最新の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・16日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対しては弱含んだ。米国の3連休を前にポジション調整目的の円売りドル買いが出たほか、ナイトセッションの日経平均先物が160円上昇したことに伴う円売りドル買いが出た。1月米住宅着工件数や2月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値など、この日発表された米経済指標が良好な内容だったことも相場の重し。一方、円はドル以外の通貨に対しては底堅く推移した。欧州通貨やオセアニア通貨がドルに対して下落したことにつれて円買い欧州通貨売り、円買いオセアニア通貨売りが入った。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は強含み。4時過ぎに一時1ドル=106円39銭前後と日通し高値を付けた。
・ユーロ円は軟調だった。6時過ぎに一時1ユーロ=131円82銭前後と日通し安値を付けた。
・ユーロドルは米国の3連休を前にポジション調整目的のユーロ売りドル買いが優勢となり、一時1ユーロ=1.23938ドル前後まで値を下げた。市場では「欧州の取引時間帯に入ってからは対主要通貨でのドル売りポジションを調整する動きが広がった」との指摘があった。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
・16日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近3月限は頭が重い。0時4分時点では前日比0.24ドル安の1バレル=61.10ドルで取引されている。
・16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の4月限は上値が重い。0時16分時点では前日比0.4ドル高の1トロイオンス=1355.7ドルで推移している。
・ドル円は頭が重い。0時34分時点では106.06-09円で推移している。
・16日夜の日経平均先物3月物はナイトセッションでもみ合い。0時42分時点では大証終値比50円高の2万1790円で取引されている。
・16日の米国株式相場は堅調。ダウ工業株30種平均は1時19分時点では前日比132.59ドル高の25332.96ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同25.37ポイント高の7281.80で推移している。
・16日の米10年物国債利回りは低下。1時34分時点では前日比0.0582%低い2.8513%前後で推移している。
・ドル円は買い戻し。106円割れの水準で下値の堅さを確認するとショートカバーが入り106.20-23円まで反発した。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは底堅い。2時15分時点は88.98付近で推移している。
・16日の米国株式相場は上げ幅を拡大。ダウ工業株30種平均は2時35分時点では前日比220.48ドル高の25420.85ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同41.77ポイント高の7298.20で推移している。
・16日のロンドン株式相場は3日続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値比59.89ポイント高の7294.70で取引を終えた。米株式相場のボラティリティがいったん落ちついたことで買い安心感が広がった。金融株や医薬品株、石油株をはじめ幅広い銘柄が上昇した。
・16日の米国株式相場は伸び悩み。ダウ工業株30種平均は2時53分時点では前日比117.55ドル高の25317.92ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同19.45ポイント高の7275.88で推移している。
・16日のフランクフルト株式相場は3日続伸。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比105.79ポイント高の12451.96となった。他の欧州株と同様に堅調に推移した。個別では、ヴォノヴィア(2.52%高)やプロジーベンザット1メディア(1.98%高)などの上昇が目立った。
・16日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間17日3時時点の水準で、前日終値比0.065%低い(価格は高い)1.581%だった。
・16日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間17日3時時点の水準で、前日終値比0.058%低い(価格は高い)0.706%だった。
・ユーロドルは売り優勢。週末の商いが薄いなか、一時1.2410ドルまで下げ足を速めた。また、ユーロ円もつれる形で131.856円まで下落した。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは上昇。一時89.177と日通し高値を付けた。
・16日の米国株式相場は下げに転じた。ダウ工業株30種平均は4時17分時点では前日比22.10ドル安の25178.27ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同22.60ポイント安の7233.83で推移している。
・16日の米10年物国債利回りは低下幅を縮小。4時43分時点では前日比0.0364%低い2.8731%前後で推移している。
・16日夜の日経平均先物3月物はナイトセッションで強含み。4時58分時点では大証終値比120円高の2万1860円で取引されている。
・16日のニューヨーク金先物相場は小反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる4月限は前日比0.9ドル高の1トロイオンス=1356.2ドルとなった。時間外取引では一時1364.4ドルと1月25日以来の高値を付けたものの、そのあとは週末を控えたポジション調整目的の売りに押された。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2018-02-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要為替・株式・商品マーケット概要
・16日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対しては弱含んだ。米国の3連休を前にポジション調整目的の円売りドル買いが出たほか、ナイトセッションの日経平均先物が160円上昇したことに伴う円売りドル買いが出た。1月米住宅着工件数や2月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値など、この日発表された米経済指標が良好な内容だったことも相場の重し。一方、円はドル以外の通貨に対しては底堅く推移した。欧州通貨やオセアニア通貨がドルに対して下落したことにつれて円買い欧州通貨売り、円買いオセアニア通貨売りが入った。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は強含み。4時過ぎに一時1ドル=106円39銭前後と日通し高値を付けた。
・ユーロ円は軟調だった。6時過ぎに一時1ユーロ=131円82銭前後と日通し安値を付けた。
・ユーロドルは米国の3連休を前にポジション調整目的のユーロ売りドル買いが優勢となり、一時1ユーロ=1.23938ドル前後まで値を下げた。市場では「欧州の取引時間帯に入ってからは対主要通貨でのドル売りポジションを調整する動きが広がった」との指摘があった。

[2018-02-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
フィッチ・レーティングスフィッチ・レーティングス
・フィッチはギリシャの格付け「B-」を「B」へと格上げ。見通し「ポジティブ」

[2018-02-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
米政府関係米政府関係
・「米商務省、アルミに7.7%の輸入関税勧告」「米商務省、中国とロシア産アルミに23.5%の関税求める」などと報じた。
・「モラー特別検察官は米選挙中のハッキングでロシア人13人を訴追する」ようだ。

[2018-02-17][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
ニュースニュース
・16日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近3月限は頭が重い。0時4分時点では前日比0.24ドル安の1バレル=61.10ドルで取引されている。
・16日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の4月限は上値が重い。0時16分時点では前日比0.4ドル高の1トロイオンス=1355.7ドルで推移している。
・ドル円は頭が重い。0時34分時点では106.06-09円で推移している。
・16日夜の日経平均先物3月物はナイトセッションでもみ合い。0時42分時点では大証終値比50円高の2万1790円で取引されている。
・16日の米国株式相場は堅調。ダウ工業株30種平均は1時19分時点では前日比132.59ドル高の25332.96ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同25.37ポイント高の7281.80で推移している。
・16日の米10年物国債利回りは低下。1時34分時点では前日比0.0582%低い2.8513%前後で推移している。
・ドル円は買い戻し。106円割れの水準で下値の堅さを確認するとショートカバーが入り106.20-23円まで反発した。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは底堅い。2時15分時点は88.98付近で推移している。
・16日の米国株式相場は上げ幅を拡大。ダウ工業株30種平均は2時35分時点では前日比220.48ドル高の25420.85ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同41.77ポイント高の7298.20で推移している。
・16日のロンドン株式相場は3日続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値比59.89ポイント高の7294.70で取引を終えた。米株式相場のボラティリティがいったん落ちついたことで買い安心感が広がった。金融株や医薬品株、石油株をはじめ幅広い銘柄が上昇した。
・16日の米国株式相場は伸び悩み。ダウ工業株30種平均は2時53分時点では前日比117.55ドル高の25317.92ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同19.45ポイント高の7275.88で推移している。
・16日のフランクフルト株式相場は3日続伸。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比105.79ポイント高の12451.96となった。他の欧州株と同様に堅調に推移した。個別では、ヴォノヴィア(2.52%高)やプロジーベンザット1メディア(1.98%高)などの上昇が目立った。
・16日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間17日3時時点の水準で、前日終値比0.065%低い(価格は高い)1.581%だった。
・16日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間17日3時時点の水準で、前日終値比0.058%低い(価格は高い)0.706%だった。
・ユーロドルは売り優勢。週末の商いが薄いなか、一時1.2410ドルまで下げ足を速めた。また、ユーロ円もつれる形で131.856円まで下落した。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは上昇。一時89.177と日通し高値を付けた。
・16日の米国株式相場は下げに転じた。ダウ工業株30種平均は4時17分時点では前日比22.10ドル安の25178.27ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同22.60ポイント安の7233.83で推移している。
・16日の米10年物国債利回りは低下幅を縮小。4時43分時点では前日比0.0364%低い2.8731%前後で推移している。
・16日夜の日経平均先物3月物はナイトセッションで強含み。4時58分時点では大証終値比120円高の2万1860円で取引されている。
・16日のニューヨーク金先物相場は小反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる4月限は前日比0.9ドル高の1トロイオンス=1356.2ドルとなった。時間外取引では一時1364.4ドルと1月25日以来の高値を付けたものの、そのあとは週末を控えたポジション調整目的の売りに押された。

(最終更新日時 2018-02-18 00:13)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース