米政府関係

米政府関係のイメージ画像

 2022年11月の期間中の米政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・一部報道は「バイデン大統領、エネルギー企業への超過利潤税課税の提案検討へ」などと報じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

米政府関係による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・一部報道は「バイデン大統領、エネルギー企業への超過利潤税課税の提案検討へ」などと報じた。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「石油産業は米国民を支援するという約束を果たしていない」「石油会社の記録的な利益はウクライナ戦争からの恩恵」「石油会社がガソリン価格を下げないなら、その超過利潤に高い税金を支払うべき」

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省のプライス報道官は、ロシアが国連の仲介した黒海経由のウクライナ産穀物輸出合意への参加を停止したことが世界の食料安全保障に「即時かつ有害な影響」を与えており、合意をめぐる不透明さから食料価格が上昇していると述べた。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、ブラジル大統領選の決選投票で勝利したルラ元大統領と電話で会談し、祝意を伝えた。双方は、気候変動や食料安全保障、移民などの課題にともにパートナーとして取り組んでいくことで一致したという。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、空前の高収益を上げている石油・ガス会社に対し、エネルギー価格を引き下げ消費者に還元するか、増産に向けた投資に振り向けるよう呼びかけた。「棚ぼた」的利益に対し税率を引き上げる可能性も示している。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米消費者に潤沢な資金、高金利の長期化も、パンデミック下の貯蓄拡大で金融引き締めへの感度低下と伝えた。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は、ロシア産石油価格に上限を設ける西側の計画について、12月5日までに積み出され、1月19日までに目的地で荷降ろしされた船は対象外になると明らかにした。トレーダーや荷主に一定の猶予期間を提供した。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、バイデン氏、激戦州の一部で遊説回避、支持率低迷で、と伝えた。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、バイデン米政権は先端半導体の対中輸出規制について、日本など同盟国にも同様の措置を求める。関係国政府と協議して早期の合意をめざす。米国では半導体の技術者が中国から引き揚げるなど対応を迫られている。日本の半導体産業でも米中対立の影響がさらに強まる見通しだ。日本政府関係者によると、米国からの打診を受けて政府内で調整に入った。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブリンケン米国務長官と中国の王毅外交部長(中央政治局委員)が10月30日、電話協議した。米国務省の同日の声明によると、ブリンケン氏は連絡回線を開いたまま維持し、米中関係の管理に責任を持つ必要性を論じた。また、ロシアによる対ウクライナ戦争と、世界の安全保障や経済安定に与える脅威の問題を取り上げた。香港経済紙『信報』は11月1日、協議時間は70分に及び、必要に応じてインドネシアで同月開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の前に再度電話で協議する可能性があると伝えた。

[2022-11-01][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、ブリンケン国務長官が3-4日の日程でドイツ北西部ミュンスターを訪問し、G7外相会合に出席すると発表した。外相会合では、ウクライナ支援や食料安全保障、インド太平洋地域での経済協力などを協議するという。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省のプライス報道官は、ウクライナの水とエネルギーの供給に対するロシアの攻撃は人的被害を悪化させることを目的としており、とくに悪質だと述べた。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省当局者は、財務省が10月に親ロシア派のハッカー集団「キルネット」からサイバー攻撃を受けたものの、阻止したと明らかにした。攻撃による混乱はほぼなく、金融システムをめぐるサイバーセキュリティ対策が奏功していることが確認されたという認識を示している。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は、今月インドネシア・バリ島で開催されるG20首脳会議(サミット)での米中首脳会談の設定に向け調整が行われていると明らかにした。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は、米国はイランによるサウジアラビアへの脅威を懸念しており、必要であれば対応を躊躇しないと述べた。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、サマーズ元米財務長官は、米金融当局に利上げの早期停止を求める「声の高まり」は「ひどい見当違いだ」とツイートした。

[2022-11-02][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米利上げの行方に注目、見解割れるウォール街と伝えた。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米紙NYタイムズは、複数の米政府高官の話として、ロシア軍幹部がウクライナで戦術核を使用する可能性がある時期や使用方法について協議した、と報じている。ロシアのプーチン大統領は協議に参加しておらず、ロシアが実際に核兵器使用に向けた準備をする兆候は確認されていないという。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、ブリンケン国務長官と韓国の朴外相が電話会談し、北朝鮮による「無謀かつ危険な韓国の海岸線近辺への着弾を含む、弾道ミサイル発射」を非難したと発表した。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報担当調整官は電話会見で、北朝鮮がロシアに対して「相当数」の砲弾をひそかに供給しようとしているとの見方を示した。北朝鮮は中東や北アフリカの国々に送ると見せかけ、本当の目的地を隠そうとしているという。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、FRBがFOMCで4会合連続で0.75%ポイントの利上げに踏み切ったことはインフレ抑制の一助になるという認識を示した。また、FRBの利上げを背景とした住宅ローン金利上昇が住宅市場の過熱を冷やすとも述べている。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は2日、複数の米政府高官の話として、ロシア軍幹部がウクライナで戦術核を使用する可能性がある時期や使用方法について協議したと報じた。ロシアのプーチン大統領は協議に参加しておらず、ロシアが実際に核兵器使用に向けた準備をする兆候は確認されていないという。

[2022-11-03][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・クレイン米大統領首席補佐官「米国はリセッション入りしていない」「データは米経済が強いことを示している」

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・MSNBCは、米国のトーマスグリーンフィールド国連大使はインタビューに応じ、北朝鮮の一連のミサイル発射について、複数の国連決議に違反しているとの見解を示したうえで、非難したと報じている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、外交筋の話として、米国が北朝鮮のミサイル発射をめぐり4日に国連安全保障理事会の公式会合を開催するよう要請したと報じている。この要請は他の理事国であるイギリス、フランス、アルバニア、アイルランド、ノルウェーの支持を得たという。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米共和党のポートマン上院議員と民主党のクーンズ上院議員、ウクライナの首都キーウを訪問し、来週の米中間選挙後も超党派としてウクライナへの支援を継続すると確約した。両議員は記者団に対し、ウクライナのゼレンスキー大統領と「極めて前向きな」会談を行ったと述べている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のオースティン国防長官は、ウクライナ軍はロシア軍から戦略上重要な南部のヘルソン市を奪還できるとの見方を示した。ウクライナ南部ヘルソン地域を巡っては、ロシア側の当局者がドニプロ川西岸からロシア軍が撤退する可能性があると述べている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・MSNBCは、クレイン米大統領首席補佐官がインタビューで、米国の経済指標は堅調との考えを示し、米経済はリセッションに陥っていないと述べたと報じている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、トランプ前米大統領が月内に米大統領選への再出馬を表明する可能性を検討していると、トランプ氏の顧問3人が明らかにしたと報じている。共和党が優勢になることが見込まれている8日の中間選挙の結果を追い風にしたい考えだという。ただ、トランプ氏が決断を延期する、もしくは考えを変える可能性もあると述べている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のオースティン国防長官は、ウクライナ軍はロシア軍から戦略上重要な南部のヘルソン市を奪還できるとの見方を示した。ウクライナ南部ヘルソン地域をめぐっては、ロシア側の当局者がドニプロ川西岸からロシア軍が撤退する可能性があると述べている。

[2022-11-04][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)は、台湾との経済連携を強化する「21世紀の貿易に関する米台イニシアチブ」の交渉会合を8-9日にNYで開き、正式交渉を始めると発表した。日米など14ヵ国が参加する経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」に台湾が加われないため、この協議体が代替の枠組みとなる。

[2022-11-05][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブレイナーFRB副議長「過去6カ月、金利上昇しても家計、企業の債務は安定」

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国は、北朝鮮による度重なるミサイル発射実験を受けて開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で、中国とロシアが北朝鮮に「力を与えた」と非難した。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、人工衛星画像に基づき北朝鮮とロシアの国境で、北朝鮮側からロシア側へ移動する列車が確認されたと明らかにした。積み荷は確認できないものの、米政府高官によると、北朝鮮がロシアにひそかに砲弾を運んでいるとの情報があるとして、武器輸出の可能性も指摘されている。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米CNNは、同国の核兵器プログラムを統括する米戦略軍のリチャード司令官がこのほど、中国の核兵器開発が米国を大きく上回る速度で進展していると警鐘を鳴らしたと報じている。そのうえで、この件は「短期的な問題」だとの見解を示したという。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米公共放送(PBS)とAP通信は、ロシア軍がウクライナ侵攻直後の3月に、首都キーウ近郊ブチャで、ウクライナ軍への協力やロシアへの敵対視が疑われる民間人を選別し、拷問の末に殺害していた、と報じている。「浄化」作戦と呼んで正当化し、組織的に行っていたことが裏付けられたという。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米シンクタンクの戦争研究所は、ロシア軍がウクライナ東部ドネツク州に戦力を集中しているものの、訓練や装備品の不足が深刻化しており、「戦局や戦争の行方を左右する重要な戦果は挙げられない」との分析を公表した。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国防総省は、ウクライナ向けに4億ドルの追加軍事支援を発表した。改修された「T72」戦車や地対空ミサイル「ホーク」向けミサイルなどが含まれる。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米、オランダ両政府は、チェコが保有する戦車計90両を改修したうえでウクライナに提供すると発表した。ロシアの侵攻開始以降、米国がウクライナに戦車を提供するのは初めてのこと。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、ウクライナの首都キーウを訪問し、来週8日の米中間選挙後も、米国のウクライナ支援が「断固とし、揺らぐことはないと確信している」と表明した。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省のオブライエン制裁調整官は、G7が決定したロシア産石油に上限価格を設ける措置について、なお多くの詳細を詰める必要があるものの、導入される12月5日までに運用上の詳細はすべて整う見通しという認識を示した。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米紙ワシントンポストは、バイデン米政権がウクライナ政府高官らに対し、ロシアとの和平交渉を一切拒否する姿勢を改め、交渉入りに前向きな姿勢を示すよう内々に勧めていた、と報じている。米政権当局者は交渉の席に着くよう強制する趣旨ではなく、戦争長期化で「支援疲れ」が広がる各国からの支援をつなぎ留めることが狙いだと指摘したという。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米CNNは、米情報機関の分析として、イランがロシアに対し核開発をめぐる援助を要請したと報じている。イラン核合意の立て直しに向けた協議が破綻した場合に備えているとの見方を伝えていた。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は、イエレン財務長官がインドネシア・バリ島で15-16日に開催されるG20サミットに出席すると発表した。ウクライナに侵攻したロシアへの追加制裁に理解を求めるほか、世界的なインフレにともなう景気後退のリスクについても議論する見通しだ。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領がドイツのショルツ首相と電話協議したと発表した。声明によると、ショルツ氏が4日に北京で中国の習国家主席と会談した内容について説明。11月中旬で調整している対面での米中首脳会談を前に、対中政策をすり合わせたとみられている。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米金融当局は今週、インフレに関して新たな知見を得る。10日に発表される10月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比ベースでは伸びが鈍化するものの、依然として急ピッチの物価上昇を確認することになると予想されている。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞は、米国株にサンタは来ない、年末高期待を砕くFRBと伝えた。「根拠なき株高」を打ち砕いたのは、またしてもパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長だった。2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、インフレ鎮圧に向けて引き締めを粘り強く続けるタカ派的な姿勢を強調。市場に広がっていたハト派転換の観測を一蹴した。今年の米国株は年末恒例の「サンタクロースラリー」が期待できないだろう。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、サリバン米大統領補佐官、プーチン氏側近と極秘協議していた、と伝えた。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は4日、イエレン財務長官がインドネシア・バリ島で15、16両日に開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席すると発表した。ウクライナに侵攻したロシアへの追加制裁に理解を求めるほか、世界的なインフレに伴う景気後退のリスクについても議論する見通しだ。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・時事通信によると、デニス・ブレア元米国家情報長官は7日、東京都内で講演し、中国による台湾侵攻について「(中国にとって)リスクが高すぎる」と語り、近く発生する可能性は低いとの見方を示した。米政府内で、早い時期に台湾有事があり得るという指摘が相次いだことに関する質問に答えた。

[2022-11-07][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、ウォール街での資金調達、10年ぶりの難しさ、M&Aや株式・債券発行が急減と伝えた。

[2022-11-08][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、政府はロシアとリスク軽減に関する高官レベルの協議を実施する権利を留保していると述べ、米紙WSJによる「米大統領補佐官がロシア高官と非公開の協議を行った」との報道を直接的に否定しなかった。

[2022-11-08][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、8日投開票の中間選挙について、これまでのところ法執行機関から選挙の安全に関する具体的な脅威は報告されていないと述べた。

[2022-11-08][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信は、バイデン米政権が、北朝鮮が核実験を強行した場合の対処として原子力空母を日本海に展開させ、自衛隊や韓国軍とも連携して「統合抑止力」を誇示する方針を固めたことが分かった、と報じている。国連安全保障理事会に追加制裁決議案を提出し、日米韓3ヵ国で独自制裁を同時期に発表する準備も進めているという。

[2022-11-08][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ペロシ米下院議長はテレビのインタビューに応じ、夫のポール氏が自宅で男に襲撃された事件について、自身が標的だったにもかかわらず夫が代償を払っていることにとくに心を痛めているとし、議員引退の時期をめぐる判断に影響すると述べた。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは4.605%、応札倍率は2.57倍。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のサイバーセキュリティーを担当する高官は、米連邦議会中間選挙期間中に選挙インフラを混乱させる「具体的または信頼できる脅威はない」と述べた。2016年の大統領選でロシアによる干渉があったことが確認されて以来、米国では選挙のセキュリティーが重要課題となっている。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・読売新聞によると、米国のバイデン政権の任期前半の評価を問う米中間選挙は8日夜(日本時間9日午前)、一部地域で投票が締め切られ、開票作業が始まった。定数435の全議席が改選される下院選は、野党・民主党が多数派を奪還するとの見方が強い。定数100のうち35議席を争う上院選では、民主、共和党が接戦を繰り広げている。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米政府高官は記者団に対し、バイデン大統領が11日からの外遊中にエジプトのシシ大統領、カンボジアのフン・セン首相、インドネシアのジョコ大統領とそれぞれ会談すると明らかにした。中国の習国家主席との会談に関しては「現時点で発表はない」と述べている。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米政府は、中国からの物資調達に従事し北朝鮮の核・ミサイル開発に関与したとして、北朝鮮国営高麗航空の代表ら2人を独自制裁の対象に指定した。米国内の資産が凍結される。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省の高官は、米国によるウクライナへの支援について、米中間選挙の結果に関係なく今後も「揺るぎない、断固としたもの」になると「確信」していると述べた。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロンドンタイムは、米中間選挙の開票状況をにらんだドル相場の動向をにらみつつ、欧州通貨も神経質な動きか。上院は民主党と共和党が、非改選分も合計した議席数で接戦。下院は共和党が優位。少なくとも、上院・下院で民主と共和の勢力が異なる「ねじれ議会」にはなりそう。上院も共和党優位となれば、民主政権と共和党優位の議会との、より大きなねじれが生じることになる。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米中間選挙は8日投開票され、下院選は9日までの米主要メディアの開票速報で野党共和党が与党民主党を上回るペースで議席を伸ばした。共和党が4年ぶりに下院の多数派を奪還するとの見方が広がる中、民主党は激しく追い上げた。物価高でバイデン民主党政権への不満が高まり、上下両院の多数派を握る民主党は苦戦。上院は接戦となった。バイデン大統領への審判となる選挙結果は2024年の次期大統領選の行方を占う。

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ゼレンスキー大統領「ロシアによるウクライナ侵攻が世界各国を気候変動対策から遠ざけている」

[2022-11-09][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ジョージア州選挙管理人(投票結果が拮抗している上院選挙について)「12月6日に決選投票が行われると言って間違いない」

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・「米当局は仮想通貨交換業大手のFTXトレーディングと関連事業について、顧客資金や融資を巡る調査を実施する」ようだ。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・接戦を繰り広げていたウィスコンシン州上院選挙で、共和党が勝利を収めたと報道された。これで民主党が48議席、共和党が49議席。残り3議席だが、同議席数となった場合は上院議長を兼務するカマラ・ハリス次期副大統領が決裁票を投じることで、共和党、民主党ともに2議席の確保が必要となる。なお、ジョージア州は12月6日に決選投票が行われる可能性が高まっている。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、10年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが4.140%、応札倍率(カバー)が2.23倍となった。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「巨大な赤い波(共和党の大躍進)は起こらなかった」「投票者はインフレを含めて懸念していることに応えた」「民主主義にとっては良い日だった」

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は議会で共和党と協力する姿勢を示した。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のインド太平洋軍は声明を発表し、北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射について、「北朝鮮による違法な大量破壊兵器と弾道ミサイルの開発がもたらす不安定な影響を浮き彫りにしている」と批判したうえで、「日韓防衛への米国関与は、引き続き揺るぎない」と強調した。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米中間選挙の結果がまだ確定しない中、ウォール街は次のイベントリスクに備えている。現行の米利上げサイクルに大きく影響する米消費者物価指数(CPI)の発表だ。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、中国の習国家主席とアジアで会談する際に根本的な譲歩をするつもりはないと述べた。譲ることのできない「レッドライン」を互いに明確にし、自治権を持つ台湾を含む対立分野を解決することを望むと指摘している。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、ホワイトハウスで記者会見し、2024年次期大統領選への自身の対応について「判断をするのは23年の早い時期だろう」と述べた。「中間選挙の結果に関係なく、再出馬するのがわたしの意思だ」と改めて意欲を示した。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、米司法省、FTX巡る混乱を調査と伝えた。

[2022-11-10][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)は、NYで2日間にわたった台湾との「生産的」な通商協議を終えたと発表した。この協議は中国が反発しているプログラム「21世紀の貿易に関する米台イニシアチブ」の一環。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米為替報告「実質実効ベースの円相場は50年ぶりの安値に近い」「米国の貿易相手国による不当で意図的な通貨操作の試みに強く反対」「中国は為替介入データを公表せず透明性に欠ける異例な存在」「一部の国による自国通貨上昇を抑制するための為替介入を懸念」

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウス「バイデン大統領は習近平・中国国家主席と14日にバリ島で会談する」

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省「為替操作国の認定見送り」

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが4.080%、応札倍率(カバー)が2.42倍となった。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は30年債入札を実施。最高落札利回りは4.080%、応札倍率は2.42倍。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・サリバン米大統領補佐官「中国の為替政策、米国にとって重大な懸念事項」「米中首脳会談において関税で成果物が出ると見るべきでない」

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米商務省は、2002年にロシアに認めた「市場経済国」のステータスを取り消したと明らかにした。これにより、米国が発動する反ダンピング(不当廉売)課税や相殺関税の税率が高く算定される可能性がある。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国防総省は、ロシアから巡航ミサイルや無人機を使った攻撃を受けているウクライナに対し、4億ドル規模の追加支援を発表した。機動性が高い移動式防空システム「アベンジャー」4基を供与するという。また、地対空ミサイル「ホーク」や高機動ロケット砲システム「ハイマース」用の砲弾なども送る。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、ロシア軍が南部の戦略的要衝・ヘルソン市からの撤退を計画している複数の兆候を探知したと発表した。ただし、ロシア軍がウクライナの一部地域から撤退しても戦争が終結したとは言えないとしている。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は、半年に一度の為替報告書を公表したが、「為替操作国」の認定はなかった。また、そのなかで「円安はエネルギー価格上昇を貿易赤字の拡大による交易条件悪化も反映」とし、日本当局の24年ぶり円買い介入に関しては、「為替は市場で決定すべき、とのG7声明公約を受け入れている」と擁護している。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、バイデン大統領が週末に予定しているアジア訪問に合わせ韓国の尹大統領と会談し、北朝鮮がサイバー領域でもたらす幅広い脅威について協議すると述べた。また、米政府は北朝鮮が再び核実験を行う可能性について引き続き懸念していると発言している。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、バイデン米大統領が14日に予定される中国の習国家主席との会談で、米中関係の基礎を固めることを望んでいるが、台湾や人権などに関する米国の懸念について率直な協議を行うと報じている。政権当局者は、ロシアによるウクライナ侵攻のほか、北朝鮮問題に関する協議が行われる可能性があるとしながらも、今回の会談を受けた共同声明の発表はないと述べたという。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のトランプ前大統領(共和党)は自身のソーシャルメディアで、8日の中間選挙で共和党が伸び悩んだことに「怒っている」と報じられたことに対して、「虚偽の見立てだ。信じてはいけない。わたしは全く怒っていない。わたし自身は中間選挙に立候補していないが、非常に大きな仕事をした。将来のことを考えるので忙しい」と投稿している。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ハリケーン「ニコール」が、米南部フロリダ州に上陸した。米CNNテレビなどによると、一部の家屋が損壊、高潮が発生し2人が切れた電線で感電死した。11月にハリケーンが米国に上陸するのは約40年ぶりだという。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米国では10月、インフレが市場の予想以上に鈍化した。数十年ぶりという物価上昇が勢いを弱めつつあるとの期待を持たせる内容で、米金融当局にとっては急激な利上げを減速させる余地が生まれた格好だ。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米財務省は10日発表した外国為替報告書で、貿易相手国に対する為替操作国の認定を今回も見送った。市場介入については一部のケースにおいて容認する姿勢を示唆した一方、中国に対しては透明性の欠如を批判した。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、暗号資産(仮想通貨)が適切に監督されないままでは一般の米国民が痛手を受ける危険性があるとの懸念を示し、米政権は引き続き業界の動向を注視すると語った。「最近のニュースはこのような懸念を一段と浮き彫りにし、仮想通貨になぜ周到な規制が必要なのかをはっきり示している」と強調している。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米投資ファンドのベイン・キャピタルは、日本での投資ペースを加速する。現在、検討している有望なパイプライン案件、10-20件の具現化を目指すとともに、2023年2月には日本で2つ目の拠点となる大阪事務所を開設するなど陣容拡大も急ぐ。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、台湾が米国との「円滑な」対話チャンネルを持っており、通貨政策などの問題で協議を続けていく。台湾中銀のある幹部は、米財務省が半期ごとの外国為替政策報告書で台湾を「監視リスト」にとどめたことを受け、こう発言したと報じている。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省のプライス報道官は、北朝鮮のロシア軍人用軍服および防寒靴の輸出疑惑に関する質問に「北朝鮮の軍服輸出の可能性について特定して話すことはできない」としつつも、「我々はロシアが北朝鮮に軍事的援助を要請したと話してきた」と述べた。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・時事通信は、最大の「敗者」はトランプ氏、再選戦略見直し必至、米中間選挙と伝えた。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「インフレが正常な水準まで戻るには時間がかかる」

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は中国の習近平国家主席と14日にインドネシアのバリ島で会談する。ジャンピエール米大統領報道官が10日に明らかにした。両首脳は両国間の意思疎通を維持し、深化するための努力を話し合うとした。「責任を持って競争し、特に国際社会に影響するような国境をまたぐ課題について、利害の一致する部分で協力していく。両首脳は地域と世界のさまざまな問題も議論する」とジャンピエール報道官は述べた。米国と中国の首脳が対面で会談するのは2019年6月以来3年5カ月ぶり。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米シンクタンク、戦争研究所は10日、ロシア軍が撤退を始めたとされるウクライナ南部ヘルソン州の州都ヘルソンの北西部、西部、北東部でウクライナ軍が過去24時間で前進し、7キロ進軍した地域もあるとの分析を発表した。「ウクライナはヘルソンで主導権を握り、大勝利をつかむ途上にある」とも指摘した。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米中間選挙の獲得議席数が伸び悩む野党共和党で10日、選挙戦を主導したトランプ前米大統領(76)の責任論が高まった。2024年の次期大統領選出馬表明を延期すべきだとの声も上がった。自身への批判に反発するトランプ氏は10日、南部フロリダ州の邸宅マールアラーゴで15日に予定通り「特別な発表」をすると関係者に通知。出馬表明を強行する考えとみられる。

[2022-11-11][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・英フィナンシャル・タイムズ紙は、台湾有事なら世界で300兆円超損失、米国が警鐘と伝えた。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・時事通信によると、米大統領は中国主席との会談冒頭、「米中は競争が衝突に発展することを防ぐことが可能」、また、「米中が世界規模の課題に共に取り組む方法を見いだすことは可能だ」と強調した。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米中間選挙は上院でバイデン大統領(79)の与党民主党が勝利し、決着していない下院は13日も開票が続いた。野党共和党のトランプ前大統領(76)は13日、敗北の責任は党指導部にあると攻撃。15日にも踏み切るとみられる2024年大統領選への出馬表明を前に責任回避に躍起で、共和党内の亀裂が深まった。下院の行方次第でトランプ氏に代わる若手の待望論が一層拡大しそうだ。CNNテレビによると、共和党の多数派奪還が有力視される下院(定数435)は共和が212でリード、民主が204で猛追している。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・時事通信によると、米政府高官は14日、記者団に対し、カンボジアのプノンペンで13日に開かれた東アジアサミットで、中国の李克強首相が核の威嚇の「無責任さ」に言及していたと明らかにした。ウクライナ侵攻を続けるロシアが核兵器使用をちらつかせていることを念頭に不満を表明したとみられる。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米中首脳会談が終了した。会談時間は3時間余り。米当局が明らかにした。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウス「ブリンケン米国務長官が中国を訪問する」

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「習近平・中国国家主席との会談でロシアによるウクライナ侵攻や北朝鮮問題を取り上げた」「習近平・中国国家主席に競争を衝突に発展させるべきではないと発言」「台湾に対する中国の高圧的な行動に反対を表明」

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ホワイトハウスによると、米中首脳はウクライナでの核兵器使用に反対姿勢で合意。

[2022-11-14][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「冷戦の懸念なし」「中国習主席は譲歩の意向がある」

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)副議長「利上げペースの減速は近く適切になるだろう」

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米消費者のインフレに対する楽観度が10月に低下したことが、ニューヨーク連銀の調査で分かった。ガソリン価格が上昇するとの見通しなどが影響した。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は、ロシアが軍事技術を調達している国際的な供給網を制裁対象に加えたと発表した。個人14人と28団体に対しての制裁で、アルメニアにあるロシアの電子機器メーカー子会社や台湾を拠点とする企業などが含まれる。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米CNNは、米中央情報局(CIA)のバーンズ長官とロシアのプーチン大統領の最側近であるナルイシキン対外情報局(SVR)長官が、トルコの首都アンカラで協議したと報じている。米側はロシアで拘束中の米国人解放や、ウクライナで核兵器が使用された場合の結果について提起したという。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・台湾総統府は、米中首脳会談を受けて声明を発表し、台湾は主権維持について妥協せず、住民の民主主義と自由を断固として守ると表明した。また、台湾海峡の平和と安定の維持は台湾・中国双方の共通の責任であり、「戦場での対峙」はどちら側にとっても絶対に選択肢にはならないとしている。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、中国の習国家主席との会談で、中国が北朝鮮の兵器開発計画を抑制できなければ、米国はアジアにおける安全保障を強化すると伝えた。それに対し、習氏は「台湾問題は米中関係の第一のレッドライン(越えてはならない一線)だ」と表明したという。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、中国の習国家主席に対し、中国には北朝鮮が7回目の核実験を行わないよう説得する義務があるが、中国にその能力があるのかは分からないと述べた。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、米NY当局が、11日に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの破綻に至る経緯と経営陣の関与を調査していると報じている。事情に詳しい関係筋が明らかにしたという。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、米中間選挙は国内の民主主義の力強さと強靭性を示したと述べた。また、2020年の大統領選挙が不正に操作されたと主張する「選挙否定派」を排除するものだったと指摘している。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)は、米国主導の新たな経済圏構想「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」参加国が、12月10-15日に豪州東部ブリスベンで対面による初の交渉官会合を開くと発表した。正式交渉を本格的に始める節目の会合となる。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米国株は現在とほぼ同じ水準で2023年を終えるが、その間には乱高下があると、モルガン・スタンレーのポートフォリオストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏が予想した。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米紙ワシントン・ポストは、米議会が超党派で台湾に対する「前例のない規模」の軍事支援法案を調整していると報じている。迅速な支援を目指し、米軍すで既に保有する武器や装備を提供するという。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、米政府高官が、インドネシア・バリ島で開催されるG20首脳会議(サミット)について、ロシアのウクライナ戦争とそれによる世界経済への影響を非難することを期待していると述べたと報じている。記者団に対し、ここ数日の協議ではG20のほとんどの国がロシアのウクライナ戦争をめぐって意見が一致したと明らかにしたという。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、米中間選挙は14日までの開票の結果、連邦議会下院で野党・共和党が217議席を獲得した。AP通信が報じた。下院で4年ぶりとなる共和による過半数(218)奪還まであと1議席に迫った。勝敗が確定していないのは残り13議席で、開票作業は大詰めに入った。

[2022-11-15][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・日本経済新聞によると、米シンクタンクの戦争研究所は14日、ウクライナ南部の要衝ヘルソンから撤退したロシア軍が東部ドネツク州に転戦する可能性が高いとの分析を公表した。東部での戦闘で成果を強調し、ヘルソン撤退による損失を隠す狙いだが、同研究所は「作戦上重要になる可能性は低い」とみている。ウクライナ軍も一部兵力を転戦させるため、ドネツク州都ドネツクやバフムトで今後数週間にわたり、両軍が衝突する恐れが高まっている。南部ザポロジエ州メリトポリの市長もロシア軍がヘルソン撤退後、同市に拠点を築いていると報告している。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウス「バイデン大統領はポーランド大統領と間もなく会談」

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、ウクライナの首都キーウでのミサイル攻撃について「ロシアが人々の命を脅かし、重要インフラを破壊している」として強く非難する声明を発表した。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米政府は、ロシア軍がウクライナの民間インフラ施設への攻撃に使用したドローンの製造および設計、もしくはロシアへの供与に関与したとして、イランの軍需企業シャヘド・アビエーション・インダストリーズ・リサーチ・センターを含む企業に制裁を科したと発表した。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米議会の超党派諮問委員会は、公表した対中国政策の提言に世界貿易機関(WTO)ルールに基づく関税待遇の停止を盛り込んだ。中国政府による国有企業の優遇や巨額の産業補助金が市場をゆがめているとの不満があるためだ。実現すれば、米中の貿易関係を根底から揺さぶる。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、米中間選挙・下院で、共和党が過半数議席(218席)奪還に向けあと1席に迫るなか、共和党の下院議員は、マッカーシー下院院内総務を次期下院議長に選出したと関係筋が明らかにしたと報じている。賛成188反対31の賛成多数での決定だという。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、バイデン米大統領が民主党のペロシ下院議長に対し、議会にとどまり党指導部の役職を引き続き担うよう要請したことが分かったと報じている。事情に詳しい関係筋2人が明らかにしたという。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領とポーランドのドゥダ大統領が電話協議したと発表した。声明によると、ドゥダ氏がポーランド東部のウクライナとの国境付近で発生した爆発について、ポーランド側の評価について説明したという。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米共和党上院トップのマコネル院内総務は、連邦債務上限を引き上げる法案は来年まで必要ないと指摘し、上院での年内採決の可能性は低いとの見方を示した。債務上限問題は来年まで浮上しないと述べている。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「軌道を見る限りロシアから発射された可能性は低い」「何が起こったかを把握した後、次のステップを決定」「ポーランドの事件はロシアから発射されたミサイルによるものかどうかを争う予備的な情報がある」

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・一部報道が米当局者筋の話として報じたところによると、昨日ポーランドに着弾したミサイルはロシアのミサイルにウクライナが迎撃したものの可能性があるという。

[2022-11-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・一部通信社の話によると、バイデン米大統領はポーランドの爆発はウクライナ軍の迎撃と同盟国に発言したという。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、20年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが4.072%、応札倍率(カバー)が2.64倍となった。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は、ロシア軍が依然ウクライナ国内でかなりの戦闘力を維持しているとし、ウクライナ軍が短期的に勝利するという考えをけん制した。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米CNNは、ポーランド東部に15日にミサイルが着弾して市民2人が死亡した問題をめぐり、ウクライナ軍がその時間帯に現場周辺で地対空兵器を作動させ、ロシア軍が発射したミサイルの迎撃を試みていたと米国に認めたことが分かったと報じている。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・複数の米メディアが報じたところによると、米共和党は僅差ながら米下院で多数派の地位を確保したようだ。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・オースティン米国防長官は、ウクライナ国境に近いポーランド東部でのロシア製ミサイル着弾は、ロシア軍による意図的な攻撃ではないとの見方を示した。オンラインで開いた7回目のウクライナの防衛支援関係国会合後の記者会見で述べている。

[2022-11-17][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は記者会見で、中国による台湾侵攻をめぐり「戦略的な誤りになるだろう」と強調した。中国の習国家主席について「合理的な人物だ」と指摘し、近い将来に侵攻することはないと分析した。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は10年物TIPS入札を実施。最高落札利回り1.485%、応札倍率は2.25倍。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブリンケン米国務長官は、黒海経由のウクライナ穀物輸出合意の延長にロシアが同意したのは、延長を拒否しても世界が受け入れないとロシアが感じていることの表れだと述べた。穀物輸出合意は120日間の延長が決まっている。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブリンケン米国務長官は記者会見で「米中首脳会談での生産的な議論を進めるために、バイデン大統領から来年の早い時期に中国を訪問するよう指示された」と述べ、来年早々にも中国を訪問するとの見方を示した。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、米国家経済会議(NEC)のディーズ委員長が来年の春か夏に退任する可能性があると報じている。複数関係筋の話だという。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米民主党のペロシ下院議長は、民主党下院トップのポストを退任すると発表した。下院議員としての職務は続ける。民主党下院トップにはジェフリーズ議員の名前が上がっている。ただ、同議員は名乗りを上げるかついて明言を避けた。

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ホワイトハウス「米本土および韓国・日本の防衛に必要なあらゆる措置講じる」「北朝鮮のミサイル発射は、米国と同盟国に差し迫った脅威とはなっていない」

[2022-11-18][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米韓空軍は18日、北朝鮮が大陸間弾道弾(ICBM)級の弾道ミサイルを発射したことを受けて、合同訓練を実施した。韓国国防省が明らかにした。訓練にはF-35A戦闘機が参加した。

[2022-11-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン大統領「インフレが通常の水準に戻るには時間がかかる」

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のオースティン国防長官は、ロシアによるウクライナ侵攻に関連し、誰もが共生を望まない暴政と混乱に襲われる潜在的な世界の到来を予見し、核拡散の影につきまとわれて不安定さが募る状況を招くものとなっているとの認識を示した。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を「強く非難する」との声明を出した。バイデン大統領が状況説明を受け、同盟・友好国と緊密に協議を続けるとしたうえで、北朝鮮に対し挑発行為の即時停止と対話を要求している。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議のカービー戦略広報調整官は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの発射実験を繰り返すことで「能力を向上させている」と述べ、懸念を表明した。また、非核化に向けた前提条件なしの直接対話を呼びかけているが、北朝鮮側が応じていないとも説明している。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)は、タイ代表が、中国の王商務相と初めて対面形式で会談したと発表した。声明によれば両氏は二国間貿易について協議し、開かれた意思疎通を維持することの重要性を強調したという。米中間の緊張緩和が新たに示唆された格好だ。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは、ハリス副大統領が、タイで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で中国の習国家主席と短時間会談したと発表した。バイデン大統領が14日の米中首脳会談で強調した、両国が責任を持って競争を管理するため開かれた対話チャネルを維持すべきというメッセージに言及したという。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、ブリンケン国務長官が21-22日にカタールを訪問し、今年で5回目を迎える米・カタール戦略対話に臨むと発表した。ムハンマド副首相兼外相らカタール政府高官らと会談する予定とし、安全保障に絡む協力や人権などの問題について協議する見通しだという。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、米国と英国、フランス、ドイツの4ヵ国が共同声明を発表し、イランが核開発疑惑に関して「信頼できる説明をしていない」と非難したと発表した。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、サマーズ元米財務長官がインタビューで、「中国を引きずり下ろす」ことよりも自国の経済力の構築に米政策当局者は注力する必要があると警告したと報じている。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・AP通信は、米国のケリー大統領特使(気候変動問題担当)が新型コロナウイルス検査で陽性になったと報じた。症状は軽いという。ケリー氏はエジプトで国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)に参加し、温室効果ガスの排出削減の交渉に臨んでいた。

[2022-11-21][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・FOXニュースは、米共和党下院トップのマッカーシー院内総務がインタビューで、次期下院議長に選ばれた場合は中国問題に関する特別委員会を設置する意向を表明し、バイデン政権は中国に堂々と立ち向かっていないと批判したと報じている。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、5年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが3.974%、応札倍率(カバー)が2.39倍となった。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のオースティン国防長官は、米国はウクライナに対する支援について必要な限り関与すると述べた。米国の焦点はウクライナ支援にあり、ウクライナの焦点は主権ある領土をすべて奪還するために全力を尽くすことだと述べている。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国のトーマスグリーンフィールド国連大使は、国連の安全保障理事会に対し、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験実施の責任を問う議長声明を採択するよう呼びかけた。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米上院農業委員会は、米暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXの破綻を検証する公聴会を12月1日に開くと発表した。下院金融委員会もFTXの破綻をめぐり12月に公聴会を開く方針を示している。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、オースティン米国防長官と中国の魏鳳和国務委員兼国防相は22日、カンボジア北西部シエムレアプで会談した。台湾問題でオースティン氏は一方的な現状変更に反対し、不安定化させる行動を控えるよう要求。魏氏は米側の介入をけん制し、台湾統一を「必ず実現しなければならないし、実現できる」と主張、再び激しい応酬となった。対話継続では一致した。米中双方が発表した。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・フィリピンを訪問しているハリス米副大統領は、中国が権益を主張する南シナ海に面するパラワン島に入り、日本が5月にフィリピン沿岸警備隊に供与した大型巡視船に乗船した。「国際的な法秩序を守る最前線」に立つ隊員らに対し「南シナ海で脅しと威圧に直面するフィリピンを、米国は同盟国として支援する」と呼びかけたという。

[2022-11-22][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省報道官は、米国はシリアの安定を損なういかなる軍事行動にも反対し続けるとし、米政府はトルコに対し、過激派組織「イスラム国(IS)」との戦いという目標達成に影響を与える攻撃を慎むよう伝えたと述べた。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが3.890%、応札倍率(カバー)が2.33倍となった。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米バイデン政権がウクライナへの最先端ドローン(無人機)の供与を見送った件をめぐり、超党派の上院議員グループが政権に再考を求めた。先進ドローン技術を提供することで、ウクライナは領土を維持し、戦局を優位に展開できると主張している。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、バイデン米大統領がサプライチェーンに影響を及ぼしかねない鉄道業界の労働争議に「直接」関与していると述べた。大統領は、鉄道事業の閉鎖は「容認できない」との見解を示しているという。ただ、具体的な言及はなかった。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米海軍は、15日にオマーン沖でタンカーへの攻撃に使用された無人小型機(ドローン)は、イランがウクライナ戦争で使用するためにロシアに供給したものと同じ種類だったと発表した。破片の分析からこの結論に至ったという。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官はオンライン記者会見で、カンボジアで開かれた米中国防相会談を踏まえ、米中間の対話拡大に意欲を示した。南シナ海や台湾などの対立点が依然課題だとし、幅広いレベルでの「意思疎通を元に戻すことが重要だ」と述べている。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、米国と豪州が21-22日にキャンベラで戦略政策対話を開き、インド太平洋地域の安全保障環境や軍備管理、核不拡散の方策を話し合ったと発表した。両国の戦略政策対話は2019年に始まり、今回で4回目となる。

[2022-11-23][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領は、感謝祭の休暇に入った。家族とともに東部マサチューセッツ州のリゾート地ナンタケット島に滞在し、27日にワシントンへ戻る予定。

[2022-11-24][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブリンケン米国務長官は、米国が4億ドル規模の対ウクライナ追加軍事支援を承認したと発表した。大砲弾薬や防空ミサイル、戦術車などが含まれるという。

[2022-11-24][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・オースティン米国防長官は、ロシア軍には砲弾の「著しい不足」が生じており、ウクライナでの軍事作戦に支障をきたしているとの見解を示した。ウクライナ軍により軍需品の保管施設が攻撃されたため、「利用可能な弾薬の残量に若干の問題が生じ始めた」と説明している。

[2022-11-24][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は、イランで女性の髪を隠すスカーフのかぶり方をめぐって拘束された女性が死亡したことへの抗議デモに対する弾圧が続いていると非難し、イラン革命防衛隊高官を含む治安当局者3人を制裁対象に指定したと発表した。米国内の資産が凍結される。米政府はイラン高官らへの制裁を相次ぎ発表している。

[2022-11-24][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)は、中国の知的財産権侵害を理由に導入している制裁関税について、新型コロナウイルス感染対策用の医療物資に対する適用除外措置の失効期限を11月30日から90日間延長すると発表した。2023年2月28日まで計81品目を除外対象とする。

[2022-11-25][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米国の各地で25日、感謝祭翌日の大規模セール「ブラックフライデー」が始まり、年末商戦がヤマ場を迎えた。記録的な物価高を背景に消費者は例年よりお得な商品を求める傾向が高まっており、小売店は財布のひもを緩めようと値下げをアピールした。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国務省は、ブリンケン国務長官が28-30日の日程でルーマニアの首都ブカレストを訪問すると発表した。北大西洋条約機構(NATO)外相会合に出席してロシアによるウクライナ侵攻への対応を話し合うほか、ウクライナのクレバ外相とも会談する。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米感謝祭の翌日のブラックフライデー(25日)の小売売上高は緩やかな伸びにとどまったもようだ。高インフレと消費者センチメントの落ち込みが需要を抑えたとみられる。センサーマティック・ソリューションのデータによると、実店舗での売上高は前年比2.9%増。またアドビ・アナリティクスによれば、オンライン小売売上高は2.3%増で今年の最高に達した。業者が在庫一掃を目指して大きく値引きをする中で電子機器やスマートホーム製品がよく売れたという。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米政治サイトのポリティコは、米首都ワシントンの飛行制限区域に娯楽用の中国製ドローンが進入する事態が頻発していると報じている。市民らが趣味で飛ばしているケースがほとんどとみられるが、進入が容易なため、米政府はドローンが中国側にハッキングされ、ホワイトハウスや国防総省など中枢機関を狙ったスパイ活動に悪用される事態も排除できないと懸念しているという。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米連邦通信委員会(FCC)は、ファーウェイなど中国大手5社の通信機器の輸入、販売を禁止すると発表した。バイデン政権は10月に最先端半導体などの輸出規制を強化したばかりで、中国の反発は必至だ。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米ブラックフライデー、実店舗の来店者数が増加、と伝えた。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は、米小売企業、在庫不足解消を手放しで喜べない訳、サプライチェーン問題が緩和し、消費者の物欲も薄れているため、物価上昇率はさらに下がりそう、と伝えた。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・共同通信によると、米シンクタンク、戦争研究所は27日、ウクライナ南部ヘルソン州のドニエプル川東岸を拠点とするロシア軍が、ウクライナ軍の渡河を想定して地上戦に備えている可能性が高いと指摘した。衛星写真などから、ロシア側は河口のキンブルン半島へのウクライナ軍の上陸は防げないと判断していると分析、半島と陸続きの内陸部に塹壕を掘り防衛線を築こうとしているとした。

[2022-11-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は。米国人のカード利用増加、吉か凶か。不確実な領域へと向かう米経済にとっては懸念材料か、と伝えた。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブレイナー米連邦準備理事会(FRB)副議長「インフレ期待の安定維持が重要」

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は、バイデン大統領が12月1日に予定するマクロン仏大統領との会談で、米インフレ抑制法に盛り込まれた電気自動車(EV)購入優遇策をめぐり協議する公算が大きいと明らかにした。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・CNNは、バイデン米政権が北欧フィンランドに対して3億2300万ドル規模の兵器売却を承認したことがわかったと報じている。フィンランドはロシアと国境を接しているほか、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請している。米国務省によれば、バイデン政権は戦術ミサイルなどの売却の可能性を承認したと議会に通知したという。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領が中国で新型コロナウイルス対策のロックダウン措置に反対する抗議デモや政権批判の声が広がっている事態を注視していると明らかにした。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、米政府高官が、ブリンケン国務長官はエネルギー供給網を標的としたロシアの攻撃に直面するウクライナの送電能力回復を支援する新たな措置を29日に発表する予定だと報じている。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、感謝祭明けの「サイバーマンデー」で、米消費者はこれまで63億ドル(約8700億円)を支出した。アドビが明らかにした。大幅な値引きが高インフレに苦しむ買い物客を引きつけているようだ。

[2022-11-29][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米政権、29日にエジプト・カイロで始まる予定だった新戦略兵器削減条約(新START)に基づく二国間協議を延期したとして、ロシアを非難した。米国務省の報道官は、核協議の延期はロシアによる一方的な決定だったと述べている。

米政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース