米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

アメリカホワイトハウス

 主にアメリカの政府関係者による発言や為替相場や株式相場などに関連したニュースなどを紹介しています。

 政府関係者の中でも主要な人物による発言や関係のあるニュースは個別のカテゴリに入れられていますが、それ以外の関係者による発言等となっています。

 HDP・RHDPについては、不特定多数によるコメントや発言となるため目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは4.659%、応札倍率は2.43倍。
・ブリンケン米国務長官は中東歴訪を開始し、最初の訪問地であるエジプトに到着した。イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘が続く情勢を協議し、バイデン大統領が先月提案した停戦案をハマスが受け入れることを目指す。ネタニヤフ首相との会談では、パレスチナ自治区ガザでの紛争終了後の計画の重要性と紛争の拡大防止の必要性を強調したという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュース

[2024-06-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは4.659%、応札倍率は2.43倍。
・ブリンケン米国務長官は中東歴訪を開始し、最初の訪問地であるエジプトに到着した。イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘が続く情勢を協議し、バイデン大統領が先月提案した停戦案をハマスが受け入れることを目指す。ネタニヤフ首相との会談では、パレスチナ自治区ガザでの紛争終了後の計画の重要性と紛争の拡大防止の必要性を強調したという。

[2024-06-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領とフランスのパリで会談し、2億2500万ドル規模のウクライナ支援パッケージを発表。米国による支援継続を約束した。ウクライナはロシアとの戦争で形勢の転換を目指している。
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が今月中旬にイタリアで開かれるG7サミットで再会談すると発表した。
・バイデン米大統領は、第2次大戦のノルマンディー上陸作戦で激戦地となったフランス北西部ノルマンディー地方のオック岬で演説し、ナチス・ドイツの重要拠点を攻略した元米兵をたたえながら、自由と民主主義を守り抜く姿勢を示した。ロシアのウクライナ侵攻を阻止する決意を改めて強調している。
・米国務省は、ブリンケン長官が10-12日の日程で、エジプト、イスラエル、ヨルダン、カタールを訪問すると発表した。パレスチナ自治区ガザをめぐる停戦案の妥結に向けて、各国と調整する。昨年10月の戦闘開始以降、中東入りは8回目。
・米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)の高官であるバディ氏は、米国が増大する敵国からの脅威抑止に向け「今後数年以内に、戦略核兵器の配備拡大を余儀なくされる段階に達する可能性がある」という認識を示した。米軍備管理協会での演説で述べている。
・バイデン米大統領は、欧米などが凍結したロシア資産から得られる利益をウクライナ支援に充てることに関してマクロン仏大統領と合意したと明らかにした。G7とEUは、凍結したロシア資産の利子をどのようにウクライナ支援に活用できるかを検討している。
・米当局者が、G7が中国の中小銀行に対し、ロシアによる西側諸国の制裁逃れへの支援を止めるよう警告すると予想していると報じている。米当局者などによると、こうした議論は中国の銀行をめぐる問題に関する公式声明につながる可能性が高いという。

[2024-06-08][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブレイナー国家経済委員会(NEC)委員長「雇用統計、国内労働者にとり良いニュース」「賃金の上昇は、消費者にとりプラス」
・ブレイナー国家経済委員会(NEC)委員長「消費者にとりコストは依然高過ぎる。我々は引き続き、ガソリンや日常品価格を巡る戦いを続ける」

[2024-06-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国、英国、ドイツなど17ヵ国の首脳が、イスラム組織ハマスとイスラエル双方にパレスチナ自治区ガザをめぐる戦闘の停戦に応じるよう求める共同声明を発表した。声明ではイスラエルとハマスの指導者に対して「あらゆる妥協を求める」と述べ「戦争を終わらせる時が来ている」と訴えた。
・バイデン米大統領が明らかにしたパレスチナ自治区ガザでの新たな停戦案について、米英独仏の4ヵ国首脳は、「これ以上遅らせることなく実行に移す」よう呼び掛ける声明を発表した。戦闘を続けるイスラム組織ハマスとイスラエルに対して圧力を一段と強めた形だ。
・11月の米大統領選で返り咲きを狙うトランプ前大統領は、西部アリゾナ州の選挙集会で演説し、不倫口止め料を不正に会計処理したとして有罪評決を言い渡されたことについて「不正な裁判だ」と批判した。再び大統領になった場合、司法制度を変更する意向も示している。

[2024-06-06][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領が、米国とイスラエルが作成しイスラム組織ハマスに提示したパレスチナ自治区ガザをめぐる休戦案について、イスラエルのネタニヤフ首相の同意を求めることなく公表していたことが分かったと報じている。
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、民主党のバイデン大統領が2月に共和党のジョンソン下院議長と会談した際、自身のエネルギー政策を正確に把握していなかったと報じている。ジョンソン氏は記憶力を懸念。ホワイトハウスは、バイデン氏の頭脳は明晰だと反論したが、11月の大統領選を前に高齢不安が深まっているという。
・米国防総省は、兵器調達を担当するラプランテ次官が今週から日本を訪問し、日米で防衛装備品の協力を話し合う会議の初会合を開くと発表した。防衛装備庁の深沢長官と協議するという。

[2024-06-05][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国の求人件数は4月に減少し、約3年ぶりの低水準となった。労働市場の緩やかな減速と整合する動きだ。
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、バイデン大統領が13-14日にイタリアのプーリア州で開催されるG7首脳会議で、ウクライナ支援に向けたロシア資産の活用を協議すると述べた。
・バイデン米大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相がパレスチナ自治区ガザでの戦争で政治的な駆け引きをしようとしているとは思っていないと述べた。「ネタニヤフ氏は深刻な問題を解決しようとしている」と指摘していた。
・バイデン米大統領は、メキシコとの南部国境の管理を強化する大統領令を出した。中南米から押し寄せる移民への対策は大統領選の主要争点のひとつ。不法越境者が一定数を超えた場合、国境封鎖を事実上可能にする。再選を狙う11月の大統領選に向け、支持率向上につなげたい考えだ。
・アデエモ米財務副長官がインタビューで、ウクライナ侵攻を続けるロシアへの制裁をめぐり、米企業はコンプライアンスを強化する必要があるとの見解を示したと報じている。米企業はロシアの制裁逃れに加担しないよう、サプライチェーンに一層の注意を払う必要があると強調したという。
・バイデン米大統領は4日、不法移民の急増に対処するため、国境管理を厳格化する大統領令を発令した。越境者受け入れを1日平均2500人に制限することなどが柱。11月の大統領選で移民が重要争点となる中、強硬な国境管理を訴えるトランプ前大統領の攻撃をかわすため、寛容姿勢からの転換を迫られた。
・米半導体産業の大型助成、見えてきた課題と限界、米半導体政策に早くも課題、他国も投資を拡大し工場建設費も膨大な額に、と伝えた。
・バイデン米大統領の次男ハンター氏が2018年に薬物依存を申告せず銃を購入したとして起訴された事件の公判が、東部デラウェア州の連邦地裁で開かれた。検察は冒頭陳述で、薬物依存を裏付けるためハンター氏が銃購入の数日後にコカインを吸引したとする証拠を提示した。
・グランホルム米エネルギー長官が、中国の電気自動車(EV)に対する輸入関税を8月に予定通り4倍の100%超に引き上げることは、米国の自動車産業の健全性にとって極めて重要との認識を示した。
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領がイタリア南部プーリア州で13日に開幕するG7サミットに参加すると発表した。ロシアの侵略を受けるウクライナへの「揺るぎない支援」など「喫緊の世界的な課題」を協議する。一方、同サミット最終日の15日は参加せず、再選を目指す11月の米大統領選に向け国内の選挙行事などを優先するという。
・サリバン米大統領補佐官は、フランスに向かう機中で記者団に、バイデン大統領が5-9日のフランス訪問に合わせてウクライナのゼレンスキー大統領と会談すると明らかにした。
・米誌タイムは、バイデン大統領がインタビューで、イスラエルのネタニヤフ首相が自らの政治的延命のため、パレスチナ自治区ガザでの戦闘を長引かせているかについて問われ、「人々がそうした結論を出す理由はいくらでもある」と語り、否定しなかったと報じている。
・米ブリッジウォーター・アソシエーツ創業者のレイ・ダリオ氏は5日、米国内の対立が「今年のハイライト」になるとの見通しを示した。民主、共和両陣営が米大統領選の結果を受け入れないかもしれないという懸念があるためだ。

[2024-06-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国の製造業活動は5月に縮小ペースが加速した。生産がほぼ停滞し、受注がおよそ2年ぶりの大幅な落ち込みとなったことが響いた。米供給管理協会(ISM)が3日、データを発表した。
・バイデン米大統領は、カタールのタミム首長と電話会談を行い、現在交渉中の戦闘休止と人質解放をめぐる合意をハマスが受け入れるために「あらゆる適切な手段を講じる」よう求めた。
・米ホワイトハウスは、ハリス副大統領が15日にスイスを訪問し、ウクライナが提唱する和平案を協議する「世界平和サミット」に出席すると発表した。サリバン大統領補佐官も随行するという。
・カービー米大統領補佐官は、バイデン大統領がフランスのマクロン大統領と8日にパリで臨む首脳会談で、パリ五輪の安全確保に向けた連携を確認すると明らかにした。インド太平洋地域の安全保障やクリーンエネルギー、原子力分野での協力強化も話し合うという。
・カービー米大統領補佐官は記者会見で、北朝鮮が汚物やごみをぶら下げた風船を韓国側へ飛ばし、両国の緊張が高まっていることを「非常に懸念し、注視している」と述べた。
・米国は、イスラエルとイスラム組織ハマスのパレスチナ自治区ガザ地区での停戦に向けた国連安全保障理事会の決議案の草案を発表し、ハマスに受け入れを呼び掛けた。草案は、バイデン大統領が先週公表した概略を支持する内容になっている。
・バイデン米大統領は、トランプ前大統領を「有罪評決を受けた重罪人」と指摘した。また、米国の司法制度に対するトランプ氏の攻撃は「より有害だ」とも述べている。
・米国でミドルクラス(中間所得者層)とされる市民のほぼ3分の2が、経済的苦境に直面しており、これからの人生に変化は期待できないと考えている。全米トゥルー・コスト・オブ・リビング連合が委託した世論調査で分かった。

[2024-06-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・オースティン米国防長官は、日韓両国が火器管制レーダー照射問題をめぐり再発防止策に合意したことなどを歓迎する声明を発表した。声明で「2国間の協力を強化することは(米国を含む)3ヵ国の協力の前進につながる」と強調している。
・オースティン米国防長官は、シンガポールで開かれているアジア安全保障会議(通称シャングリラ会合)で演説した。オースティン氏は、中国とフィリピンが対立を深める南シナ海情勢をめぐり「フィリピンが直面する嫌がらせは危険だ」と述べ、覇権主義的な動きを強める中国をけん制した。
・米国務省は声明で、香港高等法院(高裁)が民主派14人に香港国家安全維持法(国安法)違反で有罪判決を言い渡したことに「深い懸念」を示した。国安法施行に責任を負う中国と香港の当局者に対して査証(ビザ)発給の制限措置を取ると表明した。対象は明らかにしていない。
・LSEGのデータによると、米S&P総合500種指数採用企業の2024年第1・四半期利益は前年同期比8.0%増となる見通し。エネルギーセクターを除くと11.2%増になる見込み。ロイター通信が伝えた。
・米大統領選で再選を目指す共和党のトランプ前大統領が、中国系短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のアカウントを開設し、動画を投稿した。開設から数時間でフォロワー数は200万人を超えた。

[2024-05-31][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米政治専門紙ポリティコは、バイデン米政権がウクライナに対し、米国製兵器によるロシア領内攻撃を一部容認したと報じている。ウクライナ北東部ハリコフ州への越境攻撃を強めるロシア軍への反撃などに限定しているものの、戦況に影響を与えそうだ。
・米国防総省傘下の国防情報局(DIA)は、ロシアが今年1月にウクライナ東部ハリコフへの攻撃に使った短距離弾道ミサイルは北朝鮮製だったとする分析結果を発表した。北朝鮮国営メディアが公開した製造工場の画像と、ウクライナ側が示した残骸の画像を突き合わせ判断したという。
・米国務省の報道官は、北朝鮮による軍事偵察衛星の打ち上げと弾道ミサイル発射について、複数の国連安全保障理事会決議に違反するとして非難した。「発射は北朝鮮の無謀な行動を継続させるもので、朝鮮半島、地域、国際平和と安全に重大な脅威をもたらし、世界的な核不拡散体制の弱体化につながる」と述べている。
・朝日新聞は、米政府当局者が、バイデン大統領がウクライナに対し、米国が提供した武器でロシア国内を攻撃することを一部許可したと明らかにしたと報じている。ウクライナ北東部ハルキウ周辺への攻撃に対する反撃に限定するという。戦況の厳しさを受け、米露関係の緊張を避けるために課してきた制限の一部緩和に踏み切った。
・米国のインフレ率は2027年半ばまで2%の金融当局目標に戻らない可能性がある。クリーブランド連銀のエコノミストは30日公表のリポートでこのような内容の研究結果を明らかにした。
・ブリンケン米国務長官「ウクライナがロシアへの攻撃のため、米国製武器の使用許可を要求」「バイデン大統領がロシア国内での米国製武器の使用を許可」

[2024-05-30][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブリンケン米国務長官は、米国がウクライナに供与している兵器が戦線の安定化に貢献しているとの認識を示した。米国がウクライナに対しロシアへの直接攻撃に米国の兵器を使用しないよう要請していることに関連し、米国は「調整し、適応する」と述べている。
・米ホワイトハウスのピエール報道官は、6月にスイスで開催される「グローバル平和サミット」に米国は出席すると述べた。同時に、ウクライナが防衛のために必要なすべての能力を有し、公正かつ強固な平和を確保するために、同国を支援し続けることが重要だと発言している。
・アデエモ米財務副長官は、ウクライナの首都キーウを訪問し、マルチェンコ財務相ら政府高官と会談した。侵攻を続けるロシアへの制裁強化や、ウクライナ経済の動向、支援のあり方について協議した。
・米国の消費関連株が低調だ。長引くインフレで消費者の節約志向が高まる中、外食や衣料品などの株価がさえない。景気の影響を受けにくい生活必需品でも低所得者層向けが中心の銘柄は総じて振るわない。一方で一部の富裕層の高額消費が支える銘柄には強気な見方が多い。
・米戦争研究所データを基にイスラエル軍の作戦範囲を分析した日経新聞によれば、イスラエルはパレスチナ自治区ガザ最南部ラファイ攻撃を広げ、イスラエル軍が制圧した領土はガザ地区の6割に達したという。「ハマス壊滅」に拘泥ヤフ政権は国際社会の制止を振り切り事実上の本格侵攻に入ったようだ。

(最終更新日時 2024-06-12 11:14)

米政府(ホワイトハウス)関係の発言・ニュースバックナンバー

米政府(ホワイトハウス)関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース