ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-05-12][NP+1.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「マイナス金利には反対」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2020-05-29][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米経済は底入れした」
・米ダラス地区連銀のカプラン総裁は28日、米経済は底入れした公算が大きいとの認識を示しながらも、経済が健全に回復するかは、新型コロナウイルス感染拡大前と同じように人々が安心して旅行や外食に出掛けられるよう、大規模な新型ウイルス検査を実施できるかにかかっていると述べた。

[2020-05-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「第3・第4四半期で安定した回復が見られるだろう」

[2020-05-20][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)はもっと多くのことをする必要があるだろう」「さらに財政措置が必要になると考えている」「失業率は20%前後でピークに達するだろう」

[2020-05-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は年末には10%に達するだろう」「失業率を下げるには更に多くの財政刺激策が必要」
・カプラン・ダラス連銀総裁「テキサス州の経済再開後2週間でコロナウイルスの症例が最も増加している」
・ダラス連銀のカプラン総裁は、出席したビデオ会議で「マイナス金利にむかうべきではない」、「マイナス金利ではなくほかに使用すべきツールがある」など述べた。

[2020-05-12][NP+1.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +2.1 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「マイナス金利には反対」

[2020-05-07][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP +2.5 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「第3・4四半期で米経済は回復が見込まれる」「第2四半期のGDPは年換算で25%から30%減少する可能性がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率はピークで20%、年末までに8-10%になる可能性がある」「FEDは長期にわたって金融政策を非常に緩和的にする」
・カプラン・ダラス連銀総裁「第2四半期の米GDPは25-30%減と予想」「米失業率は20%でピークに」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBは大規模緩和政策を長期に渡り実施」「FRBは当面フレームワークの見直しを延期」
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、一部メディアによるインタビューで、石油掘削業者や石油サービス企業などを含め債務超過または債務過剰な企業は、FRBの中小企業向け緊急融資プログラムを活用できないとの見方を示したと報じている。

[2020-05-04][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・米ダラス連銀のカプラン総裁がインタビューで、失業率が最大20%まで上昇し、年末時点では8-10%で推移する可能性があることを考慮すると、米経済が新型コロナウイルス危機を乗り越えるために、FRBには引き続き支援すべきことがあるとの見解を示したと報じている。

[2020-05-01][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は20%程度まで上がる可能性」「第2四半期GDPは30%程度縮小する可能性」「経済回復にはさらなる財政出動が必要」
・カプラン・ダラス連銀総裁「金利は長期にわたり低位安定へ」「FRBはさらなる措置も」
・カプラン・ダラス連銀総裁 「Q2GDPは30%近くマイナス、本年の経済はマイナス4.5%から5%近くを予想」

[2020-04-17][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「失業率は10%台の後半を予想」
・カプラン・ダラス連銀総裁「基本的には2週間前と経済観は変わらない」「年末までに失業率は8-10%になる可能性」「第2四半期に実質的な経済の収縮が見られる」「第3四半期で経済は成長する見込み」「2020年に米国のGDPが4%から5%減少すると予測」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年に米国は潜在成長率を上回るだろう」「コロナウィルス危機により潜在的な成長率が低下する可能性」「石油業界で多数の失敗が見られる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「最近の原油の減産は現在の供給過剰にはあまり効果がない」「石油生産を抑制するためのステップは適切である可能性」「FEDは援助が必要なセクターについてオープンであるべき」

[2020-04-08][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.1]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米ダラス連銀のカプラン総裁が電話インタビューで、新型コロナウイルス流行が収束したのちの米景気回復ペースについて、個人消費がカギを握るとの認識を示したと報じている。

(最終更新日時 2020-05-30 14:53)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース