ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁は、米国の長短利回り格差はまだ健全な状態には戻っていないものの、FRBが昨年に実施した3回の利下げの効果を見極めるため、政策を少なくとも1年は現行にとどめることが適切になるとの考えを示した。

[2020-01-10][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの利下げにより経済見通しが改善」「金融政策は2018年よりもはるかに支援的」「利下げは財政状況の緩和に大きな影響を与えた」「地政学的リスクは高まっているが、原油価格はまだ高くなっていない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2020年の貿易に関する不確実性は低下」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2019の利下げはリスクに対する保険」「オイルショックが発生しても米国は耐えうる位置にある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは今年上期は政策効果の様子見すべき」「2020年も労働市場は力強いと予想」
・米セントルイス地区連銀のブラード総裁は9日、米経済は昨年台頭していた景気後退リスクを回避した公算が大きく、米中貿易摩擦を巡る最も深刻な懸念は「幾分緩和した」と語った。

[2019-12-20][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2020年に金利の変更を行う必要はない」「イールドカーブの上昇は見通しにプラス」「2018年12月の利上げは間違いだった」「金融政策の変更には高いハードルがある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは2019年に政策をかなり大きく調整した」「2020年に金利を変更する理由は見られない」「貿易の不確実性は低下している」

[2019-11-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「より正常な状態にあるイールドカーブは経済に強気になる可能性」

[2019-10-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは会合ごとに金利を決定する」「予想以上に急激な景気減速が進むリスクがある」「貿易摩擦によるリスクは依然高い」
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、ロンドンの会合で行う講演原稿が明らかになったと報じている。それによると、プラード氏は貿易などのリスクが依然高水準で、米経済が想定以上に速いペースで減速する可能性があると指摘。それを踏まえ、FRBは「今後、さらなる緩和措置を選択する可能性があるが、会合ごとに判断を下すことになる」との認識を示すもようだ。

[2019-09-26][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年末まで更に25bp利下げが必要」
・セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、FRBが年内に政策金利をさらに0.25%引き下げるべきと改めて指摘した、と報じている。ただ、次回のFOMC前に判断するのは避けたいとし、経済指標に基づいて決定すると述べている。一方、トランプ大統領に対する弾劾調査の開始については、FRBの金融政策に影響するとは想定していないと指摘した。

[2019-09-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「主なリスクは米経済が予想以上に減速すること」「世界的な成長の鈍化が米経済の拡大を圧迫する可能性」「貿易の不確実性は世界的な投資の阻害要因」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年、0.25%の追加利下げを支持」

[2019-09-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラードST連銀総裁「市場からの潜在的なリセッションのサインを無視すべきではない」「ニュートラルなFFレートは2%未満」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「リセッションの可能性を示す市場のシグナルを無視すべきではない」「今年あと1回の利下げを予想」

[2019-09-20][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「50bpの利下げはより早い2%のインフレ回復を手助けする」「高い金利がリスクに対する保険となる」「FEDの金利目標は他国の金利と非常に強く関係している」

[2019-09-04][NP-4.8 HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「急降下している米金利や貿易戦争に対して積極的な行動が必要」

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース