ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-01-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、安倍首相との会談の冒頭で「会談に至るまでに平和条約を含めさまざまな問題が検討された」と述べ、首脳会談の頻繁な開催が両国関係などの協議を促していると評価した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2019-01-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、安倍首相との会談の冒頭で「会談に至るまでに平和条約を含めさまざまな問題が検討された」と述べ、首脳会談の頻繁な開催が両国関係などの協議を促していると評価した。

[2018-12-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、米国がシリア駐留米軍の撤収を決断したことを「正しい」と歓迎し、内戦の政治的解決に向けて米軍の存在は不要だと述べた。
・ロシアのプーチン大統領は定例記者会見で、日本との平和条約交渉をめぐり、北方領土に米軍基地を設置しないという日本の確約が領土引き渡しの判断材料になるとの考えを示唆した。
・ロシアのプーチン大統領は定例記者会見で、日露関係に関し、米ミサイル防衛(MD)システムの日本での展開に懸念を示した。一方で「我々は日本との平和条約締結を目指している」とも改めて強調している。

[2018-12-18][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領は、参加した会合で、米国が破棄方針を示している中距離核戦力(INF)全廃条約に関し、米露以外の国の条約加盟や新たな条約について協議を始めることは可能との認識を示した。

[2018-12-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、ポンペオ米国務長官がロシアに対し、60日以内に中距離核戦力(INF)全廃条約を完全に順守するよう要求したことを受け、米国が条約を破棄して中距離核戦力を保有するなら、ロシアも同様の戦力を持つと警告した。

[2018-11-30][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・「プーチン大統領はG20首脳会議に出席する際にトランプ米大統領と短時間の会談を行う」ようだ。なお、トランプ大統領は前日、プーチン大統領との会談を急きょ中止すると発表している。

[2018-11-29][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、参加したフォーラムで、同国がウクライナ艦船3隻を拿捕(だほ)した問題について正当性を主張した。「彼らは軍務をまっとうしていた。ロシア国境を防衛するという正当な職務を遂行していた」と述べている。
・ロシアのプーチン大統領は講演で、1バレル=60ドル前後の現在の原油価格は同国にとって「まったく問題ない」と述べた。同大統領は2週間前、70ドルの水準がロシアには望ましいと指摘していた。また、市場安定で石油輸出国機構(OPEC)と協力する必要があれば、その用意はあるとの姿勢を示している。

[2018-11-28][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン政権が対外的な強硬姿勢を再び打ち出している。ロシアが一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島近海で同国艦船を拿捕(だほ)。シリアでは軍事支援するアサド政権のために反体制派拠点を空爆した。年金問題などで政権支持率が低下するなかで外敵との対決姿勢をアピールし、求心力を回復する思惑が透ける。

[2018-11-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は26日夜、ドイツのメルケル首相と電話会談し、ウクライナの戒厳令導入に「深刻な懸念」を表明し、ウクライナを説得するようドイツに仲介を要請した。

[2018-11-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は26日夜、ドイツのメルケル首相と電話会談し、ウクライナの戒厳令導入に「深刻な懸念」を表明し、ウクライナを説得するようドイツに仲介を要請した。

[2018-11-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン政権が2014年に武力併合したウクライナ領クリミア半島付近で、両国間の緊張が高まってきた。ロシア警備艇が25日、ウクライナ艦船に攻撃を仕掛け、3隻を拿捕(だほ)した。3月に大統領選を控えるウクライナに対ロ姿勢を軟化させるよう圧力を加える狙いとみられる。英国の離脱問題で揺れる欧州連合(EU)と中間選挙直後の米国の出方を試している面もありそうだ。

(最終更新日時 2019-01-24 00:28)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース