ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、日本で首相交代が続いても「日本とロシアの国民の関心は変わらない」と述べ、日本との平和条約締結を目指す姿勢を強調した。ただ、プーチン氏はかねて北方領土問題では譲歩せず、条約締結を目指す立場を堅持している

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2021-10-22][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、日本で首相交代が続いても「日本とロシアの国民の関心は変わらない」と述べ、日本との平和条約締結を目指す姿勢を強調した。ただ、プーチン氏はかねて北方領土問題では譲歩せず、条約締結を目指す立場を堅持している

[2021-10-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、欧州ガス危機の影響が依然ロシアに及ぶ可能性があるとし、ガス価格高騰がインフレ全体を押し上げれば、食品などの必需品価格の一段の上昇、もしくはロシア経済を支える燃料需要の減退を招く恐れがあるという認識を示した。
・日本経済新聞によると、ロシアのプーチン大統領は20日、全土で9日間の休日を設ける大統領令に署名した。新型コロナウイルス感染に伴う死者が急増しており、21日には1036人と過去最多を更新した。政府はワクチン接種を求めているが、根強い不信感もあり接種率の上昇に時間がかかっている。大統領令では10月30日~11月7日の9日間を全土で「非労働日」とする。国民に出勤や登校を控えるよう求める。

[2021-10-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・タス通信は、ロシアのプーチン大統領が、ロシアが実効支配する北方領土に投資を誘致するための免税特別区の創設に関し、来年8月1日を期限として法整備を進めるよう政府などに指示したと報じている。
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が、今年のG20議長国イタリアのドラギ首相と電話会談し、ローマで30-31日行われるG20首脳会議にオンライン形式で参加すると伝えたことを明らかにした。

[2021-10-14][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、欧州諸国が要請すれば天然ガスの供給を増加させる用意があると述べ、ロシアが政治的な意図を持って供給を削減しているとの批判を暗に否定した。そのうえで、欧州のガス市場の構造とスポット取引への依存を改めて批判。今年は冬季の厳しい寒さを受け燃料需要が増大したものの、多くの国は天然ガスの在庫積み増しに動かず、むしろスポット取引に依存したとし、市場原理の下で需要増を反映し価格が一段と上昇したとの見方を示している。
・ロシアのプーチン大統領は、米国のバイデン大統領と堅実な関係を築いたとし、軍縮からエネルギー問題にわたる広範な案件で米国と共に取り組める可能性があるとの見解を示した。
・米CNBCは、ロシアのプーチン大統領が、米英豪の新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」は「明らかに地域の安定を崩す」として反対する考えを示したと報じている。プーチン氏が公にAUKUS反対を表明したのは初めてとみられる。

[2021-10-14][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、欧州諸国が要請すれば天然ガスの供給を増加させる用意があると述べ、ロシアが政治的な意図を持って供給を削減しているとの批判を暗に否定した。そのうえで、欧州のガス市場の構造とスポット取引への依存を改めて批判。今年は冬季の厳しい寒さを受け燃料需要が増大したものの、多くの国は天然ガスの在庫積み増しに動かず、むしろスポット取引に依存したとし、市場原理の下で需要増を反映し価格が一段と上昇したとの見方を示している。

[2021-10-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、新型コロナウイルスのワクチン接種加速の必要性を強調した。新人議員らに対し「ワクチン接種は人々を感染と重症化から守る。加速が必要だ」と述べている。

[2021-10-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア政府は、プーチン大統領がドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領と電話会談を行ったことを明らかにした。ウクライナ東部情勢の「複雑化」を受け「連携を緊密化する」ため早急に協議するようそれぞれの外相に指示したという。

[2021-10-07][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、欧州の天然ガス価格の高騰について、欧州がロシアとの天然ガス供給に関する長期契約を縮小した政策が「間違いであったことが示された」と述べた。

[2021-10-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領「世界のエネルギー市場の安定化を支援する準備」「ヨーロッパへのガス輸出を増やす」「ロシアはヨーロッパ、アジアにとって信頼できる天然ガスの供給源」
・ロシアのプーチン大統領「ロシアはエネルギー市場の安定支援の備え」

[2021-10-05][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシア大統領府は、プーチン大統領が岸田新首相に祝電を送ったと発表した。このなかでプーチン氏は「さまざまな分野での日露関係の建設的発展は両国民の利益にかなう」とし、「二国間の問題や地域・国際問題について、日本との対話と共同作業に関心があることを確認したい」との考えを示したという。

(最終更新日時 2021-10-23 12:50)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース