米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・「ペロシ米下院議長(米民主党)とシューマー米上院院内総務(米民主党)は交渉の叩き台として超党派案を支持する」ようだ。
・米下院は2日、米国の監査基準を順守しない限り一部の中国企業の米上場を阻止できる法案を全会一致で可決した。同法案は今年すでに上院で可決されており、トランプ大統領の署名を経て成立する見通し。
・米政府のコロナワクチン開発加速計画「ワープ・スピード作戦」のスラウイ首席顧問は、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、来年1月下旬にも臨床試験(治験)結果が得られ、そののちワクチンの緊急使用許可申請が提出される可能性があることを明らかにした。
・米司法省のデマーズ次官補(国家安全保障担当)は参加したい会議で、技術盗用をめぐる取り締まりを強化するなか、中国の研究者1000人以上が米国を去ったと明らかにした。
・バイデン次期米大統領が、トランプ大統領がレイ連邦捜査局(FBI)長官を解任しない限り、新政権で同氏を続投させる考えだと報じている。
・米NY州をはじめとする複数の州が、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いがあるとしてフェイスブックを調査しており、来週、同社を提訴する計画だと報じている。複数の関係筋が明らかにしたという。
・米政府は現地2日、中国共産党員や、その家族への米渡航ビザ発効期間・回数などに新たな規制を設けるもよう。米ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。有効期間は最長でも1カ月、入国を1度のみ認める内容だという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2020-12-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・「ペロシ米下院議長(米民主党)とシューマー米上院院内総務(米民主党)は交渉の叩き台として超党派案を支持する」ようだ。
・米下院は2日、米国の監査基準を順守しない限り一部の中国企業の米上場を阻止できる法案を全会一致で可決した。同法案は今年すでに上院で可決されており、トランプ大統領の署名を経て成立する見通し。
・米政府のコロナワクチン開発加速計画「ワープ・スピード作戦」のスラウイ首席顧問は、英製薬大手アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、来年1月下旬にも臨床試験(治験)結果が得られ、そののちワクチンの緊急使用許可申請が提出される可能性があることを明らかにした。
・米司法省のデマーズ次官補(国家安全保障担当)は参加したい会議で、技術盗用をめぐる取り締まりを強化するなか、中国の研究者1000人以上が米国を去ったと明らかにした。
・バイデン次期米大統領が、トランプ大統領がレイ連邦捜査局(FBI)長官を解任しない限り、新政権で同氏を続投させる考えだと報じている。
・米NY州をはじめとする複数の州が、反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いがあるとしてフェイスブックを調査しており、来週、同社を提訴する計画だと報じている。複数の関係筋が明らかにしたという。
・米政府は現地2日、中国共産党員や、その家族への米渡航ビザ発効期間・回数などに新たな規制を設けるもよう。米ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。有効期間は最長でも1カ月、入国を1度のみ認める内容だという。

[2020-12-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間2日午前3時時点の新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で6352万2286人、死者数は147万4213人に上ったことを明らかにした。
・米議会の諮問機関「米中経済安全保障調査委員会」(USCC)は、今年の年次報告書を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大について「中国共産党による不手際と隠蔽が世界的な大流行を招き、世界経済に大きな打撃を与えた」とし、中国の責任を厳しく指摘している。
・米国務省のウォン次官補代理(北朝鮮担当)はシンクタンクでの講演で、中国が国連の対北朝鮮制裁に違反していると非難し、制裁違反の証拠を示す情報提供に最大500万ドルの報酬金を支払う用意があると表明した。
・米政府の新型コロナウイルスのワクチン開発を加速する「ワープ・スピード作戦」のスラウイ首席顧問は、規制当局によるワクチン承認から24時間以内、最長でも36-48時間以内に、医療従事者らへの接種を開始する可能性があると述べた。さらに、年内に2000万人がワクチン接種することを望むとの考えを示している。
・米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、参加したイベントで、新型コロナウイルス救済法案を可決するよう議会に要請したほか、来年1月20日の大統領への正式就任後に経済活性化に向けた一段の措置を実施すると言明した。
・米議会の超党派グループは、9080億ドルの新型コロナウイルス救済法案を提出した。中小企業や失業者、航空業界などへの新たな緊急支援をめぐる共和・民主両党間の約1ヵ月にわたる行き詰まり打開を目指す。
・バー米司法長官が、米大統領選で広範囲にわたり不正投票が行われたことを示す証拠は見つかっていないと述べた、と報じている。これに対し、トランプ陣営の弁護団は、司法省が不正投票に関する調査を十分実施していないと反論しているようだ。
・アメリカ大統領選挙で勝利を宣言したバイデン前副大統領が新政権の財務長官に指名するとしたFRB=連邦準備制度理事会の前の議長のイエレン氏が1日、会見し、追加の経済対策の策定など、新型コロナウイルスで傷ついたアメリカ経済の立て直しに全力で取り組む考えを示した。
・米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領は1日、新型コロナウイルス救済法案を可決するよう議会に要請したほか、来年1月20日の大統領への正式就任後に経済活性化に向けた一段の措置を実施すると言明した。
・バイデン政権で存在感、ブラックロック出身者台頭と報じた。
・米ホワイトハウスは、トランプ米大統領が来週、産業界や政界の関係者らを招き、新型コロナウイルスのワクチンに関する会合を開くと発表した。ワクチン開発加速をめぐる自身の役割を強調したい意向があるようだ。
・米議会諮問機関の米中経済安全保障再考委員会(USCC)は1日、2020年版の報告書をまとめ、米国の中国企業への投資に対する審査を強化すると表明した。中国への投資は投資家にとってリスクである上、資金が中国の軍事化に使われ、米国に対する直接の脅威となる可能性があると警告した。
・米大手投資ファンドのブラックストーン・グループが日本国内のオフィスビルや商業施設などを約1100億円で一括取得したことが分かった。物件はいずれも東京や大阪など大都市にあり、中長期的に底堅い賃貸需要が見込めると判断した。同社が今年、国内不動産に投じた金額は累計で約6000億円に上るもよう。新型コロナウイルスの感染拡大で急減した不動産取引は、外資系ファンドの主導で回復が進む。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は相変わらず「大人の対応」を見せている。1日に議会上院が新型コロナウイルスの経済対策問題で開いた公聴会でムニューシン財務長官とともに出席したパウエル氏は、あくまで専門家の立場としての発言に終始した。政治論争から超越し続けるのは一苦労だが、それだけの価値がある目標だ。

[2020-12-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・マコネル上院院内総務(共和党)「追加経済対策の年末までの通過を議会に促す」
・米当局が来年1月末までに、米フェイスブックと米グーグルに対し、独占禁止法(反トラスト法)違反で最大4件の提訴を準備していると報じている。
・米感謝祭明けの月曜日に実施される今年のインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」は、米国での一日のオンライン売上高としては過去最大規模となりそうだと報じている。
・米当局が来年1月末までに、米フェイスブック(FB)と米グーグルに対し、独占禁止法(反トラスト法)違反で最大4件の提訴を準備していると報じた。関係者の話として伝えた。共同通信が引用して報じたもの。
・バイデン次期米大統領が、情報機関から初めて国内外の安全保障情勢などに関する機密情報の報告を書面で受けた、と報じている。次期大統領として安保分野で政権移行に向けた引き継ぎを本格化させたようだ。
・バイデン次期米大統領は、グテレス国連事務総長、アルゼンチンのフェルナンデス大統領、コスタリカのアルバラド大統領、ケニアのケニヤッタ大統領と個別に電話会談したことを明らかにした。

[2020-12-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・マコネル上院院内総務(共和党)「追加経済対策の年末までの通過を議会に促す」
・米電気自動車メーカーのテスラ株が時間外取引で急騰。S&P500種銘柄にテスラ株が採用されることが分かると3.7%超上昇している。
・米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官(協和)は、11月3日に実施された大統領選をめぐり、投票機による再集計は予定通り12月2日までに完了するとの見通しを示すとともに、投票で大規模な不正があったとする疑惑を否定した。
・米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官(共和)は、上院2議席の決選投票を年明け1月5日に控え、複数の有権者登録団体の動向を調査していると明らかにした。ジョージア州民以外の登録を促す動きもあるという。
・アザー米厚生長官は、米ファイザーによる新型コロナワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)の外部アドバイザーが12月10日に開く会合の数日後にも承認され、出荷が開始されると予想した。モデルナのワクチンも、その約1週間後に承認されるとの見通しを示し、「クリスマス前には2種類のワクチンの接種が始まる可能性がある」と述べている。

[2020-11-30][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・来年3月で期限切れを迎える米軍駐留経費負担(思いやり予算)をめぐる交渉が、越年する可能性が出てきたと報じている。大幅な負担増を迫る構えだったトランプ米大統領は選挙で敗れたが、バイデン次期政権と交渉するわけにもいかない。米国の政権移行をまたいだ交渉は日米ともに経験がなく、日本政府の戦略にも誤算が生じているようだとしている。
・米ジョンズ・ホプキンズ大学は、最新の集計結果として、日本時間30日午前3時時点の新型コロナウイルスの感染者は世界全体で6251万5111人、死者数は145万6621人に上ったことを明らかにした。
・アダムス米公衆衛生局長官が、米製薬2社が開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、緊急使用許可に向けた迅速な審査・承認に取り組む考えを示したと報じている。
・バイデン次期大統領が行政管理予算局(OMB)のトップに民主党系シンクタンク「アメリカ進歩センター」のタンデン最高経営責任者を指名する、と報じている。また、大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長には米プリンストン大学の労働経済学者であるラウズ氏を指名する予定だという。
・米ペンシルベニア州を管轄する連邦控訴裁判所は、大統領選で不正が行われたと主張し、同州でのバイデン氏の勝利を認定しないよう求めていたトランプ大統領の訴えを退けた。控訴裁の判事3人は、11月3日の選挙で不正が行われたとするトランプ陣営の主張を、不正の証拠がないとして全員一致で棄却している。
・米大統領選をめぐり、激戦州ウィスコンシンの人口の多いミルウォーキー郡とデーン郡で票の再集計が完了し、トランプ大統領に得票数2万票以上の差をつけた民主党のバイデン前副大統領の勝利が確定したと報じている。再集計はトランプ陣営が求めたもので、ミルウォーキー郡は27日に、デーン郡は29日に終了したという。
・米国はSMIC、CNOOCをブラックリストに追加の構えと報じた。
・米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領が、国家経済会議(NEC)委員長にオバマ政権でホワイトハウス顧問を務めたディーズ氏を指名したと報じている。
・バイデン次期米大統領は30日、米財務長官にジャネット・イエレン前米連邦準備理事会(FRB)議長を指名すると発表した。

[2020-11-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国が感謝祭で休場ということもあり、ドル円は104.30円前後で小動きになっている。この数時間のレンジも10銭にも満たない。まもなくロンドンフィックスを迎えるが、ドル円に関してはサプライズもなさそうだ。
・NY州の新型コロナ入院患者数、3000人を上回る。
・米経済のけん引役である個人消費の動向を占う年末商戦が、感謝祭明けの27日、本格的に始まる。新型コロナウイルスの感染が拡大する中にあっても、史上最高値圏にある株価が消費者心理を改善させており、インターネット通販の好調を追い風に売り上げが堅調な伸びを示すとの見通しが出ている。

[2020-11-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国疾病予防管理センター(CDC)は、昨日の新型コロナウイルスによる死者数が1989人を記録したと発表した。
・米報道が一斉にトランプ米大統領がフリン元大統領補佐官に恩赦を与えることが報じられている。フリン氏は2016年の大統領選へのロシアの介入について、米連邦捜査局FBIの聴取に偽証したことで有罪となった。
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間26日午前3時時点の新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で6003万7735人、死者数は141万4513人に上ったことを明らかにした。
・米ホワイトハウスが、新型コロナウイルス対策として実施している欧州諸国などに対する渡航制限の解除を検討していると、政府高官や航空会社幹部が明らかにしたと報じている。制限解除が検討されているのは欧州26ヵ国のほか、英国、アイルランド、ブラジルからの米国人以外の大半の渡航。中国やイランからの入国制限の解除については検討されていないという。
・米国で新型コロナウイルス感染症による一日当たりの死者が5月以来初めて2000人を超えた、と報じて居る。感謝祭の連休を迎え、人の移動が予想されるなか、状況の悪化が懸念されている。
・米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領が来週、経済チームの陣容や他の要職の候補を発表する計画と、同氏の政権移行チームが明らかにしたと報じている。さらに、バイデン氏は週明け30日から、新型コロナウイルス対応や喫緊の国家安全保障問題などを中心に機密情報の報告を毎日受ける見通しだという。
・米国務省が、大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことを受け、政権移行プロセスを開始したと職員に通知し、次期政権への移行を支援するチームを設置したと報じている。ロイターが省内電子メールを確認したという。

[2020-11-25][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが0.653%、応札倍率(カバー)が2.37倍となった。
・バイデン前米副大統領「気候変動はシチュエーションルームの議題になる」「政策コーディネーターと政策ストラクチャーは12月に発表」「上院議員に候補者のヒアリングを迅速に行うことを望む」
・ケリー前米国務長官(バイデン政権成立後は気候問題担当大統領特使)「初日からパリ協定に戻るが、パリ協定だけでは十分ではない」
・ホワイトハウスの総務局が、バイデン前副大統領にデイリーレポートや機密情報を受け取ることを正式に認めたと報じた。
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間25日午前3時時点の新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で5946万2304人、死者数は140万2667人に上ったことを明らかにした。
・米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、米国は世界で再び主導的な役割を果たすと述べ、世界のパートナー国と協調する姿勢を示した。外交チームを紹介するにあたり、トランプ大統領が掲げる「米国第一」主義との決別を表明。「米国が再び世界をリードする用意があることを示す陣容だ」と述べている。
・ペンシルベニアとネバダの米2州は、大統領選挙でのバイデン前副大統領の勝利をそれぞれ公式に認定した。選挙結果を覆そうとしているトランプ大統領には、新たな打撃となる。
・ホワイトハウスは、米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領に機密情報の説明を毎日行うことを承認した。政権当局者が、明らかにした。世界での主要な安全保障上の脅威について最新の報告を受けることになる。
・米連邦通信委員会(FCC)は、中国の通信機器大手である中興通訊(ZTE)が米国の安全保障上の脅威に認定されたことを不服として、決定の見直しを求めていた申し立てを退けた。
・米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領は、EUを離脱した英国とEUの将来関係をめぐり、英領北アイルランドとEU加盟アイルランドの国境は検問所を設置すべきではないとの考えを示した。
・加藤勝信官房長官は25日午後の会見で、東京都からGO TOトラベルの一時停止の提言は来ていない、などと述べた。
・米労働省は11月21日週の新規失業保険申請件数が77万8000件になったと発表した。事前予想は73万件。

[2020-11-24][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省によると、2年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが0.165%、応札倍率(カバー)が2.71倍となった。
・米財務省によると、5年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが0.397%、応札倍率(カバー)が2.38倍となった。
・バイデン氏の関係者が財務長官の最有力候補の一人だったブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事に、そのままFRBにとどまるように要請したと報じている。なお、FOXニュースは財務長官候補にイエレン前FRB議長が最有力と報じている。
・バイデン政権樹立後の財務長官にイエレン前米連邦準備理事会(FRB)を任命すると報じている。
・米ウォールストリートジャーナル紙がバイデン次期政権樹立後にイエレン前米連邦準備理事会(FRB)議長を財務長官に指名すると報じている。
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間24日午前3時時点の新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で5890万313人、死者数は139万2213人に上ったことを明らかにした。
・米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領の政権移行チームは、新政権の国務長官にブリンケン元国務副長官を起用すると正式に発表した。閣僚人事の発表は初めてとなる。
・米上院銀行委員会は、FRBのパウエル議長とムニューシン財務長官が12月1日に証言すると発表した。新型コロナウイルス緊急対策に関する四半期報告を行うという。
・米NY連銀の市場グループ責任者であるシン氏は、参加したオンラインイベントで、FRBの緊急融資プログラムは金融市場の安定化につながったが、数百万人が失業し、州や地方自治体が苦境に立たされ、新型コロナウイルス感染者が増加するなか、米経済は依然として大きな障害に直面していると述べた。
・米大統領選から20日が経過した23日、トランプ大統領の身内である共和党の有力議員の間でトランプ氏の選挙結果を覆そうとする取り組みを批判し、民主党バイデン氏への正式な政権移行を開始すべきと訴える声が広がった。
・米ミシガン州の開票点検委員会は、11月3日に実施された米大統領選の開票結果を認定したと発表した。
・米連邦政府の一般調達局(GSA)のマーフィー長官は、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領に書簡を送り、政権移行のプロセスを正式に開始できると通知した。
・米国のオブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は訪問先のフィリピンで、トランプ大統領による大統領選挙に関する訴訟に触れ、「トランプ大統領は自身の法的努力に疲れをみせていない」と述べ、「トランプ氏は来年1月20日までは米国の大統領である」と指摘した。
・バイデン次期米大統領は、EUのミシェル大統領、フォンデアライエン欧州委員長とそれぞれ電話会談し、「米国とEUの協力関係の深化と活性化」への意欲を伝えた。自国第一主義を推し進め欧州との深刻な亀裂を招いたトランプ現政権からの転換を明確にしている。

[2020-11-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省は、台湾と初めての経済対話を開催したと発表した。首都ワシントンで行われた初の経済対話では、次世代高速通信「5G」や通信セキュリティーに加え、部品の供給網や再生可能エネルギーなど幅広い分野について話し合われたという。
・バイデン次期米政権で国務長官候補に挙がっている民主党のクーンズ上院議員は、超党派の対中政策を望んでいるとし、中国と競争すると同時に、気候変動、公衆衛生、核不拡散などの分野での米中協力が重要になるとの認識を示した。
・米ジョンズ・ポプキンス大学は、米国における一日あたりの新型コロナ感染者が19日、18万7833人となり、過去最多を更新したことを明らかにした。
・米製薬大手ファイザーは、独バイオ医薬品企業ビオンテックと共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、米当局に緊急使用許可を申請した。米国でのコロナワクチン申請はファイザーが初めてで、12月中にも接種が始まる可能性がある。
・米大統領選で当選確実となった民主党のバイデン前副大統領が指名する次期財務長官の候補に、連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン前議長(74)が浮上した。新政権が重視する税財政改革を進める上で、イエレン氏の持つ議会との豊富な調整経験が必要になるとの観測が出ている。
・米大統領選の結果をめぐり、トランプ大統領の陣営がペンシルベニア州の郵便投票約700万人分を無効とするよう連邦地裁に求めていた訴訟で、同州の連邦地裁判事が陣営側の主張を退ける判断を下した。
・バイデン前米副大統領が次期政権の大統領首席補佐官への起用を決めたクレイン氏がインタビューで、バイデン氏は「24日に次期政権の閣僚候補の第1弾を発表する」と明らかにしたと報じている。トランプ大統領が大統領選の敗北を認めないなかでも、来年1月20日の政権発足に向けた準備を進める方針を明確にしたという。
・バイデン前米副大統領が次期政権の大統領首席補佐官への起用を決めたロン・クレイン氏は22日、ABCテレビのインタビューで、バイデン氏が「24日に次期政権の閣僚(候補)の第1弾を発表する」と明らかにした。トランプ大統領が大統領選の敗北を認めない中でも、来年1月20日の政権発足に向けた準備を進める方針を明確にした。
・米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領のオフィスは、バイデン氏が同党の議会トップであるシューマー上院院内総務とペロシ下院議長と会談し、追加の新型コロナウイルス経済対策法案を現議会で可決すべきとの見解で一致したことを発表した。
・バイデン次期米政権の財務長官候補のひとりとして、一時有力視されていたブレイナードFRB理事が最終候補者リストから外れたと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたと報じている。バイデン氏の政権移行チームは主要閣僚ポストなどの候補者の絞り込みを進めている。
・米大統領選で民主党候補バイデン前副大統領が勝利した東部ペンシルベニア州の選挙結果をめぐり、共和党のトランプ大統領陣営が、不正の可能性を指摘した訴えを棄却した同州の連邦地裁の判断を不服として連邦高裁に上訴したと報じている。
・米関係筋「バイデン氏は、次期国務長官にブリンケン元国務副長官を任命の意向」
・バイデン次期米大統領が、長年のアドバイザーであるブリンケン氏を国務長官に指名する意向だ、と報じている。事情に詳しい関係者3人が明らかにしたという。
・米国で新型コロナウイルスのワクチン接種が早ければ12月11日にも開始される見通しとなった。米政府でワクチン開発を指揮するチームのモンセフ・スラウイ首席顧問が米NBCなどのインタビューに答えた。

(最終更新日時 2020-12-04 13:29)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース