ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2022年に4回の利上げの可能性」「高インフレ下で3月の利上げの可能性は高まった」「高インフレはより速い政策の引き締めを要求」「バランスシートの削減は利上げと並行して行われるべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現時点では今年4回の利上げを予想」「高インフレの中で3月の利上げの可能性はかなり高い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「高インフレで年内4回の利上げの可能性が強まった」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2022年に4回の利上げの可能性」「高インフレ下で3月の利上げの可能性は高まった」「高インフレはより速い政策の引き締めを要求」「バランスシートの削減は利上げと並行して行われるべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現時点では今年4回の利上げを予想」「高インフレの中で3月の利上げの可能性はかなり高い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「高インフレで年内4回の利上げの可能性が強まった」

[2022-01-07][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「オミクロン変異買は経済の大きなリスクにならない」「FRB、3月の利上げも可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2022年の利上げペースはインフレの展開次第」「バランスシート縮小に伴う金融引き締めも可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済はパンデミックに影響を受けた経済から完全に回復した」「労働市場は強く、改善している」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小で、破壊的な利上げが回避できる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「バランスシート縮小で、破壊的な利上げが回避できる」「FRBはバランスシートの水準をパンデミック前、またはそれ以下の規模に縮小可能」

[2021-12-04][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「テーパリング完了前に利上げを検討することもできる」「テーパリングは来年3月までに終了するべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁は講演(ミズーリ銀行協会)「2022年の2回の利上げ予想を維持している」

[2021-12-03][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは緩和的な金融政策を正常化する必要」「今後のFOMCでより速いペースでテーパリングを進めることを検討するべき」「資産価格のインフレもかなりのものだった」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米GDPは回復し、成長の準備ができている」「労働市場は非常にタイトで堅調」「新型コロナウイルス・オミクロン株が米国経済に与える影響を評価するには早すぎる」

[2021-12-01][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「高インフレが持続する確率、50%」

[2021-11-16][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「資産購入縮小ペースを加速させることも可能、選択肢のひとつに」「Q1にテーパー終了で、速めの利上げも選択肢に」「金利はパンデミック前の水準へ」「市場予想に同意、2022年は2回の利上げを予想、データ次第」「テーパー終了前の利上げも可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「資産購入縮小ペースを加速させることも可能、選択肢のひとつに」「Q1にテーパー終了で、速めの利上げも選択肢に」「よりタカ派に転じることが理に適う、物価リスクを管理」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利はパンデミック前の水準へ」「市場の金利予想に同意、2022年は2回の利上げを予想、データ次第」「タカ派姿勢を示す手段として、テーパー終了を待たずに利上げも可能」

[2021-11-10][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード米セントルイス連銀総裁「来年2回の利上げを予想」「経済データに基づいており、予測は時間の経過とともに変化する可能性」「我々に出来ることは来春の状況を評価し、現在の状況を確認すること」

[2021-11-09][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・FOXビジネス・ネットワークは、セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、FRBが2022年半ばをメドに量的緩和の縮小(テーパリング)を終了し、年末までに2回の利上げを実施するという見通しを示した。同時にFRBが必要に応じ、テーパリングを第1四半期中に完了する可能性もあると述べている。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2022年のGDPは4%以上の成長を予想」「中国不動産市場のリスク上昇」「もしインフレが持続すれば、FRBは速やかに行動する必要がある」

[2021-11-08][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済はパンデミックから完全に回復」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「失業率は来年第1四半期に4%を下回るだろう」「2022年に2回の利上げを見込む」

[2021-10-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、現在の高インフレはFRB当局者の大半が想定するほど早期に緩和されない可能性があるとし、FRBに対し資産買い入れプログラムの迅速な縮小を改めて求めた。また、2022年第1四半期までのテーパリング終了を望むとし、そうなればインフレ率が不快なほど高進した場合にFRBが想定よりも早く利上げを行うことができるとしている。

(最終更新日時 2022-01-14 17:12)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース