カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   -0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-19][NP-2.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「現在の金融政策のスタンスは引き続き適切と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「2017年、18年の実質GDP見通しを2.1%と予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「世界的な見通しについての不確実性は、特に米国の政策に関して減少していない」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「カナダドルは米ドルとともに他の通貨に対して強まっており、競争力の継続的な課題を悪化させ、輸出見通しを鈍らせている」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「CPIは主に食料品価格の低下により10月時点の予想より低かった」「コアインフレは2%を下回っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2017-07-12][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「理事会は現在の見通しが金融緩和政策の一部解除を正当化すると判断」「将来的な金利の調整は不確実性と金融システムの脆弱性が継続していることを念頭にインフレ見通し次第」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「最近のデータは潜在成長率を上回る見通しに対する中銀の自信を高める」「インフレの軟化は一時的と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「インフレは2018年半ばに2%に近づくと予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「2017年のGDP見通しを2.6%から2.8%に上方修正。2018年のGDP見通しを1.9%から2.0%に上方修正した」

[2017-06-13][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.2]
・ウィルキンス・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁「BOCは緩和策縮小の必要性について査定する」

[2017-05-24][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「現在の金融政策は現時点では適切と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「インフレは4月時点の見通しと概ね一致」「小売価格の影響で一時的にインフレが低く抑えらえている」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「カナダ経済は石油価格の下落による調整をほぼ終えた」「経済指標は1-3月期の非常に力強い成長が4-6月期にはいくぶん緩和されることを示している」

[2017-04-12][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「現在の金融政策のスタンスは引き続き適切と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「2017年のGDP見通しを2.1%から2.6%に上方修正。2018年のGDP見通しを2.1%から1.9%に下方修正した」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「CPIインフレ率は現在2%の目標を上回っている」「CPI率は一時的な要因が解消されるにつれて数カ月後には低下し、2%に戻ると予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「今年の残りの期間と2018、2019年のカナダの成長は穏やかなものになると予想されるが、潜在成長率は上回る」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「世界経済の成長は1月時点よりも強まっているものの、見通しについては依然としてかなりの不確実性がある」

[2017-03-02][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「見通しに関して著しい不確実性が重しとなる影響を注視」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「最近の消費と住宅指標は予想よりも成長したことを示唆」「輸出は困難な競争に直面している」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「カナダドルと債券利回りは1月当時の水準を維持」

[2017-01-19][NP-2.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「現在の金融政策のスタンスは引き続き適切と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「2017年、18年の実質GDP見通しを2.1%と予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「世界的な見通しについての不確実性は、特に米国の政策に関して減少していない」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「カナダドルは米ドルとともに他の通貨に対して強まっており、競争力の継続的な課題を悪化させ、輸出見通しを鈍らせている」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「CPIは主に食料品価格の低下により10月時点の予想より低かった」「コアインフレは2%を下回っている」

[2016-12-08][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「現在の金融政策のスタンスは引き続き適切と判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「世界経済の状況は強まっているものの、不確実性は引き続き減少していない」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「CPIは最近数カ月で上昇しているが、主に食料品価格の低下により予想をやや下回った」「持続的な景気後退の影響がこれまでの為替レートの下落により依然として相殺されているため、コアインフレは2%に近づいている」

[2016-10-24][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.2]
・カナダ銀行(BOC)は24日、インフレ目標を5年間で2%に再設定することで合意したと発表した。

[2016-10-19][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP -0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「カナダ経済は2016年後半には潜在的な水準以上の速度で成長すると期待」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「2016年のGDP見通しを1.3%から1.1%へ、2017年のGDP見通しを2.2%から2.0%へそれぞれ下方修正した」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「不確実性が高まっているにもかかわらず、インフレ見通しを巡るリスクは概ねバランスが取れているとみている」「現在の金融政策のスタンスは適切な範囲内にあると判断」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「これまでの為替レートの下落や過剰生産能力が相殺されるなかでコアインフレ指標は2%に近いまま」「ガソリンや食料品などの一時的な価格下落のため総合的なインフレは若干予想を下回っている」

[2016-10-07][NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.0]
・ウィルキンスBOC上級副総裁「インフレリスクは多少下方向に傾いている」

(最終更新日時 2017-07-13 01:31)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース