世界銀行関連の発言・ニュース

世界銀行ロゴ

 世界銀行(World Bank:WB)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関です。

 このカテゴリ内では、世界銀行関係者による複数の発言や関連したニュースですが、それらは世界の国々に向けて発信した内容となるため、HDP・RHDPの数値は目安となります。

 また、世界銀行は1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼ばれていますが、投資家の間では世銀と呼ばれる事も多くあります。

HDP

中間派

 HDP   -1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-06-08][NP-3.6 HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・世界銀行は「世界の17年成長予想を2.8%に下方修正。従来は3.1%」「世界の2016年成長予想を2.4%に下方修正。従来は2.9%」「米国の16年成長予想を1.9%に下方修正。従来は2.7%」「日本の16年成長予想を0.5%に下方修正。従来は1.3%」「ユーロ圏の16年成長予想を1.6%に下方修正。従来は1.7%」「中国の16年成長予想を6.7%に据え置き」などと発表。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の世界銀行関連の発言・ニュース

[2017-02-02][NP     HDP -1.0 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・世界銀行は、トルコの2017年成長率予測を2.7%とした。また2016年は2.1%としている。

[2017-01-11][NP     HDP -1.0 CHDP -0.1 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・世銀「トランプ次期政権による減税が米国や世界経済の成長を押し上げる可能性」
・世界銀行は11日、トルコの2016年のGDP予想を従来の3.1%増から2.5%増に下方修正した。また2017年も従来の3.5%増から3.0%増に引き下げられた。

[2016-10-21][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・世界銀行は20日に公表した商品(コモディティ)市場の四半期見通しで、2017年の原油価格見通しを1バレル=55ドルとし、従来の53ドルから引き上げた。石油輸出国機構(OPEC)による減産合意が供給過多の解消につながると期待されることが背景としている。ただ2016年については平均43ドルで推移するとして、従来見通しを据え置いた。世銀は報告書で「2017年は原油に主導され、エネルギー価格の堅調な上昇が予想される」とし、原油、天然ガス、石炭を含むエネルギー価格は同年は約25%上昇するとの見方を示した、と同ニュースは伝えている。

[2016-09-28][NP     HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・世界銀行は、来年6月で1期目の任期が切れる、キム総裁を続投させることを決めたと発表した。

[2016-06-08][NP-3.6 HDP -0.9 CHDP -0.1 RHDP -0.9 CRHDP -0.1]
・世界銀行は「世界の17年成長予想を2.8%に下方修正。従来は3.1%」「世界の2016年成長予想を2.4%に下方修正。従来は2.9%」「米国の16年成長予想を1.9%に下方修正。従来は2.7%」「日本の16年成長予想を0.5%に下方修正。従来は1.3%」「ユーロ圏の16年成長予想を1.6%に下方修正。従来は1.7%」「中国の16年成長予想を6.7%に据え置き」などと発表。

[2016-05-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・オテ世銀副総裁「マイナス金利は金融機関に弱さをもたらす可能性ある」「世界経済は非常に脆弱」

[2016-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・世界銀行は、中国主導の国際金融機関アジアインフラ投資銀行(AIIB)と協調融資の枠組みに初めて合意したと発表した。AIIBは、2016年中に世銀による開発支援と連携し、総額12億ドルを融資するという。

[2016-03-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・世界銀行は、最新の世界貿易に関する報告書で、2015年の世界全体の輸入が1.7%増と、2014年の3.0%増から伸びが鈍化したと発表した。資源価格の下落と中国の景気減速が連鎖し、新興国の輸入低迷につながったという。

[2016-01-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・世界銀行は、原油や金属など主要な商品市場の見通しを発表した。そのなかで、2016年の原油価格(年平均)を昨年10月時点予測の1バレル=51ドルから37ドルに大きく下方修正している。また、原油を含め主要46品目のうち37品目を下方修正した。

[2016-01-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、世界銀行のチーフエコノミスト、カウシィク・バス氏は、商品(コモディティ)価格が安定すれば、世界経済の成長は改善するとの見方を示した。同氏は「現在の状況では、コモディティ価格の下落が大きな混乱を引き起こしている」とし、「だがコモディティ、とりわけ原油価格が落ち着けば、利点がコストを上回る。そのため年内にやや成長が回復すると見込んでいる」と語った。また、新興国の中でもインドは「最も明るい材料」と指摘。原油安や一段の改革への期待などが経済を支援しており、新興国の中で際立っているとした。

(最終更新日時 2017-02-03 00:04)

世界銀行関連の発言・ニュース バックナンバー

世界銀行関連 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース