欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2017年5月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-11][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)月報「非常に強力な金融緩和が必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2017年5月 発言・ニュース

[2017-05-11][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)月報「非常に強力な金融緩和が必要」

[2017-05-18][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁「データに前向きな改善が見られればECBは今年以降QEを続けるべきではない」

[2017-05-18][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・バシリアウスカス・リトアニア中銀総裁「インフレが回復軌道に乗ったと経済データから確認できれば、超緩和政策を続けるという現在の方針を見直すべき」

[2017-05-18][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨「6月のインフレ見通し引き下げの可能性を排除出来ない」「状況が進展すればガイダンスを見直すべき」

[2017-05-19][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・ECBが公表した4月27日開催の理事会の議事要旨によると、市場の過度な混乱を回避するため、コミュニケーションの微妙な変更は極めて慎重に行うべきとの認識を当局者が示していたことが分かったと報じている。

[2017-05-19][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、インフレ率が目標である2%近くで安定すれば、雇用支援のために景気を過熱させるリスクをとることはできないとの見解を示した。同理事は「インフレの道筋が自律的になったが、長期の失業水準は依然高水準の場合の政策スタンスは明らかだ。労働市場リスクへの保険として、金融政策で景気を過熱させることはできない」と述べた。ユーロ圏で高い失業水準が長らく続いていることが、構造的失業を増加させた証拠はない、との見方も示した。

[2017-05-24][NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は24日、ユーロ圏の住宅市場は過熱状態にはないものの、特に主要都市周辺で価格が上昇している地域があり、注意が必要だとの認識を示した。副総裁は、こうした価格上昇が他の地域にも波及する可能性があるため、注意深く監視する必要があると指摘した。

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース