ロバート・カプラン

ロバート・カプランのイメージ画像

 2021年5月の期間中のロバート・カプランによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-05-05][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国のGDP成長率は6.5%」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ロバート・カプランによる2021年5月 発言・ニュース

[2021-05-01][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・カプラン・ダラス連銀総裁「株式相場の高止まりや住宅市場の歴史的な好況など米金融市場に行き過ぎや不均衡が認められる」「量的緩和の調整について議論を始めることが適切」

[2021-05-03][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.3]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、株式相場の高止まりや住宅市場の歴史的な好況など、米国の金融市場に行き過ぎや不均衡が認められるとしたうえで、量的緩和の調整について議論を始めることが適切という考えを示した。

[2021-05-05][NP+4.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「2021年の米国のGDP成長率は6.5%」

[2021-05-05][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界の成長見通しが低く、世界的に金利が低い」「成長に対する楽観的な見方に伴う金利の上昇は良いこと」

[2021-05-05][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FEDはインフレを注視している」「FEDの責務は依然として2%のインフレを維持すること」

[2021-05-05][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「経済が過熱するのを防ぐために利上げが必要かもしれない」

[2021-05-06][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年のGDPは+6.5%を予想するが上振れリスクがある」「失業率は4%を下回る可能性 」「近い将来にインフレ率を押し上げる要因の幾つかは12カ月以内に解決される」

[2021-05-06][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「テーパリングについて早急に議論を開始したい」「1月中に考えていたよりも早くテーパリングの基準を満たすだろう」

[2021-05-06][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「債券購入は過剰と不均衡を生み出す可能性」「QEからの脱却を始められれば、経済としてはるかに健全」

[2021-05-06][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「FRBの利上げの基準、2022年内に到達することを期待」「利上げを行う前にテーパリングを完了すべきかどうかについてはまだ分からない」

[2021-05-07][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・米ダラス連銀のカプラン総裁は、経済の回復ペースが予想以上に速まっていることや市場の不均衡を考え、FRBは早めに金融緩和縮小に関する議論を始めた方がよいという考えを示した。

[2021-05-11][NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「今年は強力な雇用の伸びが期待される」「失業手当の強化や育児支援が雇用統計に影響」

ロバート・カプランの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース