ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-05-05][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国のGDP成長率は6.5%」
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界の成長見通しが低く、世界的に金利が低い」「成長に対する楽観的な見方に伴う金利の上昇は良いこと」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDはインフレを注視している」「FEDの責務は依然として2%のインフレを維持すること」
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済が過熱するのを防ぐために利上げが必要かもしれない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2021-06-04][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場のパズルはマッチングの問題であり、追加の金融緩和は必要ない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「 米国の労働市場は需要不足に苦しんでいない」「金融政策では労働市場の制約を解決できない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「テーパリング協議開始は遅いよりは早い方が良い」
・ロイター通信によると、米ダラス地区連銀のカプラン総裁は3日、何百万人もの国民が失業しているにもかかわらず、雇用主が労働者の採用に苦慮する中、こうした労働市場の「パズル」を解く上で金融政策はあまり効果がないとした上で、連邦準備理事会(FRB)は「早め」に量的緩和の縮小(テーパリング)に関する議論を始めるべきと改めて主張した。

[2021-05-28][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDの債券購入によるリスクが高まっている」「回復が順調に進み始めることを期待」「テーパリングの開始に関する議論は遅いより早いほうが良い」

[2021-05-22][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ見通しについて多くの不確実性を感じている」「緊急ツールの意図しない影響について話し合う必要がる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「インフレ期待の高まりが懸念事項」「テーパリング協議開始は遅いよりは早い方が良い」

[2021-05-21][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「4月雇用統計、労働供給サイドの問題を露呈」「本年のGDP6.5%成長を予想」「米国労働市場の摩擦解消が重要」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年を通し、高インフレを予想」
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、量的緩和の縮小をめぐり、FRBは早めに検討すべきとの考えを改めて示した。米経済が新型コロナウイルスのパンデミックに持ちこたえ、改善しているとし、「現時点でアクセルからゆっくりと足を離すことが賢明だろう」と述べている。

[2021-05-18][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン米ダラス連銀総裁「21年のGDP伸び率は6.4%、失業率は4%の見通し」「失業給付が手厚いため、時給12-15ドルで働く多くの労働者がフルタイム就職に消極的」「FRBの資産買い入れの効果を巡る協議を早期に始めることは健全」
・カプラン・ダラス連銀総裁「最初の利上げは2022年と引き続き予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年のGDP伸び率は6.4%、失業率は4.0%の見通し」「来年にはある程度の緩和が見られるというのが基本的なシナリオ」「最初の利上げは2022年と予想」

[2021-05-15][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国がパンデミックを乗り越え、実質的な進歩を遂げている」

[2021-05-11][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年は強力な雇用の伸びが期待される」「失業手当の強化や育児支援が雇用統計に影響」

[2021-05-07][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、経済の回復ペースが予想以上に速まっていることや市場の不均衡を考え、FRBは早めに金融緩和縮小に関する議論を始めた方がよいという考えを示した。

[2021-05-06][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年のGDPは+6.5%を予想するが上振れリスクがある」「失業率は4%を下回る可能性 」「近い将来にインフレ率を押し上げる要因の幾つかは12カ月以内に解決される」
・カプラン・ダラス連銀総裁「テーパリングについて早急に議論を開始したい」「1月中に考えていたよりも早くテーパリングの基準を満たすだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「債券購入は過剰と不均衡を生み出す可能性」「QEからの脱却を始められれば、経済としてはるかに健全」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBの利上げの基準、2022年内に到達することを期待」「利上げを行う前にテーパリングを完了すべきかどうかについてはまだ分からない」

[2021-05-05][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国のGDP成長率は6.5%」
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界の成長見通しが低く、世界的に金利が低い」「成長に対する楽観的な見方に伴う金利の上昇は良いこと」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDはインフレを注視している」「FEDの責務は依然として2%のインフレを維持すること」
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済が過熱するのを防ぐために利上げが必要かもしれない」

(最終更新日時 2021-06-07 17:28)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース