パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3月からの利上げ開始、そして、今年3回の利上げの可能性を受け入れる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2022年のGDPは3-4%のレンジと予想」「今年は3回の利上げを予想、4回の利上げを促される可能性も」「QEを終了し、利上げを行い、バランスシートを縮小する必要がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパー後、3月に利上げの可能性」「本年25bpsの3回の利上げを予想、4回の利上げの可能性も」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3月からの利上げ開始、そして、今年3回の利上げの可能性を受け入れる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2022年のGDPは3-4%のレンジと予想」「今年は3回の利上げを予想、4回の利上げを促される可能性も」「QEを終了し、利上げを行い、バランスシートを縮小する必要がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパー後、3月に利上げの可能性」「本年25bpsの3回の利上げを予想、4回の利上げの可能性も」

[2021-11-17][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「フィンテックは金融包摂を促進できる」

[2021-11-09][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「供給の混乱が緩和されたため、インフレは緩和されるだろう」「インフレの上昇が経済全体に広がった」「今年の米国のGDPは5.5%、2022年には4%」「ベースラインの見方としては依然として圧力は弱まると予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパリングが完了するまで利上げを期待すべきではない」「来年はインフレの低下が予想される」

[2021-10-15][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁「テーパリングの開始は近い」「GDP伸び率、21年は5.5%前後・22年が3.5%と予想」「インフレ動向が大きく変化しない限り、利上げは22年末か23年初頭まで見込まず」
・米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、FRBは間もなくテーパリングを開始するとしつつ、少なくともさらに1年は利上げはしないだろうとの見方を示した。

[2021-10-02][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ高進は重大なリスクを抱えている」「経済が改善し続ければ、米国は2023年に最大雇用とインフレ目標に達する可能性」「テーパリング開始は遅いより早い方が良い」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「デルタ変異株が経済的な影響を持っているのは明確」「インフレが高まる可能性がある」

[2021-09-29][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2022年遅くから2023年初頭まで利上げを予想しない」「サプライチェーン問題やウイルス感染で下サイドのリスクが増している」「2022年のインフレは2%を若干超え、2023年は2%前後を予想」「2021年のGDPは+6.5%前後、2022年が+3.5%、2023年が2.5%と予想」

[2021-08-28][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレは2%の目標で落ち着くと予想」「2022年後半または2023年初頭までFRBが利上げについて検討することはないだろう」

[2021-08-27][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパー、利上げ前に終了すべき」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレ圧力が一時的ではないかもしれない兆候がいくつかある」「金融政策では経済を抑制している供給網のボトルネックを解決できない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「労働市場は進展している」「テーパリングは遅いより早い方が良いが、デルタ株などの状況には注意が必要」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「経済に利益をもたらしていないと信じているため、テーパリングに動くことに賛成」「利上げを検討する前にテーパリングを終了すべき」「利上げの時期を判断するためにデータを注視する必要」

[2021-07-02][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3%から3.3%のインフレを予想、その後はFEDの2%目標に緩和される」「経済は依然として見通しに対して上向きと下向きのリスクを内包」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「失業率は今年4.5%、2023年までに3.8%に低下すると予想」「米国のGDPが今年7%、2022年には3.5%成長すると予想」「年内のテーパリング開始を支持」

[2021-06-25][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は参加したオンラインイベントで、米経済は全体的に良好な状態にあり、昨年の落ち込みから急速に回復しているが、労働市場については一段の改善が必要と述べた。

(最終更新日時 2022-01-14 17:12)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース