ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア国防省は、プーチン大統領が、ブルガコフ国防次官を解任したと発表した。ブルガコフ次官は、ウクライナ侵攻におけるロシア軍の物資補給を担当。補給の混乱がウクライナ南部などでのロシア軍の苦戦の原因とされているだけに、その責任を問われた可能性がある。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2022-09-17][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「今後、ウクライナに対する攻撃はより深刻になる可能性」

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2022-09-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア国防省は、プーチン大統領が、ブルガコフ国防次官を解任したと発表した。ブルガコフ次官は、ウクライナ侵攻におけるロシア軍の物資補給を担当。補給の混乱がウクライナ南部などでのロシア軍の苦戦の原因とされているだけに、その責任を問われた可能性がある。

[2022-09-23][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子が会談したと発表した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」という枠組み内での取り組みを称賛したうえで、既存の合意を堅持する意向を確認したという。
・ロシア政府は、プーチン大統領が署名した軍の部分動員令にウクライナでの戦争に100万人の予備役を動員することを可能とする非公開条項が盛り込まれているという独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ欧州」の報道を否定した。
・共同通信によると、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を巡り部分動員令を出して以降、隣国モンゴルにロシアから入国する人々が急増している。モンゴルのメディアが23日報じた。不安になったロシア国民がビザ(査証)なしで入れるモンゴルを目指しているもようだ。陸続きの国境には長い行列ができた。

[2022-09-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、ロシアの建国記念イベントで演説し、ロシアが主権を失うことはなく、「脅迫や威嚇」に屈しないと言明した。さらに、ロシア軍はウクライナ東部ドンバス地域の人々を救うために戦っていると称賛している。

[2022-09-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、ロシアの防衛産業の首脳と会合を行い、ウクライナで使用しているロシアの武器や装備を称賛した。「特別軍事作戦」で使用しているロシアの兵器は高性能だと述べたという。
・露タス通信によるとプーチン露大統領は「部分的な軍事動員」について発表すると、報じた。
・プーチン大統領「西側はロシアを破壊したがっている」「我々の目的はドンバスを解放すること」「ドンバスで戦う志願兵に法的地位を与えるよう政府に命じた」
・プーチン大統領「軍事作戦の目標は変わらない」「軍事動員は本日から開始」「部分的軍事動員を命じる」

[2022-09-20][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・タス通信は、ロシアのプーチン大統領の最側近、パトルシェフ安全保障会議書記が、中国福建省南平市で外交担当トップの楊共産党政治局員と会談したと報じている。双方は合同演習を含む軍事協力を今後も継続することで一致したほか、「朝鮮半島や台湾を含むアジア太平洋地域の情勢」も協議し、米国とその同盟国が緊張を悪化させていると懸念を示したという。

[2022-09-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、トルコへのロシア産ガス供給の25%がルーブルで支払われることになると述べた。「トルコへのロシア産天然ガス供給に関する我々の合意は、近い将来に施行されるはずだ。このガス供給の支払いの25%はロシアの通貨ルーブルで行われる」と指摘している。
・ロシアのプーチン大統領は、欧州のエネルギー危機とロシアとの関係を否定し、EUがガス供給拡大を求めるならパイプライン「ノルドストリーム2」の開通を妨げている制裁を解除すべきと述べた。
・ロシアのプーチン大統領は、11月にインドネシアで開催されるG20首脳会議に個人的に出席するかまだ決定していないと述べた。

[2022-09-17][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「今後、ウクライナに対する攻撃はより深刻になる可能性」

[2022-09-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア通信は、プーチン大統領が、パイプラインを通じたパキスタンへのガス供給は可能であり、インフラの一部はすでに整備されていると述べたと報じている。
・ロシアのプーチン大統領と中国の習国家主席は、訪問中のウズベキスタン・サマルカンドで会談した。プーチン大統領はウクライナ情勢をめぐる中国側の疑問や懸念を理解しているとしたうえで、習氏の「バランスの取れた姿勢を高く評価している」と述べている。ロシアのウクライナ侵攻開始後としては初の対面会談となる。

[2022-09-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領はテレビ演説で、ロシアが年内に3000万トンの穀物を輸出する見通しで、いずれは5000万トンに拡大する用意があると表明した。

[2022-09-08][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、モンゴルを経由して中国に天然ガスを供給するための新たな大規模インフラ計画について協議していると明らかにした。プーチン氏はこのほか、ロシアの国営石油会社ロスネフチがモンゴル政府と石油製品の供給をめぐる協力の拡大で合意したことも明らかにしている。
・ロシアのプーチン大統領は、同国は今年、財政黒字を確保するとの見通しを示した。GDP予想は約2%減とし、経済発展省や2大銀行に比べ楽観的な見方を示した。西側諸国の対露制裁による最悪期を脱し、縮小幅は従来予想よりも軽微なものにとどまるという。

(最終更新日時 2022-09-27 20:15)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース