エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-30][NP+4.8 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシートの年内縮小開始を支持」「追加利上げは必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-03-03][NP+5.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシート縮小の前に金利をもう少し上昇させたい」「FRBは雇用とインフレという2大目標を達成しつつある」

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2017-03-31][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気拡大を支援する基調的なファンダメンタルズは健全」「経済情勢が予想通りに展開すれば、FF金利の引き上げを通した緩和策の一段の解消が必要になると考えている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内にFRBのバランスシートをめぐる再投資計画を変更することにも異議はない」

[2017-03-30][NP+4.8 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.2 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシートの年内縮小開始を支持」「追加利上げは必要」

[2017-03-22][NP+4.6 HDP +2.5 CHDP +0.1 RHDP +3.0 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「3月利上げ支持した、一段の利上げ必要になるだろう」「今年のバランスシート再投資の変更を支持」「毎回のFOMCでの利上げを見込んでいないが、今年1回以上の利上げはあるだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今後1年間の成長は2%トレンドを若干上回ると予想」「失業率は向こう2年間5%下回ると予想」「金利上昇が景気拡大長期化させ、不均衡回避」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米利上げは年1回を上回る」「金利上昇が景気拡大を長期化させ、不均衡を回避させる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「積極的にバランスシートを縮小することはない」

[2017-03-03][NP+5.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシート縮小の前に金利をもう少し上昇させたい」「FRBは雇用とインフレという2大目標を達成しつつある」

[2017-02-22][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今後の金利上昇に満足するだろう」「利上げで過度に長期間待ちたくない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「GDP伸び率はトレンドを若干上回る」「失業率が低下すると予想」「財政政策に関しては依然不確実性」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現在の環境ではわれわれの予想はより変更される公算」「我々は総需要加速のために財政支出必要とせず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済見通し変われば、政策経路変更の必要」「我々の仕事は政策を中期見通しに基づかせること」

[2017-02-20][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBの政策の微調整は経済の不安定につながる公算」「米国経済は健全な状態にある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDの独立性制限すれば米国にとって損失」「FRBの独立性を制限すれば米国にとって損失」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国経済は健全な状態に」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「長期的な金利上昇に満足」「石油価格とドルの影響は過ぎ去った」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBの政策は労働市場支援をこれ以上できず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBの誰も非常に急速な利上げを考えてない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「われわれは金利で後手に回っていない」「石油価格とドルの影響は過ぎ去った」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「長期的な金利上昇に満足」「FRBの政策は労働市場支援をこれ以上できず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「目標に関して現状に満足」「FRBの誰も非常に急速な利上げを考えていない」

[2017-02-11][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国は財政政策において不確実性が増している」「緩やかな利上げを続けるべき」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げ軌道継続をあらためて支持」「利上げでまだ出遅れていない」「財政政策めぐり米国では不透明感深まる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは利上げで出遅れていない」

[2017-01-06][NP+3.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の利上げ、3回は妥当な数字」「自分の12月予測には財政刺激を多少考慮」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは大きなリスクではない」「FOMCのインフレ目標は、今後2年で達成する」
・メスター・クリーブランド連銀総裁 「12月雇用統計は妥当な結果」

[2016-12-01][NP+3.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利の再引き上げ、堅実な措置」「FOMCはまだ出遅れていないと思う」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「追加利上げは堅実な措置」「金利の小幅引き上げは適切と考える」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを待つことは景気後退リスクになる可能性も」「FRBは後手に回っていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは2%に向かっている」「最終的にFF金利は3%へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ期待は比較的安定」

[2016-11-17][NP-1.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今利上げを行うことが適切」「来年にかけて徐々に引き締めを行う見込み」「米大統領選挙や最近の市場動向をもとに政策の見通しを調整しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今、利上げすることが適切」「利上げの道のりは財政政策次第」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「トランプ次期政権の移民、貿易に関する方針が経済のリスクとなる可能性も」「金融政策はまだ、後手に回っていないが景気の過熱を警告」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは米大統領選挙の結果に過剰に反応するべきでない」「市場の日々の動きは特に問題はないと見ており、政策スタンスを変更しようとは思わない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「財政政策に何らかの変更があるとの観測が台頭した可能性があるが、こうした政策が実施されるタイミングのほか、どのような形式の政策なのか、移民、税制、インフラ投資、通商政策に関するものなのか、我々はまだ把握していない」

(最終更新日時 2017-04-01 00:17)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース