ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融政策は非常に効果的」「経済全体では大変上手く適応している」「今年のGDPは2.5%減を予測」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2020-11-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融政策は非常に効果的」「経済全体では大変上手く適応している」「今年のGDPは2.5%減を予測」

[2020-11-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現状FEDは金利を上げる計画はない」「FEDの政策は素晴らしい形」「緊急プログラムが期限切れになっても、いつでも再開できる」「コロナウィルスの感染拡大に懸念はあるが、経済は対応できる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの債券購入の現在のペースは効果的」「ワクチンは経済を良くするための鍵ではない」「FEDの政策スタンスを今すぐ変更する理由は見当たらない」「財務安定性、現時点での重要な懸念事項ではない」

[2020-11-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「下振れリスクは依然として大きい」「米失業率は大幅に改善する余地がある」「金融政策と財政政策は非常に効果的」

[2020-10-22][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは長期間金利を低い水準で維持する」「現状のFEDの政策は素晴らしい状況」「マイナス金利は米国においては良い選択肢ではない」

[2020-10-12][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、米雇用市場は回復しており、米経済が年末まで回っていくのに十分なリソース(資金)が存在するとの認識を示したと報じている。

[2020-10-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは2021年末まで政策スタンスを変更しないだろう」「7-9月期の米GDPは30%成長となる見込み」「米失業率は年末までに6.5%に低下する見込み」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBが一段の刺激策実施を必要とする場合は、資産購入が最善となる公算が大きい」

[2020-10-01][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済により強気になっている」

[2020-10-01][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済により強気になっている」

[2020-09-25][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2020年末までに米国は完全回復に近付く可能性もある」「失業率は今後数カ月で急速に低下する可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「失業率は4.6-5.2%に低下する可能性」「FRBの政策と財政政策は非常に効果的」「ダウンサイドリスクは引き続きある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米経済、今年中に完全回復に近づく可能性も」「ダウンサイドリスクは依然として存在」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「力強い3Qおよび4Qの経済指標は失われたものの回復に役立つ可能性」「経済はパンデミックリスクに迅速に適応」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「失業率は今後数か月で急速に低下する可能性」「失業率は4.6%から5.2%の間になる可能性」「FEDと財政政策は非常に効果的」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは2%のインフレを望む」「FEDの政策金利は見通しに関係なく同じと予想」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「より早い回復もFEDの金利引き上げを後押ししない」「2021年のインフレ圧力は通常よりも高い」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在のところ、金融緩和策は概ね適切」「2021年は通常よりもインフレ圧力が高まる可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは政策と経済について見守る余裕がある」「インフレは来年すぐに2%に上昇する可能性」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「先行きに関して多くの人より楽観的」「FEDの多くが景気の下振れリスクを過大評価」

[2020-09-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、各国中銀が推し進める信用緩和や政府が抱える巨額赤字、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うサプライチェーンの障害といった要因が重なることで、物価は予想以上に高進する可能性があるという考えを示した。

(最終更新日時 2020-11-20 19:01)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース