米政府関係

米政府関係のイメージ画像

 2021年4月の期間中の米政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「インフラ計画は雇用と家族の2つに分かれる」「家族についての部分は数週間以内に公表」「計画は全ての人に機会を開くもの」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

米政府関係による2021年4月 発言・ニュース

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「インフラ計画は雇用と家族の2つに分かれる」「家族についての部分は数週間以内に公表」「計画は全ての人に機会を開くもの」

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は定例会見で、ミャンマーで2月1日に起きた軍事クーデターをめぐり、中国が自国の影響力を使ってミャンマー軍の責任を問うべきとの立場を示した。「米国は中国政府が自国の影響力を使い、軍事クーデターを起こした者の責任を問うよう引き続き求める」と述べている。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブリンケン米国務長官は、米国法に基づく香港に対する優遇措置はもはや正当化されないと、議会に通告したと明らかにした。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米軍は、ミリー米統合参謀本部議長とロシアのゲラシモフ軍参謀総長が電話会議を開いたと発表した。「双方の軍幹部は互いに関心のある問題について意見を交換した」という。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、インフラや気候変動対策を中心に8年間で2兆ドル超を投資する成長戦略を正式発表した。国内製造業の競争力を強化し、雇用を創出する一方、先端技術分野で台頭する中国に対抗する。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイター通信によると、米証券取引委員会(SEC)のポール・マンター会計主任代理は31日、市場参加者に対して、特別買収目的会社(SPAC)に関するリスクや課題を慎重に検討するよう求めた。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米軍は、ミリー米統合参謀本部議長とロシアのゲラシモフ軍参謀総長が電話会議を開いたと発表した。「双方の軍幹部は互いに関心のある問題について意見を交換した」という。

[2021-04-01][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、インフラや気候変動対策を中心に8年間で2兆ドル超を投資する成長戦略を正式発表した。国内製造業の競争力を強化し、雇用を創出する一方、先端技術分野で台頭する中国に対抗する。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・マコーネル米上院少数党院内総務(共和党)「バイデン米大統領による2兆ドルのインフラ計画は、共和党党員の支持を得ることはできないだろう」

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米通商代表部(USTR)のタイ代表は、ベトナムのアイン商工相と電話会談を行い、同国の為替政策をめぐる慣習について懸念を表明した。米国は昨年12月に公表した為替報告書で、ベトナムをスイスとともに「為替操作国」に指定している。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、米国の対北朝鮮政策について、非核化が引き続き中心になるとし、同国に対するいかなる対応も日本と韓国を含む同盟国と歩調を合わせる必要があるとの考えを示した。バイデン政権は現在、対北朝鮮政策を見直しており、サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は2日に日韓の当局者と協議を行う予定となっている。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、2兆ドル強のインフラ投資計画について、バイデン大統領が夏までに議会で承認されることを望んでいると述べた。バイデン大統領は3月31日、インフラ投資計画を発表している。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米下院歳入委員会のニール委員長(民主党)は、2兆ドル強のインフラ投資計画の一環として、過去にオバマ政権が導入したビルド・アメリカ債(BAB)を復活させる方針を明らかにした。ニール氏は関連法案の策定で重要な役割を担うが、この件でイエレン財務長官から了承を得ているとし、「これらの問題はすべて大統領の提案に含まれており、わたしは委員会でそれらを守るつもりだ」と述べている。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米共和上院トップのマコネル院内総務は、バイデン大統領が提案した2兆ドル強のインフラ投資計画について、「米国に対する誤った処方箋」とし、「提案をめぐりあらゆる段階で争っていく」と言明した。税金や国家債務をめぐる共和・民主間の観念的な相違が浮き彫りになったとし、共和党議員から支持を得ることはなく、ホワイトハウスに同提案を推進する公的使命があるとは思わないと述べている。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、バイデン米政権のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)とディーズ国家経済会議(NEC)委員長が、国内サプライチェーン(供給網)の耐性に関する会合を開催する見通しだと明らかにした。

[2021-04-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米労働省の家計調査によると、悪天候により就業不能となった3月非農業部門労働者数は11万6000人だった。2月は89万7000人、過去の月平均は14万2000人で平均との差は2万6000人減となっている。

[2021-04-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・複数の報道によると、米連邦議会議事堂の外でセキュリティー上の事件が発生したようだ。米連邦議会議事堂は現在閉鎖されているという。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間5日午前3時時点の新型コロナウイルス感染者は世界全体で1億3099万2478人、死者数は284万9454人となったことを明らかにした。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・サキ米大統領報道官は記者会見で、日米首脳会談が16日にホワイトハウスで行われると指摘したうえで、「菅首相が米国で直接会う最初の外国首脳になる」と述べ、「このことは日本との2国間関係と、日本の人々との友好関係の重要性を反映するものだ」と指摘した。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、米国で北村国家安全保障局長、韓国大統領府の徐国家安保室長と3者協議を行った。同盟関係を重視するバイデン政権は、見直し作業中の北朝鮮政策の最終調整を日韓と共有するとともに、対北朝鮮で3ヵ国の連携を強化する狙いがある。対面による日米韓の高官協議はバイデン政権発足後初めてのこと。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、2015年のイラン核合意への復帰をめぐり、今週にも当事国との協議に参加すると明らかにした。ただ、イランとの直接交渉はしないという。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・NHKニュースによると、アメリカの顧客との取り引きで、多額の損失が出るおそれがあると公表した証券最大手の野村ホールディングスは、月内の公表を目指し損失額の確定を急いでいる。一方、金融庁と日銀は、会社側から説明を受けるとともに、欧米の当局とも情報を共有するなどして事態の把握を進めている。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、円の投機的な先物ポジション(非商業部門)が、3月30日時点で差引き-5万9481枚のネット・ショートになった。

[2021-04-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・SMBC日興証券では、米バイデン政権の巨額の経済政策に関するリポートの中で、政策のリスクについて考察している。今回のインフラ投資は政府の直接購入で、需要がそのまま生み出される点で景気浮揚効果は大きい。ただし、マクロ経済には潜在GDPという「天井」があり、インフラ投資が始まる22年にはGDPが潜在GDPに到達している可能性があると、SMBC日興では指摘している。Fedは21年にGDPギャップがインフレギャップに転換すると見込んでおり、こうした中でさらにインフラ投資を行えば、長期金利の上昇が景気後退や市場急落の引き金になるとみている。米国経済の真のリスクは、経済が「天井」にぶつかっているにも関わらず、さらに財政を吹かして利上げをしないことと、SMBC日興では指摘しており、財政政策、金融政策の失敗が米国経済の最大のリスクと考えている。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、ロシア軍のウクライナとの国境付近での動向をめぐる情報は信用できるとし、米政府がロシアに対しこうした「挑発的な」行動の説明を求めたと明らかにした。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、2015年のイラン核合意順守に向けた間接協議が困難なものになると予想し、早期の打開策は見込んでいないと述べた。両政府は、当事国交渉の一環として6日からウィーンで間接的に協議する一方、イラン側は二国間の直接協議を拒否している。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、2兆ドルのインフラ投資計画の財源確保に向けた法人税増税案について、増税が経済を阻害することは懸念していないと述べた。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米政権は、イラン核合意の再建に向けて6日にウィーンで開かれるイランとの間接協議をめぐり、制裁解除には検証可能な核開発の制限が必要だとの認識を示した。国務省のプライス報道官は記者会見で「一方的な譲歩は受け入れない」と強調している。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、バイデン米政権は、アマゾン・ドット・コムやフェイスブック、アルファベット傘下のグーグルなど米国のIT企業を対象にデジタルサービス税を導入した6カ国への報復関税を準備しており、年間で総額10億ドル(約1100億円)近い関税が上乗せされる可能性がある。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイター痛心によると、バイデン米政権は5日、新型コロナウイルスのワクチン外交の調整役を指名し、米国にワクチン供給を求める諸外国の要請に迅速に対応すると表明した。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・サキ米大統領報道官は記者会見し、ワシントンで16日に開かれる菅義偉首相とバイデン大統領の日米首脳会談について「サプライチェーン(供給網)を含む幅広い分野で緊密に連携を深めることを目指している」と述べた。「もっとも深刻な競争相手」と位置付ける中国に対抗し、半導体など重要製品の安定供給をめぐる日米間の協力強化を示唆している。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイター通信によると、米海軍は6日、「セオドア・ルーズベルト」空母打撃群が定例任務で4日に南シナ海に入ったと明らかにした。同空母打撃群が今年の第7艦隊活動域に派遣中に南シナ海に入ったのは2回目。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領が打ち出したインフラ投資などに2兆ドル超を投じる成長戦略に関連し、米議会上院の議事運営専門員は、与党民主党単独での法案可決に道を開く特別手続きについて、適用可能との判断を示した。看板政策の早期実現へ追い風になりそうだ。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米海軍制服組トップのギルデイ作戦部長は、時事通信など一部メディアとオンラインで会見し、インド太平洋地域を管轄している第7艦隊の担当地域が変わる可能性があると示唆した。国防総省は現在、中国との対立に備えるために「世界規模の米軍態勢見直し」を進めており、それに伴って各艦隊の構成や地域分担も再検討されるという。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米海軍は、空母「セオドア・ルーズベルト」を中心とする空母打撃群が4日に南シナ海に入ったと明らかにした。海軍によると、定例的な活動の一環で、同群が南シナ海を航行するのは今年2回目だという。

[2021-04-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米労働省が発表した米2月雇用動態調査(JOLT)によると、求人件数は736万7千件となった。予想は690万件、1月は691万7千件。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・「米国は2022年の北京冬季五輪をボイコットするかどうかを議論する」ようだ。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「65歳以上の75%あまりがワクチン接種を受けた」「信じられないような前進があると同時に悪いニュース(変異種が拡大)もある」

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ジョンズ・ホプキンス大学は、最新の集計結果として、日本時間7日午前3時時点の新型コロナウイルス感染者は世界全体で1億3202万3888人、死者数は286万4509人となったことを明らかにした。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は記者会見で、中国の人権侵害を批判し、2022年北京冬季五輪のボイコットも選択肢だとの考えを示した。同盟・友好国と協議を続けるとしている。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、米国務省のプライス報道官は、(2022年に開催される北京冬季五輪を共同でボイコットするかどうかについて)「それは確かにわれわれが話し合いたいことだ。協調したアプローチはわれわれの利益だけではなく、われわれの同盟国やパートナーの利益にもかなう」と発言した。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は7日、米株過熱の陰、荒れる個別銘柄、アップル株などが大きく変動、モメンタム取引の人気や流動性の低下が背景と報じた。

[2021-04-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、FRBは独立した機関だとして、パウエルFRB議長とはまだ言葉を交わしていないと述べた。パウエル議長の任期は来年2月に切れるため、バイデン大統領はパウエル氏続投の是非を判断することになる。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「28%の法人税巡る交渉に前向き」

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブレイナーFRB理事「目標達成まではしばらくかかる」「FEDの最大雇用の目標にはまだ遠い」「経済見通しはかなり明るくなった」「金融政策の道筋は経済のパフォーマンスに依存」

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、中国政府による人権侵害への懸念を理由に2022年北京冬季五輪ボイコットの可能性について協議していないと明らかにした。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・CNBCは「企業らに2022年北京五輪のボイコットを強いるよう圧力が掛けられている」と報じている。一方で政治学者らは、そうなった場合、中国も穏やかに黙ってはいないとしたうえで、「ボイコットすれば中国市場から締め出されるリスクを負う」と指摘している。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、朝鮮半島の非核化につながるのであれば、北朝鮮との外交を検討する用意があると明らかにした。「北朝鮮に関する政策については、非核化が米国の明確な目的だ」と述べている。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・NHKニュースによると、アメリカのバイデン政権は7日、企業課税を強化する税制改革案を発表した。企業の税負担などを減らし投資や景気の浮揚につなげてきたこれまでの政策を大きく転換するもので、各国にも法人税の引き下げ競争をやめるよう呼びかけている。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、上院の与野党指導部が半導体関連法案を提出する準備を進めていると明らかにした。世界的な半導体不足で米国内の自動車生産などに悪影響が出ている。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米共和党上院トップのマコネル院内総務は、インフラ投資計画について、道路や橋梁、ブロードバンドを含む従来のプロジェクトを対象とし、2017年の減税を解消しないような内容であれば共和党の支持を得られる可能性があると述べた。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は記者会見で、台湾を含む地域での中国による威嚇的行動を「大きな懸念を持って注目している」と指摘した。また、「台湾市民の安全や社会、経済システムを危険にさらす、いかなる武力行使または他の形での威圧にも対抗する能力を米国は維持する」と述べ、中国をけん制している。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・テハン豪貿易・観光・投資相※中国についてコメントを求められ「オーストラリアは国益を保護する」

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・レモンド米商務長官は、トランプ前政権が導入した鉄鋼・アルミニウムの輸入関税は国内関連業界の「雇用を守るのに役立った」と評価した。中国の貿易慣行について「非競争的、威圧的、ずる賢い」との批判も展開している。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米政権で気候変動対策を担うケリー大統領特使は、金融機関や企業に気候変動リスクの開示を義務付けることで、各国でかなりの規模の新規投資が期待できるとし、バイデン大統領がこれについて大統領令を近く発令すると明らかにした。

[2021-04-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・野村証券では、3月31日にバイデン大統領が示したインフラ投資・増税が、早ければ6月ごろに議会で可決する可能性があると考えている。議会規則に関するレフェリーの役割である「議会規則専門員」が、民主党による単独採決を可能にする「財政調整措置」は、同じ財政年度内に複数回適用可能との見方を示したことをその理由として挙げている。財政調整措置は21年度に一度適用されたが、21年9月までに、インフラ投資・増税法案にも適用されることも考えられるとしている。バイデン大統領はインフラ投資を全て増税で賄う計画を示したが、民主党内の意見も踏まえれば、実際の増税は小幅なものにとどまると野村では予想。増税が小幅なものにとどまり、追加での国債増発が必要となれば、多少の金利上昇が想定されるとコメントしている。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は、ミャンマー国軍による2月のクーデターやその後のデモ弾圧を受け、新たに同国の国営宝飾企業1社を制裁対象に指定したと明らかにした。国軍の収益力低下が狙いだという。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米商務省は、中国のスーパーコンピューター関連7社・団体を輸出禁止対象に加えると発表した。中国の軍備近代化への利用を懸念し、安全保障上の脅威に当たると判断。バイデン政権が中国ハイテク企業に制裁を科すのは初めてのことになる。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、国内で続く銃乱射事件に対処するため、銃規制策を発表した。自家製銃「ゴースト銃」の取り締まりや、射撃の際に銃口を安定させる「スタビライジングブレース」と呼ばれる装置の登録義務付けなどが柱になる。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグは、バイデン米政権が地球温暖化対策のための温室効果ガスの排出削減目標を、2030年までに05年比50%減で検討していると報じている。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、ウィーンで実施されているイラン核合意をめぐる当事国の対面協議について、米国とイランの合意を過度に期待しないようけん制した。記者団に対し、協議は「建設的」に進んでいるとしながらも、「過度な期待は禁物だ」と述べている。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国防総省は、オースティン国防長官がイスラエルとドイツ、ベルギー、英国を訪問すると発表した。10日に出発する。対面形式の会談を通じ、安全保障分野での関係強化を目指すという。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米戦略国際問題研究所(CSIS)は、撮影された最新の北朝鮮造船所の映像画像を公開したうえで、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の実験に向けた長期的な準備が進められている可能性があると発表した。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米商務省は8日、スーパーコンピューターを手掛ける中国の7社・団体を「エンティティー・リスト」に追加したと発表した。同リストは米国の安全保障や外交上の利益に反する法人を収載するもので、事実上の禁輸措置の発動対象となる。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・NHKニュースによると、アメリカ議会上院の外交委員会は8日、「戦略的競争法」と呼ばれる、超党派の新たな法案を明らかにした。法案は、280ページにおよび、アメリカ政府が取るべき中国への対抗措置を幅広く挙げている。

[2021-04-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長「条件が満たされる前の利上げはない」「FRBは見通しよりも結果志向」「対話する多くの機会がある」

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省は、ブリンケン国務長官が、フランスとドイツの外相と電話会談を開催したと発表した。そのうえで、ロシアに対しウクライナとの国境付近への軍の増強を中止するよう呼び掛けると同時に、ウクライナに対する支持を確認することで一致したという。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のプライス報道官は、台湾周辺で中国の軍事活動を拡大するなか、米政府関係者が台湾政府関係者とより自由に会談できるようにする新たなガイドラインを発表した。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米海軍は、空母「セオドア・ルーズベルト」を中心とする空母打撃群が南シナ海で軍事演習を行ったと発表した。フィリピンの排他的経済水域(EEZ)に民兵を乗せた多数の中国船が停泊するなど地域の緊張が高まるなか、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがありそうだ。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・共同通信は、バイデン米政権で気候変動問題を担当するケリー大統領特使が、中国・上海を今週訪問することが分かった、と報じている。バイデン政権高官の訪中は1月の政権発足後初めてのこと。中国の気候問題担当特使、解氏と会談する見通しで、両国当局が日程の詳細を詰めているという。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省のポーター報道官は、イラン核合意に関する作業部会の協議が今週再開されるという見通しを示した。週末の協議中断に合わせ、米国のイラン担当特別代表を務めるマレー氏は帰国したものの、今週協議が再開する見込みとしている。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイターは、米ホワイトハウス高官が、12日に大手企業の首脳を招き、半導体の供給不足に関する会合を開くと明らかにしたと報じている。会合は「半導体とサプライチェーン(供給網)の弾力性に関する最高経営責任者会議」と呼ばれ、週末9日時点で19社が参加の意向を示しているという。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、2022会計年度(21年10月-22年9月)の予算教書の一部を公表し、国防予算として7530億ドルを議会に要求した。

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ベレジクリアン豪ニューサウスウェールズ州首相「ワクチン接種の遅れは豪州が取り残されることを意味している」「他国が(経済)再開をしている中で、豪州が取り残される恐れがある」

[2021-04-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領が菅首相と16日に首脳会談を行うと正式に発表した。公式実務訪問賓客として首相を受け入れ、会談はホワイトハウスで、のちに共同記者会見を開くという。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省は、ブリンケン国務長官が訪欧を前に北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長と電話会談を行ったと表明した。ロシアによるウクライナ国境沿いの軍増強をめぐり意見を交換したほか、アフガニスタン和平問題などについて協議したという。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイターは、バイデン米大統領が、ホワイトハウスでの議員らとの会議で、インフラ整備の財源を確保するためガス税の引き上げを検討する可能性があるとの考えを示したと報じている。ABCニュースの記者が会議に出席したペイン下院議員の話しとしてツイッターに投稿したという。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、イランのナタンツの核施設で発生した異常事態について、米国は一切関与していないとする声明を表明した。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ロイターは、米ホワイトハウスの当局者が、バイデン大統領が議員らとの会議でガソリン税を引き上げる可能性に言及したことについて、大幅な税収にはつながらず、インフラ整備計画の財源を確保する手段として望ましくないことを示すのが狙いだったと説明したと報じている。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、メキシコ政府が南部の国境に警備隊1万人を配置し、不法移民の取り締まり数を倍増させたことを明らかにした。米政府は中米からの不法移民の流入を抑えるために近隣国に協力を呼び掛けている。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・オースティン米国防長官は、訪問先のベルリンで記者会見し、ドイツに米兵約500人を今秋にも派遣、駐留米軍を増強すると表明した。トランプ前米政権は昨年、ドイツ駐留の米軍約36000人のうち3分の1の削減を発表したが、バイデン政権は米欧関係重視を再確認し、削減を凍結している。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米保健当局は、米J&Jの新型コロナウイルスワクチンの投与を一時停止するよう勧告した。同ワクチン接種後の副反応として、まれだが深刻な血栓が生じる懸念があることを理由としている。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウス「米国は十分な新型コロナウイルスワクチンを確保している」

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスは、「米国が十分なワクチンを確保している」と発表、ファイザーとモデルナのワクチンだけで3億回分カバーできるとの見通しを示している。

[2021-04-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米食品医薬品局(FDA)「米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの停止は数日程度と予想される」

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ホワイトハウス「イランのウラン濃縮度の引き上げを真剣に受け止める」「イランの挑発的な声明を懸念するが、交渉は継続」

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、米投資ファンドKKRが東芝に対して200億ドルを上回る金額での買収提案を検討している、と報じている。東芝に対してはすでに英CVCキャピタル・パートナーズも買収を提案しており、欧米の投資ファンドによる争奪戦に発展しつつあるようだ。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国務省は、ケリー大統領特使(気候変動問題担当)が14-17日の日程で上海とソウルを訪問すると発表した。バイデン大統領が22-23日に主催するオンラインの気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)に向け、中国と韓国の当局者と協議するという。バイデン政権高官の中国訪問は初めてとなる。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスは、バイデン大統領が、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行ったことを明らかにした。ロシアがウクライナとの国境付近で軍部隊を増強していることに懸念を表明すると同時に、向こう数ヵ月以内に第3国で米露首脳会談を開くことを提案したという。バイデン氏がプーチン氏と電話会談を行うのは、1月の就任以来、2回目のことになる。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・共同通信は、米政府高官が、アフガニスタン駐留米軍について、派兵の契機となった2001年の米中枢同時テロから20年となる9月11日までに完全撤退させると明らかにした、と報じている。米国とアフガンの反政府武装勢力タリバンとの和平合意に盛り込まれた4月末までの撤退期限を先送りするという。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米商務省は、安全保障上のリスクを検証するためにバイデン政権が進めているサプライチェーン見直しの一環として、中国企業1社に召喚状を出したと発表した。企業名は明らかにしていない。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、バイデン米大統領の増税案は、企業利益への打撃となり来年の増益率を押し下げると、ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストらが警告した。過去最高値を付けた米国株相場への逆風になると強調した。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米情報機関は、米国の安全保障に対する世界の脅威についてまとめた年次報告書で、世界の強国を目指す中国の取り組みが最大の脅威だとの認識を示した。同時に、米国の影響力を弱めようとするロシアの試みも主要な脅威だと指摘。イランと北朝鮮についても、米安全保障にとって課題だとしている。

[2021-04-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ペロシ米下院議長は、バイデン大統領に書簡を送り、今月28日の上下両院合同会議で演説を行うよう要請した。ペロシ氏は書簡で「28日の合同会議で演説し、この歴史的な局面における課題や機会に対処するためのビジョンを示していただきたい」と述べている。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領は、米同時多発攻撃から20年を迎える9月11日までにアフガニスタンに残る駐留米軍2500人を完全撤退させると正式表明した。演説で「わたしはアフガンに米軍を駐留させた4人目の大統領だが、この責任を5人目に引き継ぐつもりはない」などと述べている。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、ウィーンで先週始まったイラン核合意をめぐる当事国の協議を通して、米国はイランと間接的な協議を15日に再開すると明らかにした。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国の情報機関のトップは、米安全保障に対する世界的な脅威をめぐる年次報告書に関する議会証言で、中国の地域的な攻撃性やサイバー能力などに言及し、同国が「他に並ぶものがない」優先事項になっているとの認識を示した。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・時事通信によると、サキ米大統領報道官は14日の記者会見で、イラン核合意をめぐるイランとの協議について「間接的な形だが、あす(15日)ウィーンで再開する」と明らかにした。その上で「長期のプロセスになるのは分かっているが、(協議再開は)前向きなサインだ」と述べた。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米上院はゲンスラー氏を米証券取引委員会(SEC)の委員長として就任することを承認した。ゲンスラー氏は米商品先物取引委員会(CFTC)の前委員長。MITスローン経営大学院の教授を務め、2020年11月に金融専門家としてバイデン次期大統領(当時)のチームに参加している。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国は6月14日から新発ロシア国債の購入を、銀行に禁止する措置を決定した。

[2021-04-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米情報機関高官「ロシアのウクライナ国境近くでの軍事行動は力の見せつけであり、米国は真剣に準備しなければならない」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・ホワイトハウス「大統領にとって対面では初の首脳会談となる日米会談はとても重要であり、中国についてが最優先トピックとなる」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「ロシアが米選挙に干渉したと結論付けたことをプーチン露大統領に伝えた」「制裁を厳しくすることもできたがそうしなかっと露大統領に述べた」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン米大統領「もしロシアが米国の民主主義にさらに干渉してきた場合、報復する用意はできている」「ロシアとウクライナの緊張緩和を望む」「ノルドストリーム2は依然として問題視している」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米ホワイトハウスのサキ報道官は、バイデン米大統領と韓国の文大統領が5月後半にワシントンで会談を行うと発表した。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米政府は、ロシアによる昨年の米大統領選への介入やサイバー攻撃など「悪質」な活動に対する報復として、包括的な制裁措置を発動した。米財務省が昨年の大統領選への介入に絡み32団体・個人を制裁対象に指定。さらに、2014年のウクライナ南部クリミア半島編入とそののち抑圧に関与した8団体・個人にも制裁を加えている。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国のウォルターズ欧州軍司令官は参加した委員会で、ロシアが今後数週間にウクライナに侵攻するリスクは「低-中程度」との認識を示した。ロシア軍がウクライナ国境付近で部隊を増強するなか、こうした軍事リスクの評価が示されるのは初めてのことになる。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米政府高官(日米首脳会談について)「新疆ウイグルや香港についても協議予定だが、米国の政策のすべてに同調を求めるつもりはない」「ファーウェイを排除した5G通信網の構築支援を表明」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米政府高官(日米首脳会談について)「日中経済の深いつながりを理解」「台湾をめぐる公式声明を発表する予定」

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・日本経済新聞によると、米国訪問中の菅義偉首相は新型コロナウイルスワクチンの供給を巡り、米製薬大手のファイザーに追加供給を要請する調整に入った。首相が17日、ファイザー幹部と電話協議する。日本が確保するワクチン量を増やす。複数の同行筋が明らかにした。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は16日為替報告書を公表した。その中ではスイスとベトナムを為替操作国から除外した。また中国を監視対象国として維持し、日本に関しては「日本の為替介入は非常に例外的な状況に限られるべきだ」としている。日本は2011年から為替介入を実施していない。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は16日、「スイスとベトナムを為替操作国から除外する」と発表した。

[2021-04-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米財務省は、為替報告書で中国を監視対象国に維持し、透明性向上を求めた。

[2021-04-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米国、新型コロナウィルスワクチン接種が2億回突破。

[2021-04-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン大統領、首相と中国、北朝鮮について協議。

[2021-04-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・バイデン大統領、日本との同盟強化で新たなパートナーシップ構築。

米政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース