トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-13][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「トルコとロシア、リビア代表による停戦に関する話し合いは良い方向に行っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2020-01-13][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「トルコとロシア、リビア代表による停戦に関する話し合いは良い方向に行っている」

[2019-12-30][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコの最大都市イスタンブールで28日、数百人が参加してロシアに抗議するデモが行われた。シリア北西部イドリブ県でロシアがアサド政権と共に空爆を強化し、多数の民間人が犠牲になり、避難民は23万人を超えた。デモ隊はイスタンブールのロシア総領事館近くに集まり「プーチン(大統領)は人殺し。シリアから出て行け」と叫んだ。

[2019-12-27][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は26日、国家分裂状態のリビアのシラージュ暫定政権側を支援するため、現地にトルコ軍部隊を派遣する方針を表明した。来年1月8日か9日に国会の承認を受けた上で派兵する。暫定政権側と戦闘状態にある有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」との戦闘が拡大する恐れがある。

[2019-12-13][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ大統領府は、エルドアン大統領とロシアのプーチン大統領は11日に電話会談を行い、2国間関係とシリアをはじめとする地域問題について話し合ったことを明らかにした。

[2019-12-11][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・チャヴシュオール・トルコ外相「露製ミサイルS400を巡ってトルコに対して米国が否定的な行動をとれば報復するだろう」
・トルコのチャブシオール外相は11日、ロシア製ミサイル防衛システム「S400」の購入を巡り、米国がトルコに制裁を科せば、トルコが報復すると表明した。国内放送局Aハベルとのインタビューで述べた。同相は、ロシア製を含め、米国の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に代わる航空機を購入する可能性があるとも述べた。米政府は、トルコがS400を購入したことに対する報復措置として、F35の共同開発計画からトルコを締め出している。

[2019-12-05][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ中銀「金融政策決定会合、20年は12回開催(19年は8回)」「5%のインフレ目標は維持」「1週間レポレートは主要な政策金利のまま」
・トルコ中銀「銀行の流動性をサポートし、リラや外貨とのゴールドスワップも継続」「国有企業のエネルギー輸入に必要な外貨は、中銀や財務省が直接支払う」

[2019-12-02][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、北大西洋条約機構(NATO)が「脳死状態」に陥っていると発言したマクロン仏大統領の考えは「浅はかで狂っている」としたうえで、4日に開催されるNATO首脳会議に言及し、「会議の席でマクロン氏に、まず自分の脳が死んでいないか診てもらうといいと進言するつもりだ」と指摘した。
・アルバイラク・トルコ財務相「5%成長を達成するため、製造業支援に注力する」

[2019-11-29][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ政府は28日、リビアの暫定政権と地中海上の境界線で合意し、了解覚書に調印したと発表した。トルコのエネルギー探査を巡る対立が複雑化する可能性がある。具体的な境界線など詳細は明らかにしていないが、リビアの隣国であるエジプトは「違法な」合意だと非難。ギリシャも、トルコとリビアの間に位置するクレタ島の存在が無視されており、地理的に理不尽な合意だと反発している。欧州連合(EU)は、トルコがキプロス沖で「違法な」石油・ガス掘削活動を行っているとして、対トルコ制裁を準備しており、トルコは同盟国を探していた。

[2019-11-28][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・チャヴシュオール・トルコ外相「マクロン仏大統領はトルコがNATO同盟国だということを忘れるべきではない」

[2019-11-26][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「ロシア製地対空ミサイルS400を巡る米国との話し合いは、来年4月頃まで続く見通し」
・チャブシオール・トルコ外相「トルコは、ロシア製の地対空ミサイルS400を導入しないとはコミットしていない」

(最終更新日時 2020-01-14 12:48)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース