ラファエル・ボスティックの発言・ニュース

ラファエル・ボスティック

 ラファエル・ボスティックは1966年生まれのアメリカの経済学者で、アフリカ系アメリカ人として初めての地区連銀総裁です。

 ボスティックは、デニス・ロックハート総裁の後任にアトランタの地区連銀総裁に指名され、住宅政策専門のエコノミストとしての実績を持ちます。

 またオバマ政権期には、米住宅都市開発省で政策開発・研究担当次官補を務め、南カリフォルニア大学教授を歴任するなどし、プライベートでは自身がゲイであることも公開しています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-08-31][NP-4.6 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.5 CRHDP -0.3]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「経済の回復は長期にわたり、とても不規則になるだろう」「景気減速の兆候はいくつかある」「7月と8月経済の回復は横ばいになっている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラファエル・ボスティックの発言・ニュース

[2021-01-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレのリバウンドがどの程度強くなるかを注視」「FEDの2%インフレターゲットにより早く到達することを希望」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレがどれほど強く反発するかを注視」「米国が2%のインフレに早く到達することを望んでいる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「ベーシックインカムの議論は常識外れではない」

[2021-01-12][NP+3.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「米国経済は岐路に立っている」「中長期的な見通しはかなり前向き」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「短期的にはパンデミックの課題に悩まされている」「我々はまだ多くの部門に救済を提供する必要がある」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「雇用市場の回復にはさらに多くの進歩が必要」「不安定な経済は今インフレの理解を複雑にしている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「ワクチン接種が進むにつれて経済は夏までに加速する可能性がある」「ベースラインの見通しは依然として堅調な回復を維持」「3月にさらに救済が必要かどうかを判断」

[2020-11-20][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「財務省の決定にはいささか驚いた」「経済状況を考えると、緊急ファシリティを開いておくのは賢明」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「支援策の失効は人々へのリスクになる」「不確実性が人々の経済活動を抑えている」

[2020-11-18][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁が、新型コロナウイルスの感染が急増し、政府から家計に支給された資金も底を突き始めるなか、10月の小売売上高が冴えなかったことは短期的なリスクを示しているという考えを示した。

[2020-11-17][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「第4四半期の回復が鈍化しても驚かない」「小売売上高の悪化が何か深いものを説明しているのかどうかを見る」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FEDの手段はまだ可能性を残している」「FRBは債券買い増しの必要性を検討」

[2020-10-20][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「広範囲にわたる恒久的な失業は経済にリスクをもたらす」「現在の政策スタンスに満足」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「景気は回復しているが、一部セクターは依然として弱い」「FRBが利上げを行い、支援を解除するには当面時間がかかる」

[2020-09-21][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、2%を超えるインフレ率を容認するというFRBの新戦略を実施するに当たり、インフレ率の四半期ごとの水準ではなく、上昇する速さを注視すると述べた。

[2020-09-18][NP     HDP +2.1 CHDP -0.2 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「行動を起こす前に、インフレ、景気過熱を待つ」「景気鈍化の兆候が見られる」
・ボスティック米アトランタ連銀総裁「2%を超えるインフレ率は容認できるが、水準よりも軌道を注視」「3年程度で新型コロナウイルス以前の景気を回復できる」「長期的には、失業率は3.5-3.75%程度に低下する見通し」

[2020-09-04][NP-5.0 HDP +2.3 CHDP -0.1 RHDP +1.9 CRHDP -0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「ウィルスからの(経済)回復は長期にわたる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FEDはインフレを2%に戻すことができると確信」「インフレの軌跡により重点を置き、実際のレベルにはあまり重点を置いていない」「FEDはすでにインフレを望ましい水準に戻すためのツールを持っている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「資産バブルのリスクを懸念するべき」「回復は非常に不均一に起こる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)は今まで以上に景気刺激をする気だ」「インフレが目標より大きく上回らない限り、そのまま経済が活気づくのを待つのが心地よい」「雇用面の義務を無視はしていなかったが、インフレと雇用の関係が変化していることには理解している」

[2020-08-31][NP-4.6 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.5 CRHDP -0.3]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「経済の回復は長期にわたり、とても不規則になるだろう」「景気減速の兆候はいくつかある」「7月と8月経済の回復は横ばいになっている」

(最終更新日時 2021-01-14 20:40)

ラファエル・ボスティック関係のバックナンバー

ラファエル・ボスティック カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース