エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-09-08][NP+4.6 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは2%を下回った状態が幾分長期化する可能性」「もし、インフレ期待が低下したら、低インフレは問題に」「さらに緩やかな利上げが必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「近い将来にバランスシートの縮小を始めることを支持」「向こう1、2年でインフレは緩やかに上昇へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「企業の楽観的見方は政治的な不透明感により、抑制されている」「最近の低インフレは特別要因が影響している」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「一段と緩やかなペースでの利上げが必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ハリケーン・ハービーの影響を判断するのは時期尚早」「生産性が回復するまで、賃金の強い伸びは見られない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内の追加利上げは違和感ない」「3月まで待つのは緩やかではない」「私はイエレンFRB議長の強力な支持者」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-01-08][NP+4.8 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁がインタビューで、米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまるなか、今年は約4回の利上げを想定しているとの見解を示した、と報じている。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2018-01-19][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「減税で成長押し上げなければ米財政赤字拡大へ」「インフレは今後1-2年で2%に上昇へ」「18、19の各年とも昨年と同様のペースの利上げ支持」

[2018-01-08][NP+4.8 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁がインタビューで、米経済成長が加速し、失業率が低水準にとどまるなか、今年は約4回の利上げを想定しているとの見解を示した、と報じている。

[2018-01-06][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2%のインフレ目標の引き上げを含めた手段がある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済の拡大はしっかりとしており、労働市場は強い」「インフレは次の数年で2%に上昇」

[2017-12-01][NP+1.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「税制改革案は米成長に大きな影響を与えない公算が大きい」「金利を徐々に引き上げることが妥当」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は予防的である必要」「推計では短期的な中立金利はゼロ近辺」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「12月の利上げの論拠が強まっているとの見方に同意」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「3%のGDP伸び率は達成難しい」「米金融当局はやり方の再考に常にオープン」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「高水準の資産価格は金融当局として心配が必要」「株価や資産価格の上昇は、差し迫ったリスクとは考えず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利回り曲線の平たん化を懸念していない」「穏やかな利上げに伴って長期金利は上昇するだろう」

[2017-11-17][NP+3.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ目標を比較的早期に再考することは良い考え」「インフレ率は来年の4-6月期以降に2%へ到達するだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金の伸びがいくらか加速」

[2017-10-21][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁はこの日の講演で、経済見通しについて言及しなかった。
・メスター・クリーブランド連銀総裁「自身の予測では政策金利は上振れ軌道が必要」「失業率は以前低く、おそらくもう少し下がる」

[2017-09-08][NP+4.6 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは2%を下回った状態が幾分長期化する可能性」「もし、インフレ期待が低下したら、低インフレは問題に」「さらに緩やかな利上げが必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「近い将来にバランスシートの縮小を始めることを支持」「向こう1、2年でインフレは緩やかに上昇へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「企業の楽観的見方は政治的な不透明感により、抑制されている」「最近の低インフレは特別要因が影響している」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「一段と緩やかなペースでの利上げが必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ハリケーン・ハービーの影響を判断するのは時期尚早」「生産性が回復するまで、賃金の強い伸びは見られない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内の追加利上げは違和感ない」「3月まで待つのは緩やかではない」「私はイエレンFRB議長の強力な支持者」

[2017-08-25][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「株価を過度に懸念していない」

[2017-08-17][NP+4.6 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを遅らせる必要がある状況ではない」
・米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は16日、米国のインフレ率がこのところ軟調となっているものの、米経済は安定成長と賃金上昇に向けた軌道に引き続き乗っているため、連邦準備理事会(FRB)は追加利上げを遅延する必要があるとは考えていないとの立場を示した。メスター総裁はロイターのインタビューに対し、利上げとバランスシートの縮小を通して「緩和措置の一部を取り戻し始める必要があると今も考えている」と述べた。

[2017-08-03][NP+3.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「漸進的な緩和解除は依然として必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「自然失業率の推計値引き下げ、インフレ抑制考慮」「雇用者増、現行ペースから若干減速の可能性高い」「漸進的な緩和解除、なお必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「過熱を回避させるため、年3回の利上げは妥当」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレの弱さは、特別要因が影響、全般的な下方基調を示すものではない」「経済成長が2%を上回れば、追加利上げ、資産の再投資停止を開始する」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシート縮小、極めて漸進的に進む見通し」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「株式市場は企業利益と低金利を部分的に反映」「インフレ指標を綿密に精査する」

(最終更新日時 2018-01-20 00:13)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース