OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

OECD(経済協力開発機構)ロゴ

OECD(経済協力開発機構:Organisation for Economic Co-operation and Development)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関です。

 このカテゴリ内ではOECD関係者による世界の経済状態などについての発言や相場に関係のあるニュースを紹介していますが、複数の人物によるHDP・RHDPとなるため数値は目安範囲となります。

 また、OECDの主な目的は、経済成長・開発・貿易の3つ要素から世界経済の発展を目指しています。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は公表した世界経済見通しで、各国政府が政策や投資方法を改革しない限り、世界経済は改善されないと警告した。気候変動やテクノロジーなどシステミックな課題を挙げ、貿易戦争は世界秩序の大きなシフトの一環だと指摘している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のOECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース

[2019-11-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は公表した世界経済見通しで、各国政府が政策や投資方法を改革しない限り、世界経済は改善されないと警告した。気候変動やテクノロジーなどシステミックな課題を挙げ、貿易戦争は世界秩序の大きなシフトの一環だと指摘している。

[2019-11-21][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は21日、2019年の日本の実質経済成長率が1.0%になるとの見通しを発表した。前回9月時点の予想を据え置いた。10月の消費増税の影響は財政支出や20年の東京五輪によって和らぐと分析。人手不足感から賃金上昇や設備投資の拡大が続くため、20年に0.6%、21年に0.7%と潜在成長率並みの経済成長が続くと見込む。
・経済協力開発機構(OECD)は21日、最新の世界経済見通しを発表。2020年の世界経済成長見通しを2.9%と前回の3.0%から下方修正した。なお、2019年は2.9%で据え置いた。一方、2019年の中国経済成長見通しを6.1%から6.2%、ユーロ圏の2020年経済成長見通しを1.0%から1.1%へそれぞれ上方修正した。

[2019-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は、多国籍企業による税逃れの防止策を正式発表した。租税回避地に置かれたグループ会社に利益を移して税負担を逃れていることを問題視。世界共通の法人税率の最低水準を設定し、そこから一定割合を差し引き、課税できる仕組みを検討する。複数の租税回避地で支払われた税率の平均値を最低税率から差し引く案などが公表された。

[2019-10-10][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は、国境を越えて事業を展開する企業の税逃れを防ぐ「デジタル課税」について、工場や支店など企業の物理的拠点のない国でも売上高に応じて課税できるとする原案を発表した。対象はIT企業に限定しない方針。OECDは2020年1月に原案の大枠合意、同年末までの最終報告取りまとめを目指している。

[2019-09-20][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は、公表した最新の経済見通しで、世界経済の成長率について、2019年を2.9%、20年を3.0%と予測した。前回5月時点の予想ではそれぞれ3.2%、3.4%としていたが、米中貿易摩擦の激化を背景に下方修正した。OECDは、金融危機以来の低成長に落ち込むとみている。

[2019-09-19][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・OECD(経済協力開発機構)は19日、最新の経済成長予測を発表した。その中で2019年の世界成長率予測を従来の+3.2%から+2.9%に下方修正した。
・経済協力開発機構(OECD)は19日、2019年の世界の実質経済成長率が2.9%になるとの最新の見通しを発表した。前回5月時点の予想(3.2%)から0.3ポイント下方修正した。米中の貿易摩擦の高まりなどで世界の貿易量が減り、企業の設備投資も伸び悩んでいるため。世界経済は金融危機以来の低成長に陥る可能性が高まってきた。

[2019-05-24][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会は、人工知能(AI)の開発や電子商取引、インターネット上での個人情報保護など、デジタル分野での国際協力を確認して閉幕した。加盟国間で立場が異なる自由貿易や気候変動対策に関しては調整が難航し、踏み込んだ内容は声明に盛り込まれなかった。

[2019-04-16][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長がインタビューで、2019年の世界経済見通しについて「必要に応じて下方修正する」と述べたと報じている。また、英国のEU離脱交渉をめぐる不透明感や米中の貿易摩擦が「世界経済を下押ししている」と指摘したという。
・経済協力開発機構(OECD)は公表した中国に関する報告書で、景気刺激策により今年と来年の中国の経済成長は押し上げられるものの、債務水準を管理する取り組みが損なわれ、中期的には構造的なゆがみがさらに増す可能性があるとの見方を示した。

[2019-04-15][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は「対日経済審査報告書」を発表し、そのなかで、日本経済の人口減少に対して警鐘を鳴らし、プライマリーバランス(財政の基礎的収支)を黒字化するためには消費税率を最大26%まで引き上げる必要があると指摘した。

[2019-04-09][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・経済協力開発機構(OECD)は発表した半期報告書で、フランスで反政権運動「黄色いベスト運動」が続き、経済成長が鈍化しているものの、同国は経済改革を継続する必要があるとの見解を示した。

(最終更新日時 2019-11-24 12:46)

OECD(経済協力開発機構)の発言・ニュース バックナンバー

OECD(経済協力開発機構) カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース