ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2023-01-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは利上げ打ち止め前に可能な限り迅速に5%を上回る水準に引き上げるべき」
・米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、米セントルイス地区連銀のジェームズ・ブラード総裁は18日、インフレ圧力が再び高まるのを防ぐため、政策金利が5%を上回るまで急ピッチの利上げを続けるべきとの見解を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2023-01-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは利上げ打ち止め前に可能な限り迅速に5%を上回る水準に引き上げるべき」
・米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、米セントルイス地区連銀のジェームズ・ブラード総裁は18日、インフレ圧力が再び高まるのを防ぐため、政策金利が5%を上回るまで急ピッチの利上げを続けるべきとの見解を示した。

[2023-01-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「世界経済見通しは明るさを増す」「欧州のエネルギー価格は下落し、中国もゼロコロナ政策転換」「インフレは引き続き極めて高い」「政策金利は少なくとも5%とする必要」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ率はこの先2%に向かっていくと予想」「できる限り速やかに5%超へ政策金利引き上げを」「FEDの金融政策は今のところ成功、23年はディスインフレに」「インフレ率低下予想、市場の楽観は行き過ぎ」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「景気後退リスクはいくらか減退、軟着陸の可能性高まる」「コアインフレは高く金利をより長期にわたってより高くする必要」「高い名目金利の時代に入りつつある」「前倒し利上げが望ましい」

[2023-01-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「労働市場のパフォーマンスは引き続き堅調」「期待に沿って、インフレは減速する可能性が高い」「インフレ予想は2%の目標と一致」「23年の政策金利は十分に制限的」「インフレは依然として高すぎるが、いくつかの点で低下」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利は2023年に十分に制限的になる」「インフレは依然として高すぎるが、緩やかになっている」「2023年にはインフレが緩和するだろう」「インフレ期待はFRBの2%目標と一致」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利上げの前倒しを支持する」「データは次回会合での25bpか50bpの利上げを方向付けている」

[2022-11-29][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場はFOMCがより積極的になる可能性があるリスクを過小評価」「2024年に入っても利上げを継続する必要も」「インフレを抑えるには金利を引き上げる必要」

[2022-11-17][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBの政策はまだ十分なレベルに達していない」「5-7%の金利レンジを示唆」「インフレ抑制のためにさらに金利を引き上げる必要がある」
・ブラード米セントルイス連銀総裁「制限的な政策金利の最低水準は5-5.25%」「ディスインフレが始まると、企業が競争するにつれて急速に進行する可能性」
・ブラード米セントルイス連銀総裁「10月のインフレ指標は励みになるが、来月は逆方向に進む可能性も」「労働市場の落ち着きはあまり見られない」

[2022-10-22][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用市場は非常に強いまま」「堅調な雇用市場がFEDにインフレと戦う余裕を与える」

[2022-09-30][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「英国からの波及が米国の見通しに影響すると思わない」「FRBは世界経済を注視しているが、焦点は米国」「金利をインフレ抑制レベルに引き上げる決意がある」

[2022-09-29][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)の迅速な利上げによりインフレを抑制することを望んでいる」「雇用市場は非常に強い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場は最新のドットプロットでメッセージを理解している」「ドットプロットが、FRBが今年更に利上げをすると予想していることを示している」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレターゲットをいい加減に扱うのは悪い考えだ」「インフレを2%に適切な期間で押し下げる」

[2022-09-28][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国には景気後退リスクがある」

[2022-09-27][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレをターゲットにした体制の信頼性が危険にさらされている」「米国には深刻なインフレ問題がある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米金利は間違いなく抑制的領域に入った」「インフレ目標政策の信頼性が脅かされている」

(最終更新日時 2023-01-20 19:36)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース