為替・株式・商品マーケット概要

為替・株式・商品マーケット概要のイメージ画像

 2021年6月の期間中の為替・株式・商品マーケット概要による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-06-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、5月非農業部門雇用者数が前月比55.9万人増となり、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を急ぐ数字ではなかったことから、米10年債利回りの1.55%台への低下に連れて109.37円まで下落した。ユーロドルは1.2185ドルまで上昇した。ユーロ円は133.14円まで軟調に推移した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

為替・株式・商品マーケット概要による2021年6月 発言・ニュース

[2021-06-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、5月非農業部門雇用者数が前月比55.9万人増となり、米連邦準備理事会(FRB)が量的緩和の縮小を急ぐ数字ではなかったことから、米10年債利回りの1.55%台への低下に連れて109.37円まで下落した。ユーロドルは1.2185ドルまで上昇した。ユーロ円は133.14円まで軟調に推移した。

[2021-06-08][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・8日の欧州外国為替市場でドル円はじり高の流れ失速。20時時点では109.47円と17時時点(109.52円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。アマゾンやニューヨークタイムズほか、複数国でメジャーなウェブサイトにアクセストラブルが発生し、警戒感から時間外取引の米株価先物が下落したり、米長期金利が低下したりとリスク回避的な動きとなった。米10年債利回りが1.56%付近から1.538%前後へ瞬間的に下振れるなか、ドル円も一時109.37円前後へ下押した。

[2021-06-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日の欧州外国為替市場でドル円は底堅い。22時時点では109.63円と20時時点(109.47円)と比べて16銭程度のドル高水準だった。NY勢が参入し始め、米10年債利回りが1.46%前後まで上昇したことをサポートに買いが強まった。一時109.65円と本日高値を付けた。

為替・株式・商品マーケット概要の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース