トルコ政府関係

トルコ政府関係のイメージ画像

 2022年6月の期間中のトルコ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-03][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ネバティ・トルコ財務相「トルコのインフレ率は鈍化し始めた」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

トルコ政府関係による2022年6月 発言・ニュース

[2022-06-03][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ネバティ・トルコ財務相「トルコのインフレ率は鈍化し始めた」

[2022-06-06][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ政府高官は、ロシアのラブロフ外相によるトルコ訪問に関し、ウクライナの黒海沿岸の港から穀物輸出を再開する計画が進展することを期待していると表明した。ロシア、ウクライナ両政府は条件付きながら解決を望んでいると指摘している。

[2022-06-06][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ大統領報道官は、同国が反対しているスウェーデン、フィンランドの北欧2ヵ国の北大西洋条約機構(NATO)加盟に関して、6月末にスペインで開催されるNATO首脳会議が加盟問題をめぐる決定の期限ではないとの認識を示した。

[2022-06-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領「トルコは利下げを継続する」「現政府は金利を引き上げない」

[2022-06-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ブルームバーグによると、トルコのエルドアン大統領は6日、激しいインフレ高進に見舞われる中でも利下げを継続する方針を明確に示した。大統領はアンカラでの閣議後、「現政府が利上げすることはない。引き続き利下げしていく」と言明した。この発言を受けて通貨リラはドルに対して下げ幅を拡大、一時0.9%安の1ドル=16.6リラ付近となった。リラは年初からドルに対して19.8%下落しており、ブルームバーグが調査する新興国通貨の中で最悪のパフォーマンスとなっている。

[2022-06-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ブルームバーグによると、トルコのエルドアン大統領は6日、激しいインフレ高進に見舞われる中でも利下げを継続する方針を明確に示した。大統領はアンカラでの閣議後、「現政府が利上げすることはない。引き続き利下げしていく」と言明した。この発言を受けて通貨リラはドルに対して下げ幅を拡大、一時0.9%安の1ドル=16.6リラ付近となった。リラは年初からドルに対して19.8%下落しており、ブルームバーグが調査する新興国通貨の中で最悪のパフォーマンスとなっている。トルコ中央銀行は昨年12月以降、政策金利を14%で据え置いている。今年5月時点で同国のインフレ率は前年同月比73.5%に加速した。

[2022-06-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ブルームバーグによると、トルコのエルドアン大統領は6日、激しいインフレ高進に見舞われる中でも利下げを継続する方針を明確に示した。大統領はアンカラでの閣議後、「現政府が利上げすることはない。引き続き利下げしていく」と言明した。

[2022-06-07][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ外務省は、ロシアのラブロフ外相が7-8日の2日間の日程でトルコを訪問すると発表した。チャブシオール外相と会談し、8日に共同記者会見を開く。ラブロフ氏の訪問予定は当初8日だった。

[2022-06-10][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコメディアのハベルチュルクは、国営ガス大手ガスプロムやオリガルヒ(新興財閥)など43のロシア企業がトルコのイスタンブールに欧州拠点を移す、と報じている。8日に開かれた両国の外相会談で協議され、移転は7月から始まるという。

[2022-06-10][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン大統領は、西部イズミルで行われたイスラム系与党・公正発展党の会合で演説し、2023年6月の実施が想定される大統領選挙への出馬を表明した。エルドアン氏は「選挙は来年6月半ばに行う。タイップ・エルドアンが候補者だ」と述べている。

[2022-06-22][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ大統領府筋は、トルコ軍の代表団が今週、ロシアを訪れ、ウクライナの穀物輸出に向けた黒海の安全な航路設置をめぐり協議を行うことを明らかにした。

[2022-06-22][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・ロイターは、トルコとウクライナ、ロシア、国連の4者会談が今後数週間内にイスタンブールで開かれると報じている。トルコのエルドアン大統領と国連のグテレス事務総長が出席する可能性があるという。

[2022-06-23][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀声明「外需の下支えにより、年初の力強い成長が第2四半期も続いていることを示している」「インフレの恒久的な低下を示す強力な指標と中期目標5%が達成されるまで、利用可能な全ての手段を決定的に使用し続ける」「持続的な物価と金融の安定に向けた施策の強化に加え、ベース効果と地域紛争の解決を背景に、ディスインフレのプロセスが開始されると予想」

[2022-06-27][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
・トルコ大統領府は、エルドアン大統領が、スウェーデンのアンデション首相と同国の北大西洋条約機構(NATO)加盟をめぐって電話で協議し、トルコ側の懸念を解消するための「具体的な行動」を求めたことを明らかにした。今週実施されるNATO首脳会議を前に、トルコが依然、新規加盟交渉入りに向けた進展を阻害している形だ。

トルコ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース