ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-02][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁(FT紙)「金融危機のリスクは残っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2020-05-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国は危機のピークにある」「第4四半期までに正常に戻る可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「コロナウィルスの第2波が回復の努力を失敗させる可能性は低い」「V字回復は可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの金利がしばらくの間ゼロ付近にとどまることを期待」「2021年が経済にとって素晴らしい年にならない理由はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「シャットダウンが長期化した場合、銀行へのリスクが高まる」「米国は2020年後半に素晴らしい回復のあらゆるチャンスがある」

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2020-07-02][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁(FT紙)「金融危機のリスクは残っている」

[2020-06-25][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年後半に強烈な回復が見られる」「下半期には強い景気回復が見られるだろう」

[2020-06-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「パンデミックは最初に恐れられたほど悪い結果にならない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「在宅勤務が経済的にうまくいった」「経済の大部分は以前の水準に戻る」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「パンデミックは当初恐れていたよりも酷くない」「経済の大半は依然の生産水準を回復するだろう」

[2020-06-23][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラードSTルイス連銀総裁「イールドカーブコントロールは、答えよりも多くの疑問」

[2020-06-19][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「望んではいないが、経済には依然として不況のリスクがある」「少なくとも今のところFEDは金融危機を回避」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「危機を脱したわけではないが、最悪期は過ぎた」「米国の回復は金融危機の際よりも早くなるだろう」

[2020-05-28][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「過去のショックに比べて迅速な回復が可能」「経済は第2四半期が底」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「中期的に金利はかなり低い水準に維持されるだろう」「当面の間、利上げはないとみる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「近いうちの利上げはない」「中長期的には金利を非常に低い水準で維持する」「FEDはすでに多くのフォワードレートガイダンスを提供している」

[2020-05-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.0]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国は危機のピークにある」「第4四半期までに正常に戻る可能性も」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「コロナウィルスの第2波が回復の努力を失敗させる可能性は低い」「V字回復は可能」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FEDの金利がしばらくの間ゼロ付近にとどまることを期待」「2021年が経済にとって素晴らしい年にならない理由はない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「シャットダウンが長期化した場合、銀行へのリスクが高まる」「米国は2020年後半に素晴らしい回復のあらゆるチャンスがある」

[2020-05-15][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューに応じ、FOMCが6月の定例会合で四半期経済見通しを示さない可能性があると述べた、と報じている。経済の先行きに十分な透明性が得られないかもしれないことが理由だという。

[2020-05-13][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、 FRBが12日に開始する、社債に投資する上場投資信託(ETF)購入などの信用ファシリティーについて、実施の発表だけでも市場の支援につながっていると述べた。

[2020-05-12][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「マイナス金利、米国にとり良い選択肢ではない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBプログラムの明確なアナウンスは市場に効果をもたらした」「FRBのドルスワップは市場を鎮静化した」「長期のシャットダウンは破産、不況のリスクがある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「マイナス金利は米国にとって良い選択肢ではない」「長期間金利据え置きとなることを皆理解している。FRBの政策正常化については懸念せず」

(最終更新日時 2020-07-03 12:02)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース