ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2023-09-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、米セントルイス連銀のブラード前総裁がインタビューに応じ、米経済が予想以上に堅調で、基調的なインフレも依然として根強いことからFRB当局者は金利見通しの修正が必要になる可能性があるとの見解を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2023-09-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、米セントルイス連銀のブラード前総裁がインタビューに応じ、米経済が予想以上に堅調で、基調的なインフレも依然として根強いことからFRB当局者は金利見通しの修正が必要になる可能性があるとの見解を示したと報じている。

[2023-08-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・前セントルイス連銀総裁「米経済の再加速、FRBの利上げ終了遅らせる可能性」

[2023-07-14][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・「ブラード米セントルイス連銀総裁は8月14日に退任する」ようだ。なお、セントルイス連銀総裁の辞任は7月13日付け。8月14日までは顧問としてセントルイス連銀にとどまるという。

[2023-06-02][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「利上げ後、金融政策はより良い形に」「制限的な金利のレベルを判断するのはFOMCの課題」「さらなるインフレの見通しは良いが、保証されていない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「政策金利は、十分に景気抑制的な水準の下限にある」

[2023-05-22][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国のリセッション(景気後退)の確率は過大視されている」「リセッションは、自分のシナリオにはない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年あと2回の利上げを予想」

[2023-05-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「インフレに対する保険政策として利上げを続けることを支持」「次回会合では柔軟な考え方をもつ」
・英紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、インフレに対する「保険」として一段の利上げを支持すると改めて表明したと報じている。

[2023-05-06][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今週のFOMCでは0.25%の利上げを支持した」「FRBは1年で多くのことを実行したが、インフレは多く残っている」「基本的は景気後退(リセッション)ではなく低成長だが、リスクは存在する」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米雇用統計は予想よりも再び強かった」「労働市場は非常に逼迫しており、緩和するには時間がかかる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利は十分に制限的な領域になっていると考える」「債務上限は議会の可決が必須」

[2023-04-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、インフレ持続を示す最近のデータを踏まえFRBは利上げを続けるべきと述べたと報じている。また広範な経済はゆっくりだが成長を続ける態勢が整っているようだと指摘したという。

[2023-04-18][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「制限的な政策金利は5.5%から5.75%の範囲と見込む」「インフレ率の明確な進展が見られないことは、金利が上昇し続ける必要があることを意味する」「広範な問題を引き起こす銀行ストレスのリスクは減少したようだ」

[2023-04-07][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・ブラード・STルイス連銀総裁「インフレの定着を防ぐ必要」「いくつかのイールドカーブの逆転はインフレ見通しが影響」
・ブラード・STルイス連銀総裁「金利は完全な引き締めのレンジの下限」「インフレが2%に向けて鈍化するまで、現行の政策維持する必要」
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、最近の金融セクターをめぐる緊張が今後緩和する公算が大きく、信用収縮の兆候は見られないため、労働市場が堅調に推移するあいだ、FRBはインフレ抑制に向け利上げを継続する必要があるという認識を示した。

(最終更新日時 2023-09-16 17:22)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース