最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -0.5 CHDP -0.5 RHDP -0.5 CRHDP -0.5]
・12日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近11月限は伸び悩み。0時8分時点では前日比0.44ドル高の1バレル=71.41ドルで取引されている。
・12日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の12月限は小安い。0時22分時点では前日比4.3ドル安の1トロイオンス=1223.3で推移している。
・ドル円は112.00円までわずかながら本日安値を更新した。米株が上昇幅を縮小し、米長期金利が低下していることを反映。米10年債利回りは3.14%台へやや水準を下げた。
・12日の米国株式相場は上げ幅を縮小。ダウ工業株30種平均は1時8分時点では前日比101.41ドル高の25154.24ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同98.88ポイント高の7427.95で推移している。
・12日の米10年物国債利回りは低下に転じた。1時26分時点では前日比0.0092%低い3.1406%前後で推移している。
・12日の米国株式相場は失速。ダウ工業株30種平均は1時42分時点では前日比15.49ドル安の25037.34ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同58.33ポイント高の7387.39で推移している。
・ドル円は軟調。一時は400ドル超上昇したダウ平均が下げに転じたことで円買いドル売りがじわりと強まった。米長期金利の低下に伴う売りも出て一時111.90円と日通し安値を付けた。
・12日のロンドン株式相場は3日続落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比11.02ポイント安の6995.91で取引を終えた。3月26日以来約6カ月半ぶりの安値となった。アジア株高を受けて投資家心理が改善したため午前はプラス圏で推移したが、買いは続かず午後に失速した。たばこ株の値下がりが指数の押し下げ要因となった。半面、最近売られていた資源株は買い戻された。
・12日のフランクフルト株式相場は3日続落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比15.54ポイント安の11523.81となった。昨年2月6日以来約1年8カ月ぶりの安値となった。アジア株高を受けて投資家心理が改善したため高く始まったものの、終盤失速した。個別ではフレゼニウス(2.21%安)やバイエル(1.58%安)、ヴォノヴィア(1.51%安)などの下げが目立った。半面、ワイヤーカード(5.33%高)やリンデ(2.53%高)などは買われた。
・12日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間13日3時時点の水準で、前日終値比0.040%低い(価格は高い)1.633%だった。
・12日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間13日3時時点の水準で、前日終値比0.021%低い(価格は高い)0.498%だった。
・12日夜の日経平均先物12月物はナイトセッションで下げ幅を拡大。3時23分時点では大証終値比330円安の2万2320円で取引されている。
・12日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発。終値は前日比287.16ドル高の25339.99ドルだった。大幅高で始まった後、マイナス圏に沈むなど不安定な値動きが続いたが、午後にアップルなど大型ハイテク株に押し目買いが入り相場を押し上げた。ビザやファイザー、ナイキなども堅調だった。一方、JPモルガン・チェースは7-9月期決算で増益となったことが好感されて買いが先行したものの、結局下げて取引を終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発し、同167.83ポイント高の7496.89で取引を終えた。前日までの株価急落で割安感の出た主力ハイテク株を中心に買い戻しが入った。
・12日の米国債券相場で長期ゾーンは4営業日ぶりに反落。表面利率2.875%の10年物国債利回りは前日比0.01%高い(価格は安い)3.16%で終えた。米国株が下げに転じた場面では債券買いが優勢になったが、株価が引けにかけて持ち直し上げ幅を拡大すると債券売りが出た。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2018-10-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
ムーディーズムーディーズ
・米格付け会社ムーディーズは12日、ポルトガルの格付けを「Ba1」から「Baa3」に引き上げたと発表した。見通しは「安定的」とした。

[2018-10-13][NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.0]
チャールズ・エバンズチャールズ・エバンズ
・エバンズ・シカゴ連銀総裁「株式市場の調整は消費に影響を与える」「インフレ率が2.3-2.4%へと上昇することは問題ではないだろう」

[2018-10-13][NP     HDP -3.5 CHDP +0.0 RHDP -3.8 CRHDP -0.1]
トーマス・ジョーダントーマス・ジョーダン
・ジョーダン・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)総裁「過熱感はなく、金融政策の据え置きは正しい選択」「必要ならいつでも為替介入を行う準備ができている」
・ジョーダン・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)総裁「FRBは正しい選択を行っている」「中央銀行は政治圧力に屈するべきではない」
・ジョーダン・スイス国立銀行(中央銀行、SNB)総裁「必要ならいつでも介入を行う準備がある」「過熱感はなく、金融政策の据え置きが正しい選択」

[2018-10-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
米政府関係米政府関係
・クドローNEC委員長「米中首脳会談は100%決定されたものではない」

[2018-10-13][NP     HDP -0.5 CHDP -0.5 RHDP -0.5 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・12日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近11月限は伸び悩み。0時8分時点では前日比0.44ドル高の1バレル=71.41ドルで取引されている。
・12日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の12月限は小安い。0時22分時点では前日比4.3ドル安の1トロイオンス=1223.3で推移している。
・ドル円は112.00円までわずかながら本日安値を更新した。米株が上昇幅を縮小し、米長期金利が低下していることを反映。米10年債利回りは3.14%台へやや水準を下げた。
・12日の米国株式相場は上げ幅を縮小。ダウ工業株30種平均は1時8分時点では前日比101.41ドル高の25154.24ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同98.88ポイント高の7427.95で推移している。
・12日の米10年物国債利回りは低下に転じた。1時26分時点では前日比0.0092%低い3.1406%前後で推移している。
・12日の米国株式相場は失速。ダウ工業株30種平均は1時42分時点では前日比15.49ドル安の25037.34ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同58.33ポイント高の7387.39で推移している。
・ドル円は軟調。一時は400ドル超上昇したダウ平均が下げに転じたことで円買いドル売りがじわりと強まった。米長期金利の低下に伴う売りも出て一時111.90円と日通し安値を付けた。
・12日のロンドン株式相場は3日続落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比11.02ポイント安の6995.91で取引を終えた。3月26日以来約6カ月半ぶりの安値となった。アジア株高を受けて投資家心理が改善したため午前はプラス圏で推移したが、買いは続かず午後に失速した。たばこ株の値下がりが指数の押し下げ要因となった。半面、最近売られていた資源株は買い戻された。
・12日のフランクフルト株式相場は3日続落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比15.54ポイント安の11523.81となった。昨年2月6日以来約1年8カ月ぶりの安値となった。アジア株高を受けて投資家心理が改善したため高く始まったものの、終盤失速した。個別ではフレゼニウス(2.21%安)やバイエル(1.58%安)、ヴォノヴィア(1.51%安)などの下げが目立った。半面、ワイヤーカード(5.33%高)やリンデ(2.53%高)などは買われた。
・12日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間13日3時時点の水準で、前日終値比0.040%低い(価格は高い)1.633%だった。
・12日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間13日3時時点の水準で、前日終値比0.021%低い(価格は高い)0.498%だった。
・12日夜の日経平均先物12月物はナイトセッションで下げ幅を拡大。3時23分時点では大証終値比330円安の2万2320円で取引されている。
・12日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発。終値は前日比287.16ドル高の25339.99ドルだった。大幅高で始まった後、マイナス圏に沈むなど不安定な値動きが続いたが、午後にアップルなど大型ハイテク株に押し目買いが入り相場を押し上げた。ビザやファイザー、ナイキなども堅調だった。一方、JPモルガン・チェースは7-9月期決算で増益となったことが好感されて買いが先行したものの、結局下げて取引を終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発し、同167.83ポイント高の7496.89で取引を終えた。前日までの株価急落で割安感の出た主力ハイテク株を中心に買い戻しが入った。
・12日の米国債券相場で長期ゾーンは4営業日ぶりに反落。表面利率2.875%の10年物国債利回りは前日比0.01%高い(価格は安い)3.16%で終えた。米国株が下げに転じた場面では債券買いが優勢になったが、株価が引けにかけて持ち直し上げ幅を拡大すると債券売りが出た。

(最終更新日時 2018-10-14 19:10)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース