トルコ政府関係の発言・ニュース

トルコ国旗

 トルコ共和国の政府関係者による発言や、トルコに関連性の高い為替相場を代表とした相場に影響を与えると考えられるニュースを紹介しています。

 このカテゴリにおいてのHDP・RHDPは、複数のトルコ政府関係者による発言やニュースを元に算出しているため、その数値は参照値となります。

 また、トルコ共和国は将来的に欧州連合(EU)へと加盟する可能性が非常に高い国で、経済的にも大きな発展が見込まれており、流通通貨であるトルコリラは近年投資家に人気の高い通貨となっています。

HDP

中間派

 HDP   +1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-22][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「金利動向を注視」「第3四半期の経済は外需鈍化で減速」「変更した政策金利の水準は現状の見通しのもとでは適切」
・トルコ中銀声明「翌日物借入金利は11.50%から10.50%に引き下げ」「翌日物貸出金利は14.50%から13.50%に引き下げ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のトルコ政府関係の発言・ニュース

[2022-09-22][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「金利動向を注視」「第3四半期の経済は外需鈍化で減速」「変更した政策金利の水準は現状の見通しのもとでは適切」
・トルコ中銀声明「翌日物借入金利は11.50%から10.50%に引き下げ」「翌日物貸出金利は14.50%から13.50%に引き下げ」

[2022-09-21][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「米国がトルコにF-16戦闘機を売却する可能性について、会談した米上院議員から肯定的なフィードバックを受けた」

[2022-09-20][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコメディアのNTVは、同国のエルドアン大統領が、中国とロシアが主導する上海協力機構(SCO)への加盟を目指していると述べたと報じている。SCOには中国、ロシア、インド、パキスタン、イラン、キルギス、タジキスタン、カザフスタン、ウズベキスタンが加盟。トルコは現在、SCOの対話パートナーとなっている。

[2022-09-12][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、米国がトルコにF16戦闘機を売却する約束を守らない場合、ロシアなどの国を頼る可能性があると警告した。トルコは当初、最新鋭の米製ステルス戦闘機F35の導入を計画していたが、ロシアから地対空ミサイルシステムS400を購入したことでF35共同開発計画の安全性を脅かす恐れがあるとして排除されている。

[2022-09-08][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「穀物の輸出が貧しい国ではなく富める国に行く、というプーチン露大統領の発言は正しい」「ロシアから輸出される穀物を我々も欲しい」

[2022-09-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、アンカラで記者団に対し、欧州に天然ガスを送る海底パイプラインをロシアが再開未定で停止している状況について、「欧州の自業自得だ」と述べた。ウクライナに侵攻したロシアに対する欧州の制裁のせいで、プーチン大統領がエネルギー供給での報復に駆り立てられたと主張している。

[2022-09-05][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ政府は、エルドアン大統領が、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、ロシア軍が占拠する欧州最大のウクライナ南部ザポロジエ原発をめぐって、仲介役を担うことに意欲を示したと発表した。

[2022-08-23][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「トルコに必要なのは利上げではない」「トルコのインフレ増によるものであり、克服できる」「世界は高インフレと失業に苦しんでいる」
・トルコのエルドアン大統領は、トルコ中銀が利上げを実施する必要はなく、投資や雇用、生産、輸出押し上げに向けた取り組みや経常収支の黒字化達成に注力する必要があると述べた。

[2022-08-19][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領、および国連のグテレス事務総長との3者会談で、ウクライナとロシアとの戦争を終わらせる可能性について協議したと明らかにした。このほか、ウクライナとロシアとのあいだの捕虜交換についても話し合ったとし、今後ロシアのプーチン大統領とこの問題について協議すると述べている。

[2022-08-18][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「第3四半期の先行指標は、経済活動のモメンタムがいくぶん低下していることを示唆」「世界経済の成長に対する不確実性が高まり、地政学的リスクが高まる中、鉱工業生産の成長モメンタムと雇用の増加傾向を維持するために、金融環境が支援的であり続けることが重要」
・トルコ中銀声明「最近の政策金利と貸出金利のスプレッドの拡大は、金融伝達の有効性を低下させる」「インフレの恒久的な低下を示す強力な指標と中期目標5%が達成されるまで、利用可能な全ての手段を決定的に使用し続ける」「委員会は引き続き、透明性があり、予測可能で、データ主導の枠組みで意思決定を行っていく」

(最終更新日時 2022-09-23 19:08)

トルコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

トルコ政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース