カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-29][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP +0.2]
・カナダ中銀(BOC)は29日、4-6月期の企業業況感に関する四半期調査「インフレ期待は依然としてレンジ内ではあるものの、再び上昇した」「企業景況感指数は過去最高に近い水準まで上昇した」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2018-07-12][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP +0.2]
・ウィルキンスBOC副総裁「賃金の伸び率は予想より鈍い」
・ウィリアムズSF連銀総裁「移民は米国の成長、革新にとって重要」

[2018-07-11][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「インフレ目標に近づくため利上げは正当化される」「データに基づいて段階的なアプローチを取ると予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「7月予測には最近米国が課した鉄鋼・アルミ関税の影響が含まれる」「一部の産業とその労働者には困難な調整が行われる」「カナダ成長とインフレに対するこれらの措置の影響は控えめと予想」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「CPIと中銀のコアインフレ指標は2%付近にとどまるだろう」「CPIインフレ率は約2.5%までさらに上昇し、2019年後半までに2%まで落ち着くと予想」
・カナダ中銀は経済予測調査を公表、2018年成長率予測は2.0%、2019年は2.2%、2020年は1.9%となっている。

[2018-06-29][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP +0.2]
・カナダ中銀(BOC)は29日、4-6月期の企業業況感に関する四半期調査「インフレ期待は依然としてレンジ内ではあるものの、再び上昇した」「企業景況感指数は過去最高に近い水準まで上昇した」

[2018-06-14][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ中銀は、ルデュック副総裁が7月下旬に退任すると発表した。ルデュック氏は2016年5月に副総裁に指名されており、退任後は米サンフランシスコ連銀に移るという。

[2018-06-08][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ中銀のポロズ総裁は記者会見で、通商をめぐる先行き不透明性について、4月の時点と比べるとリスクが増大しているように感じられるとし、来月に中銀が公表する最新の経済見通しに米国が導入した鉄鋼とアルミニウムの輸入関税の影響が反映されるとの見方を示した。

[2018-05-30][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「4月以降の動きはインフレを目標近く維持するため、利上げが正当化されるとの理事会の見解をさらに強化する」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「加インフレ率は2%に近づいており、最近のガソリン価格の上昇を背景に4月予測よりも短期的にはやや高くなるだろう」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「世界的な経済活動は4月予測より概ね順調」「最近のデータでは、米経済見通しは上方修正される」

[2018-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・シェンブリ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁「NAFTAに対する不透明感を理由に金利は中立を下回っている」
・カナダ中銀のシェンブリ副総裁は、米国の通商政策に関する懸念が企業投資の抑制につながっているとし、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐる先行き不透明性が、カナダ中銀が金利を低水準に維持していることの理由のひとつになっているとの考えを示した。

[2018-05-07][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ銀行(中央銀行)のレーン副総裁は7日、世界経済の成長には、中銀による刺激策終了への対処法を見いださなければならないとの見方を示した。ポルトガルのカスカイスで開催されているホラシス会議で述べた。

[2018-04-18][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「いくぶんの金融政策の調整はインフレを目標に維持するため必要になるだろう」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「強い労働所得によって消費の伸びは堅調」「競争上の課題や貿易政策の不確実性のため、輸出と投資の両方が抑制されている」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「インフレに影響を与えていた一時的な要因が消滅したため、加インフレ率は2%に近づいている」
・カナダ銀行(カナダ中央銀行)声明「今後の政策調整に関して引き続き慎重を期する」

[2018-03-09][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.0 CRHDP +0.0]
・カナダ中銀のレーン副総裁は講演で、トランプ米政権による鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限の発動、および保護主義的な言動は「深刻な結果をもたらす可能性」があり、企業投資が損なわれる恐れがあるとの考えを示した。ただ、金融政策運営でどのように反応するか判断するのは時期尚早となるとの立場も示している。

(最終更新日時 2018-07-13 17:22)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース