トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2023-01-30][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請中のフィンランドとスウェーデンのうち、フィンランドの加盟だけを先に批准する考えを示唆した。
・ロイター通信によると、在トルコの米国大使館は30日、米国人に対し、イスタンブール市内の教会、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)、在外公館に対する攻撃に警戒するよう呼びかけた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2023-01-30][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請中のフィンランドとスウェーデンのうち、フィンランドの加盟だけを先に批准する考えを示唆した。
・ロイター通信によると、在トルコの米国大使館は30日、米国人に対し、イスタンブール市内の教会、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)、在外公館に対する攻撃に警戒するよう呼びかけた。

[2023-01-24][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「スウェーデンはNATO加盟で支持を期待すべきでない」
・トルコのエルドアン大統領は、週末のあいだにスウェーデンの首都ストックホルムで行われた抗議デモでイスラム教の聖典コーランが燃やされたことを受け、スウェーデンは北大西洋条約機構(NATO)加盟をめぐりトルコの支持を期待すべきではないと述べた。
・日本経済新聞によると、トルコのエルドアン大統領は23日、スウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟について、トルコの批准を「期待すべきでない」と強い言葉で警告した。スウェーデンでイスラム教の聖典コーランに火を付ける極右デモが行われたことに反発した。早期の加盟実現は困難になりつつある。

[2023-01-23][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ大統領府は、エルドアン大統領が、ウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談で、ロシアとウクライナの仲裁を行うという申し出を改めて伝えたと発表した。
・トルコのエルドアン大統領は、大統領選と議会選を1ヵ月前倒しして5月14日に実施する考えを示した。大統領選と議会選は6月18日に予定されていたが、エルドアン氏はこれまで前倒しする可能性を示唆していた。
・TBS系のJNNニュースによると、トルコのエルドアン大統領は、任期満了に伴う大統領選挙を5月14日に実施する意向を明らかにした。予定よりおよそ1か月の前倒しとなる。

[2023-01-19][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、5月14日の総選挙実施の可能性を示唆した。以前に表明した予定から1ヵ月前倒しとなる。
・トルコ中銀声明「2022 年第 1-3 四半期は力強い成長が見られた」「経常収支に対する観光収入の予想以上の貢献は年間を通じて続いている」「物価安定の主要な目的を追求し、インフレ率の恒久的な低下と中期的な目標である5%の達成を示す強い指標が出てくるまで、利用できる全ての手段を決定的に使用し続ける」「透明性が高く、予測可能で、データに基づく枠組みの中で、引き続き意思決定を行う」

[2023-01-17][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、同国議会が北欧スウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟を批准する前に、両国が最大130人の「テロリスト」をトルコに送還もしくは引き渡す必要があるという認識を示した。

[2023-01-16][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ネバティ・トルコ財務相「トルコのインフレは2023年も鈍化し続ける」「CPIとPPIのスプレッドは12月時点で縮まった」

[2023-01-03][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・共同通信によると、トルコ統計局が3日発表した2022年12月の消費者物価指数は、前年同月比で64.27%上昇した。伸び率は22年11月の84.39%から大幅に縮小した。縮小は2カ月連続。記録的な物価高が続き、エルドアン政権は最低賃金の引き上げなど、対応に追われている。

[2022-12-30][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀「2023年は12回の金融政策委員会(MPC)を招集する」「引き続き外貨準備高を積み増していく」
・トルコ中銀「目標とする為替水準はない」「金融政策は経済指標次第」「トルコの地元銀行との金と為替スワップは徐々に減少する予定」

[2022-12-22][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「現状の金利水準は適切」「利用可能な手段を使用し続ける」「外需の減速については、注意深く監視」「『リラ化戦略(Liraization Strategy)』に整合的」

[2022-12-15][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・日本経済新聞によると、トルコの裁判所は14日、最大都市イスタンブール市長で野党政治家のエクレム・イマモール氏に禁錮2年7月の有罪判決を言い渡した。同氏は2023年の大統領選でエルドアン大統領の有力な対抗馬候補の一人とみられている。政治的な判決だとの批判も強まっており、政局が混乱する可能性がある。

(最終更新日時 2023-01-31 10:46)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース