パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-16][NP     HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2020年末までに失業率が10%を超えると予想」「回復の道は遅く、かなり不均一であると予想」「経済は財政支援をさらに必要とする可能性が高い」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FEDの金利政策に関するフォワードガイダンスは非常に効果的」「非営利セクターにはより多くのサポートが必要になる可能性」「信用コストは今のところ経済の主な問題ではない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「近い将来、FEDが金融政策を変更しないことを知らせることは重要」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「20年通年のGDPはマイナス6%前後と予想」「リバウンドした兆候はあるが、回復には時間がかかる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2020-07-16][NP     HDP +2.9 CHDP -0.1 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2020年末までに失業率が10%を超えると予想」「回復の道は遅く、かなり不均一であると予想」「経済は財政支援をさらに必要とする可能性が高い」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FEDの金利政策に関するフォワードガイダンスは非常に効果的」「非営利セクターにはより多くのサポートが必要になる可能性」「信用コストは今のところ経済の主な問題ではない」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「近い将来、FEDが金融政策を変更しないことを知らせることは重要」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「20年通年のGDPはマイナス6%前後と予想」「リバウンドした兆候はあるが、回復には時間がかかる」

[2020-07-15][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国の景気後退は非常に強い痛みを伴い、頑固に長続きする」「パンデミックは経済の問題のある部分を再構築する機会を与える」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「財政の崖を回避し、自治体支援することが重要」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「新型ウイルスを制御できるまで経済を完全に再開できない」「更なる財政支援策が失業者や地方政府にとって必要」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「新型コロナ感染の拡大が経済に直接影響」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「感染急増で経済見通しを修正している」「回復ペースはゆっくりしたものになる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「新型コロナウイルスの感染急増で、経済見通しを修正している」「景気の回復ペースは、ゆっくりとしたものになる」

[2020-06-17][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、今年の米経済は大幅なリセッションに陥ることが予想されるものの、来年には労働市場の回復に伴い好転を始める可能性があると述べた。ただ、今年初めの水準まで回復するには時間がかかるとしている。

[2020-05-12][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「第2四半期は非常に落ち込む」「時期尚早の経済活動再開が大きな混乱をもたらす可能性」

[2020-04-18][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「米国のGDPは2020年に5%低下する可能性」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「V字回復は見られず、回復には時間がかかる」

[2020-03-19][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・フィラデルフィア連銀のハーカー総裁がインタビューで、FRBは新型コロナウイルス感染拡大をめぐる懸念で動揺する金融市場への介入の範囲を拡大するかどうか検討していることを明らかにした、と報じている。

[2020-03-18][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「新型コロナウィルスの衝撃は2008年の金融危機とは異なる」「米政府とFRBは一致団結し新型コロナウィルスへできることをすべて行い、市場流動性を保つ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2つの使命(最大限の雇.用と物価安定)へ回復の兆候が見られるまで、FRBは低金利を維持する」

[2020-02-12][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBは金利を当面据え置くべき」

[2020-02-11][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FEDが金利を安定化させる時が来た」「再び金利を変更させる時はより多くの経済データを必要とする」「米経済は良い形」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「コロナウィルスが世界経済に与える影響は今のところ不明」「米国の成長率は今年2%のトレンドに戻る可能性が高い」「FEDは2%のインフレ目標を達成するために順調に進んでいます」

[2020-01-20][NP     HDP +3.0 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、世界的な景気減速や通商問題をめぐる先行き不透明性などの向かい風で企業投資が抑制されるなかでも、堅調な労働市場で消費者信頼感が押し上げられ、米経済の支えとなっているとの考えを示した。

(最終更新日時 2020-07-17 20:18)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース