国際通貨基金(IMF)

国際通貨基金(IMF)のイメージ画像

 2018年6月の期間中の国際通貨基金(IMF)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・アルゼンチンはIMFと3年間のスタンドバイ融資で合意した。スタッフレベル合意は期間3年、500億ドルのスタンドバイ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)による2018年6月 発言・ニュース

[2018-06-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・アルゼンチンはIMFと3年間のスタンドバイ融資で合意した。スタッフレベル合意は期間3年、500億ドルのスタンドバイ。

[2018-06-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・アルゼンチンと国際通貨基金(IMF)が500億ドルの融資枠設定で合意したことを受け、8日朝の取引で同国債券が急伸した。一方、中銀が数週間に及ぶ自国通貨防衛策をやめるとの受け止めから、アルゼンチンペソは0.46%下落して1ドル=25.10ペソで寄り付いた。

[2018-06-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、アルゼンチンのマクリ大統領と会談し、マクリ政権の経済改革を支持する考えを表明した。専務理事は声明で、改革が「短期的にアルゼンチン経済を強化するとともに、将来的には成長を高め、雇用拡大を後押しする」と強調している。

[2018-06-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、カナダで先週末に開催されたG7サミットで通商政策をめぐり米国と6ヵ国の意見が対立したことを受け、世界経済に暗雲が立ち込めていると懸念を示した。

[2018-06-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャへの関与を今後も続けるとの姿勢を示したうえで、具体的な関与の形については、6月21日のユーロ圏財務相会合でより明確になる、と指摘した。

[2018-06-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、米国経済に関する年次審査報告を発表した。そのなかで、トランプ大統領が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限は「世界をルールに基づく自由で公正な貿易制度から遠ざける」と批判している。

国際通貨基金(IMF)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース