エスター・ジョージの発言・ニュース

エスター・ジョージ

 エスター・L・ジョージは1958年生まれのアメリカの銀行家で、アメリカ合衆国、カンザスシティーの連銀総裁です。

 ジョージは1982年にカンザスシティ連邦準備銀行に入行し、それ以降、銀行の研究支援部門、広報部門、人事部門など様々な部門で重役職を歴任しています。

 また、彼女が総裁に就く前の総裁であるトーマス・ホーニグは、FRBの量的緩和策に反対の意見を示す「タカ派」的存在であったため、市場は彼女がどちらの立ち位置を示すか注目を注いでいる。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-23][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「金利の引き上げがしばらくの間続く可能性は十分にある」「インフレ率の低下は消費よりも貯蓄を奨励する必要があることを意味する」「賃金の伸びは依然として強い」
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのナーゲル・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBが12月に再び「断固たる」利上げを実施するとの考えを示した上で、利上げ幅を判断するのは時期尚早だと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエスター・ジョージの発言・ニュース

[2013-02-13][NP+5.0 HDP -1.1 CHDP +0.9 RHDP -1.1 CRHDP +0.9]
・ジョージ米カンザスシティー連銀総裁「緩和的政策のコストに関して懸念している」「ゼロ近辺の金利水準は最終的に燃料インフレを引き起こす可能性がある」

[2022-11-23][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「金利の引き上げがしばらくの間続く可能性は十分にある」「インフレ率の低下は消費よりも貯蓄を奨励する必要があることを意味する」「賃金の伸びは依然として強い」
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのナーゲル・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBが12月に再び「断固たる」利上げを実施するとの考えを示した上で、利上げ幅を判断するのは時期尚早だと述べた。

[2022-11-16][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスティ連銀総裁「利上げを継続する必要があるが、利上げペースを緩めるべき」「インフレは労働市場の逼迫によって引き起こされている」「景気後退なしにインフレを抑えることは不可能かもしれない」

[2022-11-11][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「着実で意図的な利上げに利点がある」「重要なのは、利上げが金融市場のボラティリティを増やさないこと」「より測定された利上げの動きは、反応の判断に役立つ」「金融政策には明らかにやるべきことがたくさんある」

[2022-10-17][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・米カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、このところの金融市場のボラティリティーのほか、中銀の政策措置が経済に浸透するのに時間がかかることを踏まえ、FRBは利上げを慎重に実施していく必要があるとの考えを示した。

[2022-10-14][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「唯一の明確なデータは、高いインフレ率であるということ」「成長の見通しについて明確なシナリオはない」「供給拡大がインフレ問題を解決する可能性は低い」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「インフレ抑制でターミナルレート(利上げの最終地点)はさらに高くなる必要も」「インフレが弱まるまで、FRBは金融引き締め維持」「FOMC予測、金利は4.5-5.0%まで上昇示唆」

[2022-09-10][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「利上げのスピードよりも安定性と意図性を望む」「予測可能な調整により、市場機能が改善される可能性」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「強い経済はFRBに利上げの余地を与える」「経済は依然として前進の勢いを示している」「FRBには利上げを実行する余地がある」

[2022-08-26][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・CNBCは、カンザスシティー連銀のジョージ総裁が、9月の利上げ幅を0.5%もしくは0.75%のいずれかにすべきかの判断は「時期尚早」という認識を示した。同時に、金利上昇が失業率の上昇につながるおそれがあるほか、すでに家計や企業の支出を圧迫し始めているものの、「インフレを目標に戻すというわれわれの責務は極めて明確」と強調したという。

[2022-08-25][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスティ連銀総裁「4%以上の金利を維持することは問題外ではない」「FRBの金利は現在、制限的なものではない」「インフレが低下しているという証拠が出るまで利上げを行うべき」
・ジョージ・カンザスティ連銀総裁「利上げの余地はもっとある」「9月会合に何を期待するかを語るには時期尚早」「この先も重要なデータが控えている」
・ジョージ・カンザスティ連銀総裁「FRBは需要鈍化させるため金利を引き上げる必要」「インフレが低下する証拠が見られるまで利上げすべき」「利上げの余地がまだある」「FRBが金利を4%超で維持することは問題外ではない」

[2022-08-19][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「インフレ率は高いが、緩和している可能性がある」「インフレ期待はかなり安定しているように見える」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米国は需要と供給の間にかなり大きな不均衡がある」「先月のインフレは心強いが、ビクトリーランの時間ではない」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「労働市場の逼迫が緩和するにはしばらく時間がかかる」「経済の成長は鈍化すると予想」「需要は比較的高いレベルで維持されている」「利上げを継続する理由は依然として強い」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「出荷率の低下と配達時間の改善を考えると、供給に関して明るい兆しが見らる」「雇用市場にはまだ緩和が見られず、企業は依然として賃金を引き上げる圧力にさらされている」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「供給の改善がインフレをさらに助長するとは期待していない」「金利変更のペースが家計や企業に影響を与える可能性がある」「利上げの停止点がどこになるかは明らかではないが、FRBはインフレが低下していることを完全に確信する必要がある」

[2022-07-12][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・米カンザスシティー連銀のジョージ総裁は、政策金利を予想よりも速いペースで変更すれば経済や金融市場に負荷がかかる恐れがあるとし、現在のように不確実性が高い環境下では、よく説明したうえで着実に利上げを行っていくことが望ましいとの考えを示した。

(最終更新日時 2022-11-24 12:11)

エスター・ジョージの発言・ニュース バックナンバー

エスター・ジョージ カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース