ラファエル・ボスティックの発言・ニュース

ラファエル・ボスティック

 ラファエル・ボスティックは1966年生まれのアメリカの経済学者で、アフリカ系アメリカ人として初めての地区連銀総裁です。

 ボスティックは、デニス・ロックハート総裁の後任にアトランタの地区連銀総裁に指名され、住宅政策専門のエコノミストとしての実績を持ちます。

 またオバマ政権期には、米住宅都市開発省で政策開発・研究担当次官補を務め、南カリフォルニア大学教授を歴任するなどし、プライベートでは自身がゲイであることも公開しています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック米アトランタ連銀総裁「サプライチェーンの問題はおそらく当初の予想よりも長引く可能性」「インフレ率は今後も2%を超える可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラファエル・ボスティックの発言・ニュース

[2021-10-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック米アトランタ連銀総裁「サプライチェーンの問題はおそらく当初の予想よりも長引く可能性」「インフレ率は今後も2%を超える可能性」

[2021-10-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック米アトランタ連銀総裁「米雇用減速はテーパリングの予定を狂わせるものではない」「11月のテーパリング開始を支持」

[2021-10-01][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、今週退任を表明したボストンとダラスの2つの地区連銀総裁の後任選出が適切なプロセスで行われ、多様な人が選任対象になると述べた。

[2021-09-30][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「2022年下期に利上げを開始し、23年に3回の利上げを見込む」

[2021-09-29][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、労働市場は混沌としているものの、米経済は完全回復への軌道から外れていないとの認識を示した。ただ「米経済の軌道はしっかりとしている」とし、「自分自身のモデルとデータに基づくと、完全回復への軌道から外れておらず、新型コロナのデルタ変異株の拡散を受けても、勢いは衰えないことが示されている」と指摘。現在のトレントが継続すればテーパリングは正当化されると述べている。

[2021-09-28][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「長期的なインフレ問題に直面しているとは考えていない」「インフレ期待は依然として適度に抑制されている」

[2021-09-10][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・米アトランタ地区連銀のラファエル・ボスティック総裁は、連邦準備制度理事会(FRB)が年内に資産購入の規模縮小(テーパリング)に着手できるとしつつ、今月21~22日の連邦公開市場委員会(FOMC)では決定されないとの見方を示した。

[2021-09-09][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今月のFOMCでテーパリングを決定すると予想していない」「年内にテーパリング(資産購入の段階的縮小)が開始される可能性は残されている」「今のところ長期的なインフレ期待は2%で安定」「依然として2022年後半の利上げを視野に入れている」

[2021-08-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「米雇用増加が引き続き堅調であれば、10月のテーパリング開始が合理的」「8月の雇用増加が6月、7月の雇用増加と一致することが重要」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「テーパリングをできるだけ早く終了させたい」「2022年第1四半期にテーパリングを終了することに異論はない」「インフレの基盤は非常に強力」
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、「基調的なインフレ圧力は非常に根強い」「2022年第1四半期にテーパリングを終了することに異存はない」などの見解を示した。
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「利上げは2022年末を予想」

[2021-07-08][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、感染力が強い新型コロナウイルスのデルタ変異株の台頭で消費者の行動が抑制され、米景気回復が鈍化する可能性があるとの見方を示した。一方、テーパリングが適切になる時期に近づきつつあるとの認識を表明。テーパリングがどのような形で実施されるべきか分析が進められているとしている。
・ロイター通信によると、米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は7日、感染力が強い新型コロナウイルスのデルタ変異株の台頭で消費者の行動が抑制され、米景気回復が鈍化する可能性があるとの見方を示した。

(最終更新日時 2021-10-14 16:43)

ラファエル・ボスティック関係のバックナンバー

ラファエル・ボスティック カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース