パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-04-13][NP+4.6 HDP +1.9 CHDP +0.2 RHDP +1.9 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「4月含め全ての会合はライブで行う」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「もし、エネルギー価格が急伸した場合、一段と積極的な行動が必要になる可能性も」「2016年にFRBが少なくとも3回の利上げを実施する可能性はある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「エネルギー価格の上昇トレンドが継続したら、インフレは2%へ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2017-01-20][NP+4.0 HDP +2.7 CHDP +0.1 RHDP +3.0 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3回の利上げが適切」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ率は今年か翌年に2%の目標に達する方向にある」「米国の雇用状況は良好で労働需要は強い」

[2017-01-12][NP+4.2 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレは本年または、来年に2%目標達成の軌道にある」「本年緩やかなペースでの3回の利上げを支持」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「リセッション(景気後退)確率は高まっていない」「景気リスクは十分均衡している」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ゼロ金利は正常ではなく歪を生じさせる」「景気は緩やかで段階的な利上げに耐えることが出来る」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「選挙後の利回り急伸後、市場は若干調整局面」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FF金利が1%に達する時期にFRBはポートフォリオの再投資終了を考える必要」

[2016-11-17][NP     HDP +2.6 CHDP +0.1 RHDP +2.5 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBの決定は決して政治的ではない」「インフレは低水準で推移」「失業率はちょうど目標水準」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「財政刺激策でFRBはより急傾斜な経路必要な公算」「25BPの利上げを支持」「FRBはインフレ対応で後れを取りたくない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2017年はすべて財政政策次第」「FRBはインフレ対応で後れを取りたくない」

[2016-10-14][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「金融政策の役割には限界がある」「移民が米国経済を加速させる可能性がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「あらゆる手段を選択肢から排除しない」「マイナス金利導入のハードルは高い」「正常化は早いほうが望ましい」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「企業投資の著しい減少を目にした」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「成長を損なうような正常化は望まない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「商業不動産の建設、多少過剰の可能性も」「システミックなリスクを認識していない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「来年少なくとも2回の利上げが好ましい」「大きなショックあれば予測すべて白紙に」
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁「長期的に見たFF金利は恐らく3%付近」「3%に達するまでしばらく時間かかる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「選挙の不透明感なくなるまで待つ方が賢明かもしれない」「FOMCが後手に回るのを懸念」「緩やかなペースでの正常化継続が適切」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「金融政策の正常化は早いほうが望ましい」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「大統領選挙への不透明感が払しょくするまで利上げを待つことが堅実かもしれない」「9月の利上げを支持した」

[2016-10-13][NP-1.0 HDP +2.2 CHDP -0.1 RHDP +2.2 CRHDP -0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「年内1度の金利変更を支持」「賃金上昇の兆しが見られる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「どのFOMC会合にも可能性はある」「米経済に高いリセッションリスクはない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米経済には更に進展の余地ありそうだ」

[2016-09-29][NP     HDP +2.3 CHDP +0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「金融政策が経済にできることは実施した」「財政政策やその他の政策が主導的な役割を果たすべき時になっている」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「自由貿易は経済全体に利益をもたらす
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「全てのFOMC会合がライブ」「インフレ率は2%の目標に向かっていくだろう」

[2016-08-05][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国経済のファンダメンタルズは健全」「世界経済を監視し続けるだろう」「インフレが上昇したら、より積極的な金融政策が必要になる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレが上昇した場合、若干積極的な性格が必要」

[2016-07-14][NP+3.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年は最大で2回の利上げが適切な可能性」「FF金利は2018年末に3%に接近すると予想」「インフレ率は2017年内に2%の目標に戻るだろう」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBはインフレに関して後手に回るリスク」「5月の米雇用統計の悪化は例外的」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレのコア、トリム平均は2%に接近しつつある」

[2016-05-24][NP+4.6 HDP +2.1 CHDP +0.1 RHDP +2.1 CRHDP +0.1]
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁「今年の2、3回の利上げは容易に想像できる」「インフレ率は2017年のある時点で2%に戻るだろう」「FRBの政策はデータ次第だが穏やかに進むだろう」
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁「賃金の伸びの幾つかの兆候を目にし始めている」
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁「経済が自身の予想通りであれば6月の利上げが適切」

[2016-04-13][NP+4.6 HDP +1.9 CHDP +0.2 RHDP +1.9 CRHDP +0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「4月含め全ての会合はライブで行う」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「もし、エネルギー価格が急伸した場合、一段と積極的な行動が必要になる可能性も」「2016年にFRBが少なくとも3回の利上げを実施する可能性はある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「エネルギー価格の上昇トレンドが継続したら、インフレは2%へ」

(最終更新日時 2017-01-21 03:28)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース