ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-11][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは12月に利上げすべきではなかった」「FOMCはインフレが低い中で過剰に予防的だった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「25bpの利下げは大きな影響を与えないだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利下げは経済の急降下と低インフレになったときの保険」「現時点での50bpの利下げは行き過ぎ、緩やかな利下げが必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2019-07-11][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは12月に利上げすべきではなかった」「FOMCはインフレが低い中で過剰に予防的だった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「25bpの利下げは大きな影響を与えないだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利下げは経済の急降下と低インフレになったときの保険」「現時点での50bpの利下げは行き過ぎ、緩やかな利下げが必要」

[2019-06-26][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現状は50bpの利下げを行うべきではない」「保険として利下げを実施する用意」「現状で資産バブルの懸念はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「保険としての利下げを実施する用意時期であるように見える」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年内に2度利下げすればソフトランディングが可能に」「FRB政策は引き締め的から緩和的となる」「6月に利下げ主張、一部は戦略的なものであり今動くべきと判断」

[2019-06-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレが予想よりも大きく低下することや、経済成長の減速が長引いたときのために、保険として利下げをしたかった」「弱いインフレの要因は一時的なものではないと思う」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利下げはインフレが目標の2%に達することを促進したであろう」「低インフレは一時的ではない公算が大きい」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済はリスクの上昇に直面している」「FRBは適切な時期に行動すると確信している」

[2019-06-04][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「近く利下げが適切になる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ押し上げのため近く利下げが適切になる可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2%のインフレターゲットは国際的な基準」

[2019-05-22][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米金利は現在、良い位置にある」「どちらかと言えば、米金利は若干引き締め気味である」「FRBは12月の利上げで行き過ぎた可能性がある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中国による米債売却はそれほど大きな怖れにはならない」「米債利回りは少し心配だ」「米国や世界的なリセッションは前ほどは確率は高くない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年の後半に金利を引き下げる可能性を除外しない」

[2019-05-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「コアインフレが低い状態が続けば利下げを提唱するだろう」
・独紙ハンデルスブラット紙は、米セントルイス連銀のブラード総裁が「米経済は規模が大きくかつ多角化している。米中通商摩擦による影響は米経済の規模を踏まえると小さい」と指摘した、と報じている。問題が長期化しない限り米経済に実質的な害は及ばないとの考えを示したという。

[2019-05-04][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「夏以降も低いインフレ率が続くようであれば利下げが必要になるだろう」

[2019-05-03][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラードSTルイス連銀総裁「製造業の伸びは加速、GDPの成長を支援」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレは若干低い」「低いコアPCEに若干神経質になっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「この機会を利用してインフレ率予想を2%程度に近づけたい」「2019年GDP成長率は2.5%と予想」

[2019-04-18][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「労働市場は引き続きかなり好調」「経済は年初めは弱かったが、4-6月期は良くなると思われる」

[2019-04-12][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・セントルイス連銀のブラード総裁は、米経済の見通しをめぐって金融市場に気掛かりな兆候がうかがえ、FRBは景気拡大を維持するため慎重に対応する必要があるとの考えを示した。

(最終更新日時 2019-07-12 21:17)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース