ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-04][NP-2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDは中立水準に近辺にいる」「世界経済の弱さを懸念」「米経済成長は2.5%近辺」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2019-06-07][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、世界的な貿易をめぐる緊張の高まりによる影響でFRBの利下げが正当化されるかどうかを判断するのは時期尚早との考えを示した。

[2019-06-06][NP-2.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.4 CRHDP +0.0]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、通商問題をめぐる緊張の高まりにより米経済に対する下向きリスクは高まったと述べた、と報じている。
・カプラン・ダラス連銀総裁「メキシコとの貿易関係は米国の雇用を支える」「貿易を巡る緊張感が高まっており、動向を注視」
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界経済の低成長が米国の成長に波及するだろう」

[2019-06-05][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「貿易戦争の影響を判断するのに時間をかけたい」

[2019-05-24][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは金利に忍耐強くなれる」「貿易摩擦の進展状況を注視」

[2019-05-23][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁が、米経済は今年2.25-2.50%と堅調なペースで成長し、インフレ率はFRBの目標に向けて動いていくとしたうえで、米金利水準は適切な水準にあるとの見方を示した。

[2019-05-14][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FFレートは中立で現状維持で推移する必要」
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、グローバル化や貿易は米経済への阻害要因ではなく、押し上げ材料との認識をあらためて示し、米中が貿易摩擦を解消することに期待を寄せていると述べた。
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、米中貿易摩擦の激化について「非常に警戒している」との認識を記者団に示した。先行きが見通しやすくなるまで数週間か数ヵ月間かかる可能性があり、「忍耐強い」姿勢が必要と指摘している。
・ダラス連銀のカプラン総裁は貿易の先行き不透明感がリセッション(景気後退)の引き金になるかとの質問に対し、「この状況がいつまで続くかに左右される。関税は数週間、あるいは数カ月以上続くのだろうか」と述べた。同総裁は、「貿易の状況がビジネスや一般にも不確実性をもたらす。しかし、これは長期間続くのだろうか」などと発言した。

[2019-05-08][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米中が貿易問題をめぐり解決策を見いだすと楽観視しているとの認識を示した」

[2019-05-07][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、「世界的な成長鈍化を懸念」などと発言した。
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界的な成長鈍化を懸念している」「米中通商協議は非常に複雑で込み入っている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国の産業を冷え込ませる影響」「利下げ支持にはまだ傾いていない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米経済は健全でリセッションとはならない」「米国は債務増加の抑制をはじめるべき」

[2019-05-06][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・米ダラス地区連銀のカプラン総裁は3日、インフレ率の大幅上昇を引き続き警戒すべきとの認識を示した。

[2019-05-04][NP-2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDは中立水準に近辺にいる」「世界経済の弱さを懸念」「米経済成長は2.5%近辺」

(最終更新日時 2019-06-09 19:40)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース