トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、EU加盟国の複数大使に、EUは移民対策で意味のある支援をしておらず、関係改善に向けたトルコの努力に応えていないと訴えた。トルコとEUの関係は、2019年にトルコと、EU加盟国のギリシャとのあいだで東地中海沿岸での海洋管轄権と沖合エネルギー資源の権利を巡る紛争が発生したことで緊張が高まっている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、EU加盟国の複数大使に、EUは移民対策で意味のある支援をしておらず、関係改善に向けたトルコの努力に応えていないと訴えた。トルコとEUの関係は、2019年にトルコと、EU加盟国のギリシャとのあいだで東地中海沿岸での海洋管轄権と沖合エネルギー資源の権利を巡る紛争が発生したことで緊張が高まっている。

[2022-01-13][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、インフレ率が12月は36%を超えたことを受け、できるだけ早期に物価を引き下げると表明した。ただエコノミストは、トルコの物価は上昇し続け、通貨リラ相場に一段の圧力がかかるとの見方を示している。

[2022-01-12][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「可能な限り迅速に物価は下落するだろう」「インフレは経済の実体に沿っていない」
・ロイター通信によると、トルコのエルドアン大統領は12日、インフレ率が12月は36%を超えたことを受け、できるだけ早期に物価を引き下げると表明した。議会で与党・公正発展党(AKP)の議員を前に演説し、インフレ率はトルコ経済の現実を反映していないとし、夏には経済対策の効果が表れることを期待していると述べた。

[2022-01-05][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・報道によると、トルコのネバティ財務相は1月5日、「インフレ対策が優先課題であり、正統派の政策は無視し、独自の道を歩んでいく」と述べた。

[2022-01-04][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「12月のインフレ36.1%、遺憾」「一桁台のインフレに戻すと公約」「物価上昇はトルコだけではない」
・トルコのエルドアン大統領は、2月にサウジアラビアを訪問すると発表した。両国関係は過去数年で緊張が高まっている。トルコのサウジ向け輸出は関係悪化を映して過去数年に大幅に減少。通貨急落やインフレ高進でトルコ経済が混乱するなか、アラブ首長国連邦(UAE)など地域大国との関係修復に取り組んでいる。
・エルドアン・トルコ大統領「為替の変動は軌道のいばら」「トルコはインフレのバブルを取り除く」

[2022-01-03][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、トルコ政府は1日、電力・天然ガス価格の引き上げを発表した。最大都市イスタンブールのインフレ率は、少なくとも過去10年間で最高を記録した。

[2021-12-30][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコは30日、「預金保険の上限を20万リラに引き上げ」を決定した。

[2021-12-29][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ中銀「金(ゴールド)からリラへの交換を支援する」
・トルコ中銀「インフレ率を徐々に目標値に近づけるような政策を策定する」「持続可能な物価安定のための基盤を構築するため、第1四半期に政策枠組みのあらゆる側面を見直す」「2022年も金融政策委員会を12回開催」「為替変動相場制の導入は継続」

[2021-12-28][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、トルコの銀行調整監視機構(BDDK)が、銀行規制に違反する発言をしたとして、元中銀総裁を含む5人を刑事告発したと報じている。BDDKの関係者と国営メディアが伝えていた。関係者によると、告発状に記載されているのは優良党のユルマズ元中銀総裁を含む野党政治家2人、エコノミスト2人、およびジャーナリスト1人になる。
・ブルームバーグによると、トルコ中央銀行は銀行が外貨からリラに転換して中銀に預けた法定準備預金の一部について、通常より高めの14%の金利を支払う。中銀が明らかにした。外貨建ての同預金については年1.5%の金利を課す。外貨の準備預金の10%を来年1月21日までに、20%を3月18日までにそれぞれリラに転換した銀行は2022年末まで新たな金利を免除される。中銀は先に、外貨からリラに転換された預金については預金準備の対象から免除すると発表していた。

[2021-12-27][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、リラ預金の保護措置を打ち出したことで、外為市場のバブルを崩壊させたと政府の対応を強調した。そのうえで、「新しい経済モデル」により、国内経済は夏にはまったく異なる環境になると述べている。

(最終更新日時 2022-01-15 11:23)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース