トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-04][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのフィダン外相は、訪問先の北京で中国の王共産党政治局員兼外相と会談した。パレスチナ自治区ガザ情勢などについて協議したという。会談後の記者会見でフィダン氏は、イスラエルを支援する欧米を批判する一方、中国との連帯を強調した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2024-06-04][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのフィダン外相は、訪問先の北京で中国の王共産党政治局員兼外相と会談した。パレスチナ自治区ガザ情勢などについて協議したという。会談後の記者会見でフィダン氏は、イスラエルを支援する欧米を批判する一方、中国との連帯を強調した。

[2024-06-03][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・シムシェキ・トルコ財務相「トルコの経済成長は、より均衡の取れた構造に移行した」「最新のインフレデータは驚くべきものではない」
・シムシェキ・トルコ財務相「トルコの経常赤字はGDPの2.5%を下回る見込み」「トルコ中銀は過去2カ月で650億ドルの外貨を獲得」「短期的な外貨流入に依存していない」

[2024-05-29][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・シムシェキ・トルコ財務相「9月時点でインフレ率が40%台になる可能性」「必要であれば、流動性を吸収するため借り入れを行う」「2025年の財政赤字対GDP比を3%未満に抑える決意」

[2024-05-23][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「金融引き締めの効果の遅れを考慮し、委員会は政策金利の据え置きを決定したが、引き続きインフレリスクに非常に注意を払っている」「金融引き締めスタンスは月次インフレ基調の大幅かつ持続的な低下が観測され、インフレ期待が予測範囲に収束するまで維持される」
・トルコ中銀声明「インフレの大幅かつ持続的な悪化が予想される場合、金融政策スタンスは引き締められるだろう」「インフレの基調的な下落傾向を確実にし、中期的に5%のインフレ目標を達成するために必要な金融情勢を作り出すべく政策決定を行う」

[2024-05-14][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ政府は13日、財政緊縮策を発表した。公共投資の対象案件を絞って15%減らすほか、政府支出も10%削る。高インフレを抑える狙いだが、歳出削減規模は小さく効果は限られるとの見方がある。

[2024-05-09][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・カラハン・トルコ中銀総裁「インフレ見通しの永続的な悪化を許容することはできない」「引き締めに対する国内需要への影響を監視している」
・カラハン・トルコ中銀総裁「中銀には追加の引き締めを行う用意がある」
・トルコ中央銀行は9日、年末のインフレ見通しを引き上げた。現在約70%という高インフレ率を引き下げることの難しさがあらためて示された。

[2024-05-08][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ政府当局者はここ数週間、オフショア通貨スワップの制限緩和について協議を続けている。事情に詳しい関係者が明らかにした。実現すれば、トルコ市場への参入に関心を持つ外国人投資家の主要な要求に応えることになる。

[2024-05-03][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・「トルコはイスラエルとの貿易を全面停止する」ようだ。
・トルコ政府は、イスラエルとの貿易を完全に停止したと発表した。民間人の犠牲者を多数出しながら、パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスと戦闘を続けるイスラエルに対し、圧力を強める。ガザ衝突をめぐり、強硬姿勢を崩さないイスラエルへの国際的な圧力が一段と増す格好だ。

[2024-04-25][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「最近の指標は国内需要が底堅いことを示唆している」「インフレリスクに対する高い警戒感を改めて示した」「月次インフレの基調的な下落傾向が顕著かつ持続的となり、インフレ期待が予想範囲に収斂するまで、金融引き締め姿勢が維持される」
・トルコ中銀声明「インフレの大幅かつ持続的な悪化が見込まれる場合、金融引き締めが強化される」「インフレの基調的な下落傾向を確実にし、中期的に5%のインフレ目標を達成するために必要な金融情勢を整備する形で政策判断を行う」

[2024-04-24][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ロイター通信によると、トルコのシムシェキ財務相は23日、国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季会合が先週開かれたワシントンで、他国の銀行や財界人、企業、投資家らと「極めて有効な」対話を持ったほか、トルコの経済政策に強い信頼を感じたと述べた。
・トルコのシムシェキ財務相は、国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季会合が先週開かれたワシントンで、他国の銀行や財界人、企業、投資家らと「極めて有効な」対話を持ったほか、トルコの経済政策に強い信頼を感じたと述べた。

(最終更新日時 2024-06-05 13:00)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース