日本銀行(日銀)関係

日本銀行(日銀)関係のイメージ画像

 2024年4月の期間中の日本銀行(日銀)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2024年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2024年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-04-01][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、全国銀行協会の福留朗裕(三井住友銀行頭取)新会長は日本銀行による金融政策運営について、しばらくは緩和的な状態が続くとみている。その上で、政策金利の引き上げは、今後1年間で「あったとしても0.25%程度まで」との見通しを明らかにした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

日本銀行(日銀)関係による2024年4月 発言・ニュース

[2024-04-01][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、全国銀行協会の福留朗裕(三井住友銀行頭取)新会長は日本銀行による金融政策運営について、しばらくは緩和的な状態が続くとみている。その上で、政策金利の引き上げは、今後1年間で「あったとしても0.25%程度まで」との見通しを明らかにした。

[2024-04-01][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、全国銀行協会(全銀協)の福留朗裕会長(三井住友銀行頭取)が1日、就任後初めて記者会見し、日銀のマイナス金利政策解除を巡り、財務基盤の弱い中小企業や住宅ローンを借りている人の返済負担増加に「注意が必要だ」との認識を示した。

[2024-04-01][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、日本銀行が掲げる2%の物価安定目標の実現に向け、重要指標の一つである企業のインフレ期待は堅調な推移を続けている。サービス価格や中小企業の賃上げ動向など重要データを見極めつつ、次の利上げのタイミングを探る展開が続きそうだ。

[2024-04-04][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・日銀が4日公表した4月の地域経済報告(さくらレポート)で全国9地域のうち、東北、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、九州・沖縄の計7地域の景気判断を引き下げた。北海道と四国の2地域は前回から据え置いた。北陸では、地震の影響による下押しが一部にみられるものの、「持ち直しの動きがみられている」としている。

[2024-04-05][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「インフレ目標達成にはもっと確実性が必要」「利決定はより確実性を重視」「賃金上昇は消費者物価上昇につながるとみる」「2%の目標達成に向けた確度さらに高まれば利上げ検討」「夏から秋にかけて目標達成の可能性高まっていく」

[2024-04-05][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「(円安について)内外の金融政策の思惑も影響した可能性」「為替はファンダメンタルズを反映し安定して推移するのが望ましい」「為替市場の動向、経済物価への影響を注視する」「ETF処分、時間をかけて検討していく」

[2024-04-05][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「政策修正を市場に織り込ませるためにリークすることはない」「厳格な情報管理の下で考え適切に伝わるように努める」

[2024-04-05][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「物価の基調的な上昇率、徐々に今後高まっていく」「4月の展望リポートに向け、物価見通しを再度確認しているところ」「政府とは様々な機会通じて意思疎通図っている」

[2024-04-08][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・本日の衆院決算行政監視委員会に植田日銀総裁が出席するという。午前9時からの予定となっている。

[2024-04-08][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「金融政策、新たな枠組のもとで経済変化に適切に対応」「景気回復で政策はある程度動けるようになった」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「幅広く公的な場で情報発信することを心掛けている」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「2%物価目標の持続・安定的な実現が見通せる状況に至った」「3月の金融政策決定会合で賃金と物価の好循環を確認」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「賃金・物価の好循環を確認し、大規模金融緩和の見直しを決定」「短期金利操作を主たる政策手段とし適切に金融政策を運営」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「政策効果発揮には、適切な情報発信が重要」「当面は緩和的な金融環境が継続すると考えている」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「金融政策の変更、あくまで2%物価目標の持続・安定的実現のため」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「政策変更のタイミングや引き上げ幅の事前情報発信は考えず」「中小企業の賃上げ、一定程度の広がり期待できると判断」

[2024-04-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「為替の動きや水準へのコメントは控える」「為替はファンダメンタルズに沿って安定推移が重要」「金融政策は為替コントロールのために運営するものではない」「インフレに影響があれば為替対応も検討」

[2024-04-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、日本銀行が25、26日に開く金融政策決定会合では、好調な今年の賃上げなどを受け、2024年度の消費者物価(生鮮食品を除くコアCPI)見通しの上方修正を議論する公算が大きい。事情に詳しい複数の関係者への取材で分かった。

[2024-04-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「当面は緩和的な金融環境が継続すると考えている」「2%物価目標の持続・安定的な実現が見通せる状況に至った」

[2024-04-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「基調的な物価は現在ではまだ2%に届いていない」「基調的な物価が徐々に2%へ収束していく見通しを持っている」「基調物価が2%を大きく超えれば、急激な利上げが必要となる可能性がある」

[2024-04-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「厳格なインフレターゲットを目指しているわけではない」「2%の物価目標はグローバルスタンダードであり適切」

[2024-04-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・植田日銀総裁「景気、一部に弱めの動き見られるが緩やかに回復している」「春闘の最近のデータから、賃金と物価の好循環の強まりが確認されてきている」

[2024-04-11][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・清水誠一日銀理事「準備金積み立てや債券取引損失引当金の拡充など、必要な財務面の手当て行ってきている」

[2024-04-12][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・時事通信が5~8日に実施した4月の世論調査で、日銀によるマイナス金利解除について「評価する」との回答が45.6%となり、「評価しない」の15.2%を大きく上回った。「どちらとも言えない・分からない」は39.2%だった。

[2024-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・清水日銀理事「市場が環境変化に円滑に適応し機能発揮が重要」

[2024-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・野口日銀審議委員「中銀はバランスシート縮小させることなく政策金利の引き上げ遂行可能」「賃金から物価への波及はまだ十分ではない」「基調的な物価上昇率もまだ2%に達していない」

[2024-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・野口日銀審議委員「3月会合の決定、ゼロ近傍の政策金利の下での国債買入れ継続という枠組みへの移行」「3月決定への反対、現段階ではマイナス金利下での国債買 入れ継続の方がより適切と考えた」「今後も緩和的な金融政策の継続を通じ、労働需給の適切なバランス保ち続けることが必須」

[2024-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・野口日銀審議委員「物価2%実現、26年になれば相当確度高まっているとは思う」「利上げと国債減額、順番をどうするかはこれからの議論」「追加利上げのタイミング、私自身はかなりゆっくりになるというのがメインシナリオ」

[2024-04-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
・野口日銀審議委員「追加利上げは、経済状況次第で柔軟に考え方は変えたい」「円安が長引くといろんな影響でてくる可能性ある」「為替自体に金融政策で対応することはあり得ない」「円安が好循環に影響するなら見極めていかなければいけない」

日本銀行(日銀)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース