パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-18][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「現在の失業率は自然率、またはそれを下回る」「FRBの独立性、米国経済に不可欠」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-01-06][NP-1.0 HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年は2回の利上げが適切とみている」「雇用の伸びは来年末までに月間10万人程度に減速すると予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ率は2019年に2%を若干上回る見通し」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2018年の米GDP、2.5%を若干下回る成長率に」「雇用の伸び、来年末までに月間10万人程度に減速へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「低インフレでFOMCは政策目標を再考する必要も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「経済の過熱を表す著しい兆候は見られない」

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2018-07-13][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレは我々の目標である2%に向けて推移している」「インフレ目標は対称的、2.5%も問題ない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「私のベースラインは2018年3回の利上げ。その先はオープン」「インフレ加速すれば今年4度目の利上げ支持へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「私の基本的シナリオは、本年3回の利上げ、4回も選択肢に」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「もし、インフレが加速したら、本年4回目の利上げを支持する可能性も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレは目標の2%に向かっている」「インフレ目標は対称的であり、2.5%でも問題はない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBは3.00-3.25%まで金利を引き上げる可能性も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「逆イールドになるリスクは避けるべきだ」「フォワードガイダンスは危機の間は不可欠だった」

[2018-05-25][NP+4.6 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2018年3回の利上げの自分のベースラインから離れていない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「あと3、4回利上げすれば中立金利に達する」

[2018-05-22][NP+4.8 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「労働市場に大きなスラックは存在しない」「適切に利上げを行うことが賢明」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米経済は順調。失業率は引き続き低下する可能性が高い」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年はあと2回の利上げを支持。追加の利上げを支持する可能性も」

[2018-04-18][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「現在の失業率は自然率、またはそれを下回る」「FRBの独立性、米国経済に不可欠」

[2018-03-30][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年はあと2回の利上げを予想」「2019年末までにインフレは2%目標に達するか上回る見込み」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「中期的にイールドカーブがスティープ化されることを期待」「イールドカーブがスティープ化されなかった場合は利上げのペースが遅くなる可能性」

[2018-02-21][NP+4.0 HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.0 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米失業率は来年半ばまでに3.6%に低下へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年は2回の利上げが適切」「GDP成長率は2018年が2.5%、2019年が2%あたりになると見込む」「インフレは2019年末までに2%に達すると予想」

[2018-02-08][NP     HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ドル下落が続けばインフレ一気に加速も」「パウエル議長は緩和解除で大きな変化望まない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「ドルがインフレ上昇の一因に」「18年はなお2回の利上げ予想、3回の可能性否定せず」

[2018-01-13][NP     HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年2回の利上げが適切」「ほんのわずかだが、労働市場にはスラックが存在」

[2018-01-06][NP-1.0 HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +3.2 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年は2回の利上げが適切とみている」「雇用の伸びは来年末までに月間10万人程度に減速すると予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ率は2019年に2%を若干上回る見通し」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2018年の米GDP、2.5%を若干下回る成長率に」「雇用の伸び、来年末までに月間10万人程度に減速へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「低インフレでFOMCは政策目標を再考する必要も」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「経済の過熱を表す著しい兆候は見られない」

[2017-11-13][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP -0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「低インフレを懸念」「労働市場にたるみは見られない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「バランスシートの最終的な規模は今後決定する」「バランスシートの縮小、退屈で自動操縦に」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「(年内もう一回の利上げは)軽く書き留めた状態にある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「労働市場の逼迫により、インフレは再び顕在化の可能性」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「12月のコアインフレで大きな動きは見込まれず」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「12月の利上げを支持すると予想」「長期債の低利回りに懸念を抱いている」

(最終更新日時 2018-07-14 11:25)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース