ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

ウラジーミル・プーチン

 ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは1952年生まれのロシアの政治家で、第4代ロシア連邦の大統領です。

 プーチンは、第2代ロシア連邦大統領・第5代および第9代政府議長・統一ロシア党首・ベラルーシロシア連合国家の閣僚評議会議長など数々の政治的要職を歴任している。

 また、第4代ロシア連邦大統領就任時は、当時大統領に就任していたメドヴェージェフと入れ替わる形で大統領に就任し、メドヴェージェフは首相に就任している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が初めて電話会談したと報じている。ウクライナ東部の紛争の解決に向けた方策などについて意見を交わしたという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のウラジーミル・プーチンの発言・ニュース

[2019-07-12][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が初めて電話会談したと報じている。ウクライナ東部の紛争の解決に向けた方策などについて意見を交わしたという。

[2019-07-04][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、9月に極東ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」の主賓として、安倍首相とインドのモディ首相の出席が予定されていると述べた。
・ロシアのプーチン大統領は、米露間の中距離核戦力(INF)廃棄条約の効力を停止する法律に署名した。即日発効し、ロシアは米国に先駆けて同条約の履行を停止している。

[2019-07-03][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・プーチン露大統領が予定されていたイベントを抜け出し、ショイグ露国防相と間もなく会談を行うとの一部報道が伝わっている。

[2019-06-28][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、石油輸出国機構(OPEC)と主要産油国による協調減産の取り組みが原油市場の安定に寄与したとの見方を示した。ロイター通信が引用して報じたもの。
・ロシアのプーチン大統領は、世界貿易機関(WTO)について「廃止や役割低下に向けた試みは逆効果だと考えている」と述べた。世界経済は懸念すべき状況にあり、世界の貿易は「保護主義と政治的な動機に基づく制約」の影響を受けているとの認識を示している。

[2019-06-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は国民対話で、28日開幕のG20大阪サミットに合わせ、米国側が望むならトランプ大統領と会談する用意があると述べた。
・ロシアのプーチン大統領は記者団に対し、今月末の大阪でのG20首脳会議に合わせて開催予定の安倍首相との首脳会談を前に「安倍晋三も我々も、みな完全な正常化と平和条約締結を望んでいる」と述べた。

[2019-06-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は13日公表されたインタビューで、米ロ関係が悪化の一途をたどっていると発言、米国の現政権が多数の対ロシア制裁を導入していると批判した。日本で開催される20カ国地域(G20)首脳会議を前に、厳しい見方を示した。同大統領はG20でトランプ米大統領と会談する可能性がある。 同大統領は、米ロ関係とは対照的に、中ロ関係は発展しているとの認識も示した。ロシアのミールテレビとのインタビューで述べ、ロシア大統領府が発言内容を公表した。

[2019-06-10][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)に対する措置を含む米国の強硬な対応は、貿易戦争だけでなく最終的には実際の戦争を引き起こす恐れがあると警告した。

[2019-06-07][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、石油の適正価格をめぐり、石油輸出国機構(OPEC)とは異なる見解を持っていると述べた。ただ次のOPEC総会では生産に関して共同決定を行うとしている。
・ロシアのプーチン大統領「すべての核保有国が戦略的安定に向けた協議に参加すべきだ」
・ロシアのプーチン大統領「ロシアは米選挙に介入していないし、介入するつもりもない」
・ロシアのプーチン大統領「日米の軍事協力が日露平和条約締結を難しくしている」「日露間の平和条約締結を安倍首相とともに望んでいるが、それは難しいプロセスだ」
・ロシアのプーチン大統領は6日、日ロ間の平和条約締結を安倍晋三首相と共に望んでいるが「日米軍事協力が(締結を)困難にしている」と改めて強調。北方領土問題の早期解決は困難との認識を示した。29日に大阪で予定される日ロ首脳会談で、平和条約交渉の進展が見込めないことが確実になった。

[2019-06-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領と中国の習国家主席は、モスクワで会談し結束を誇示した。貿易摩擦などで米中の対立が激しさを増すなか、「対米共闘」で足並みをそろえる姿を世界に示している。
・プーチン露大統領「米国との軍事協調を取っている日本に疑問がある」「日本の国防に疑問を持っているわけではない」
・プーチン露大統領「我々はロシアの安全を考えている」「日本が我々の懸念に配慮してくれることを望み、信頼の水準を上げたい」「明日日本との平和条約をを決定するかはいえないが、私と安倍首相はそれを望んでいる」

[2019-05-15][NP     HDP +2.1 CHDP +0.6 RHDP +2.1 CRHDP +0.6]
・ロシアのプーチン大統領は、同国南部ソチで米国のポンペオ国務長官と会談し、ベネズエラ情勢やシリア内戦をめぐって激しく対立する両国の関係改善をめざすことで合意した。プーチン氏は「関係を完全に回復させたい」と述べている。

(最終更新日時 2019-07-13 15:45)

ウラジーミル・プーチンの発言・ニュース バックナンバー

ウラジーミル・プーチン カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース