ブラジル中央銀行関係の発言・ニュース

ブラジル中央銀行rロゴ

 ブラジル中央銀行の関係者による発言・コメントや、相場に影響を与える可能性の高いと考えられるブラジル中央銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においては、複数のブラジル中央銀行の関係者による発言や関連したニュースからHDP・RHDPを算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、ブラジルの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は19日、政策金利を6.50%に据え置くことを決定した。据え置きは市場の予想通り。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のブラジル中央銀行関係の発言・ニュース

[2018-09-20][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は19日、政策金利を6.50%に据え置くことを決定した。据え置きは市場の予想通り。

[2018-08-02][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は、政策金利を現行の6.50%に据え置く事を決定した。

[2018-06-21][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は20日、政策金利を現行の6.50%に据え置くことを決めたと発表した。市場予想通りの結果となった。

[2018-06-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中央銀行のゴールドファイン総裁は7日「金利為替市場に介入へ」「他の政策手段を活用する可能性がある」などの見解を示した。
・ブラジル中銀のゴールドファイン総裁は、中銀と財務省は必要に応じて為替金利市場に流動性を供給すると表明した。会見で、来週末までに通貨スワップを通じて最大200億ドルを供給する方針を明らかにしたほか、外貨準備を用いて為替市場に介入する可能性を排除しない姿勢を示している。

[2018-05-17][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は16日、政策金利を現行の6.50%に据え置くことを決めたと発表した。なお、市場予想は6.25%への引き下げだった。

[2018-03-22][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は21日、政策金利を現行の6.75%から6.50%に引き下げることを決めたと発表した。市場予想通りの結果となった。
・ブラジル中銀は22日、政策金利を現行の6.75%から過去最低の6.50%に引き下げることを決めたと発表。声明では「現状の基本シナリオを鑑みて今回の利下げを決定した」「現時点で次回会合においてはさらなる緩やかな金融緩和が妥当である」との見解を示した。前回会合で利下げ打ち止めを示唆し、一部市場では今回の利下げが最後になるのではとの見方も出ていただけに、今回の発表は次回利下げ打ち止めの可能性を大きく後退させるものとなっている。なお、「インフレ目標達成の遅れに対するリスク軽減が必要ないと判明すれば、緩和中断支持に変更する可能性」とし、利下げ打ち止めの意志は依然として持っている姿勢も示した。

[2018-02-08][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は、政策金利を0.25%引き下げ6.75%にする事を決定した。

[2017-12-07][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は6日、政策金利を現行の7.50%から7.00%に引き下げることを発表。利下げは10会合連続で1999年に現行のインフレ目標を重視した金融政策を採用して以来、最低水準となった。ただ、徐々に緩和ペースを緩やかにするという中銀の方針通り前回の0.75%の引き下げから引き下げ幅を縮めた。声明ではインフレの現状判断については「満足のいく水準もしくは低い水準」とやや前回から弱めの表現に変更した。金融政策については「必要ならば緩和ペースのさらなる縮小を行う」と述べたうえで、「今回の緩和縮小についてのガイダンスが前回会合よりもリスクバランスや基本的なシナリオの変化に影響を与えている」と今後の金融政策の決定について慎重な姿勢を示した。

[2017-10-26][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀「政策金利を0.75%引き下げ7.50%にする事を決定した」
・ブラジル中銀は25日、政策金利を現行の8.25%から7.50%に引き下げることを決めたと発表。前回会合で「次回会合で緩和ペースを縮小させることが妥当」と表明していた通り、4会合連続で続いていた1.00%の引き下げから0.75%へ引き下げ幅を縮小した。また、インフレの現状判断については前回の「低水準」から「満足のいく水準」に上方修正したほか、政策金利見通しについては2017年末から2018年にかけて7.00%まで低下すると維持した一方で、「2019年中には8.00%まで上昇する」との新たな文言を盛り込んだ。今後の経済活動やリスクバランス、インフレ見通しや期待次第としながらも引き続き緩和ペースを緩やかに縮小していくことが妥当である姿勢を示した。

[2017-09-13][NP     HDP +0.6 CHDP +0.1 RHDP +1.1 CRHDP +0.0]
・ブラジル中銀は、今月6日に開いた政策会合の議事要旨を公表した。そのなかで、市場との意思疎通を促進し、同国経済に関するさらなるデータを得るために、今後数ヵ月で金利引き下げを段階的に終了していく姿勢を示している。

(最終更新日時 2018-09-24 19:24)

ブラジル中央銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

ブラジル中央銀行関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース