最新の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・23日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対して上値が重い。ローゼングレン・ボストン連銀総裁が「利上げ見送りは著しい不均衡生じさせるリスク」などと述べたことで全般ドル高が進み円売りドル買いが先行した。その後しばらく方向感が出なかったが、引けにかけては持ち高調整の円売りが散見された。一方、カナダドルに対しては堅調。7月カナダ小売売上高や8月カナダ消費者物価指数(CPI)が予想を下回り、円買いカナダドル売りが優勢となった。原油先物相場の下落も円買いを後押しした。なお、ユーロに対しては軟調。ユーロカナダドルなどユーロクロスが急伸したほか、ユーロドルも底堅く推移したことで円売りユーロ買いが広がった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=100円68銭前後から101円台を回復。その後101円ちょうど前後で方向感を欠いたが、引けにかけて101円16銭前後まで上げる場面があった。
・カナダドル円は1カナダドル=76円64銭前後まで売り込まれた。
・ユーロドルは底堅い。ユーロカナダドルなどユーロクロスの上昇が相場を支えた半面、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の発言を受けてドル買い圧力も高まったため、1ユーロ=1.1215ドル前後で売買が交錯した。ただ、ユーロクロスが一段高となると1.12407ドル前後までじり高となった。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニール・カシュカリ[NP-2.0 HDP +0.5 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「労働市場に依然たるみが存続していると確信」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国経済の長期の潜在成長率は2%を若干下回ると予想」「過剰に遅れるよりも時期尚早の利上げを懸念」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ目標、容易に調整するものではない」

更新されたFX要人発言・ニュース

[2016-09-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要為替・株式・商品マーケット概要
・23日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対して上値が重い。ローゼングレン・ボストン連銀総裁が「利上げ見送りは著しい不均衡生じさせるリスク」などと述べたことで全般ドル高が進み円売りドル買いが先行した。その後しばらく方向感が出なかったが、引けにかけては持ち高調整の円売りが散見された。一方、カナダドルに対しては堅調。7月カナダ小売売上高や8月カナダ消費者物価指数(CPI)が予想を下回り、円買いカナダドル売りが優勢となった。原油先物相場の下落も円買いを後押しした。なお、ユーロに対しては軟調。ユーロカナダドルなどユーロクロスが急伸したほか、ユーロドルも底堅く推移したことで円売りユーロ買いが広がった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=100円68銭前後から101円台を回復。その後101円ちょうど前後で方向感を欠いたが、引けにかけて101円16銭前後まで上げる場面があった。
・カナダドル円は1カナダドル=76円64銭前後まで売り込まれた。
・ユーロドルは底堅い。ユーロカナダドルなどユーロクロスの上昇が相場を支えた半面、ローゼングレン・ボストン連銀総裁の発言を受けてドル買い圧力も高まったため、1ユーロ=1.1215ドル前後で売買が交錯した。ただ、ユーロクロスが一段高となると1.12407ドル前後までじり高となった。

[2016-09-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
ムーディーズムーディーズ
・米格付け会社ムーディーズは23日、トルコの格付けを「Baa3」から「Ba1」に引き下げたと発表した。なお、見通しは「安定的」とした。
・米信用格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、トルコの格付けをBaa3から投資不適格級Ba1に引き下げたことを発表した。

[2016-09-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
フィッチ・レーティングスフィッチ・レーティングス
・格付け会社フィッチは23日、ドイツの格付け「AAA」を確認したと発表した。また、見通しは「安定的」とした。

[2016-09-24][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.1]
デニス・ロックハートデニス・ロックハート
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「生産性が抑制されていることは難問だ」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「雇用に関しては前進している」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「経済は、ネットで楽観的」「我々は雇用に関して進展している」

[2016-09-24][NP     HDP +1.3 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプランロバート・カプラン
・カプラン・ダラス連銀総裁「世界の原油需給、2017年上期には均衡回復へ」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米国のGDP成長率はどこから見ても遅い」「2016年のGDP成長率は1.7%と見込んでいる」
・カプラン・ダラス連銀総裁「米GDPの成長は停滞」「下半期の成長は反発すると見ている」
・カプラン・ダラス連銀総裁「FOMCは利上げに際して辛抱強い姿勢でいられる」「米経済は過熱していない」
・カプラン・ダラス連銀総裁「BREXITは管理可能」「金融政策は構造改革の代用とはならない」

[2016-09-24][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP +0.6 CRHDP -0.2]
連邦準備制度理事会(FRB)連邦準備制度理事会(FRB)
・米連邦準備理事会(FRB)「FRBが米銀の商品投資規制を提案」「FRBの商品投資規制案、現物トレードの限度を厳格化」
・米連邦準備理事会(FRB)「FRBの商品投資規制案、現物投資に対し資本引き当てを義務づけ」「FRBの商品投資規制案、発電所に関与した活動を制限」

[2016-09-24][NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュースニュース
・23日の米国株式相場はじり安。ダウ工業株30種平均は0時23分時点では前日比58.49ドル安の18333.97ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同15.32ポイント安の5324.20で推移している。
・23日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近11月限は上値が重い。0時34分時点では前日比0.46ドル安の1バレル=45.86ドルで取引されている。
・23日の米10年物国債利回りは小動き。0時45分時点では前日比0.0035%高い1.6219%前後で推移している。
・23日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近11月限は売りが加速。一時1バレル=44.83ドルと本日安値を付けた。
・ユーロドルは底堅い。ユーロカナダドルなどユーロクロスの上昇を支えに1.12306ドルの高値までじり高となった。
・23日の米10年物国債利回りは再び低下に転じた。1時33分時点では前日比0.0085%低い1.6098%前後で推移している。
・23日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近11月限は売りが継続。一時1バレル=44.28ドルと本日安値を付けた。
・23日のロンドン株式相場は5営業日ぶりに小反落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比1.97ポイント安の6909.43で取引を終えた。主力の鉱業株などが相場を支えた半面、足もとの上昇に対する利益確定の売りも見られたため、総じて方向感に欠ける展開となった。
・23日の米国株式相場は軟調。ダウ工業株30種平均は2時48分時点では前日比100.78ドル安の18291.68ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同25.55ポイント安の5313.97で推移している。
・23日のフランクフルト株式相場は5営業日ぶりに反落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比47.21ポイント安の10626.97となった。相場続伸に対する反動から利食い売りが強まった。個別では、ドイツ・ポスト(0.52%高)などが上げた半面、ドイツ銀行(1.98%安)やドイツ証券取引所(1.80%安)が下落した。
・23日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間24日3時時点の水準で、前日終値比0.024%高い(価格は安い)0.730%だった。
・23日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間24日3時時点の水準で、前日終値比0.014%高い(価格は安い)マイナス0.082%だった。
・23日夜の日経平均先物12月物はナイトセッションでこう着。4時17分時点では大証終値比10円高の1万6580円で取引されている。
・トルコリラは急落。米格付け会社ムーディーズがトルコの格付けを「Baa3」から「Ba1」に引き下げたことを受けて、ドルトルコリラは2.9694トルコリラまでドル高トルコリラ安が急速に進んだ。

[2016-09-24][NP-2.0 HDP +0.5 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
ニール・カシュカリニール・カシュカリ
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「労働市場に依然たるみが存続していると確信」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「米国経済の長期の潜在成長率は2%を若干下回ると予想」「過剰に遅れるよりも時期尚早の利上げを懸念」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「インフレ目標、容易に調整するものではない」

(最終更新日時 2016-09-25 01:46)

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース