米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米司法省は、英領ジブラルタル沖で拿捕されたイランのタンカーについて、米首都ワシントンの連邦地裁から差し押さえ令状が出たと発表した。安全保障上の重大な脅威に対処するための制裁を定めた「国際緊急経済権限法」などが根拠とされるが、令状執行が可能かどうかは不明だ。
・米国防総省は、米国と中国の安全保障当局者が14日にワシントンで会談し、中国の国防白書について意見交換したと発表した。米側は中国担当の国防次官補代理が代表を務めたという。国防総省は声明で「中国の国防政策について理解を深める機会になった」と説明したが、中国が軍事拠点化を進める南シナ海などを巡る議論は平行線に終わったようだ。
・米商務省が中国通信機器大手ファーウェイに対する米製品の輸出禁止措置の猶予期間を11月まで90日間延長する方針だ、と報じている。対中貿易摩擦の悪影響が米経済にも及びつつあるなか、トランプ米政権には交渉カードに使いたい思惑もあるとみられるという。
・米国務省は、北朝鮮との実務協議を統括するビーガン北朝鮮担当特別代表が、19-22日の日程で日韓両国を訪問すると発表した。日韓の当局者と「北朝鮮の最終的で全面的かつ検証可能な非核化に向けた連携強化」について協議するという。
・グリーンランド外務省は、有力欧米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたトランプ氏による買収話について、「デンマークの自治領であり、買収の対象になるものではない」、「我が国はビジネスには開かれているが、自身を売却するつもりはない」とコメントした。
・米下院司法委員会は、テキサス州とオハイオ州で相次いで銃乱射事件が発生したことを受け、新たな銃規制法案を検討するため、夏季休暇を早めに切り上げ、9月4日に討議を行うことを明らかにした。
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長がインタビューで、「リセッションはまったく見込んでいない」とし、景気押し上げのために追加措置を講じる計画はないと発言したと報じている。また、最近行われた米中の通商交渉担当者間の電話協議で一段と「前向きなニュース」が得られた、と指摘したという。
・マクドネル労働党議員(影の財務相)「コービン労働党党首は来週にも野党を結集させ、合意なき離脱を避けるための協議をする」「ジョンソン英首相が年後半か来春にも総選挙を実施したいことは明らか」
・ロス米商務長官「FRBの金融政策によるドル高は非常に不快」
・アメリカ商務省は19日、自国の企業が中国の通信機器大手ファーウェイやその関連会社と取り引きすることを禁じる措置をめぐって、取り引きを禁止する対象に新たに46社を追加したと発表した。貿易をめぐる両国の対立が激しくなる中、アメリカ政府がファーウェイに対する締めつけを強化した形となっている。
・米商務省は19日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への米国製品の禁輸措置を続けると発表した。保守に関わる取引のみ認める例外措置を3カ月延長するが、トランプ大統領が6月の米中首脳会談で表明した制裁の緩和には踏み込まない。同社の経営には逆風となり、引き続き米中対立の大きな火種となりそうだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2019-08-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米司法省は、英領ジブラルタル沖で拿捕されたイランのタンカーについて、米首都ワシントンの連邦地裁から差し押さえ令状が出たと発表した。安全保障上の重大な脅威に対処するための制裁を定めた「国際緊急経済権限法」などが根拠とされるが、令状執行が可能かどうかは不明だ。
・米国防総省は、米国と中国の安全保障当局者が14日にワシントンで会談し、中国の国防白書について意見交換したと発表した。米側は中国担当の国防次官補代理が代表を務めたという。国防総省は声明で「中国の国防政策について理解を深める機会になった」と説明したが、中国が軍事拠点化を進める南シナ海などを巡る議論は平行線に終わったようだ。
・米商務省が中国通信機器大手ファーウェイに対する米製品の輸出禁止措置の猶予期間を11月まで90日間延長する方針だ、と報じている。対中貿易摩擦の悪影響が米経済にも及びつつあるなか、トランプ米政権には交渉カードに使いたい思惑もあるとみられるという。
・米国務省は、北朝鮮との実務協議を統括するビーガン北朝鮮担当特別代表が、19-22日の日程で日韓両国を訪問すると発表した。日韓の当局者と「北朝鮮の最終的で全面的かつ検証可能な非核化に向けた連携強化」について協議するという。
・グリーンランド外務省は、有力欧米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたトランプ氏による買収話について、「デンマークの自治領であり、買収の対象になるものではない」、「我が国はビジネスには開かれているが、自身を売却するつもりはない」とコメントした。
・米下院司法委員会は、テキサス州とオハイオ州で相次いで銃乱射事件が発生したことを受け、新たな銃規制法案を検討するため、夏季休暇を早めに切り上げ、9月4日に討議を行うことを明らかにした。
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長がインタビューで、「リセッションはまったく見込んでいない」とし、景気押し上げのために追加措置を講じる計画はないと発言したと報じている。また、最近行われた米中の通商交渉担当者間の電話協議で一段と「前向きなニュース」が得られた、と指摘したという。
・マクドネル労働党議員(影の財務相)「コービン労働党党首は来週にも野党を結集させ、合意なき離脱を避けるための協議をする」「ジョンソン英首相が年後半か来春にも総選挙を実施したいことは明らか」
・ロス米商務長官「FRBの金融政策によるドル高は非常に不快」
・アメリカ商務省は19日、自国の企業が中国の通信機器大手ファーウェイやその関連会社と取り引きすることを禁じる措置をめぐって、取り引きを禁止する対象に新たに46社を追加したと発表した。貿易をめぐる両国の対立が激しくなる中、アメリカ政府がファーウェイに対する締めつけを強化した形となっている。
・米商務省は19日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への米国製品の禁輸措置を続けると発表した。保守に関わる取引のみ認める例外措置を3カ月延長するが、トランプ大統領が6月の米中首脳会談で表明した制裁の緩和には踏み込まない。同社の経営には逆風となり、引き続き米中対立の大きな火種となりそうだ。

[2019-08-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ポンペオ米国務長官が20日に国連安全保障理事会の会合で、中東のホルムズ海峡でのイランによるタンカー拿捕などを非難し、海峡の安全確保を目指す米主導の有志連合への参加を呼び掛ける演説を行う方向で調整していることが分かった、と報じている。
・米国防総省は、ファラー氏が同省報道官に就任すると明らかにした。ファラー氏はホワイトハウスでペンス副大統領の報道官を2年間にわたって務めている。
・米財務省が15日に発表した6月の対米証券投資統計によると、日本の米国債保有高が約3年ぶりの高水準となったことを受け、中国を抜き、外国として米国債の最大の保有国となった。日本の米国債保有高は1兆1220億ドルと、5月の1兆1010億ドルから増加し、2016年10月以来の高水準となった。
・来年のアメリカ大統領選挙に向けた野党民主党の候補者選びで、左派のウォーレン上院議員が支持率を伸ばしていて、トップを走るバイデン氏に次ぐ位置に浮上している。一方、15日には支持率が低迷していた前コロラド州知事が選挙戦からの撤退を表明し、今後、候補の絞り込みが本格化するとみられている。
・米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、ボルトン米大統領補佐官がインタビューで、北朝鮮の非核化に向けて中国による一層の取り組みの重要性を強調したと報じている。また、中国の行動の背景については、北朝鮮の核保有によって日本が核武装に向かうことを警戒していると指摘している。

[2019-08-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペロシ米下院議長は、トランプ政権が英国と締結を目指す自由貿易協定について、英国のEU離脱が北アイルランド紛争の和平合意「ベルファスト合意」を阻害するようであれば、米議会が批准する可能性はないとけん制した。
・ロス米商務長官が、米政府が対中関税第4弾発動の一部延期を決定するなかで、中国側から譲歩は一切ないと述べたと報じている。
・米国務省報道官が、抗議活動の続く香港情勢をめぐり、中国政府が中国本土と香港との境界沿いに軍部隊を移動させているとの情報があることについて、米国は深く懸念していると述べたと報じている。
・米国務省報道担当官は、中国当局が大規模デモの続く香港との境界付近に武装警察隊を展開させていると伝えられていることに「深い懸念」を表明した。そのうえで、「香港の自治が侵害され続けるなら、国際問題に関する香港の特別な地位が脅かされる」と述べ、米連邦法に基づく優遇措置の見直しにつながりかねないと警告している。
・米国が地上配備型の中距離ミサイルを韓国に配備すれば「新たな冷戦」を招きかねず、地域の軍拡競争が激化する恐れがあると報じている。
・米証券取引委員会(SEC)のピアース氏がインタビューで、フェイスブックが発行を目指すデジタル通貨「リブラ」について、通貨ではなく金融商品として取り扱われる可能性もあり得るとの見方を示した、と報じている。
・米国務省報道担当官は14日、中国当局が大規模デモの続く香港との境界付近に武装警察隊を展開させていると伝えられていることに「深い懸念」を表明した。その上で「香港の自治が侵害され続けるなら、国際問題に関する(香港の)特別な地位が脅かされる」と述べ、米連邦法に基づく優遇措置の見直しにつながりかねないと警告した。
・米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、ボルトン米大統領補佐官がインタビューで、緊迫する香港情勢をめぐり、中国政府が武力で民主化運動を鎮圧した1989年の天安門事件について「米国人は覚えている」と強調したうえで、「香港で同じような新たな記憶を作り出すことは大きな過ちだ」と述べ、中国政府の介入を強く牽制したと報じている。

[2019-08-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米連邦取引委員会(FTC)のジョセフ・シモンズ委員長は13日、ブルームバーグとのインタビューで、必要であれば国内の主要ハイテク大手を分割する用意があると明らかにした。ロイター通信が引用して伝えたもの。
・米商務省は、安全保障上のリスクが高い外国企業のリストに、中国国有の原子力発電最大手、中国広核集団を追加すると発表した。米国企業との取引を事実上禁じるという。
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「トランプ米大統領は関税に関して強固で柔軟な決定をした」
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「中国との協議において7つの構造的な問題が残っている」
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「米中貿易協議について辛抱強く(patient)なる必要」

[2019-08-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・訪英中のボルトン米大統領補佐官は、ジョンソン英首相と会談した。そのなかで、英国が期日の10月31日に首尾良くEUを離脱することをトランプ大統領が望んでいると伝えたほか、EU離脱後に米英が自由貿易協定を締結できるよう、米政府は迅速に用意を進めていくと述べたという。
・訪英中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は12日、ロンドンでジョンソン英首相と会談した。ボルトン氏は会談後、記者団に対し、英政府が欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を選ぶのであれば「(その決定を)心から支持する」と表明した。
・ウォール街の監督当局が銀行の自己資金による売買を制限する「ボルカー・ルール」改正に向けて大きく前進する態勢にあることが事情に詳しい関係者4人の話で明らかになった、と報じている。銀行業界から批判された危機後のセーフガードを緩和する動きになる。
・米証券取引委員会(SEC)が、暗号資産(仮想通貨)「ビットコイン」の上場投資信託(ETF)を承認するかどうかの判断を今秋に再延期したと報じている。仮想通貨の交換所がサイバー攻撃の対象となり資産が流出する例が後を絶たず、金融当局も慎重な姿勢を崩していない。
・米国が追加関税を遅らせるとの報道で、米株は大きく上昇し、為替相場も円売りが強まった。ドル円が106.06円、ユーロ円は118.77円、豪ドル円71.94円まで上値を伸ばした。
・米政府は13日「中国からの輸入品の一部に対する関税を12月15日まで延期する」と発表した。
・米国は中国からの一部輸入品への関税措置を12月15日まで遅らせる、との報道が観測されている。

[2019-08-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ボルトン米大統領補佐官は、自身のツイッターで、英国訪問に11日出発すると明かした。さまざまな安全保障問題や経済問題について協議するという。
・米韓両軍が5日から韓国で始めた合同軍事演習に、朝鮮人民軍を制圧した後、北朝鮮住民の生活を安定させる作戦のシミュレーションも含まれていると報じている。米韓は戦闘開始から約90日後には朝鮮人民軍の主力を壊滅させ、事態の収拾に移ることを想定。この時期に大量破壊兵器の除去や朝鮮人民軍の残存部隊による抵抗の鎮圧に加え、住民向けの食糧や飲料水の確保に当たるシミュレーションをするという。
・米国のペンス副大統領が10月に来日し、国内外に天皇陛下の即位を宣明するために催す同月22日の即位礼正殿の儀に参列する方向となった、と報じている。トランプ大統領は5月に即位された陛下と国賓として初めて会見しており、大統領と副大統領が相次ぎ陛下の即位を祝い、日米同盟重視の姿勢を示すという。
・米ホワイトハウスのナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)は、トランプ氏が「9月の米中貿易協議開催は不透明」と発言したことを事実上否定、「依然として中国と次回の通商協議を行うことを計画している」と述べた。

[2019-08-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省は30年債入札を実施。最高落札利回りは2.335%、応札倍率は2.24倍。
・「米国は華為技術(ファーウェイ)と取引再開のライセンス決定を先送りする」ようだ。中国の米農産品輸入停止を受けた措置とみられる。
・米国、ファーウェィとの取引再開のライセンス決定を先送りした。中国の穀物輸入停止措置に対抗。
・ポンペオ米国務長官は、中南米政策を統括してきたブライヤー国務次官補の辞任を発表した。辞任理由について、ポンペオ氏はツイッターで「家族と過ごす時間を増やすため」と説明したが、米メディアでは中米諸国からの移民問題をめぐり、ブライヤー氏とホワイトハウスとのあいだに軋轢があったとも報じられている。
・米国務省のオルタガス報道官は8日の記者会見で、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする香港の「逃亡犯条例」改正案への抗議デモを巡り、香港民主派と面会した米外交官の個人情報を中国政府が流出させたとして「暴力的な政権がやることだ」と批判した。

[2019-08-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省は10年債入札を実施。最高落札利回りは1.670%、応札倍率は2.20倍。
・米財務省によると、10年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが1.670%、応札倍率(カバー)が2.20倍となった。
・ポンペオ米国務長官は、北朝鮮との非核化協議が今後数週間以内に再開することに期待を表明した。記者団に対し「数週間中に交渉の用意を整え、双方のチームが交渉の席に戻ると期待する」と述べている。
・米下院司法委員会のナドラー委員長が、元ホワイトハウス法律顧問のマクガーン氏の証言を求めて提訴する方針であることが、ペロシ下院議長が民主党議員に宛てた書簡から明らかになった、と報じている。
・サンダース上院議員「大統領に選ばれたらUFO関連の証拠を開示する」

[2019-08-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ボルトン米大統領補佐官が、北朝鮮が短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体発射を続けていることについて、「一連の発射実験で、このミサイルを完全に運用させたいようだ」と述べ、警戒感を示したと報じている。
・米キニピアック大は6日、来年の米大統領選に出馬している民主党候補に関する世論調査結果を発表した。7月下旬の第2回討論会の「最大の勝者」は最左派ウォーレン上院議員で、前回調査から支持率を6ポイント伸ばして21%となり、首位のバイデン前副大統領との差を縮めた。

[2019-08-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、3年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが1.562%、応札倍率(カバー)が2.41倍となった。
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは1.562%、応札倍率は2.41倍。
・BBCラジオ4は、サマーズ元米財務長官がインタビューで、米政府が合意する通商取引は「英国経済の見通しにとって素晴らしい」ものではないだろうと述べた、と報じている。
・ボルトン米大統領補佐官は、ベネズエラのマドゥロ政権に対抗策を講じる時期が来たと指摘し、国際社会に行動を強化するよう呼び掛けた。トランプ米大統領は5日、米国内のベネズエラ政府資産をすべて凍結する大統領令に署名している。
・ナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)が、「FRBは年末までに米政策金利を少なくとも75-100BP引き下げ、他国の金利水準と一致させる必要がある」と要求したと報じている。そのうえで、米国と他国との「利回り差には過度の開きがあり、米国の雇用に影響している」と述べたという。
・来年の大統領選に向けた野党・民主党の候補者指名争いで、ジョー・バイデン前副大統領が首位を維持した。トランプ氏の再選阻止に向け、バイデン氏やバーニー・サンダース上院議員が少数派らの支持を集めた。
・ボルトン米大統領補佐官が、北朝鮮が短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体発射を続けていることについて、「一連の発射実験で、このミサイルを完全に運用させたいようだ」と述べ、警戒感を示したと報じている。

(最終更新日時 2019-08-20 10:24)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース