エスター・ジョージの発言・ニュース

エスター・ジョージ

 エスター・L・ジョージは1958年生まれのアメリカの銀行家で、アメリカ合衆国、カンザスシティーの連銀総裁です。

 ジョージは1982年にカンザスシティ連邦準備銀行に入行し、それ以降、銀行の研究支援部門、広報部門、人事部門など様々な部門で重役職を歴任しています。

 また、彼女が総裁に就く前の総裁であるトーマス・ホーニグは、FRBの量的緩和策に反対の意見を示す「タカ派」的存在であったため、市場は彼女がどちらの立ち位置を示すか注目を注いでいる。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-15][NP+1.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済を見極めるため、現状は政策金利を維持するのが適切」「FEDが2019年の利下げを評価するときが来た」「2020年の米経済は堅調」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米国のGDP成長率は約1.75%-2%」「今年の失業率は3.5%前後」「堅調な労働市場は消費者支出をサポート」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済は成長を続けており、ダウンサイドリスクは低下」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「現状で政策金利据え置きが適切」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエスター・ジョージの発言・ニュース

[2013-02-13][NP+5.0 HDP -1.1 CHDP +0.9 RHDP -1.1 CRHDP +0.9]
・ジョージ米カンザスシティー連銀総裁「緩和的政策のコストに関して懸念している」「ゼロ近辺の金利水準は最終的に燃料インフレを引き起こす可能性がある」

[2020-06-26][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスティ連銀総裁「5月の雇用増加にもかかわらず、完全な景気回復はまだ遠い」「ウイルスは経済に長期にわたるリスクに」
・米カンザスシティ連銀のジョージ総裁は、自国経済の将来の道筋は新型コロナウイルスをめぐる状況次第だとして、FRBの次の政策対応で何が必要になるかはまだ不明との認識を示した。
・米カンザスシティ連銀のジョージ総裁は、新型コロナウイルス感染拡大はワクチンが開発されるまで米経済に対する脅威であり続け、完全な回復はかなり先になるとの見方を示した。

[2020-06-15][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済の再開につれた進展は穏やかながら着実なものになると予想」「政策金利を0%付近で推移させることを支持」

[2020-01-15][NP+1.0 HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済を見極めるため、現状は政策金利を維持するのが適切」「FEDが2019年の利下げを評価するときが来た」「2020年の米経済は堅調」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米国のGDP成長率は約1.75%-2%」「今年の失業率は3.5%前後」「堅調な労働市場は消費者支出をサポート」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済は成長を続けており、ダウンサイドリスクは低下」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「現状で政策金利据え置きが適切」

[2019-10-18][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「利下げは金融リスクを高める可能性」「米国経済は概ね好調」

[2019-10-07][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「米経済は低失業率で良い状況に」「今後も穏やかな成長が続く見通し」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「現在の状況では低インフレへの懸念は不要だろう」「データが弱ければ政策の調整が必要となる可能性」「米国の金利据え置きは妥当」

[2019-08-22][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「FEDは中立的、7月利下げで緩和的ですらある」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「消費者の信頼感は維持されている」「企業は雇用者を求めており、賃金上昇を予想」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「金利は均衡、据え置きを望む」「0%近傍の実質金利を維持へ」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「経済は下方リスクを吸収」「金融政策は長期的な視点で遂行」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「現時点では米国がマイナス金利を取り入れるとは思えない」「経済の下降シグナルは出ていない」

[2019-08-03][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「経済データと見通しは金利変更を保証していない」「経済データが示せば、FEDは政策を調整する」

[2019-07-18][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「自然失業率はさらに下落する可能性」
・ジョージ・カンザスシティ連銀総裁「リスクに基づき、見解を修正する準備」「低失業率が物価上昇圧力にあまりつながっていない」
・米カンザスシティ連銀のジョージ総裁は参加したシンポジウムで、経済リスクが顕在化した場合、金利政策に関する自身の見解を修正する準備があると述べた。

[2019-07-10][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「インフレ期待が急上昇する気配はないが、ないとは言えない」「低金利の過度の長期化は利回り追求のインセンティブを生むリスク」

[2019-05-15][NP     HDP +3.1 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP -0.1]
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「現在のインフレは、FRBの政策対応を必要としない」
・ジョージ・カンザスシティー連銀総裁「利下げはバブルと景気後退を招く可能性」「大きなリスクは通商政策と世界的な景気後退」

(最終更新日時 2020-06-27 19:51)

エスター・ジョージの発言・ニュース バックナンバー

エスター・ジョージ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース