為替・株式・商品マーケット概要

為替・株式・商品マーケット概要のイメージ画像

 2019年5月の期間中の為替・株式・商品マーケット概要による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は上値が重い。4時時点では124.61円と2時時点(124.65円)と比べて4銭程度のユーロ安水準だった。米中通商合意の遅れを懸念した米株売りは一服し、ダウ平均は下げ幅を縮めるも三桁マイナスは変わらず。ユーロ円も戻りが鈍いまま本日の安値圏で推移した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

為替・株式・商品マーケット概要による2019年5月 発言・ニュース

[2019-05-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は上値が重い。4時時点では124.61円と2時時点(124.65円)と比べて4銭程度のユーロ安水準だった。米中通商合意の遅れを懸念した米株売りは一服し、ダウ平均は下げ幅を縮めるも三桁マイナスは変わらず。ユーロ円も戻りが鈍いまま本日の安値圏で推移した。

[2019-05-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日の欧州外国為替市場でドル円は堅調。22時時点では110.91円と20時時点(110.78)と比べて13銭程度のドル高水準だった。クロス円の買い戻しに連れて、ドル円も110.95円まで上値を広げ、堅調に推移した。トランプ米大統領はツイッターで再び、中国に対する貿易不均衡に不満のツイートをしたが市場は反応薄だった。

[2019-05-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小動き。24時時点では110.88円と22時時点(110.91円)と比べて3銭程度のドル安水準だった。米中貿易戦争に対する懸念が再燃し、米国株は大幅に反落して始まったものの、ドル円相場への影響は限定的だった。22時以降の値幅は10銭程度と非常に小さかった。

[2019-05-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日のニューヨーク外国為替市場で、トルコリラは急落。関係者の話として「トルコ最大都市イスタンブールの市長選はやり直しとなる」との報道が伝わると、同国の政局不安から通貨リラを売る動きが膨らんだ。ドルリラは一時6.1528リラ、リラ円は17.98円までリラ安に振れた。

[2019-05-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・7日の欧州外国為替市場でドル円はさえない。20時時点では110.58円と17時時点(110.65円)と比べて7銭程度のドル安水準だった。時間外の米10年債利回りが上昇幅を縮め、ダウ先物や欧州株が軟調に推移するなか、一時110.54円と本日安値を付けた。110.50円より下の水準には買いオーダーが並んでいることもあり、一巡後はやや下げ渋っているものの戻りは鈍い。

[2019-05-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・7日の欧州外国為替市場でユーロドルは弱含み。22時時点では1.1184ドルと20時時点(1.1197ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ安水準だった。欧州委員会が今年の独成長率見通しを+1.1%から+0.5%へ下方修正したことを背景に売りが強まり、一時1.1175ドルまで値を下げた。また、ポンドドルも軟調。英首相報道管が「野党労働党との協議は合意に至っていない」と発言したことで1.3044ドルまで下げ幅を広がるなど欧州通貨売りが目立つ。

[2019-05-08][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・7日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米中貿易摩擦の激化懸念を受けた米国株式相場の下落、米長期金利の低下により110.17円まで下落した。ユーロドルは、欧州委員会が2019-20年のユーロ圏成長率見通しを引き下げたことで1.1167ドルまで下落した。ユーロ円も123.11円まで下落した。

[2019-05-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日の欧州外国為替市場でドル円は買い戻し。20時時点では109.88円と17時時点(109.61円)と比べて27銭程度のドル高水準だった。17時前に109.60円まで下落したものの、まとまった買いが観測されている109.50円を前に売りは一服。株価はその後も軟調に推移したものの、短期的にやや傾いた円買いドル売りポジションを解消する動きが広がり109.92円付近まで反発した。

[2019-05-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日のニューヨーク外国為替市場でドル円は、米中貿易摩擦の激化懸念からダウ平均が450ドル近く下落、米長期金利の低下を受けて109.47円まで下落した。しかし、トランプ米大統領が「習・中国国家主席と電話会談を実施する可能性がある。米中合意について素晴らしい代替案がある。今週中の中国との合意は依然として可能」と述べるたことで下げ渋る展開となった。ユーロドルは1.1251ドルまで上昇した。

[2019-05-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは戻りが鈍い。24時時点では1.1212ドルと22時時点(1.1214ドル)と比べて0.0002ドル程度のユーロ安水準だった。21時30分過ぎに一時1.1204ドルと日通し安値を付けたあとは1.1220ドル付近まで下げ渋る場面もあったが戻りは鈍かった。米国株や米長期金利の上昇に伴うユーロ売りドル買いが出て上値を抑えたようだ。

[2019-05-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日のニューヨーク外国為替市場でドル円はじり高。2時時点では109.65円と24時時点(109.58円)と比べて7銭程度のドル高水準。米中貿易摩擦の激化懸念を背景としたリスクオフの動きは一段落した。ダウ平均が300ドル超高まで上げ幅を拡大し、米10年債利回りが2.42%台に上昇した動きを眺めながら、ドル円は109.71円近辺まで切り返した。ジョージ米カンザスシティー連銀総裁は、利下げはバブルと景気後退につながるリスクもあると指摘した。

[2019-05-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は動きが鈍る。2時時点では109.43円と24時時点(109.47円)と比べて4銭程度のドル安水準。トランプ米大統領が自動車関税の発動を6カ月間延長することを計画しているとの報道を受けた、ドル円の買い戻しも一服し、109円半ばで動きが鈍っている。

[2019-05-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小動き。4時時点では109.55円と2時時点(109.43円)と比べて12銭程度のドル高水準。米経済指標のさえない結果を受けた売りと、「トランプ米大統領が自動車関税の発動を延期計画」との報道を背景とした買い戻しが一巡した後は、109円半ばでの小動きが続いている。

[2019-05-18][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・17日のニューヨーク外国為替市場でドル円は伸び悩む。2時時点では109.95円と24時時点(109.98円)と比べて3銭程度のドル安水準。アジアタイムにつけた110.03円を試す動きに持ち込めず、110.01円近辺を戻り高値に109円後半に押し戻された。底堅いも、昨日同様に110円近辺では上値が重い。

[2019-05-23][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・22日のニューヨーク外国為替市場でドル円は小動き。24時時点では110.33円と22時時点(110.37円)と比べて4銭程度のドル安水準だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月30日-5月1日分)の公表を日本時間23日3時に控えているため、小幅な値動きで推移している。

[2019-05-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・23日のニューヨーク外国為替市場でドル円は続落。終値は109.61円と前営業日NY終値(110.36円)と比べて75銭程度のドル安水準だった。米中貿易摩擦の激化長期化への懸念が急速に高まりダウ平均が440ドル超下落すると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買いドル売りが優勢となった。5月の米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回ったほか、4月米新築住宅販売件数が予想より弱い内容となったことも円買いドル売りを誘った。米10年債利回りが2017年10月中旬以来の低水準を付けたことも相場の重しとなり、109.46円と日通し安値を付けた。

為替・株式・商品マーケット概要の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース