ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

[2019-08-26][NP-2.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.2]
・米セントルイス連銀のブラード総裁が、9月のFOMCで50ベーシスポイントの利下げについて「活発な議論」が行われることになると語った、と報じている。

[2019-08-16][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「我々は市場、データを注視している」「米消費者は非常に良好」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「マーケットやデータに注意を払っている」「世界経済は減速のさなかにある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場の下振れは一部行き過ぎの可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済データは良好だが、金融政策は前もって判断しなければならない」「市場の下振れは一部行き過ぎの可能性も」

[2019-08-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「マイナス金利、FRBが検討可能な手段のひとつ」

[2019-08-07][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは毎日の貿易交渉に反応していくことはできない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易情勢が世界的な投資と成長の重し」「日々の貿易交渉に金融当局は対応できない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBはすでに貿易不透明性を修正した」「リセッションは差し迫っていない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今後の政策変更を明確にはしない」「リセッションは差し迫っていない」「FEDは貿易の不確実性に対して修正済み」「07-08年のような状況ではない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは短期的な株式市場の変動に対処しない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「6月から自身の見通しが劇的に変わったとは思わない」

[2019-08-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易摩擦巡る応酬にFRBは対応不可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「貿易の制裁の応酬、米金融当局は対応不可能」

[2019-07-20][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「通貨は信頼でき、価値を保持していなければならない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「世界の中銀が暗号資産を注視」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「仮にFEDが25bpの利下げを行った場合、それは予防的な措置」「依然として25bpの利下げは7月のFOMCの議題としてある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今月末のFOMCでは0.25%の利下げを実施すると予想」

[2019-07-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、貿易をめぐる不確実性は長期化が予想され、これがもたらす打撃は政策金利の引き下げによってある程度緩和につながる可能性があると述べたと報じている。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「7月30-31日の会合で大きな利下げはないと思う」「0.25%の利下げを支持する」

[2019-07-18][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード米セントルイス連銀総裁「現時点での利下げ、成長減速への保険に」「2、3回の利下げでイールドカーブが上向く公算」

[2019-07-11][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは12月に利上げすべきではなかった」「FOMCはインフレが低い中で過剰に予防的だった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「25bpの利下げは大きな影響を与えないだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利下げは経済の急降下と低インフレになったときの保険」「現時点での50bpの利下げは行き過ぎ、緩やかな利下げが必要」

(最終更新日時 2019-09-05 17:04)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース