ラファエル・ボスティックの発言・ニュース

ラファエル・ボスティック

 ラファエル・ボスティックは1966年生まれのアメリカの経済学者で、アフリカ系アメリカ人として初めての地区連銀総裁です。

 ボスティックは、デニス・ロックハート総裁の後任にアトランタの地区連銀総裁に指名され、住宅政策専門のエコノミストとしての実績を持ちます。

 またオバマ政権期には、米住宅都市開発省で政策開発・研究担当次官補を務め、南カリフォルニア大学教授を歴任するなどし、プライベートでは自身がゲイであることも公開しています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-18][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「逆イールドによる警戒シグナルを重要視せず」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラファエル・ボスティックの発言・ニュース

[2019-07-18][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「逆イールドによる警戒シグナルを重要視せず」

[2019-07-12][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレ期待は目標に向かって進んではいない」「6月の雇用統計は労働市場の健全さを示している」
・ボスティック米アトランタ連銀総裁「6月米雇用統計は米労働市場の健全性を示した」「ダラス連銀の測定ではインフレが目標に近づいていることを示唆」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「世界経済で不透明感が強まった」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「1年前と比べて経済リスクが増大したのは明らか」

[2019-07-10][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは労働市場加熱のメリットとリスクについて討論している」
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は「FRBは景気を幾分過熱させるべきかどうかについて、政策手段の枠踏みにおいて、そして快適と感じられるかどうかを踏まえ検討している」と述べた。また当局者は利下げをいつ、どの程度行うのかについて検討しており「この問題についてFRBは間違いなく話し合っている」と指摘している。

[2019-05-24][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FEDは目標達成のために利用可能なツールをすべて使用」

[2019-05-22][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁は、金融安定をめぐるリスクは「常に検討課題」であり、企業の高債務には注意を要するが、危機的な水準には達していないとの認識を示した。

[2019-05-21][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレ率は目標の2.0%からそれほど乖離していない」「私のモデルでは、自然失業率(NAIRU)は4.1%」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「パウエルFRB議長と金融リスクへの見方を共有している。企業債務のリスクが増大している」

[2019-05-20][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「年内の利下げの可能性はない」

[2019-05-13][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、中国製品への関税引き上げをめぐって、物価上昇で消費支出が抑制されれば、利下げが必要となる可能性に言及した。

[2019-05-10][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「失業率は歴史的な低水準」「景気過熱の兆候は見られない」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「経済が過熱している兆候は見られない」「企業は25%への関税引き上げが物価上昇につながるとの見方」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「景気過熱の兆候は見られていない」「自然失業率は予想よりも低い可能性」
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、インフレが高進する状態は近づいており、中国製品への関税引き上げも物価圧力を押し上げる可能性があるとの見方を示した。
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「我々はインフレ目標に非常に近づいている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレの抑制が出来ない場合、行動する必要」「FRB当局者全員が金利に対して忍耐強くあるという心境」

[2019-04-19][NP     HDP +3.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「金利は上下する可能性があるが、我々は選択性を維持する」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「過剰なリスクは現状では存在しない」「イールドカーブには注意を払い続ける」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「イールドカーブを注視し続ける」

(最終更新日時 2019-07-19 12:00)

ラファエル・ボスティック関係のバックナンバー

ラファエル・ボスティック カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース