひっ迫」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「6月利上げは十分にあり得る」「政治の不透明感が企業の投資を遅らせている」「インフレ再び下振れするサプライズを懸念も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「バランスシート縮小で市場を動揺させたくない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「すべてのFOMC会合で利上げの可能性があると自分は認識している」

[2017-05-22][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁はこの日の講演で、米経済見通しについて言及しなかった。

[2017-05-13][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「依然として今年あと2回の利上げを予想」「米労働市場にはたるみはほとんど残っていない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米失業率、2018年末には最低で4.2%に」「2017年経済は弱いQ1から回復し、2.3%成長を予想している」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2017年の雇用者数、月平均で20万人増に」「インフレ率、年末までに2%で安定する軌道上にある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁は「一回の利上げの後にバランスシートの調整ができるだろう」「バランスシート縮小、2回の追加利上げ後の方を選好」などと述べた。

(最終更新日時 2017-10-19 04:17)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース