ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-06][NP-2.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、通商問題をめぐる緊張の高まりにより米経済に対する下向きリスクは高まったと述べた、と報じている。
・カプラン・ダラス連銀総裁「メキシコとの貿易関係は米国の雇用を支える」「貿易を巡る緊張感が高まっており、動向を注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界経済の低成長が米国の成長に波及するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2019-09-04][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「貿易量が減少する中で製造業が弱いのは驚きではない」「消費は堅調であり、よって米国経済は強弱入り混じる状況」
・カプラン・ダラス連銀総裁「個人消費の軟化待っていれば手遅れの可能性も」
・カプラン・ダラス連銀総裁「見通しリスクは下方」
・カプラン・ダラス連銀総裁「予測されるリスクは下向き」「金利低下は景気を刺激している」「最近の減速は、通商摩擦への不透明感や世界経済の弱さによるもの」

[2019-08-26][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、中銀の政策が米経済の下押し要因になっているとの議論に異論を唱え、通商や移民をめぐる問題の方がはるかに大きな影響を及ぼしているとの考えを示したと報じている。

[2019-07-17][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「債券市場のシグナルによると利下げは正当化されるものの、限定的であるべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「利下げは債券市場のシグナルに基づき正当化される可能性」「利下げは制限され、抑制的であるべき」
・カプラン・ダラス連銀総裁「政策金利が成長を抑制しているようには見えない」「多すぎる刺激が経済的不均衡を助長する可能性」
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場はタイトだが、依然としてスラックも」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FF金利は1度の利下げで安定するだろう」

[2019-06-28][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「金融政策を変更するのは早すぎる」「利下げを支持する前にさらなる見通しの悪化を確認する必要がある」

[2019-06-25][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・カプラン・ダラス連銀総裁「現在利下げに踏み切れば、不均衡を助長する恐れ」

[2019-06-07][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、世界的な貿易をめぐる緊張の高まりによる影響でFRBの利下げが正当化されるかどうかを判断するのは時期尚早との考えを示した。

[2019-06-06][NP-2.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、通商問題をめぐる緊張の高まりにより米経済に対する下向きリスクは高まったと述べた、と報じている。
・カプラン・ダラス連銀総裁「メキシコとの貿易関係は米国の雇用を支える」「貿易を巡る緊張感が高まっており、動向を注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界経済の低成長が米国の成長に波及するだろう」

[2019-06-05][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「貿易戦争の影響を判断するのに時間をかけたい」

[2019-05-24][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは金利に忍耐強くなれる」「貿易摩擦の進展状況を注視」

[2019-05-23][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、米経済は今年2.25-2.50%と堅調なペースで成長し、インフレ率はFRBの目標に向けて動いていくとしたうえで、米金利水準は適切な水準にあるとの見方を示した。

(最終更新日時 2019-09-05 17:04)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース