最新の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルはじり安。4時時点では1.1632ドルと2時時点(1.1638ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ安水準だった。2時過ぎに一部報道から欧州中央銀行(ECB)筋の話として「欧州景気に対するリスクは下方向」と伝わった。昨日はドラギECB総裁が「経済の成長見通しを取り巻くリスクはおおむね均衡」と述べていることから、ECB内でも依然として意見は分かれているようだ。ユーロドルはじり安となり、3時15分ごろに1.1624ドルの日通し安値をつけた。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

チャールズ・エバンズ[NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「指標は強く、2018年通年で4回の利上げも驚かない」

更新されたFX要人発言・ニュース

[2018-09-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
連邦準備制度理事会(FRB)連邦準備制度理事会(FRB)
・「SF連銀はメアリー・デーリー氏を総裁に指名」などと報じた。

[2018-09-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要為替・株式・商品マーケット概要
・14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルはじり安。4時時点では1.1632ドルと2時時点(1.1638ドル)と比べて0.0006ドル程度のユーロ安水準だった。2時過ぎに一部報道から欧州中央銀行(ECB)筋の話として「欧州景気に対するリスクは下方向」と伝わった。昨日はドラギECB総裁が「経済の成長見通しを取り巻くリスクはおおむね均衡」と述べていることから、ECB内でも依然として意見は分かれているようだ。ユーロドルはじり安となり、3時15分ごろに1.1624ドルの日通し安値をつけた。

[2018-09-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
国際通貨基金(IMF)国際通貨基金(IMF)
・国際通貨基金(IMF)「対アルゼンチン、30億ドルの支援金支払いを先送り」

[2018-09-15][NP     HDP +0.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.2]
ジャネット・イエレンジャネット・イエレン
・イエレン前FRB議長は「アメリカは世界的な財政不安の問題をより悪化させる」などと述べた。

[2018-09-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
欧州中央銀行(ECB)関係欧州中央銀行(ECB)関係
・欧州中央銀行(ECB)筋「景気に対するリスクは下方向に傾いている」

[2018-09-15][NP     HDP +0.0 CHDP -0.2 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
ドナルド・トランプドナルド・トランプ
・「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国製品2000億ドルに追加関税課したい」ようだ。
・トランプ大統領が中国に対して追加関税を諦めておらずとの一部報道を受けて、クロス円も軟調に転じ、ユーロ円は130.31円まで下値を広げた。中国と経済的に結びつきが強いオセアニアの通貨も売られ、豪ドル円が80円半ばから80.08円まで、NZドル円は73.60円付近から73.35円まで水準を下げた。

[2018-09-15][NP     HDP -0.5 CHDP -0.5 RHDP -0.5 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・14日のメキシコ株式相場は小安い。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時29分現在、前日比147.00(0.30%)安の49546.21で推移している。
・14日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近10月限は一転上昇。0時44分時点では前日比1.18ドル高の1バレル=69.77ドルで取引されている。一時69.91ドルまで値を上げた。
・ドル円は頭が重い。「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国製品2000億ドルに追加関税課したいようだ」との一部報道が伝わると、米国株相場の失速とともにドル円にも売りが出た。一時111.88円付近まで下押しした。
・14日の米国株式相場は失速。ダウ工業株30種平均は1時6分時点では前日比48.10ドル安の26097.89ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同14.06ポイント安の7999.65で推移している。
・「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国に追加関税の賦課を望む」との報道から、金融市場はややリスク回避の動き。ダウ平均はマイナス圏に沈み、米債も買い戻されている。為替はドル高円高に振れ、ユーロが対ドルで1.1627ドル、対円では130.20円まで売られた。豪ドルも対ドルでは0.7154ドル、対円で80.08円まで下値を広げている。ドル円は111.88円まで売り戻されたが、現在は112円付近まで回復しての値動き。
・14日夜の日経平均先物12月物はナイトセッションで伸び悩み。2時18分時点では大証終値比50円高の2万3020円で取引されている。
・14日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前日終値比0.026%高い(価格は安い)1.530%だった。
・14日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前日終値比0.028%高い(価格は安い)0.450%だった。
・14日のニューヨーク原油先物相場は反発。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエストテキサスインターミディエート(WTI)で10月限の終値は前日比0.40ドル高の1バレル=68.99ドルとなった。NY朝方は昨日の流れを引き継ぎ売りが先行し、一時68ドル割れまで弱含んだ。しかしながら、米国によるイラン産原油の禁輸に対する供給懸念は根強く、週末を控えて買い戻しの動きが強まった。WTI10月限は一時70ドル手前まで大きく反発。その後、米中貿易摩擦への懸念が再び高まると、今度は需要への不透明感から69ドル割れまで売り戻されて引けた。

[2018-09-15][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係日本銀行(日銀)関係
・日銀は18-19日に開く金融政策決定会合で、現行の金融政策と「緩やかに拡大している」との景気判断を維持する見通しだが、貿易戦争や地震・台風など自然災害による経済の下振れリスクを点検する。日経新聞が報じた。全国の支店網を通じた企業ヒアリングでは、貿易戦争の影響で生産地を見直すなどの動きが確認されているもよう。

[2018-09-15][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP +2.7 CRHDP +0.1]
チャールズ・エバンズチャールズ・エバンズ
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「指標は強く、2018年通年で4回の利上げも驚かない」

(最終更新日時 2018-09-17 16:49)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース