ロバート・カプランの発言・ニュース

ロバート・カプラン

 ロバート・スティーブン・カプランは1940年生まれで、アメリカのヘッジファンド出身の学者で、2015年より、FRBの中でもタカ派として知られたリチャード・フィッシャー氏の後任としてダラス地区連銀総裁となりました。

 カプラン氏は、米国大手ヘッジファンドであるゴールドマン・サックスの元副会長で、その後、ハーバード大学にて教鞭をとった経歴があります。

 また、タカ派として知られるフィッシャー氏の後任として選ばれたことから、今後、ダラスがハト派への傾くかどうか市場から注目が集まっています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-24][NP+1.0 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドルが準備通貨でなければ、米財政は維持が困難」「マイナス金利は選択にない。金融市場を破壊するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロバート・カプランの発言・ニュース

[2020-10-22][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁は「経済は6月に失速した後、回復がおそらく再加速した」「第4四半期は非常に健全な経済成長を遂げている」「米国の失業率は年末までに7%から7.5%に達する可能性が高い」

[2020-10-15][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.1]
・カプラン・ダラス連銀総裁「将来のFEDの当局者は柔軟に適応する必要がある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米経済は7-9月期に30%程度の回復になると予想」「米経済は2020年に2.5%減、2021年に3.5%増の成長を見込む」

[2020-10-09][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国のGDP成長率は3.5%付近」「米国のGDPの低下は、財政支援なしでさらに大きくなるだろう」
・カプラン・ダラス連銀総裁「労働市場を支援するために追加の財政出動が必要」「FRBは財政政策に代わる手段を持ち合わせていない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「景気回復に対してより楽観的になった」「一段の財政出動がなお必要だが、それがなくとも当面は対応は可能」
・カプラン・ダラス連銀総裁「すでに大量の債権を購入していることで、これ以上行うことには懐疑的」「更なる財政支援がなければ、回復は遅くなるだろう」

[2020-10-03][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「9月雇用統計は見通しに一致」
・カプラン・ダラス連銀総裁「2%を若干超えるインフレは2.25%を意味する。2.5%や3%ではない」

[2020-10-01][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ゼロ金利政策を今後2年半から3年続ける必要」

[2020-09-30][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・米ダラス連銀総裁「FRBは米経済が完全に健全な状態に戻るまで、政策金利を現行のゼロ付近に維持すべき」

[2020-09-29][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FOMCは金利についてより柔軟性を保持するべき」「2021年末に失業率は5.7%、インフレ率は1.8%と予想」

[2020-09-24][NP+1.0 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP -0.4]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ドルが準備通貨でなければ、米財政は維持が困難」「マイナス金利は選択にない。金融市場を破壊するだろう」

[2020-09-22][NP     HDP +2.0 CHDP -0.1 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2022-2023年まではゼロ金利が適切」「FEDの新金利ガイダンスには利点とコストがある」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国は今、力強い回復にある」「FEDはフォワードガイダンス戦略を決定するためにより多くの時間を要した」「FEDは必要に応じて経済のためにもっと多くのことができる」

[2020-09-21][NP     HDP +2.0 CHDP -0.1 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「ゼロ金利政策は今後2年半から3年続けるのが望ましい」「失業率が低下し始めた場合、FRBがゼロ金利を維持するか不確か」

(最終更新日時 2020-10-23 20:14)

ロバート・カプランの発言・ニュース バックナンバー

ロバート・カプラン カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース