為替・株式・商品 マーケット情報

マーケット情報イメージ

 為替や株式それに商品相場に関係するマーケット情報や概要について紹介しています。

 このカテゴリでは相場やマーケットの概要となるため、NPやHDPについての表記が記載されていた場合も目安の値を示すものです。

 また、このカテゴリの情報は既に動きが有った相場に対して、どのような理由で相場が動いたかを後付した情報となります。

HDP

中間派

 HDP   (HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP (RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-02-23][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、欧州序盤に米10年債利回りが1.3925%前後まで上昇したことで105.85円まで上昇後、米10年債利回りの上げ幅縮小を受けて104.98円まで反落した。ユーロドルは2月独Ifo企業景況感指数が予想を上回ったことや米長期金利の上昇幅縮小を受けて、1.2091ドルから1.2169ドルまで上昇した。ポンドドルは、英国で新型コロナウイルスワクチンの接種が順調に進んでいることで、経済正常化への期待感から1.4086ドルまで続伸した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の為替・株式・商品 マーケット情報

[2021-02-23][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、欧州序盤に米10年債利回りが1.3925%前後まで上昇したことで105.85円まで上昇後、米10年債利回りの上げ幅縮小を受けて104.98円まで反落した。ユーロドルは2月独Ifo企業景況感指数が予想を上回ったことや米長期金利の上昇幅縮小を受けて、1.2091ドルから1.2169ドルまで上昇した。ポンドドルは、英国で新型コロナウイルスワクチンの接種が順調に進んでいることで、経済正常化への期待感から1.4086ドルまで続伸した。

[2021-02-19][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・18日のニューヨーク外国為替市場でドル円は上値が抑えられた。2時時点では105.69円と24時時点(105.83円)と比べて14銭程度のドル安水準。米10年債利回りが1.31%台まで上昇するなど、米長期金利の上昇で105.88円近辺まで上昇する場面もあったが、アジア時間につけた105.92円を前に上値は抑えられた。長期金利の上昇が収まると、ドル円は105.68円付近まで戻すなど、小幅なレンジの中で米金利の値動きに振り回される相場が続いている。

[2021-02-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、欧州時間で105.42円まで上昇した後、プレジデンツデーで休場の中、高値圏での推移に終始した。ユーロドルも欧州序盤にドラギ伊首相への期待感から1.2145ドルまで上昇後、高値圏で小動きとなった。ユーロ円は日本時間夕刻に127.97円まで上昇した後は、高値圏での小動きとなった。

[2021-02-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日の欧州外国為替市場でユーロ円は伸び悩み。22時時点では127.75円と20時時点(127.84円)と比べて9銭程度のユーロ安水準だった。アジア時間からの地合いを保ちながら19時前には一時127.97円まで上昇したが、節目の128円を前にいったん利食い売りが持ち込まれ127.60円台まで下押している。

[2021-02-01][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・29日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、欧州時間に104.94円を付けた後、ダウ平均が一時747ドル下落し、米10年債利回りが1.10%台に上昇したことなどを眺めながら、高値圏で底堅く推移した。ユーロドルは1.2156ドルまで上昇したものの、米国株の下落を受けて上値が重い展開となった。ユーロ円は127.34円、ポンド円は143.96円まで上値を伸ばした。

[2021-01-26][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・26日の欧州外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。20時時点では1.2127ドルと17時時点(1.2112ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ高水準だった。17時前に1.2108ドルまで下落する場面があったものの、その後は1.2140ドル台まで反発。ダウ先物がプラス圏を回復したほか、欧州株式相場も強含みで推移したことで、投資家のリスクセンチメントが改善した。もっとも、一巡後は再びダウ先物が下げに転じたことで1.2120ドル台まで伸び悩むなど、株価動向をにらみながらの動きが続いた。

[2021-01-19][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・18日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは下げ渋り。24時時点では1.2072ドルと22時時点(1.2056ドル)と比べて0.0016ドル程度のユーロ高水準だった。22時前に一時1.2054ドルと日通し安値を付けたものの、昨年12月2日の安値1.2040ドルや一目均衡表雲上限が位置する1.2036ドルがサポートとして意識されると下げ渋った。

[2021-01-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日の欧州外国為替市場でドル円は伸び悩み。22時時点では103.87円と20時時点(103.92円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。ドル高が継続し、21時前には一時104.00円まで本日高値を伸ばした。ただ、同水準の売りをこなしきれず一巡後は103.80円台まで下押しした。

[2021-01-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、ジョージア州の米上院決選投票で民主党候補が2議席ともに獲得し、民主党が上下両院で過半数を制するとの見方が浮上し、大規模な財政出動などの政策運営を進めやすくなるとの見方から、米長期金利が大幅に上昇したことで103.44円まで上昇した。ユーロドル1.2349ドルから1.2266ドルまで下落した。ユーロ円は127.24円まで上昇した。

[2020-12-31][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・31日の欧州外国為替市場でユーロドルはさえない。20時時点では1.2279ドルと17時時点(1.2295ドル)と比べて0.0016ドル程度のユーロ安水準だった。ユーロポンドやユーロ円などユーロクロスの下げにつれて1.2275ドルまで弱含んだ。昨日には欧州中央銀行(ECB)当局者からユーロ高けん制とも受け取れる発言が伝わっており、月末・年末を控えて持ち高調整目的の売りが出ている。

(最終更新日時 2021-02-24 17:09)

為替・株式・商品 マーケット情報 バックナンバー

マーケット情報 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース