ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-03-07][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用統計は2月の米経済が堅調であったことを示している」「米国はしばらく減速する」「コロナウィルスの深刻な減速がどのようになるかは不明」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中国よりはかなり自信がある」「新型コロナウイルスを制御できれば、今年初めの非常に強い経済にすべてが戻るだろう」「金融政策を目先の課題に集中させ続ける」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2020-03-31][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、新型コロナウイルスが原因で機能停止に陥る経済を支えるために、米国が数兆ドル規模を追加で借り入れることは必要な財政出動だと主張。将来に米国が成長する能力を損なうものではないと論じたと報じている。

[2020-03-30][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済支援策はビジネスや賃金安定を目指す」

[2020-03-26][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・セントルイス連銀のブラード総裁が、新型コロナウイルスの感染拡大が米経済にもっとも甚大な被害を与えるのは4-6月となる可能性が高いが、景気は年末までに持ち直すはずだと述べたと報じている。
・セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大で顧客と「接する機会が多い」企業が営業停止を余儀なくされていることで、米国で最大4600万人が失業する恐れがあるとの見解を示したと報じている。

[2020-03-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「コロナウイルスの危機に対処するには、経済活動を半減する必要」「失業保険は、失った収入の最大100%をカバーすべき」「人口の30%が収入援助を必要としている」

[2020-03-07][NP-3.0 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用統計は2月の米経済が堅調であったことを示している」「米国はしばらく減速する」「コロナウィルスの深刻な減速がどのようになるかは不明」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中国よりはかなり自信がある」「新型コロナウイルスを制御できれば、今年初めの非常に強い経済にすべてが戻るだろう」「金融政策を目先の課題に集中させ続ける」

[2020-03-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「市場は最悪なケースを織り込もうとしている」「我々は皆コロナウイルスの影響を判断するのに苦労している」「市場のボラタリティには驚かない」

[2020-03-05][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「ウィルスによるリスクはさらに高まる可能性も」「FEDの金融政策は現状、正しい方向へ向かっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは保険をいくつかかけている」「現状は非常に流動的で、3月の会議へ予断を持つべきではない」「米経済のベースラインは非常に良い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「新型コロナウイルスを巡る状況は引き続き不安定」「今年前半の世界経済は打撃を受けるだろう」

[2020-02-29][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「緊急のFOMC会合が適切だとは感じていない」「3月の会合の結果を予想しない」「市場のFEDに対する信頼性の問題を心配していない」「コロナウィルスが深刻な下振れリスクを提示」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の経済状況は非常に流動的」「株式市場は米国経済と同義ではない」「会合までイベントを注視」「ウィルスが米国の経済的打撃を大きく受けた場合には対応したい」

[2020-02-28][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現時点で追加利下げは基本シナリオではない」「パンデミックになれば追加利下げの可能性」

[2020-02-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・米セントルイス連銀のブラード総裁が、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念が後退すれば、利下げ観測も後退するとの考えを示したと報じている。

(最終更新日時 2020-04-01 17:31)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース