米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン大統領、新型コロナ検査キット、追加で5億個注文
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「パンデミック下の経済を支援するためにFEDは行動」「FEDの政策措置がインフレを抑制させることに自信」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBの政策がインフレを低下させると自信」「テイルリスクの影響を理解することが重要」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「我々の仕事は金融システムに対する潜在的なリスクに注意を払うこと」「FRBは低確率のバッドイベントに備える必要」
・バイデン大統領、コロナ流行を抑制するためマスク重要
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレを引き下げるためにFRBのツールを使用する」「インフレは明らかに米国人を苦しめている」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「高水準のインフレについて非常に懸念」「FRBはインフレを目標に戻すことを約束」「今年の第1四半期、第2四半期もインフレ率は高いままと予想」「FOMC見通しではインフレ率は年末に2.5%前後」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「今年、数回の利上げを予測している」「今年、バランスシートの縮小を見込む」
・バイデン大統領「企業にワクチン接種義務を策定するよう要請」
・MSNBCは、ブリンケン米国務長官がインタビューで、北朝鮮による相次ぐミサイル発射をめぐり、深刻な不安定化と危険をもたらすものだとの見解を表明したと報じている。また、北朝鮮は米政府からの外交的提案に何ら応じていないと述べたという。
・米議会下院は、民主党の投票権保護に向けた選挙改革法案を可決した。ただ共和党は団結して反対しているため、上院で可決されるかどうかは不透明だ。下院は2つの法案を一本化して可決し、共和党による議事進行の妨害(フィリバスター)を防ぐ特別手続きをした上で上院に法案を送付する。
・米最高裁判所は、バイデン大統領が新型コロナウイルス対策として発表した従業員100人以上の民間企業にワクチン接種もしくは週1回の検査を義務付ける措置を阻止する判断を下した。判決は6対3。保守派判事全員がワクチン義務化の差し止めを支持している。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、バイデン米大統領が、全国からの需要を満たすために、新型コロナウイルス感染症の家庭用簡易検査キットを追加で5億個調達するよう指示する予定だと報じている。ホワイトハウスの関係者が明らかにしたという。
・共同通信によると、米連邦最高裁は13日、バイデン政権が導入した企業に対する従業員の新型コロナウイルスワクチン接種義務化の規則について、連邦政府の権限を逸脱しているなどとして認めない判断を示した。新変異株オミクロン株が猛威を振るう中、ワクチン接種を促進したいバイデン大統領にとって打撃となる。
・バイデン大統領は、FRBの銀行監督担当副議長にラスキン氏を指名した。
・バイデン米大統領は13日、米連邦準備理事会(FRB)の銀行監督担当副議長にラスキン氏を指名した。また、FRB理事にクック氏とジェファーソン氏を指名した。
・ロイターは、バイデン米大統領がFRBの銀行監督担当副議長にラスキン元FRB理事を指名したと報じている。また、エコノミストのクック氏とジェファーソン氏をFRB理事に指名したという。事情を知る関係筋が明らかにした。同筋によると、ホワイトハウスは13日遅く、上院に大統領指名人事を送付したという。
・バイデン米大統領はラスキン元FRB理事を金融規制担当のFRB副議長に指名した。
・バイデン米大統領はクック氏、ジェファーソン氏の2名をFRB理事に指名した。就任には上院の承認が必要となる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2022-01-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン大統領、新型コロナ検査キット、追加で5億個注文
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「パンデミック下の経済を支援するためにFEDは行動」「FEDの政策措置がインフレを抑制させることに自信」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBの政策がインフレを低下させると自信」「テイルリスクの影響を理解することが重要」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「我々の仕事は金融システムに対する潜在的なリスクに注意を払うこと」「FRBは低確率のバッドイベントに備える必要」
・バイデン大統領、コロナ流行を抑制するためマスク重要
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレを引き下げるためにFRBのツールを使用する」「インフレは明らかに米国人を苦しめている」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「高水準のインフレについて非常に懸念」「FRBはインフレを目標に戻すことを約束」「今年の第1四半期、第2四半期もインフレ率は高いままと予想」「FOMC見通しではインフレ率は年末に2.5%前後」
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事「今年、数回の利上げを予測している」「今年、バランスシートの縮小を見込む」
・バイデン大統領「企業にワクチン接種義務を策定するよう要請」
・MSNBCは、ブリンケン米国務長官がインタビューで、北朝鮮による相次ぐミサイル発射をめぐり、深刻な不安定化と危険をもたらすものだとの見解を表明したと報じている。また、北朝鮮は米政府からの外交的提案に何ら応じていないと述べたという。
・米議会下院は、民主党の投票権保護に向けた選挙改革法案を可決した。ただ共和党は団結して反対しているため、上院で可決されるかどうかは不透明だ。下院は2つの法案を一本化して可決し、共和党による議事進行の妨害(フィリバスター)を防ぐ特別手続きをした上で上院に法案を送付する。
・米最高裁判所は、バイデン大統領が新型コロナウイルス対策として発表した従業員100人以上の民間企業にワクチン接種もしくは週1回の検査を義務付ける措置を阻止する判断を下した。判決は6対3。保守派判事全員がワクチン義務化の差し止めを支持している。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、バイデン米大統領が、全国からの需要を満たすために、新型コロナウイルス感染症の家庭用簡易検査キットを追加で5億個調達するよう指示する予定だと報じている。ホワイトハウスの関係者が明らかにしたという。
・共同通信によると、米連邦最高裁は13日、バイデン政権が導入した企業に対する従業員の新型コロナウイルスワクチン接種義務化の規則について、連邦政府の権限を逸脱しているなどとして認めない判断を示した。新変異株オミクロン株が猛威を振るう中、ワクチン接種を促進したいバイデン大統領にとって打撃となる。
・バイデン大統領は、FRBの銀行監督担当副議長にラスキン氏を指名した。
・バイデン米大統領は13日、米連邦準備理事会(FRB)の銀行監督担当副議長にラスキン氏を指名した。また、FRB理事にクック氏とジェファーソン氏を指名した。
・ロイターは、バイデン米大統領がFRBの銀行監督担当副議長にラスキン元FRB理事を指名したと報じている。また、エコノミストのクック氏とジェファーソン氏をFRB理事に指名したという。事情を知る関係筋が明らかにした。同筋によると、ホワイトハウスは13日遅く、上院に大統領指名人事を送付したという。
・バイデン米大統領はラスキン元FRB理事を金融規制担当のFRB副議長に指名した。
・バイデン米大統領はクック氏、ジェファーソン氏の2名をFRB理事に指名した。就任には上院の承認が必要となる。

[2022-01-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)理事(FRB副議長指名公聴会での事前原稿で)「過度な高インフレの抑制がFRBの最も重要な任務」「状況に対応する金融政策を支持する」「金融システムの強さと回復の維持にコミット」
・米上院民主党は、ロシア政府によるウクライナへの敵対行為が起きた場合、プーチン大統領を含むロシアの政府や軍の高官と主要な金融機関などに大規模な制裁措置を講じる法案を発表した。
・ロイターは、バイデン政権の複数高官が、米政府はロシアがウクライナ侵攻に踏み切った場合に導入する対ロシア制裁措置の概要を取りまとめ、侵攻すれば直ちに導入する用意を整えたことを明らかにしたと報じている。
・ロイターは、匿名のバイデン政権高官が、米国はロシアがエネルギー供給を停止した場合にウクライナを支援するため、さまざまな不測の事態に対応する選択肢を検討していることを明らかにしたと報じている。
・米財務省は、北朝鮮による相次ぐミサイル発射を受け、北朝鮮の個人6人とロシアの個人1人、および1団体に制裁を課すと発表した。財務省は、今回の制裁について、北朝鮮の大量破壊兵器や弾道ミサイルプログラムの前進を阻止する米国の取り組みに沿った内容と説明している。
・バイデン米大統領は、「物価の伸びは依然過度に高い」とし、政権による一段の取り組みが必要と言明した。「物価上昇ペース鈍化に向けた取り組みで進展があったものの、CPI統計は物価の伸びが依然過度に高く、家計を圧迫しており、政権には引き続き一段の仕事が残されていることが浮き彫りになった」と述べている。
・米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は、米国で新型コロナウイルス感染症による入院が1週間前から約33%、死者が約40%増加したと発表した。ただ、先行きについては「オミクロン変異株の拡大に関連しており、米国内の感染の約90%を占めている」としたうえで、数週間中にピークに達する見通しとしている。
・バイデン米大統領が先にFRB副議長に指名したブレイナード理事は13日に行う上院銀行委員会による指名承認公聴会の証言テキストが事前公表された。そのなかで、包摂的な景気回復を維持しながら、高インフレの抑制に取り組んで2%の物価目標にまで沈静化させることが連邦準備制度にとってもっとも差し迫った課題であるとの考えが示されている。
・米通商代表部(USTR)のホワイト次席代表は、カナダ国際貿易省のモリソン次官と会談を開き、カナダのデジタルサービス税導入案について懸念を伝えた。またホワイト次席代表は、乳製品輸入に関する関税割当制度などについて、カナダがUSMCAの義務を全面的に順守する必要性を強調したという。

[2022-01-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは1.237%、応札倍率は2.47倍。
・米上院ブラウン議員、パウエル議長の再任、承認されると予想。
・バイデン米大統領は11日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株流行で感染者が急増していることについて、「米国がコロナとの戦いで正しい軌道に乗っている」と表明した。
・サキ米大統領報道官は、北朝鮮のミサイル発射をめぐり「隣国や国際社会に対する脅威だ」と非難した。北朝鮮に対して「さらなる挑発を自制し、持続的かつ中身のある対話をするよう求める」と訴えている。
・バイデン米大統領は、新型コロナ・オミクロン変異株流行で感染者が急増しているものの、米国がコロナとの戦いで正しい軌道に乗っていると自信を表明し、政府の対応を擁護した。ただ、バイデン大統領は同時に、世界全体での感染ペースが「大幅に減速していない」ことに懸念を示している。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米ETF投資、今年最もホットな分野、有力アナリストらが予想、高い利益を得られそうなセクターのトップは「映画・エンターテインメント」と報じた。
・ウクライナのクレバ外相は、ブリンケン米国務長官との電話協議後、両国は外交を通じてロシアとの緊張緩和を目指すことで引き続き結束しており、ロシアの攻撃抑止に向けて緊密に協力していると述べた。ロシアは11日、ウクライナとの国境付近で戦車と実弾を使った軍事演習を実施している。
・共同通信によると、米疾病対策センター(CDC)は11日、流行している新型コロナウイルスのほとんどが感染力の強いオミクロン株になったとの推定を発表した。8日までの1週間で新型コロナ感染の98.3%を占めた。欧州と同様にオミクロン株が猛威を振るい、10日に報告された新規感染者は過去最多の約140万6千人に上った。直近1週間の新規感染者の1日平均は約75万人で、前週の1.5倍に膨らんだ。感染急拡大の背景にはワクチン接種の停滞に加え、初期に接種を受けた人たちの抵抗力低下があるとみられる。

[2022-01-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・シャーマン米国務副長官「ロシア側と率直な議論を行った」「ロシアはウクライナに侵攻するつもりはないと言っていた」「軍事演習の規模と範囲について相互に制限を設ける方法を議論することに前向き、と伝えた」「週末に米国とロシア政府が今後の方法について議論」
・シャーマン国務副長官、米露対談でウクライナ国境からの露軍部隊撤収を要求したと報じられた。
・一部報道は「米国とフランス、日本、英国が北朝鮮のミサイル発射非難」などと報じた。
・米民主党のウォーレン上院議員は、FRBのパウエル議長宛の書簡でFRBの倫理問題の扱いを改めて非難した。上院銀行委員会は11日にパウエル議長の再任指名に関する公聴会を開く。パウエル氏の再任は確実視されているが、銀行委のメンバーであるウォーレン議員はこれまでに再任を支持しないと表明している。
・ロイターは、ガルシア下院議員やオカシオコルテス下院議員など18人の米民主党議員が、国際通貨基金(IMF)から融資を受けている一部の国に適用される金利上乗せについて、「不公平で逆効果」であり、コロナ禍で借入国が必要としている資金を奪っているとし、制度見直しを支持するようイエレン財務長官に書簡を送付したと報じている。
・米国家安全保障会議(NSC)でインド太平洋調整官を務めるキャンベル氏は、米国が「戦略的なサプライズ」に見舞われる可能性が最も高い場所はインド太平洋地域との見方を示した。中国を念頭に置いた発言とみられる。
・ロイターは、バイデン米大統領がFRB理事に近く指名する見込みであるミシガン州立大学のクック経済学教授が、シカゴ地区連銀の理事に今月任命されたことが分かったと報じている。
・ロイター集計によると、米国の10日の新型コロナ新規感染者は、少なくとも113万人で過去最多を更新の公算となっている。
・米紙ワシントン・ポストは、米疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染が急速に拡大していることを受け、マスク着用に関する指針の変更を検討していると報じている。医療従事者が使用する防護力の高い「N95」や「KN95」規格のマスクを着用し続けられるのであれば、そうするよう提言する見通しだという。

[2022-01-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブリンケン米国務長官は、緊迫するウクライナ情勢をめぐり国務省で記者会見し、同国の国境付近に大規模部隊を展開するロシアがウクライナに侵攻した際には「非常に重い結果を伴う」と述べ、「これまで使われたことのない」対抗措置をとると警告した。
・時事通信は、米政府高官が、ウクライナ情勢の緊張緩和策として、米国とロシアの双方が東欧での軍事演習やミサイル配備を制限することを提案する意向を明らかにした、と報じている。10日にジュネーブで開かれる米露の「戦略的安定対話」を前に電話会見で語ったという。
・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、イランが革命防衛隊のソレイマニ司令官暗殺に絡み米国人50人超に制裁を科したことを受け声明を出し、何らかの形で米国人が攻撃を受ければ対抗措置に踏み切ると警告した。
・ロイターは自社の集計として、米国の新型コロナウイルス感染症による入院患者数が、早ければ7日にも過去最高を更新する見込みとなったと報じている。昨年12月以降、オミクロン型変異株への感染拡大で入院患者数は着実に増加しているという。
・CNBCは、ラウズ大統領経済諮問委員会(CEA)委員長が、米国の州政府や連邦政府が新型コロナウイルスのオミクロン型変異株感染対策に必要な財源を依然として有しているとの見解を示したと報じている。
・ブルームバーグによると、米金融当局が3月に利上げを開始するとの見方が急速に強まりつつある。失業率の低下に加え、高インフレ対策で金融当局が刺激策の巻き戻しに前向きになっていることが改めて示唆されたことが背景にある。数週間前の時点では、3月の利上げ開始を予想する向きはごくわずかだった。
・バイデン大統領の初めての一般教書演説が7日、3月1日に上下両院合同会議で実施されることが決まった。一般教書演説は大統領が年頭に施政方針を示す最重要演説の一つで、経済や安全保障などに関する発言が注目される。
・ブルームバーグによると、サマーズ元米財務長官は、米連邦準備制度による最近のタカ派傾斜や米国債の下落でも当局と投資家はインフレ抑制に必要な措置をなお過小評価していると指摘した。サマーズ氏はブルームバーグテレビジョンの番組で、「私自身の見解では何が必要になりそうなのかを連邦準備制度と市場はまだ認識していない」と分析。「フェデラルファンド(FF)金利に関して2.5%を上回らずに今回のインフレを何とか抑えられると市場と連邦準備制度は判断している」と語った。先月示された連邦公開市場委員会(FOMC)の経済予測の中央値では2024年末時点のFF金利は2.1%と、長期見通しの2.5%を下回る。一方、長期金利の指標である10年物国債利回りは2%を大きく割り込んだままだ。
・日本経済新聞によると、米国とロシアの両政府は10日、スイス・ジュネーブで2国間の「戦略的安定対話」を開いた。ロシアが2021年12月に提案した欧州安全保障体制に関する本格的な協議になる。ロシア軍の国境地域への部隊集結で緊迫するウクライナ情勢をめぐり接点を探るが、両者の溝は深い。
・関係筋「米国がロシア向け高度技術の輸出規制を検討」
・ブルームバーグによると、バイデン米政権と同盟国は、ロシアがプーチン政権の下でウクライナへの軍事的攻勢に出る場合、高精度技術や電子機器への制限を含む厳しい輸出規制をロシアに課す可能性を検討している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。
・世界の外準(外貨準備高)を中心とした米国外の公的マネーは、保有米国債の戻り売り基調が持続している。米FRBが代理保管する外国中央銀行の米財務省証券保有高は、昨年11-12月の米債金利低下(米債価格は上昇)局面でも減少が続き、約1年ぶりの低水準となってきた。過去実績として米債金利に先行性を有しているが、今回も米債金利は年末年始から遅行で上昇(米債価格は下落)となっている。現在もなお続く保有高の減少トレンドは、先行き一段の金利上昇を示唆するシグナルとして無視できない。

[2022-01-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「自動車価格は高すぎる」「FRBはインフレ長期化を確実に回避すると確信」
・一部報道は「米最高裁判事ら、バイデン政権のワクチン義務化政策に懐疑的意見」などと報じた。

[2022-01-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国防総省は、オースティン国防長官とロシアのショイグ国防相が電話会談を行ったと発表した。「ウクライナ国境付近のリスク軽減」について協議したという。
・米国務省は、緊迫するウクライナ情勢などをめぐる会合に参加するため、シャーマン副長官が8-13日の日程でスイスとベルギーを訪問すると発表した。10日にジュネーブで開かれる米露の「戦略的安定対話」に臨むという。
・米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は、バイデン政権が2022年にアジアで経済連携を強化すると表明した。中国に対抗する狙いで、国境を越えた電子商取引ルールを定めるデジタル貿易や先端技術の基準策定を例に挙げている。
・時事通信によると、米国家安全保障会議(NSC)のキャンベル・インド太平洋調整官は6日、バイデン政権が2022年にアジアで経済連携を強化すると表明した。中国に対抗する狙いで、国境を越えた電子商取引ルールを定めるデジタル貿易や先端技術の基準策定を例に挙げた。米シンクタンクのオンラインイベントで語った。
・日本経済新聞によると、米国産の液化天然ガス(LNG)の輸出量が2021年12月、月次ベースで世界一となった。これまではオーストラリアとカタールが輸出国のトップ争いを繰り広げてきたが、「シェール革命」を受けて米国のLNGの存在感が急速に増している。
・日本経済新聞によると、オースティン米国防長官は6日、ロシアのショイグ国防相と協議した。軍事緊張が続くウクライナ情勢をめぐり、武力衝突に発展しないようリスクを低減する措置について意見を交わした。国防総省が発表した。
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、抗議デモで混乱する中央アジアのカザフスタンにロシア主導の軍事同盟「集団安全保障条約機構(CSTO)」の部隊が派遣されたという報告を注視していると述べたうえで、CSTOが部隊派遣を決めた経緯には疑問があるとの考えを示した。
・共同通信によると、バイデン米大統領(民主党)は6日の連邦議会議事堂襲撃から1年の演説で「大統領の職務は国を団結させることだ」と訴え、民主主義の価値観を共有し結束する重要性を訴えた。11月に中間選挙を控え、トランプ前大統領(共和党)の責任を厳しく追及する姿勢に共和党議員らは「党派攻撃に利用している」と猛反発、分断は深刻なままだ。バイデン氏は演説で、多くの共和党議員がトランプ氏を恐れ、大統領選は不正だったとの「大うそ」に同調していると批判した。「法の支配を支持するなら意見は違っても協力できる」と述べ、共和党議員らにトランプ氏の影響下から脱却するよう求めた。
・米国の12月非農業部門雇用者変化が日本時間22:30に発表される。予想は45万人増加、11月は+21万人増加。
・日本経済新聞によると、米労働省が7日発表した2021年12月の雇用統計によると、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月比19万9000人増えた。わずかに上方修正された11月(24万9000人増)から伸びが鈍化した。高賃金を求める離職者が増えるなど労働需給は逼迫が目立つ。オミクロン型の新型コロナウイルスの急拡大で人手不足に拍車がかかる可能性もある。

[2022-01-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・時事通信は、米国務省報道担当官が、北朝鮮の弾道ミサイル発射は国連安保理決議違反に当たるなどとして非難したと報じている。同時に、外交を通じた問題解決への努力を続ける意向も示し、北朝鮮に対話に応じるよう呼び掛けたという。
・NHKは、米国の新駐日大使となるエマニュエル氏が着任を前に単独インタビューに応じ、日米関係について中国の影響力の拡大を念頭に「2つの民主主義国家は共通の価値観を発展させるため、重要な局面を迎えている」と述べて関係の強化に尽くしたいという考えを示したと報じている。
・ロイターは、バイデン米大統領が早ければ今週中にもFRBの銀行監督担当副議長および理事の3ポストに起用する候補者を発表する可能性があることが、関係者の話で分かったと報じている。バイデン氏はまだ最終判断を下しておらず、発表時期も決定されていないという。
・米ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策調整官を務めるザイエンツ氏は、オミクロン変異株で感染が拡大しているにもかかわらず、学校の閉鎖を回避する手段があると述べた。
・バイデン米政権のファウチ首席医療顧問は、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の症状がデルタ株に比べ軽度と見られるものの、楽観すべきでないという認識を示した。オミクロン株拡散にともなう感染者急増に言及したうえで、「一定の割合の患者は重症化する恐れがあり、引き続き医療システムへの重圧となる可能性がある」と述べている。
・ブリンケン米国務長官はもドイツのベーアボック外相と会談し、「ウクライナへのロシアの行動は、欧州の平和と安定に対する差し迫った問題だ」と厳しく非難した。
・ロイター通信によると、米ホワイトハウスのサキ報道官は5日、ホワイトハウスは新型コロナウイルスに関する刺激策について米議会などと常に協議を続けているとしながらも、現在の米経済は好調だと述べた。
・米通商代表部(USTR)のタイ代表は、EU加盟国リトアニアのランズベルギス外相とオンラインで会談し、台湾の代表機関開設を認めたリトアニアに対して中国が貿易面で圧力をかけている問題を協議した。米国は、EUとともに中国に対抗していく考えを表明した。
・バイデン米大統領、1年前の国会議事堂襲撃はトランプ前大統領の直接に責任
・バイデン米大統領、20年の選挙結果ほど綿密に精査されたものはない

[2022-01-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・メディア報道によると、米上院銀行委はパウエルFRB議長再任、ブレイナード副議長指名に関する公聴会を来週開催する計画だという。
・一部報道は「米上院銀行委、パウエル氏指名公聴会を11日に設定」などと報じた。
・一部報道は「米上院委員会、ブレイナード氏の指名公聴会を13日に開催」などと報じた。
・米国務省のプライス報道官は、イラン核合意再建に向けた米イラン間接協議が先週、緩やかながら進展を見せたとし、今週はその進展が足掛かりになることを望むと述べた。また間接協議では核合意を相互順守するために必要なイラン側の対応や米国による制裁解除などを中心に交渉しているとしている。
・ロイターは、自社の集計として米国の3日時点の新型コロナウイルス新規感染者が約100万人に達したと報じている。週末分の数字も一部含まれるものの、感染力の強いオミクロン変異株の流行が広がるなか、わずか1週間前に記録した世界最多の50万5100人強からほぼ倍増したという。
・米政治専門サイトのポリティコは、米上院銀行委員会が、パウエルFRB議長の再任指名とブレイナード理事の副議長指名に関する公聴会を来週2回開催すると報じている。
・ブルームバーグによると、4日の米国債市場では前日に続いて利回りが上昇した。米金融当局が今年5月から少なくとも3回の利上げを行うとの見方が背景にある。
・共同通信によると、米国での1日当たりの新型コロナウイルス感染者が3日、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計で100万人を超えた。米メディアによると、100万人を超えたのは初めて。新たな変異株オミクロン株が猛威を振るい、一気に感染が拡大した。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米国株、22年は難路か FRBの利上げ迫り、21年のように順調にいくと見込む投資家はほとんどいない、と報じた。
・米労働省が4日発表した2021年11月の雇用動態調査(JOLTS)によると、非農業部門の求人件数(季節調整済み、速報値)は1056万2000件で、前月から52万9000件減少した。一方、自発的離職者数は452万7000人と37万人増え、過去最高を更新した。労働市場の逼迫で賃金が上昇しており、よりよい条件の職を求めて転職をする人が増え続けている。日本経済新聞が伝えた。
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、バイデン大統領はFRB理事候補の選定において多様性を主眼に置いていると述べた。空席となっているポストを埋めるための発表がいつ行われるかには言及せず、「近々発表されると思う」と述べている。
・米国の12月ADP雇用統計は+80万7000人となった。予想は+41万人。

[2022-01-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・報道によると、米国、英国、フランス、中国、ロシアの5核保有国は1月3日、軍事衝突や軍拡競争を防止するために、2国間、多国間で外交的に取り組む意向を示す共同声明を発表した。
・核保有国である米国、ロシア、英国、フランス、中国の5ヵ国は、核兵器の一段の拡散と核戦争を回避する必要があるとする共同声明を発表した。「核兵器の使用は広範な影響を及ぼすため、核兵器が存在し続ける限り、防衛目的、侵略抑止、戦争予防のために利用されるべきことを確認する」などとしている。
・ロイターは、米連邦議会で新型コロナウイルス感染がかつてないほどの急拡大を見せていると報じている。議員やスタッフを対象とした検査施設で、11月下旬に1%程度だった陽性率の7日間平均がここにきて13%に急上昇したという。
・米商品先物取引委員会(CFTC)が3日発表した米国債先物の非商業(投機)部門の取組(2021年12月28日までの週)によると、金利見通しを反映する2年債先物の買い越しが2016年8月以来、5年超ぶりの高水準となった。ロイター通信が伝えた。
・ブルームバーグによると、バイデン米大統領はエコノミストのフィリップ・ジェファーソン氏を連邦準備制度理事会(FRB)理事に指名する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同氏が就任すれば、連邦準備制度の100年余りの歴史で4人目の黒人FRB理事となる。
・米国務省は、ブリンケン米国務長官が、ウクライナ国境付近におけるロシア軍の集結について、北大西洋条約機構(NATO)に加盟する中東欧9ヵ国と協議したことを明らかにした。また、声明で「長官はNATOやパートナーとの緊密な協議と協力を継続し、抑止、防衛、対話を通じた緊張緩和に取り組む米国の姿勢を強調した」と説明している。
・東海東京調査センターでは、2022年も米国経済及び企業収益の拡大基調が継続する見通しであることは、米株市場にとって最大の押し上げ要因になると考えている。仮にFRBが利上げ開始に動いたとしても、それは「金利水準の正常化」を目的とした、景気にあまりブレーキを掛けない程度の比較的緩やかなペースになるとみている。利上げが「米国経済の正常化」を妨げない限り、米株市場への負の影響は限定的なものになると想定。過去2年の大相場には及ばないものの、22年の米株市場も最終的に上昇して終わると予想している。リスクとしては、供給制約及びインフレの長期化を挙げている。

(最終更新日時 2022-01-15 11:23)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース