トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-08][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「難民対策でEUから十分なサポートが得られなければ、トルコは難民がEUに向かいやすくする必要がでてくる」「トランプ米大統領との会談では、露製地対空ミサイル、米製ミサイルや戦闘機について話し合う」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2019-11-08][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「難民対策でEUから十分なサポートが得られなければ、トルコは難民がEUに向かいやすくする必要がでてくる」「トランプ米大統領との会談では、露製地対空ミサイル、米製ミサイルや戦闘機について話し合う」

[2019-11-07][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのアルバイラク財務相は7日、今年の同国経済がプラス成長になるとの見通しを示した。現時点の指標によると、11月と12月の経済活動はさらに拡大する見通しという。同相は、低所得層が期間20年の「最低金利」で住宅を購入できる新たな住宅ローン制度について、財務面の下準備が整ったとも発言した。

[2019-11-01][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ軍は1日、シリア北部の対トルコ国境地帯で、ロシアとの合同パトロールを開始した。トルコとロシアによる10月22日の合意に基づくクルド人勢力の撤退状況を確認する方針で、トルコ側は同勢力が現地にとどまっていれば、現在停止中の越境軍事作戦の再開も辞さない構えだ。

[2019-10-31][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ中銀は、2019年末のインフレ率予想を12%に引き下げた。従来は13.9%だった。トルコ中銀は、2019年末インフレ率予想を従来13.9%から12.0%に引き下げた。

[2019-10-30][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・第1次大戦中のオスマン帝国による「アルメニア人虐殺」を「ジェノサイド(集団虐殺)」と認定する決議を米下院が可決した問題で、トルコ外務省は30日、米国のサターフィールド駐トルコ大使を呼び、抗議した。アナトリア通信などが伝えた。

[2019-10-28][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・アナトリア通信は、トルコ国防省が、米軍がシリア北西部イドリブ県で実施した過激派組織IS最高指導者バグダディ容疑者を標的とする作戦で、事前に情報交換を行うなどして米側に協力したと表明したと報じている。

[2019-10-24][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのアカル国防相がインタビューで、最新鋭ステルス戦闘機「F35」をめぐる米国との問題は解消できるとの見方を示したと報じている。

[2019-10-23][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコ当局者「シリア内の安全地帯設置はロシアが支援」
・トルコの地上侵攻で緊迫するシリア北部情勢を巡り、ロシアとトルコは22日に首脳会談を行い、トルコが敵視するクルド人勢力をシリア北部の国境地帯から撤退させることで合意したと発表した。クルド人勢力に協力するシリアのアサド政権の後ろ盾となっているロシアが、トルコの要求を受け入れた形だ。

[2019-10-22][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・エルドアン・トルコ大統領「もし米国が約束を守らなければ、シリアでの作戦を再開する」
・トルコが軍事作戦を始めたシリア北部情勢を巡り、ロシアが停戦を主導する姿勢を打ち出している。プーチン大統領は22日、南部ソチでトルコのエルドアン大統領と会談し、シリアの停戦継続を協議する。ロシアは軍撤退を決めた米国の「不在」に乗じ、中東での影響力を固める構えだが、長期的な情勢安定につながるかはなお不透明だ。

[2019-10-21][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
・トルコのエルドアン大統領は、自身のツイッターで、トランプ米大統領と電話会談を実施したと明らかにした。エルドアン大統領は、会談で、二国間の問題のほか、トルコ・シリア国境に構築予定の安全地帯について意見交換したという。
・トルコのエルドアン大統領は、米国と17日に合意したシリア北部停戦の内容が「少しでも守られない」場合は、22日までの5日間、一時停止するとした軍事作戦を再開すると警告した。また、敵視するシリアのクルド人勢力が国境地帯から撤退する必要性を強く主張している。
・エルドアン・トルコ大統領「プーチン露大統領との会談後、シリアに対して必要な措置を講じる」

(最終更新日時 2019-11-10 11:44)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース