ジェームズ・ブラードの発言・ニュース

ジェームズ・ブラード

 ジェームズ・ブラードは、アメリカの経済学者であり、第12代セントルイス連邦準備銀行総裁です。

 ブラードは、2010年にアメリカの経済危機を提唱しており、「このままでは、アメリカは日本のような数年のデフレーションがやってくるだろう」と言う見解を示している。

 その一方では、緩和が進んでいるFRBの政策に対しては「コアインフレの盲点と緩和に対する一定の制限を設ける必要性」について主張しており、金融緩和に対する危険性についても主張している。

HDP

中間派

 HDP   +1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、米セントルイス連銀のブラード総裁は、米国経済は、個人消費堅調など景気後退は予想されず、という見解を示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年末までに3.50%まで利上げする可能性」「インフレが定着する前に食い止めることができる」「このような状況では利上げを前倒しすることは良い考え」「すべてが計画通りに進めば、インフレ率は低下」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「本年、金利を3.5%まで引き上げたい」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年の第2四半期から4四半期まで活動再開の影響が続くだろう」「今年の第2四半期から4四半期まで活動再開の影響が続くだろう」「景気後退の確率に関し討論するのは時期尚早」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェームズ・ブラードの発言・ニュース

[2022-06-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、米セントルイス連銀のブラード総裁は、米国経済は、個人消費堅調など景気後退は予想されず、という見解を示した。
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年末までに3.50%まで利上げする可能性」「インフレが定着する前に食い止めることができる」「このような状況では利上げを前倒しすることは良い考え」「すべてが計画通りに進めば、インフレ率は低下」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「本年、金利を3.5%まで引き上げたい」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「今年の第2四半期から4四半期まで活動再開の影響が続くだろう」「今年の第2四半期から4四半期まで活動再開の影響が続くだろう」「景気後退の確率に関し討論するのは時期尚早」

[2022-06-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「米国の労働市場は依然として堅調」「米経済は2022年まで拡大を続ける」「「FEDは今後の会合で利上げを行う」「FEDの行動なしでは停滞するリスクがある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBはインフレに関してやるべきことがいくつかある」「FRBの政策に対する米国市場の反応に満足している」「世界の中央銀行の行動がインフレ抑制に役立つことを願っている」「我々は迅速に行動している」
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、FRBが1994年の引き締めサイクルの成功を再現できれば、今年速やかに金利を引き上げ、その先に「輝かしい」経済を築くことができると述べた。

[2022-06-20][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、FRBとECBが、深刻なリセッションを引き起こすことなく物価上昇を抑制するに十分な信頼を持ち合わせているとの見解を示した。

[2022-06-02][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「現在の米国のマクロ状況はインフレ巡るFRBの信頼性を圧迫」「FRBは利上げやコミットメントなど、インフレを2%に戻すための重要な措置を講じている」「FRBは利上げを伴うフォワードガイダンスを継続する必要」「労働市場は最も成長し、2022年もGDP成長が続くと予想。リスクは依然として大きい」

[2022-05-23][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、米セントルイス連銀のブラード総裁は、利上げを積極的に前倒しし、年末時点で政策金利を3.5%にすべきだとの見解を示した。またそうした利上げが奏功すれば、インフレを鈍化させ、2023年ないし24年に利下げに動くこともあり得ると指摘した。
・FOXビジネス・ネットワークは、米セントルイス連銀のブラード総裁がインタビューで、FRBは高インフレをより迅速に抑制するために年内に政策金利を3.5%まで引き上げるべきとの見解を改めて示したと報じている。

[2022-05-21][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「スタグフレーションはシナリオとしてあり得ない」「年末までに金利3.5%を目指すべき」「50ベーシスポイントの引き上げが当面の良い計画」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利を早く上げれば、引き下げ余地も広がる」「インフレを抑制できれば、2023年か24年には金利を引き下げる」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「量的引き締めは政策の重要な要素」「本年の景気後退予想せず、2023年もリセッション入りは自分の基本的な予想ではない」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「2022年GDP成長見通し2.5%-3.0%を予想」

[2022-05-18][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは次回数回の会合で50BPの利上げの軌道にある」

[2022-05-17][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「ドルが外貨準備通貨として、除去される兆候見られず」
・米セントルイス連銀のブラード総裁は、米経済が今後少なくとも18ヵ月は、トレンドを上回るペースで拡大を続ける公算が大きく、消費支出も堅調に推移するという見解を示した。

[2022-05-12][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「075%利上げは自身の基本的なシナリオではない」「インフレはより幅広く持続的」
・ロイター通信によると、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は11日、朝方発表された4月の米消費者物価指数(CPI)統計が「ホット」な内容だったとしつつも、連邦準備理事会(FRB)が75ベーシスポイント(bp)の利上げを余儀なくされるほどではないという認識を示した。

[2022-04-22][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは金融政策で立ち遅れている。ハードランでィングはないだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBはビハインド・ザ・カーブであり、ハードランディングはないだろう」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「22年の米GDP成長はおおよそ3%を予想」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「75bpの利上げは過去にもあり、世界が終焉するわけではない」「FEDは市場の混乱を避ける必要がある」
・ブラード・セントルイス連銀総裁「0.75%の利上げは過去にある」

(最終更新日時 2022-06-25 18:33)

ジェームズ・ブラードの発言・ニュース バックナンバー

ジェームズ・ブラード カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース