エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-02-13][NP+4.2 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年と来年はさらなる利上げが必要」「今後1-2年でインフレは徐々に2%に上昇する」「最近の市場動向はリスク姿勢を阻害しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「市場の混乱が自分の経済見通しを変えることはない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げの道筋はなお適切」「インフレに上向きの動き見られる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-01-08][NP+4.8 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁がインタビューで、米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまるなか、今年は約4回の利上げを想定しているとの見解を示した、と報じている。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2018-03-27][NP+4.6 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げ継続が適切」「インフレ率は今後1、2年で2%に加速」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年と来年の成長率が2.5%を若干上回ると予想」「関税で不確実性増大、見通しを変更する理由まだなし」
・米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は26日、最近みられる債券イールドカーブ(利回り曲線)のフラット化は米経済が鈍化する可能性を示唆するものではないとの見解を示した。

[2018-02-24][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「欧州のマイナス金利は予想以上にうまく機能した」

[2018-02-24][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米労働市場は強い」「インフレは2%に向けて上昇すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は通常の状態に戻っており、FEDの政策も通常に戻る」「インフレは2%に向けて上昇すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の後半に現行の金融政策のフレームワークの見直しに着手」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「欧州のマイナス金利は予想以上にうまく機能した」

[2018-02-13][NP+4.2 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年と来年はさらなる利上げが必要」「今後1-2年でインフレは徐々に2%に上昇する」「最近の市場動向はリスク姿勢を阻害しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「市場の混乱が自分の経済見通しを変えることはない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げの道筋はなお適切」「インフレに上向きの動き見られる」

[2018-01-19][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「減税で成長押し上げなければ米財政赤字拡大へ」「インフレは今後1-2年で2%に上昇へ」「18、19の各年とも昨年と同様のペースの利上げ支持」

[2018-01-18][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは情報発信で大幅な前進、さらに進展必要」「米経済は平常に戻る、政策正常化しつつある」「FOMC声明は短期データへの重点減らすべきだ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2018年の緩やかな利上げが適切」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米財政政策に伴う上振れリスクがある」

[2018-01-08][NP+4.8 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁がインタビューで、米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまるなか、今年は約4回の利上げを想定しているとの見解を示した、と報じている。

[2018-01-06][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2%のインフレ目標の引き上げを含めた手段がある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済の拡大はしっかりとしており、労働市場は強い」「インフレは次の数年で2%に上昇」

[2017-12-01][NP+1.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「税制改革案は米成長に大きな影響を与えない公算が大きい」「金利を徐々に引き上げることが妥当」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は予防的である必要」「推計では短期的な中立金利はゼロ近辺」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「12月の利上げの論拠が強まっているとの見方に同意」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「3%のGDP伸び率は達成難しい」「米金融当局はやり方の再考に常にオープン」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「高水準の資産価格は金融当局として心配が必要」「株価や資産価格の上昇は、差し迫ったリスクとは考えず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利回り曲線の平たん化を懸念していない」「穏やかな利上げに伴って長期金利は上昇するだろう」

[2017-11-17][NP+3.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ目標を比較的早期に再考することは良い考え」「インフレ率は来年の4-6月期以降に2%へ到達するだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金の伸びがいくらか加速」

(最終更新日時 2018-03-28 21:02)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース