ジェームズ・ブラード

ジェームズ・ブラードのイメージ画像

 2020年11月の期間中のジェームズ・ブラードによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「下振れリスクは依然として大きい」「米失業率は大幅に改善する余地がある」「金融政策と財政政策は非常に効果的」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ジェームズ・ブラードによる2020年11月 発言・ニュース

[2020-11-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「下振れリスクは依然として大きい」「米失業率は大幅に改善する余地がある」「金融政策と財政政策は非常に効果的」

[2020-11-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現状FEDは金利を上げる計画はない」「FEDの政策は素晴らしい形」「緊急プログラムが期限切れになっても、いつでも再開できる」「コロナウィルスの感染拡大に懸念はあるが、経済は対応できる」

[2020-11-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの債券購入の現在のペースは効果的」「ワクチンは経済を良くするための鍵ではない」「FEDの政策スタンスを今すぐ変更する理由は見当たらない」「財務安定性、現時点での重要な懸念事項ではない」

[2020-11-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融政策は非常に効果的」「経済全体では大変上手く適応している」「今年のGDPは2.5%減を予測」

ジェームズ・ブラードの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース