ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、イランのロウハニ大統領と電話会談を行った。そのなかで、米英仏3ヵ国によるシリアへのミサイル攻撃について、「このような行為が続けば、国際関係に混乱をもたらす」と警告し、追加攻撃をしないよう米国などをけん制するとともに、対米共闘の方針を確認したとみられている。
・ロシアのプーチン大統領は、米英仏3ヵ国によるシリア攻撃を受け、欧米が再びシリアを攻撃すれば、世界は混乱に陥ると警告した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2018-04-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、イランのロウハニ大統領と電話会談を行った。そのなかで、米英仏3ヵ国によるシリアへのミサイル攻撃について、「このような行為が続けば、国際関係に混乱をもたらす」と警告し、追加攻撃をしないよう米国などをけん制するとともに、対米共闘の方針を確認したとみられている。
・ロシアのプーチン大統領は、米英仏3ヵ国によるシリア攻撃を受け、欧米が再びシリアを攻撃すれば、世界は混乱に陥ると警告した。

[2018-04-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「シリア情勢をさらに不安定にするいかなる行動も容認しない」
・プーチン大統領は実施した演説で、韓国の文大統領と6月にロシアで会談することを明らかにした。朝鮮半島情勢について協議するとしている。

[2018-04-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「世界の状況、憂慮を禁じ得ない」「ロシアは諸外国と建設的な関係を築く」「ロシアは国際法のもとで全ての義務を尊重する」
・プーチン露大統領「ロシアはサウジアラビアとエネルギー市場に関して協調する」

[2018-04-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・中国の新華社通信によると、ロシアのプーチン大統領は6月に中国を訪問する。

[2018-03-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア大統領選で現職のプーチン大統領が圧勝か、出口調査で70%超の得票率
・18日のロシア大統領選でプーチン大統領が通算4期目の当選を決めた。政権は反体制派の対抗馬を排除し、選挙は事実上プーチン氏の信任投票となった。

[2018-03-02][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、内政・外交の基本方針を示す年次教書演説を行い「ロシアとその同盟国に対する核兵器使用には直ちに報復する」「新戦力によって、我々との国境付近にミサイル防衛(MD)システムや北大西洋条約機構(NATO)の施設を配備するような非友好的な行動は意味がなくなる」と警告した。

[2018-02-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領が、シリア首都ダマスカス近郊の反体制派地域の東グータ地区で続く戦闘を現地時間の27日から毎日、午前9時から午後2時まで停止するよう命じたと報じている。
・ロシアのプーチン大統領は、空爆で多数の犠牲者が出ているシリア首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータ地区について、27日から毎日一定時間、停戦を履行するよう命じた。ショイグ国防相が26日、明らかにした。時事通信が引用して伝えたもの。

[2018-02-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領とドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領が電話会談を行ったと発表した。国連安保理で24日採択されたシリア停戦決議を歓迎し、履行に向けた「共通の努力を続ける重要性」で一致したという。

[2018-01-31][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は参加した会合で、「米国はロシアを北朝鮮やイランと同等の脅威とみなしながら、同時にロシアにイランや北朝鮮問題で何をすべきかについて考えるよう求めている。こうした米国の行動は愚かだ」と指摘した。

[2018-01-30][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、駐日ロシア大使に対日外交の経験が豊富で、駐日公使などを務めたガルージン氏を任命した。同氏は北方領土について、「第2次大戦の結果、ロシアの領土になった」と主張するなど領土問題で強硬派として知られている。

(最終更新日時 2018-04-21 13:50)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース