ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融政策の変更について話すには早すぎる」「21年の米成長は6.5%を予想」
・セントルイス連邦準備銀行のブラード総裁は12日の米ブルームバ ーグテレビのインタビューで、米国民の75%から80%が新型コロナウイルスワクチンの接種を受ければパンデミック(世界的大流行)危機収束の目安となり、米連邦準備制度理事 会(FRB)が量的緩和策の縮小を議論する条件が整うようになるとの見通しを示した。 共同通信が引用して伝えた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2021-04-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融政策の変更について話すには早すぎる」「21年の米成長は6.5%を予想」
・セントルイス連邦準備銀行のブラード総裁は12日の米ブルームバ ーグテレビのインタビューで、米国民の75%から80%が新型コロナウイルスワクチンの接種を受ければパンデミック(世界的大流行)危機収束の目安となり、米連邦準備制度理事 会(FRB)が量的緩和策の縮小を議論する条件が整うようになるとの見通しを示した。 共同通信が引用して伝えた。

[2021-04-09][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「経済がより明確になるまでFEDの支援が必要」「パンデミックはまもなく終了すると予想」「支援を時期尚早に引き上げてしまうことを警戒」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「パンデミックはまだ終わっていない」「金融政策を継続する」

[2021-03-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「回復は予想よりも強力」「2021年に6.5%のGDPの拡大、4.5%の失業率となるだろう」「ドルは長期にわたって世界の準備通貨」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年の米経済成長は6.5%まで増加し、失業率は4.5%まで低下を期待」「ドルは長期の間、世界の準備通貨であり続ける」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「資産購入のペースを変える時ではない」「2022年のインフレ率は2.5%をわずかに下回ると予想」「より多くのデータが集まるまで金融政策の予測を変更しない」「2023年末まで米金利はゼロ近辺と予想」「多くの不確実性が残っているが、上向きのリスクが高まり、下向きのリスクが弱まっている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「テーパリングの議論はまだしていないが、今年始まる可能性も」「強力な財政政策で成長加速の可能性」
・ロイター通信によると、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は23日、ドルが「かなりの長期間」、世界の準備通貨にとどまるという考えを示した。

[2021-02-26][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレ期待の低水準からの回復を歓迎」「ワクチンはパンデミック終焉への希望を劇的に高める」「10年の利回りの上昇は適切な成長見通しを表している」

[2021-02-17][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・CNBCは、米セントルイス連銀のブラード総裁が、米金融情勢は現時点で「全般的に良好」との認識を示し、経済成長は中国を上回る可能性があるとの見方を示したと報じている。

[2021-02-05][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は4日、追加の財政支出がなくても米経済の回復は「すでに堅調」という考えを示した。

[2021-02-05][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は4日、追加の財政支出がなくても米経済の回復は「すでに堅調」という考えを示した。

[2021-02-04][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「失業率はさらに低下する可能性」「見通しはパンデミックに対する効果的な医療政策の対応に依存」「財政、金融政策はパンデミックに対処するために多くのことをしている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2021年の非常に強いGDP成長を期待」「下振れリスクは依然として経済に残っている」「インフレ期待は2020年の安値から回復」「FEDの新しいフレームワークはインフレ期待の上昇を助けた」「雇用市場の回復、前回景気後退より4年先行」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの債券購入の調整に関する議論は時期尚早」「最近の株式ボラティリティはFEDの政策に影響を与えない」「金融市場の価格設定は経済見通しに対する楽観主義を反映している」「現在の株価レベルに悩まされていない」「FEDの政策は危機の性質に対して適切」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金融安定リスクの上昇は今のところ見られない」「21年末までの4.5%の失業予測は快適」「回復は続く方向、非常に力強い可能性」

[2021-01-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ロイターは、米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューに応じ、すべての事象から米インフレ率上昇が示唆されているとしながらも、FRBが超緩和的な金融政策を引き揚げる時期について言及するのは尚早との考えを示したと報じている。

[2021-01-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2021年経済の見通しは依然として非常に強い」「米国の失業率は今年5%を下回ると予想」「昨年、米国のGDPが約2.5%縮小したとみている」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレはやや上昇するだろう」「失業率は今年、5%を下回るだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「ワシントンで起きた事件を受けてもドルの地位は揺るがず」「米国債は依然として安全な資産、ドルは準備通貨である」

(最終更新日時 2021-04-14 14:01)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース