ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-12][NP-4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2020年の米GDPは2.25-2.5%縮小と予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年のGDP伸び率は5%程度と予想」「1-3月期のGDPはおそらくプラス成長となるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「(FRBのマイナス金利採用は)非常に懐疑的」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米新政権のインフラ投資など財政拡大は、金融政策に影響する可能性」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年内にテーパリングに関する議論開始を望む」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国でのマイナス金利導入には強く反対」「新政権がさらなる刺激策を打ち出せば、金融政策の要因になる可能性」「失業率は年末までに4.5-4.7%に低下を予想」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2021-01-12][NP-4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2020年の米GDPは2.25-2.5%縮小と予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年のGDP伸び率は5%程度と予想」「1-3月期のGDPはおそらくプラス成長となるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「(FRBのマイナス金利採用は)非常に懐疑的」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米新政権のインフラ投資など財政拡大は、金融政策に影響する可能性」
・カプラン・ダラス連銀総裁「年内にテーパリングに関する議論開始を望む」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国でのマイナス金利導入には強く反対」「新政権がさらなる刺激策を打ち出せば、金融政策の要因になる可能性」「失業率は年末までに4.5-4.7%に低下を予想」

[2021-01-08][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年の米国のGDP成長率を4.5%から5%と予想」「経済見通しの改善により、利回りの上昇が見込まれる」「FEDは利回りの上昇を防ぐために介入すべきではない」

[2020-12-19][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年には米国が4%成長し、失業率が約5%に低下すると予想」「経済の回復が明らかになった時、債券購入を漸減する時が来る」「今週のFOMC会議の結果を完全に支持」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDが債券を購入する期間が長すぎると、金融の安定にリスクが生じる可能性」「より多くの財政援助は経済にとって大きな助けになるだろう」

[2020-12-03][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「財政政策は今の経済を助けるためにより良い位置にある」「財務省の購入の構成を変更する必要はない」「資産購入についてのガイダンスが必要」「金融政策はより長いスパンに焦点を当てるべき」「ウイルスの再拡大が3-6か月間の成長を圧迫する可能性」
・カプラン・ダラス連銀総裁「財政政策は金融政策よりも支援するのに適している」「経済は次の3-6ヶ月間、挑戦を強いられる」「FEDの債券購入のペースを上げることを好まない」「財政状態は非常に順応性がある」「成長は鈍化しつつあり、回復前に失速の恐れ」

[2020-12-01][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「12月と2021年の第1四半期は経済の回復が停滞する可能性だが、来年の下半期は力強い成長を予測」「3-6カ月は非常に難しい見通しだが、今後12カ月については楽観的」「見通しがより明確になるまで、資産購入に変更を加えることには消極的」
・米ダラス連銀のカプラン総裁がインタビューで、新型コロナウイルスワクチンが広く行き渡れば来年後半は力強い経済成長が予想されるものの、現在は感染者が急増しており、向こう3-6ヵ月間は「非常に厳しい」時期になるとの見通しを示した、と報じている。

[2020-11-23][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、地方・州政府と失業者の支援を中心とした一段の財政政策が必要との考えを改めて示した。

[2020-11-21][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「新型コロナ感染の再拡大で経済活動は停滞」「新たな支援策なしでは景気後退に向かうと感じる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2022年初頭までは過剰な原油在庫を処理できないだろう」「多くの州や地方自治体が財政難に陥っている」

[2020-11-20][NP-6.0 HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国経済は非常に強力」「次の6か月間で課題が発生」「ウイルスの急増により、第4四半期でマイナス成長が見込まれる」「FEDの緊急プログラムは2021年まで続く」「FEDの債券購入の規模を拡大することには反対」
・カプラン・ダラス連銀総裁「マイナス成長への回帰の可能性を排除しない」「次の数四半期は挑戦的かもしれない」「緊急融資プログラムの延長を望んでいる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「コロナ感染拡大で、第4四半期はマイナス成長となる可能性も」「追加の財政支援策が必要とされる」

[2020-11-11][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は参加したオンライン会合で、新型コロナウイルス感染再拡大を受け、経済に対する短期的な下方リスクを懸念していると述べた。ただ新型ウイルス感染症ワクチンの実用化をにらみ、長期的には楽観視しているという。

[2020-11-10][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「リスクは新型コロナウィルスの感染拡大が、病院のシステムを圧倒することでロックダウンに導くことだ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「今後FRBは数年間ゼロ金利を保つ必要があるかもしれない」「21年に入ると成長は加速する見通し」「今年は-2.5%成長が基本シナリオ、2021年は+3.5%成長の見通し」
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、米経済は深刻な縮小から回復しつつあるものの、新型コロナウイルスの感染再拡大が下振れリスクだと指摘した。
・カプラン米ダラス連銀総裁「経済は強く回復した」「第4四半期経済は不明確」「新型コロナウイルスの再流行で経済リスクは下方」

(最終更新日時 2021-01-13 16:53)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース