最新の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・26日のニューヨーク外国為替市場で円は伸び悩んだ。日欧市場で円高ドル安が進んだ流れを引き継いで円買いドル売りが先行したものの、1-3月期米国内総生産(GDP)改定値が予想より強い内容だったことが分かると一転円売りドル買いが優勢に。ダウ平均が底堅く推移し、日経平均先物が持ち直したことも相場の重しとなった。円は欧州通貨に対しては底堅く推移した。欧州通貨がドルに対して下落したことにつれて円買い欧州通貨売りが入った。半面、資源国通貨に対しては弱含んだ。前日に急落したWTI原油先物価格が反発したことで円売り資源国通貨買いが出た。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は20時過ぎに一時1ドル=110円88銭前後と日通し安値を付けたものの、22日の安値110円85銭前後が目先サポートとして意識されると徐々に買い戻しが進んだ。1時30分前には111円43銭付近まで上げた。
・NZドル円はしっかり。4時過ぎに一時1NZドル=78円69銭前後まで値を上げた。
・ポンドドルは6月8日の英総選挙に関するユーガブの世論調査で、メイ首相率いる与党保守党の野党労働党に対するリードが縮小したため全般ポンド売りが先行。0時30分前に一時1ポンド=1.2776ドル前後と4月25日以来の安値を付けた。
・ユーロドルはユーロNZドルなどユーロクロスの下げにつれたユーロ売りドル買いが先行し、22時過ぎに一時1ユーロ=1.11608ドル前後まで下げた。ただ、売り一巡後は1.11ドル台後半で次第に値動きが鈍った。英米の3連休を控えた週末とあって大きな方向感が出にくい面もあったようだ。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

イギリス政府関係[NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「G7は北朝鮮への圧力拡大で合意」

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・26日の米国株式相場は小幅安。ダウ工業株30種平均は0時55分時点では前日比18.62ドル安の21064.33ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同1.75ポイント安の6203.51で推移している。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは底堅い。0時57分時点では97.49付近で推移している。
・ドル円はしっかり。週末を控えて持ち高調整の買い戻しが進んだ。米10年債利回りが低下幅を縮小していることも相場の支えとなり、一時111.40円台まで反発。1時21分時点では111.39-42円で推移している。
・26日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションは下値が堅い。1時57分時点では大証終値比10円安の1万9700円で取引されている。
・26日のロンドン株式相場は3日続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値比29.92ポイント高の7547.63で取引を終えた。終値ベースで過去最高値を更新。外国為替市場でポンド安が進み、ポンド安の恩恵を受けるとみられるグローバル企業に買いが入った。
・26日のフランクフルト株式相場は3日続落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比19.54ポイント安の12602.18となった。他の欧州株や米国株の下げにつれた。個別ではドイツ銀行(2.14%安)やコメルツ銀行(1.53%安)などが下げた半面、フレゼニウス・メディカル・ケア(1.31%高)などは買われた。
・26日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間27日3時時点の水準で、前日終値比0.025%低い(価格は高い)1.012%だった。
・26日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間27日3時時点の水準で、前日終値比0.031%低い(価格は高い)0.331%だった。
・26日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近7月限は堅調。3時18分時点では前日比0.77ドル高の1バレル=49.67ドルで取引されている。
・26日の米10年物国債利回りはもみ合い。3時時点では前日比0.0089%低い2.2465%前後で推移している。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは上値が重い。3時43分時点では97.42付近で推移している。
・NZドル円は堅調。4時過ぎに一時本日高値となる78.69円まで値を上げた。
・26日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションは小動き。4時21分時点では大証終値比30円安の1万9680円で取引されている。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2017-05-27][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要為替・株式・商品マーケット概要
・26日のニューヨーク外国為替市場で円は伸び悩んだ。日欧市場で円高ドル安が進んだ流れを引き継いで円買いドル売りが先行したものの、1-3月期米国内総生産(GDP)改定値が予想より強い内容だったことが分かると一転円売りドル買いが優勢に。ダウ平均が底堅く推移し、日経平均先物が持ち直したことも相場の重しとなった。円は欧州通貨に対しては底堅く推移した。欧州通貨がドルに対して下落したことにつれて円買い欧州通貨売りが入った。半面、資源国通貨に対しては弱含んだ。前日に急落したWTI原油先物価格が反発したことで円売り資源国通貨買いが出た。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は20時過ぎに一時1ドル=110円88銭前後と日通し安値を付けたものの、22日の安値110円85銭前後が目先サポートとして意識されると徐々に買い戻しが進んだ。1時30分前には111円43銭付近まで上げた。
・NZドル円はしっかり。4時過ぎに一時1NZドル=78円69銭前後まで値を上げた。
・ポンドドルは6月8日の英総選挙に関するユーガブの世論調査で、メイ首相率いる与党保守党の野党労働党に対するリードが縮小したため全般ポンド売りが先行。0時30分前に一時1ポンド=1.2776ドル前後と4月25日以来の安値を付けた。
・ユーロドルはユーロNZドルなどユーロクロスの下げにつれたユーロ売りドル買いが先行し、22時過ぎに一時1ユーロ=1.11608ドル前後まで下げた。ただ、売り一巡後は1.11ドル台後半で次第に値動きが鈍った。英米の3連休を控えた週末とあって大きな方向感が出にくい面もあったようだ。

[2017-05-27][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
ムーディーズムーディーズ
・米格付け会社ムーディーズは26日、ブラジルの格付け「BA2」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。

[2017-05-27][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係世界の政策金利関係
・コロンビア中銀は、政策金利を0.25%引き下げ6.25%にする事を決定した。

[2017-05-27][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
イギリス政府関係イギリス政府関係
・メイ英首相「G7は北朝鮮への圧力拡大で合意」

[2017-05-27][NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュースニュース
・26日の米国株式相場は小幅安。ダウ工業株30種平均は0時55分時点では前日比18.62ドル安の21064.33ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同1.75ポイント安の6203.51で推移している。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは底堅い。0時57分時点では97.49付近で推移している。
・ドル円はしっかり。週末を控えて持ち高調整の買い戻しが進んだ。米10年債利回りが低下幅を縮小していることも相場の支えとなり、一時111.40円台まで反発。1時21分時点では111.39-42円で推移している。
・26日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションは下値が堅い。1時57分時点では大証終値比10円安の1万9700円で取引されている。
・26日のロンドン株式相場は3日続伸。FTSE100種総合株価指数は前日終値比29.92ポイント高の7547.63で取引を終えた。終値ベースで過去最高値を更新。外国為替市場でポンド安が進み、ポンド安の恩恵を受けるとみられるグローバル企業に買いが入った。
・26日のフランクフルト株式相場は3日続落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比19.54ポイント安の12602.18となった。他の欧州株や米国株の下げにつれた。個別ではドイツ銀行(2.14%安)やコメルツ銀行(1.53%安)などが下げた半面、フレゼニウス・メディカル・ケア(1.31%高)などは買われた。
・26日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間27日3時時点の水準で、前日終値比0.025%低い(価格は高い)1.012%だった。
・26日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間27日3時時点の水準で、前日終値比0.031%低い(価格は高い)0.331%だった。
・26日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近7月限は堅調。3時18分時点では前日比0.77ドル高の1バレル=49.67ドルで取引されている。
・26日の米10年物国債利回りはもみ合い。3時時点では前日比0.0089%低い2.2465%前後で推移している。
・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは上値が重い。3時43分時点では97.42付近で推移している。
・NZドル円は堅調。4時過ぎに一時本日高値となる78.69円まで値を上げた。
・26日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションは小動き。4時21分時点では大証終値比30円安の1万9680円で取引されている。

(最終更新日時 2017-05-28 00:06)

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース