為替・株式・商品マーケット概要

為替・株式・商品マーケット概要のイメージ画像

 2019年10月の期間中の為替・株式・商品マーケット概要による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年10月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年10月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-10-01][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・30日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米財務省が先週末の報道「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」を否定したことで米中閣僚級貿易協議の進展期待が高まり、107.74円から108.18円まで上昇した。ユーロドルは、ドイツ9月のインフレ率鈍化を受けて1.0885ドルまで下落した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

為替・株式・商品マーケット概要による2019年10月 発言・ニュース

[2019-10-01][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・30日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米財務省が先週末の報道「米国市場に上場している中国企業の上場廃止を米政権が検討している」を否定したことで米中閣僚級貿易協議の進展期待が高まり、107.74円から108.18円まで上昇した。ユーロドルは、ドイツ9月のインフレ率鈍化を受けて1.0885ドルまで下落した。

[2019-10-01][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・1日の欧州外国為替市場でドル円は上値が重い。20時時点では108.28円と17時時点(108.34円)と比べて6銭程度のドル安水準だった。18時前に一時108.47円まで上昇する場面があったものの、9月18日につけた直近高値の108.48円を上抜けることができず、その後は伸び悩む展開に。米長期金利の上昇が一服した影響もあり、108.24円付近まで押し戻された。

[2019-10-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・1日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、9月米ISM製造業景気指数47.8やトランプ米大統領の発言「米政策金利は高過ぎる。強いドルは米製造業に打撃を与えている」を受けて、欧州時間の高値108.47円から107.63円まで下落した。ユーロドルは、欧州時間の安値1.0879ドルから1.0943ドルまで上昇した。

[2019-10-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日の欧州外国為替市場でユーロドルは神経質な値動き。20時時点では1.0956ドルと17時時点(1.0944ドル)と比べて0.0012ドル程度のユーロ高水準だった。対資源国通貨などでドル安が強まったことで一時1.0974ドルと日通し高値をつけたものの、その後は1.0945ドル付近まで失速。特に新規の手掛かり材料は伝わっていないが、1.0960ドルを挟んだ神経質な値動きとなった。

[2019-10-05][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が重い。2時時点では106.87円と24時時点(106.87円)とほぼ同水準だった。トランプ米大統領が「中国と良い取引ができるだろう」と発言したこともあり、米株式市場は上昇しているものの、ドル円は上値が重く106.80円台を中心に取引された。株価は堅調なものの、香港デモの激化、米大統領の弾劾調査など複数のリスクオフになる要因があることで、週末を前にドル円のロングは傾けにくいという声も聞こえた。

[2019-10-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・7日の欧州外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。20時時点では1.0978ドルと17時時点(1.0973ドル)と比べて0.0005ドル程度のユーロ高水準だった。17時30分過ぎに1.0962ドルまで下落したものの、前週末安値の1.0957ドルが目先のサポートとして意識されると1.0970ドル台まで下げ渋った。

[2019-10-08][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・7日のニューヨーク外国為替市場でドル円は一段高。4時時点では107.28円と2時時点(107.12円)と比べて16銭程度のドル高水準。「中国商務省は米国と一部合意する準備がある」「来年にかけてより困難な問題を解決するためのタイムスケジュールを準備する用意がある」との一部報道を受けて、米株・米金利の上昇に伴い、一時107.46円まで上昇した。

[2019-10-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・8日のニューヨーク外国為替市場でポンドは下げ幅を拡大。英EU離脱交渉について打開の兆しが見えない中、ポンドを売る動きが継続。ポンドドルは一時1.2195ドルと9月4日以来の安値を付けたほか、ポンド円は130.43円と9月5日以来の安値を更新した。

[2019-10-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日の欧州外国為替市場でドル円はじり高。20時時点では107.36円と17時時点(107.21円)と比べて15銭程度のドル高水準だった。「中国は米国との部分的な貿易合意に対してオープン」「中国は米国の農産物の追加購入を提案」などの報道が伝わり、米中対立への懸念緩和を手掛かりにした買いが入った。日米株価指数先物や欧州株、米長期金利などの上昇とともに一時107.41円と本日高値を更新した。

[2019-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、中国が米国との貿易協議で「部分合意」に前向きとの報道、「中国は米中貿易摩擦の解消に向けて、米農産物の年間購入を拡大することを提案する」との報道を受けて、米中対立への懸念が和らぎ、107.63円まで上昇した。しかし、中国政府が、米政権がウイグル族人権侵害で中国の28法人をブラックリストに掲載すると表明したことを受けて、交渉進展の期待を弱めている、との報道で伸び悩む展開となった。ユーロドルは、1.0990ドルから1.0968ドル付近まで軟調推移。

[2019-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日の欧州外国為替市場でドル円は下値が堅い。22時時点では107.62円と20時時点(107.42円)と比べて20銭程度のドル高水準だった。9月米消費者物価指数が予想を下回る結果となったことで、一時107.38円付近まで下落する場面があったものの、売りの勢いは続かなかった。米長期金利が上昇幅を拡大すると買い戻しが進み、107.65円付近まで値を上げた。

[2019-10-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日のニューヨーク外国為替市場でドル円は底堅い。4時時点では107.91円と2時時点(107.90円)と比べて1銭程度のドル高水準。108円手前で伸び悩むも、押し戻しは107.76円近辺にとどめ、107円後半の高値圏でしっかり。米中通商協議への楽観ムードが下値を支えている。

[2019-10-14][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日の欧州外国為替市場でドル円は上値が重い。20時時点では108.19円と17時時点(108.20円)と比べて1銭程度のドル安水準だった。「中国は米国との第1段階合意を署名する前にさらなる交渉を希望」との一部報道を受けて、一時108.03円まで弱含んだ。

為替・株式・商品マーケット概要の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース