米政府関係

米政府関係のイメージ画像

 2019年7月の期間中の米政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ボルトン米大統領補佐官は、米紙NYタイムズが報じた、トランプ政権が北朝鮮の「核凍結」で決着を図る可能性があるとした内容について、「『北の核凍結で決着』させるとの希望など、議論したことも聞いたこともない。大統領を陥れようとする試みだ」と非難した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

米政府関係による2019年7月 発言・ニュース

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ボルトン米大統領補佐官は、米紙NYタイムズが報じた、トランプ政権が北朝鮮の「核凍結」で決着を図る可能性があるとした内容について、「『北の核凍結で決着』させるとの希望など、議論したことも聞いたこともない。大統領を陥れようとする試みだ」と非難した。

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が全株を保有している半導体製造装置メーカー「KOKUSAI ELECTRIC」は、KKRが全株を業界首位の米アプライドマテリアルズに譲渡する契約を結んだと発表した。譲渡額は約2500億円。KOKUSAIは、日立製作所のグループ再編で分離された日立国際電気から独立した専業大手になる。

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスは「米国や同盟国はイランの核開発を決して認めない」とする声明を発表した。「我々はイラン指導部が行動を改めるまで最大の圧力を続ける」と強調し、同国との対決姿勢を改めて鮮明にしている。

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「米国はすでに中国と電話協議を行っている」「米中通商協議はとても良い方向に向かっている」

[2019-07-02][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「FRBによる利下げを望んでいる」「利下げは株式市場を支援する可能性」

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領は、緊急事態のためにニューハンプシャー州でのイベントをキャンセルし、ホワイトハウスに戻ったとの一部報道が伝わっている。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領が、緊急事態のためにホワイトハウスへ戻ったとの一部報道が伝わると、米10年債利回りは1.98%付近まで低下し、ドル円も108円を割り込み、一時107.93円まで下落した。24時43分時点ではドル円の売りは一服し、108.03円近辺で推移している。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米副大統領報道官「ペンス副大統領がワシントンに戻る必要性がある何かが起きた」

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官がインタビューで、米中通商協議は正しい方向に向かっているとしたうえで、妥当な合意に達するには時間を要すると述べたと報じている。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペンス米副大統領が、首都ワシントンから東部ニューハンプシャー州へ専用機で向かう寸前、急きょ出張をキャンセルしたとしたうえで、理由は明らかにされておらず、安全保障上の問題や健康不安、トランプ政権内での新たな人事をめぐる動きではないかと臆測が広がっていると報じている。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省がトランプ大統領の納税記録の開示を拒んでいるのは違法として、下院歳入委員会は2日、ムニューチン財務長官らを相手取り連邦地裁に提訴した。慣例を破って納税記録の公開を拒むトランプ氏と、下院委を主導する野党・民主党の争いは法廷に持ち込まれた。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)は2日、トランプ大統領が表明した中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する制裁緩和に関して「安全保障に影響しないローテク製品」に限って輸出を認めると明らかにした。半導体の販売が可能になるのは、年10億ドル(約1080億円)未満と小規模になるとの見通しを示した。

[2019-07-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クシュナー米大統領上級顧問「トランプ大統領はパレスチナ大統領にとても好意的であり、和平案への取り組みに前向き」

[2019-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「中国と対面での通商協議、来週にも開始」「協議中は現状の関税は撤廃しない」「この夏にもUSMCAは議会に承認される」

[2019-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は記者団に対し、米中通商協議の継続に向け、両国の交渉団トップが数週間中に直接顔合わせすると述べた。

[2019-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国は最高度の厳格さで華為技術への輸出申請を審査へと報じた。

[2019-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米ネットメディア「アクシオス」は、ビーガン北朝鮮担当特別代表が、北朝鮮の非核化をめぐる米朝協議を行うあいだ、北朝鮮に対して核兵器を含む大量破壊兵器計画の「完全な凍結」を求め、見返りに人道支援などを供与する方針を明らかにしたと報じている。板門店で6月30日に行われた米朝首脳会談後、米国に戻る機中で記者団にオフレコで述べたという。

[2019-07-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米中貿易摩擦のさなか、中国の民間輸入業者が先週、初めて米国からコメを購入したと、米国のコメ業界団体が3日発表した。

[2019-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ボルトン米大統領補佐官は、イラン産原油を積みシリアに向かっていたとして英国がタンカーを拿捕したことについて、歓迎する考えを示した。

[2019-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国が昨年の米鉄鋼・アルミ関税を受けてインドが発動した関税について、世界貿易機関(WTO)に不服を申し立てたことが、WTOの提出書類で分かったと報じている。中国やEUなど報復措置を取った国・地域に対しても同様の不服を申し立てている。

[2019-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国防総省当局者は、中国が南シナ海で弾道ミサイルの発射実験を実施し、南シナ海の洋上に着弾したと明らかにした。同海域で中国のミサイル実験が確認されるのは初めてとみられている。

[2019-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「引き続きFRBには利下げを要求」

[2019-07-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)「中国との通商協議は時間がかかるだろう」

[2019-07-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン米財務長官が中国の劉副首相と電話で話をしており、さらなる協議がなされると語ったと報じている。ただ、詳細には触れていない。

[2019-07-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国務省は、ビーガン北朝鮮担当特別代表が朝鮮半島の非核化をめぐる協議に向け欧州を訪問すると発表した。ビーガン特別代表は8-9日にブリュッセルを訪問、その後ベルリンに向かい11日まで欧州当局者や韓国の李度勲朝鮮半島平和交渉本部長らと会談する予定だという。国務省は、この会合は「最終的かつ完全に検証された非核化達成に向けたわれわれの共通の取り組みを前進させることになる」と説明している。

[2019-07-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ポンペオ米国務長官は、イランが核合意で定められた濃縮度の上限を超えるウラン濃縮の作業に着手したことを受け、「より一層の孤立と制裁を招くだろう」とツイッターに投稿し、制裁強化の方針を表明した。

[2019-07-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ダロック駐米英大使がトランプ米大統領を「無能」などと酷評する外交公電やメモを本国に送っていたと伝えた。そのうえで、トランプ政権が「大失敗し、不名誉な形で終わる」可能性があると警告していたという。

[2019-07-08][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が、経済は力強く、直近の雇用統計も堅調だったものの、金融当局は政策金利を引き下げるべきだとの見解を示したと報じている。

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「FRBは雇用指標ではなく、物価指標をみるべき」「物価の安定とドルの安定がFRBの目的とすべきもの」

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・コンウェイ米大統領上級顧問「ムニューチン米財務長官とライトハイザーUSTR(米通商代表部)代表はまもなく中国へと向かう可能性」

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー国家経済会議(NEC)委員長「パウエル議長を更迭しようとする動きはない」「パウエルFRB議長解任の試みはない、議長職は安泰」

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー国家経済会議(NEC)委員長「ドルは安定し信頼できる通貨であるべき」「トランプ米大統領は他の通貨が弱くなり過ぎていることを懸念」

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米NEC委員長の口を借りた形で、トランプ米大統領が間接的な「口先介入」。ドル高に歯止めをかけるべく発言が聞かれたものの、為替市場の反応は鈍くいまひとつ。ただ、相手がトランプ氏であるだけに、本気であればこれだけで果たして終わるかどうかは未知数だ。効果が乏しいとなると、さらに過激な発言にでる可能性も取り沙汰されていた。

[2019-07-09][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米中が通商協議を続けるなかでも、中国は米国からの農産品輸入を進めるとの見通しを示した。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省は3年債入札を実施。最高落札利回りは1.857%、応札倍率は2.39倍。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドローNEC委員長「中国はまだ米国産農産物の購入拡大を開始していない」「市場はFRBが昨年の利上げを戻すべきこと示している」

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国務省のオルタガス報道官は、スティルウェル国務次官補が11-14日の日程で就任後初めて東京を訪れ、日本政府高官らと会談すると発表した。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、中国の劉副首相と電話で協議した。米中首脳が6月29日に会談し「対話の再開」で合意して以降初めてのこと。また、米側からムニューシン財務長官、中国側から鍾商務相も参加したという。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、トランプ米大統領がFRBの理事に指名する意向のシェルトン氏とウォラー氏について、失業率とインフレ率が逆相関の関係にあるというフィリップス曲線の考え方に異議を唱えていくと述べた。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は記者団に対し、農産品をめぐる欧米通商協議の行き詰まり打開に向け双方の当局者が議論していると述べた。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国務省のオルタガス報道官は9日の記者会見で、スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が11~14日の日程で就任後初めて東京を訪れると発表した。外務、防衛両省や国家安全保障会議(NSC)の高官らとインド・太平洋地域の諸課題について意見を交わす。その後、韓国などを歴訪する。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米共和党のマコネル上院院内総務は9日、米議会が新たな連邦債務上限を承認する時期について発言を控えたが、デフォルト(債務不履行)の可能性はないとの見方を示した。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ロス米商務長官は、中国通信機器最大手のファーウェイについて、商務省が実施している輸出禁止措置の対象リストに残す方針を表明した。一方、トランプ大統領が先月下旬の米中首脳会談で制裁緩和に言及したことを受け、ファーウェイと米国企業との取引を「国家安全保障上の脅威がない場合」に限って認めると述べている。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米中両政府が5月から止まっていた貿易協議を再開した。6月29日の首脳会談を受けて仕切り直した形だが、発動済みの追加関税の扱いなどを巡る溝は深いままだ。トランプ米大統領が表明した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の制裁緩和も詳細が依然として不透明だ。交渉は長期化する恐れがぬぐえない。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相、鍾山商務相が9日、電話で協議した。米政府高官は「貿易を巡る残された争点について解決するため交渉を続ける」と述べた。対面での協議の日程にもふれなかった。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・パット・トゥーミー共和党上院議員(CNBCのインタビューに対して)「パウエル氏のFRB議長継続を支持する」

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米防衛当局者からの情報として、「イラン籍とみられる船舶5隻が10日、ホルムズ海峡で英石油タンカーに接近」、「イラン船舶はタンカーに停止要請したが、英軍艦の警告受け撤退」などと報じた。

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・在韓米軍司令部は、刊行した「在韓米軍2019戦略ダイジェスト」で、北朝鮮が2017年11月に試験発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15」について、在韓米軍が米国本土の全域を攻撃する能力を備えているとの公式見解を初めて示した。

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国は北朝鮮の核兵器計画凍結に伴う制裁緩和を検討しているという。

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は11日、就任後初めて日本を訪問し、日米の安全保障協力を念頭に「同盟をアジア太平洋の平和と安全、繁栄の礎石として強化することを期待している」と述べた。成田空港に到着後、記者団に語った。今回の来日で、イランや北朝鮮情勢を巡っても日本政府高官と協議する考えを示した。

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・クドローNEC委員長「FRBは利下げするように見える」

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米財務省によると、30年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが2.644%、応札倍率(カバー)が2.13倍となった。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国務省のオルタガス報道官は記者会見で、日本政府による韓国への輸出規制強化に関し、「我々は日米韓3ヵ国の関係を強化するために、公式または非公式にできるすべてを行う」と述べた。そのうえで「日米関係、米韓関係はともに非常に重要だ」とも指摘している。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米中通商協議は継続しているとし、米政府は中国が間もなく米国の農産品を輸入し始めると予想していると述べた。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米国務省のオルタガス報道官は記者会見で、「中東ホルムズ海峡付近でイラン革命防衛隊が英国のタンカーの進行を不当に妨害しようとしたとされることを非難する」と述べた。「イランによる国際法違反を防いで海上の安全やグローバルな取引にさらなる悪影響が出ないよう同盟国と協力していく」と強調している。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米当局が、国外退去の対象となっている少なくとも2000世帯の不法移民の検挙を14日に開始する見通し、と報じている。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米議会下院の司法委員会は、トランプ大統領の娘婿クシュナー上級顧問やケリー前大統領首席補佐官ら12人に議会証言や資料提出を求める権限を司法委員長に付与する決議案を可決した。2016年の大統領選にロシア政府が介入した疑惑の捜査をトランプ氏が妨害した疑いについて聴取する。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペロシ米下院議長は、下院本会議でバー司法長官とロス商務長官の議会侮辱罪を問う採決を来週に実施すると述べた。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米政府がいったん表明していたイランのザリフ外相に対する制裁指定を当面見送ることを決めた、と報じている。ポンペオ国務長官が反対したという。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・ペロシ米下院議長が、8月の議会休会に入る前に、債務上限引き上げと新年度予算に関する合意を目指していると記者団に語ったと報じている。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米調査機関デカルト・データマインがまとめた6月の中国発米国向け海上コンテナ輸送量は81万6513個(20フィートコンテナ換算)で前年同月に比べ10.9%減った。減少は5カ月連続。一方、ベトナム発は8万8081個で同38.4%増えた。米中貿易摩擦で輸出拠点が中国から東南アジアに移っているとみられる。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・米ホワイトハウスのナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)は12日、米中通商協議は現在は「静かな段階」に入っていると述べた。

[2019-07-12][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
・アコスタ米労働長官は辞任を表明したと、複数で報道されている。なお実際の辞任日は1週間後になるもよう。

米政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース