ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、同国南部ソチで米国のポンペオ国務長官と会談し、ベネズエラ情勢やシリア内戦をめぐって激しく対立する両国の関係改善をめざすことで合意した。プーチン氏は「関係を完全に回復させたい」と述べている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2019-05-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、同国南部ソチで米国のポンペオ国務長官と会談し、ベネズエラ情勢やシリア内戦をめぐって激しく対立する両国の関係改善をめざすことで合意した。プーチン氏は「関係を完全に回復させたい」と述べている。

[2019-04-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、北朝鮮の非核化には「国際法に基づく対応」が必要だとし、米国を念頭に「力のルール」を批判した。
・ロシアのプーチン大統領は、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長との会談終了後に記者団に対して、朝鮮半島の非核化や制裁、米国について話し合ったことを明らかにした。 そのうえで、「会談の成果に満足している」と述べ、核プログラムを廃棄するためには、北朝鮮が国際的な安全の保証を必要としていると指摘。こうした保証が機能するには、日本を含め核問題に関する6ヵ国協議の参加国による多国間の枠組みの中で提供される必要があり、米国だけの保証では不十分との考えを示した。

[2019-04-24][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン大統領の側近とされるロシア連邦安全保障会議のパトルシェフ書記が25日に来韓し、文大統領と面会することが分かった、と報じている。露朝首脳会談が開催される25日にロシア政府の幹部がソウルを訪れる形だという。

[2019-04-16][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金朝鮮労働党委員長の初の首脳会談が来週行われる可能性が高まっている、と報じている。実現すれば、2月の米朝首脳会談が事実上決裂し、苦しい立場にある北朝鮮をロシアが後押しすることになりそうだ。

[2019-04-10][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、石油輸出国機構(OPEC)と協力を続ける用意があると明らかにした。ただ原油価格は現在、ロシアが望む水準にあるとし、原油価格の制御不能な上昇は支持しないと述べている。
・ロシアのプーチン大統領は参加したフォーラムで、トランプ氏が2020年の次期米大統領選挙で再選されるかどうかは米国民が決めることと指摘した。ただ、一方でトランプ米大統領の再選を望むかについては明言を避けている。

[2019-04-09][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「エルドアン・トルコ大統領と露製ミサイルシステムの供給について話し合った」「露とトルコはシリアの平和構築に努力する」
・ロシアのプーチン大統領は、トルコのエルドアン大統領と会談し、両首脳がトルコへのロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の提供をめぐり引き続き協議していくことを明らかにした。
・プーチン露大統領「現状の原油価格に満足している」「急激な価格上昇は望まない」「今後についてはOPECと話し合う」

[2019-03-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、議会上下両院が可決したインターネット上の偽ニュースを禁止する法案に署名、法律は成立した。大統領の諮問機関「市民社会発展・人権評議会」が「権力による恣意的な利用」の恐れを指摘、プーチン氏に署名しないよう求めていた。

[2019-03-18][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン大統領が日露の平和条約締結交渉について「テンポが失われた」と語った、と報じている。北方領土を日本に引き渡した場合に日米安全保障条約に基づき、米軍が展開する可能性があることが交渉の障害になっているとの見解も改めて示したという。

[2019-03-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領の人気が衰えている。ウクライナ領クリミア半島の武力併合により8割超に押し上げた支持率は2018年夏場から急落。経済停滞への不満が高まり、6割台から浮揚のきっかけがつかめない。絶頂を迎えたクリミア併合から5年経ち、「強いロシア」を誇示して求心力にする手法が限界に来ているとの見方もある。

[2019-02-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、モスクワで内政・外交の基本方針を示す年次教書演説を行い、対日関係について「日本との政治的対話と経済協力を続ける。平和条約締結のために相互に受け入れ可能な条件をともに模索する用意がある」と述べた。

(最終更新日時 2019-05-16 00:25)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース