パトリック・ハーカーの発言・ニュース

パトリック・ハーカー

 パトリック・ティモシー・ハーカーは1958年生まれの学者で、2015年よりチャールズ・プロッサー氏の後任としてフィラデルフィア地区連銀総裁に任命されました。

 ハーカーは、デラウェア大学の学長を務めたが、それ以前にはペンシルベニア大学で経済学修士号及び土木・都市工学博士号を取得するなど、金融部門以外の幅広い分野にて学問を修めています。

 また、ハーカー氏は就任前から「ハト派な総裁」になると考えられており、イエレンFRB議長の考えと近いと市場により見られている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-22][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「次回利上げ幅はデータ次第」「7月会合では0.50%から0.75%の利上げの公算」「中立金利は2.5%程度」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のパトリック・ハーカーの発言・ニュース

[2022-06-22][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「次回利上げ幅はデータ次第」「7月会合では0.50%から0.75%の利上げの公算」「中立金利は2.5%程度」

[2022-05-19][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「6月と7月に0.50%の利上げを見込む」「その後は抑制されたペースでの利上げを予想」「今年の米GDP成長率を3%前後と予想」

[2022-04-15][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、FRBは緩和策を整然と解除する必要、バランスシート縮小を近く整然と開始するだろう、などと述べた。
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBは緩和策を整然と解除する必要がある」「過度な政策の引き締めは望まない」「バランスシートの縮小を近く整然と開始するだろう」

[2022-04-07][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「堅調で、計画的な一連の利上げを予想」「本年のGDP成長は3-3.5%へ減速を予想」「FRBはバランスシートの縮小を間もなく開始へ」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「インフレは広範で、非常に高過ぎ」「本年インフレは4%まで低下するはず」「家計収支は強いが、損傷する可能性も」

[2022-04-06][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「FRBはバランスシートの縮小を間もなく開始へ」「堅調で、計画的な一連の利上げを予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「本年のGDP成長は3-3.5%へ減速」「インフレは広範で、非常に高過ぎ」「本年インフレは4%まで低下すべき」

[2022-03-30][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「事前にコミットできないが、0.50%の利上げは可能」「今のところ今年は0.25%の利上げを7回実施すると予想」「積極的な金融引き締めにオープン」

[2022-02-01][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「3月会合での25bp利上げを支持」「今年4回の利上げが望ましいが、データ次第」「持続的なインフレを懸念」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「50bpの利上げは行うことは可能だが、今のところ確信はない」「インフレが急上昇した場合、FRBはより積極的に行動する必要」「オミクロンの影響で今週の雇用統計は悪い結果も」「バランスシート縮小は前回より早期で急速となる可能性」「FRBが将来に資産を売却する可能性はある」

[2022-01-13][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「今年3月からの利上げ開始、そして、今年3回の利上げの可能性を受け入れる」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「2022年のGDPは3-4%のレンジと予想」「今年は3回の利上げを予想、4回の利上げを促される可能性も」「QEを終了し、利上げを行い、バランスシートを縮小する必要がある」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパー後、3月に利上げの可能性」「本年25bpsの3回の利上げを予想、4回の利上げの可能性も」

[2021-11-17][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「フィンテックは金融包摂を促進できる」

[2021-11-09][NP     HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +2.4 CRHDP -0.3]
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「供給の混乱が緩和されたため、インフレは緩和されるだろう」「インフレの上昇が経済全体に広がった」「今年の米国のGDPは5.5%、2022年には4%」「ベースラインの見方としては依然として圧力は弱まると予想」
・ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁「テーパリングが完了するまで利上げを期待すべきではない」「来年はインフレの低下が予想される」

(最終更新日時 2022-06-23 10:57)

パトリック・ハーカーの発言・ニュース バックナンバー

パトリック・ハーカー カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース