OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

OECD(経済協力開発機構)ロゴ

OECD(経済協力開発機構:Organisation for Economic Co-operation and Development)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関です。

 このカテゴリ内ではOECD関係者による世界の経済状態などについての発言や相場に関係のあるニュースを紹介していますが、複数の人物によるHDP・RHDPとなるため数値は目安範囲となります。

 また、OECDの主な目的は、経済成長・開発・貿易の3つ要素から世界経済の発展を目指しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-23][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ブルームバーグによると、経済協力開発機構(OECD)は22日、世界経済が大幅に減速しても各国・地域の中央銀行は広範囲に及ぶ物価高騰と闘うため、利上げを継続すべきだと呼び掛けた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のOECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

[2022-11-23][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・ブルームバーグによると、経済協力開発機構(OECD)は22日、世界経済が大幅に減速しても各国・地域の中央銀行は広範囲に及ぶ物価高騰と闘うため、利上げを継続すべきだと呼び掛けた。

[2022-11-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・OECD(経済協力開発機構)「2022年世界成長率見通しを前回の+3.0%から+3.1%に上方修正し、2023年を+2.2%で据え置いた」「2022年米成長率見通しを前回の+1.8%から+1.5%、2023年を+0.3%から+0.5%へ上方修正」「2022年ユーロ圏成長率見通しを前回の+3.1%から+3.3%、2023年を+.0.3%から+0.5%へ上方修正」
・ブルームバーグによると、経済協力開発機構(OECD)は22日、世界経済が大幅に減速しても各国・地域の中央銀行は広範囲に及ぶ物価高騰と闘うため、利上げを継続すべきだと呼び掛けた。最新経済見通しでOECDは、予想外の物価急上昇とそれに伴う実質所得への影響はあらゆる場所で人々に打撃を与えており、政策当局者が行動を怠れば問題は悪化する一方だと指摘した。

[2022-11-07][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は開催した農相会合で、ロシアのウクライナ侵攻が「世界の食料安全保障や、十分な食料を得る権利に深刻なリスクを与えている」と非難する共同声明を採択した。ウクライナのソリシキー農業食料相もオンラインで参加し、自国の窮状を訴えたという。

[2022-10-13][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は発表した調査で、米国の2022年の実質GDPが前年比1.5%増、23年は0.5%増になるとの予測を示した。また、FRBがインフレ抑制のために積極的な引き締め路線を当面維持することになるとしている。

[2022-10-06][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のコーマン事務総長は、ウクライナ政府からの要請を受け、加盟38ヵ国がウクライナを加盟候補国として承認することを決定したと発表した。声明によると、加盟国は今後、ウクライナ加盟をめぐる協議を開始し、加盟に向けたロードマップの草案を作成することを検討するという。

[2022-09-26][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・OECD(経済協力開発機構)「2023年の世界経済成長率を+2.8%から+2.2%へ下方修正」「2023年の米経済成長率を+1.2%から+0.5%へ下方修正」「2023年のユーロ圏成長率を+1.6%から+0.3%へ下方修正」
・OECD(経済協力開発機構)は26日、最新の経済見通しを公表した。その中では2023年世界成長率予想が+2.2%に下方修正されている。従来予想は+2.8%。
・ロイター通信によると、経済協力開発機構(OECD)は26日発表した経済予測で、来年の世界成長率予想を下方修正した。エネルギー価格高騰、それに伴う急速なインフレ進行で景気後退リスクが高まったとし、6月時点の予想に比べ、より急速な成長減速を見込んだ。

[2022-08-01][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は、先進国が低所得国の気候変動対策支援に年間1000億ドルを拠出する公約が達成できなかったと発表した。先進国は2009年、深刻化する気候変動関連の影響や、災害に直面している脆弱な国々に対して20年までに年間1000億ドルを拠出すると約束していた。

[2022-07-12][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は公表した報告書で、国際的な法人税制改革が2024年に発効する運びで各国の取り組みが進んでいると明らかにした。今週インドネシアのバリ島で開催されるG20財務相・中銀総裁会議に向け、改めて達成目標が示された格好だ。

[2022-06-08][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・OECD(経済協力開発機構)「2022年世界成長率見通しを前回の+4.5%から+3.0%、2023年を+3.2%から+2.8%に下方修正」「2022年米成長率見通しを前回の+3.7%から+2.5%、2023年を+2.4%から+1.2%へ下方修正」「2022年ユーロ圏成長率見通しを前回の+4.3%から+2.6%、2023年を+2.5%から+1.6%へ下方修正」
・日本経済新聞によると、経済協力開発機構(OECD)は8日、加盟38カ国の2022年の消費者物価指数(CPI)上昇率が、従来予想(21年12月時点)より4.3ポイント高い8.5%となるとの予想を発表した。ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーや穀物の値上げなどが背景にあり、世界経済の減速要因となる。経済成長率は22年に3.0%、23年に2.8%と予想し、21年12月時点の数値よりそれぞれ1.5、0.4ポイント下方修正した。

[2022-05-25][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のコーマン事務総長は、多国籍企業の税逃れを防ぐ新たな国際課税ルールの導入が2024年にずれ込むとの見方を示した。23年の導入を目指していたが、各国・地域での議会承認などに時間がかかる見通しだという。

(最終更新日時 2022-11-24 12:11)

OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース バックナンバー

OECD(経済協力開発機構) カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース