米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・クドローNEC委員長「トランプ大統領は中間層を対象とした10%減税を望んでいる」
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「トランプ米大統領は中間所得層を対象とする10%の減税を希望」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2020-02-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・クドローNEC委員長「トランプ大統領は中間層を対象とした10%減税を望んでいる」
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「トランプ米大統領は中間所得層を対象とする10%の減税を希望」

[2020-02-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.061%、応札倍率(カバー)が2.43倍となった。
・米ホワイトハウス「シェルトン氏のFRB理事指名取り下げを否定」
・米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は記者団に対し、米政権が新型コロナウイルス感染拡大をめぐる中国の対応に「非常に失望している」と述べた。
・米司法省は、北朝鮮との取引を隠す行為や、米国企業からの機密情報窃取に関与した罪で、中国通信機器最大手のファーウェイを追起訴したと発表した。
・バー米司法長官がインタビューで、トランプ大統領が盟友の裁判をめぐって検事らをツイッターで批判していることについて「仕事ができなくなる。刑事事件に関するツイートはやめるべきときだ」と苦言を呈したと報じている。疑惑捜査などで大統領寄りの姿勢を取ってきたバー氏がトランプ氏に直言するのは異例のこと。

[2020-02-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.061%、応札倍率(カバー)が2.43倍となった。
・米ホワイトハウス「シェルトン氏のFRB理事指名取り下げを否定」
・米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は記者団に対し、米政権が新型コロナウイルス感染拡大をめぐる中国の対応に「非常に失望している」と述べた。
・米司法省は、北朝鮮との取引を隠す行為や、米国企業からの機密情報窃取に関与した罪で、中国通信機器最大手のファーウェイを追起訴したと発表した。
・バー米司法長官がインタビューで、トランプ大統領が盟友の裁判をめぐって検事らをツイッターで批判していることについて「仕事ができなくなる。刑事事件に関するツイートはやめるべきときだ」と苦言を呈したと報じている。疑惑捜査などで大統領寄りの姿勢を取ってきたバー氏がトランプ氏に直言するのは異例のこと。
・米商務省は13日、中国の通信設備大手、華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置について、保守にかかわる一部取引を認める例外措置を45日間延長すると発表した。今回の延長で例外措置は4月1日に満期を迎える。『香港経済日報』が14日伝えた。
・「第1段階」の貿易協定の発効を受けて米中両政府が制裁関税の一部を引き下げたことで、世界経済を巻き込んだ貿易戦争は「一時休戦」に入った。だが中国は一息つく間もなく、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)という新たな経済リスクに直面している。感染拡大の影響で第1段階の協定の柱である米製品の輸入拡大が短期的に難しくなる恐れが浮上するなど、米中協議をめぐる新たな波乱要因となる可能性がある。

[2020-02-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米財務省は10年債入札を実施。最高落札利回りは1.622%、応札倍率は2.58倍。
・米農務省のマッキニー次官は、米中の「第1段階」の通商合意について、新型コロナウイルスの感染拡大による履行の遅延、もしくは合意内容の縮小について中国からこれまでのところ報告は受けていないと述べた。
・秋の米大統領選に向けた野党民主党の候補者指名争い第2戦の東部ニューハンプシャー州予備選挙で、急進左派のサンダース上院議員(78)が接戦の末、中道派の最若手ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)を下して勝利した。サンダース氏は格差是正を掲げて富裕層や大企業への増税を提唱。「反ビジネス」色が最も強く、民間の自由な経済活動が損なわれるとの懸念が台頭している。
・米政治専門サイトのポリティコは、米国防総省が、中国の通信機器大手ファーウェイに対する輸出規制を強化する商務省の案を支持する見通しだと報じている。

[2020-02-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米財務省によると、3年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが1.394%、応札倍率(カバー)が2.56倍となった。
・米国のブルイエット・エネルギー長官は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」による協調減産拡大を懸念していないと述べた。
・米国のシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)は11日、衛星写真の分析により、北朝鮮北西部寧辺の核施設で貨車3台がウラン濃縮施設につながる軌道上に停車しているのが確認されたと発表した。放射性廃棄物の搬出作業を行っている可能性があると分析している。
・オブライエン米大統領補佐官「新型肺炎、中国による米農産物の購入規模に影響を与える可能性」
・エスパー米国防長官は、フィリピン政府が「訪問米軍に関する地位協定」の破棄を決めたことについて、記者団に「残念だ。間違った方向だと思う」と述べた。米国は南シナ海の軍事化を進める中国をけん制するため、安全保障分野で東南アジア諸国との連携強化を目指しており、協定破棄は打撃となる。

[2020-02-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米民主党の大統領候補であるサンダース上院議員は、自身のツイッターで「米国の選挙運動資金の調達システムは、特定の利益団体や巨額の富を持つ者たちに日々支配されつつある」と指摘した。また、「我々は少数派が支配するこの流れと戦うべきだ。我々の民主主義は危機にさらされている」と呼びかけている。

[2020-02-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が、英国との通商協定に中国の通信機器大手ファーウェイをめぐる米英の対応の相違は影響を及ぼさないとの考えを示した、と報じている。
・外務省は、北朝鮮船籍のタンカーが先月、東シナ海の公海上でいわゆる「瀬取り」を行った疑いがあるとして、国連安保理に通報したことを公表した。
・米国のトランプ大統領が「ウクライナ疑惑」により弾劾訴追され、無罪の評決を受けた問題をめぐり、米政府はEU大使ら政府職員2人を更迭した。更迭されたのは、駐EU大使のソンドランド氏と、国家安全保障会議(NSC)スタッフのビンドマン陸軍中佐。いずれも昨年11月に下院で開かれた公聴会で証言しており、弾劾調査の過程でトランプ氏に不利な証言をしたことへの報復とみられている。
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は7日、記者団に対し、新型コロナウイルスの感染拡大で、「中国は打撃を受けるだろう。それも大きな打撃となるだろう」と語った。「数字で表すことはしたくない」とクドロー氏。米企業はサプライチェーンの変更に熟達しているとも述べた。
・ナバロ米大統領補佐官「今後、2、3週間、新型肺炎の感染がピークをつけたかどうか見ていく」

[2020-02-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・クドロー国家経済会議(NEC)委員長はFOXビジネスニュースとのインタビューで「日本や欧州との貿易協議は非常に建設的」と言及。
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「コロナウィルスに関して米中間で緊張はない」「習近平・中国国家主席はトランプ米大統領に遅延があっても、米国からの輸入は目標に合うように行うと再保証している」「米国経済のサイクルが終わるという証拠は何もない」
・ペンス米副大統領「新型肺炎に関し、中国は透明性を維持」「中国は貿易に関して積極的に対応している」
・ペンス米副大統領「ファーウェィ問題は米英で大きな問題に」

[2020-02-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・バー米司法長官は、次世代通信規格「5G」通信網構築で中国通信機器大手のファーウェイが支配的な立場を得ないよう、米国と同盟国はフィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンへの投資を検討すべきとの見解を示した。
・米民主党の大統領候補を選ぶアイオワ州党員集会では、100%の集計でブティジェッジ氏が僅差でのリードを維持させている。
・米中首脳は貿易合意第1段階の履行へのコミットメントを再確認した。
・ホワイトハウス「米中首脳は、電話会談で、第1段階の履行へのコミットメントを再確認」「トランプ大統領は新型コロナウイルスに関して中国の強さへの信頼感を表明した」
・米労働省が7日発表した1月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比22万5千人増えた。

[2020-02-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「仮想通貨は金融安定にリスクをもたらす恐れがある」「FEDはデジタル通貨に関して他の中銀と協力」「FEDは米国のデジタル通貨の可能性で研究」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「ビットコインを使用した違法行為は大きな問題」
・米政権が今月、中国の通信機器大手ファーウェイに対する輸出規制強化について政権内部で協議を行う見通しだ、と報じている。事情に詳しい関係筋2人が明らかにしたという。
・米国防総省は、低出力で「使える核兵器」と称される新型の小型核弾頭を搭載した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を海軍が実戦配備したと発表した。低出力核弾頭の潜水艦配備は初めてで、核戦力を増強させる中国、ロシアに対抗する狙いがありそうだ。
・ペロシ米下院議長は、物議を醸している「トランプ大統領の一般教書演説後に原稿を破った」行動について、計画的ではなく、「ウソの書かれていない」ページが見つからなかったためと釈明した。
・オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、ワシントンで講演し、ロシアとの核軍縮交渉について、「間もなく始まる」との見通しを示した。また、「いかなる真剣な軍縮交渉にも中国が加わる必要がある」と述べ、中国の参加も呼び掛けている。
・米大統領選の民主党候補指名争いの初戦、中西部アイオワ州の党員集会は6日、集計作業の最終盤で、首位に立つ若手候補でインディアナ州の前サウスベンド市長ブティジェッジ氏(38)を最高齢候補の左派サンダース上院議員(78)が0.1ポイントの僅差で追う大接戦となった。党重鎮の中道バイデン前副大統領(77)は4位に低迷し、苦戦を認めた。約1700カ所ある会場のうち97%の中間集計によると、中道政策を掲げるブティジェッジ氏は26.2%、サンダース氏は26.1%だった。

(最終更新日時 2020-02-16 12:41)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース