ロバート・カプラン

ロバート・カプランのイメージ画像

 2021年4月の期間中のロバート・カプランによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2022年と2023年に中程度のインフレを期待」「FEDは2%のインフレ期待を固定することを目指している」「過剰なリスクを取るリスクが懸念」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ロバート・カプランによる2021年4月 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2022年と2023年に中程度のインフレを期待」「FEDは2%のインフレ期待を固定することを目指している」「過剰なリスクを取るリスクが懸念」

[2021-04-07][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・ロイター通信によると、米ダラス地区連銀のカプラン総裁は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、米連邦準備理事会(FRB)はまだ景気刺激策を解除すべきではないとの見解を示した。新型コロナウイルス危機が収束し、景気が一段と改善した時点で刺激策を縮小するのは、回復軌道を維持するのに役立つと指摘した。カプラン氏は「危機の最中にある時は持っている手段を積極的に使うべきであり、現在の(FRBの)資産買い入れや政策スタンス全般に賛成だ」と述べた。

[2021-04-08][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁は「インフレ率は2.5%を超えた後に伸び悩む可能性も」「パンデミック終息後は緩和を一部巻き戻すべきだ」

[2021-04-10][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「10年債利回りが上昇しても驚かない」「ビットコインは価値のあるものだが、通貨としてのテストには失敗」

[2021-04-14][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場に大きな緩みがあり、完全雇用に戻るにはまだ時間がかかる」「10年債利回りが今年上昇するのは理解できる」「パンデミックを乗り切り、他のベンチマークも達成できれば、極端な政策を取り除くよう主張する」

[2021-04-15][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、米国で完全雇用が達成されるまでしばらく時間がかかるとの認識を示した。また、米10年債利回りが今年上昇することは理にかなうとし、警戒する必要はないとの考えを示している。

[2021-04-17][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は年末までに4%に戻ると予想」

ロバート・カプランの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース