トルコ政府関係

トルコ政府関係のイメージ画像

 2019年11月の期間中のトルコ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-01][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ軍は1日、シリア北部の対トルコ国境地帯で、ロシアとの合同パトロールを開始した。トルコとロシアによる10月22日の合意に基づくクルド人勢力の撤退状況を確認する方針で、トルコ側は同勢力が現地にとどまっていれば、現在停止中の越境軍事作戦の再開も辞さない構えだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

トルコ政府関係による2019年11月 発言・ニュース

[2019-11-01][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ軍は1日、シリア北部の対トルコ国境地帯で、ロシアとの合同パトロールを開始した。トルコとロシアによる10月22日の合意に基づくクルド人勢力の撤退状況を確認する方針で、トルコ側は同勢力が現地にとどまっていれば、現在停止中の越境軍事作戦の再開も辞さない構えだ。

[2019-11-07][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのアルバイラク財務相は7日、今年の同国経済がプラス成長になるとの見通しを示した。現時点の指標によると、11月と12月の経済活動はさらに拡大する見通しという。同相は、低所得層が期間20年の「最低金利」で住宅を購入できる新たな住宅ローン制度について、財務面の下準備が整ったとも発言した。

[2019-11-08][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「難民対策でEUから十分なサポートが得られなければ、トルコは難民がEUに向かいやすくする必要がでてくる」「トランプ米大統領との会談では、露製地対空ミサイル、米製ミサイルや戦闘機について話し合う」

[2019-11-14][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「トランプ米大統領にパトリオットミサイルを適正な価格で購入することはできると伝えた」

[2019-11-14][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、EUが対トルコ制裁を決めたことを批判、EUとの交渉を打ち切り、拘束中の過激派組織IS戦闘員を欧州に送還する可能性があると表明した。

[2019-11-15][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコメディアは、同国のエルドアン大統領が記者団に対し、米国がトルコに対してロシア製地対空ミサイルシステムS400導入中止を求めていることについて「不適切で、主権の侵害だ」と表明し、応じられないという考えを示したと報じている。

[2019-11-19][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのチャブシオール外相は、クルド人民兵組織「人民防衛部隊」のシリア北東部からの撤退が進まなければ、トルコは再び軍事作戦を実施すると述べた。

[2019-11-19][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「トランプ米大統領との会談は有意義だった」「米国との問題はちょっと面倒な事態」「トルコはS400を諦めないと米大統領には伝えた」

トルコ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース