ロレッタ・メスターの発言・ニュース

ロレッタ・メスター

 ロレッタ・J・メスターは、アメリカの銀行家で、クリーブランド連銀総裁として2014年6月1日より就任している。

 クリーブランド総裁以前は、フィラデルフィア地区連銀においてフィラデルフィア地区連銀副総裁兼リサーチ部門ディレクターを歴任しています。

 また、彼女は銀行と経済問題の専門家で、「大きくて潰せない」と言う米銀行問題について、銀行のサイズは経済活動の大きさにより変わるものであり、大小銀行にはそれぞれのリスクがあるため、「大きな銀行=危険(分割する)」と言う事にならないと主張している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-12-01][NP+3.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利の再引き上げ、堅実な措置」「FOMCはまだ出遅れていないと思う」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「追加利上げは堅実な措置」「金利の小幅引き上げは適切と考える」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを待つことは景気後退リスクになる可能性も」「FRBは後手に回っていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは2%に向かっている」「最終的にFF金利は3%へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ期待は比較的安定」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロレッタ・メスターの発言・ニュース

[2017-01-06][NP+3.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の利上げ、3回は妥当な数字」「自分の12月予測には財政刺激を多少考慮」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは大きなリスクではない」「FOMCのインフレ目標は、今後2年で達成する」
・メスター・クリーブランド連銀総裁 「12月雇用統計は妥当な結果」

[2016-12-01][NP+3.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利の再引き上げ、堅実な措置」「FOMCはまだ出遅れていないと思う」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「追加利上げは堅実な措置」「金利の小幅引き上げは適切と考える」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを待つことは景気後退リスクになる可能性も」「FRBは後手に回っていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは2%に向かっている」「最終的にFF金利は3%へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ期待は比較的安定」

[2016-11-17][NP-1.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今利上げを行うことが適切」「来年にかけて徐々に引き締めを行う見込み」「米大統領選挙や最近の市場動向をもとに政策の見通しを調整しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今、利上げすることが適切」「利上げの道のりは財政政策次第」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「トランプ次期政権の移民、貿易に関する方針が経済のリスクとなる可能性も」「金融政策はまだ、後手に回っていないが景気の過熱を警告」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは米大統領選挙の結果に過剰に反応するべきでない」「市場の日々の動きは特に問題はないと見ており、政策スタンスを変更しようとは思わない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「財政政策に何らかの変更があるとの観測が台頭した可能性があるが、こうした政策が実施されるタイミングのほか、どのような形式の政策なのか、移民、税制、インフラ投資、通商政策に関するものなのか、我々はまだ把握していない」

[2016-10-07][NP+3.6 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「9月米雇用統計は堅調だった」「労働市場の統計は堅調」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「25ベーシスの利上げは理にかなう」「FOMCはまだ出遅れていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金は上昇」「米国は最大雇用にある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は非常に柔軟」「米国経済は下半期に加速へ」
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は7日、米CNBCテレビに出演し、9月の米雇用統計について「しっかりした内容だった」との見解を示した。非農業部門の雇用者数は前月比15万6000人増と市場予想(17万人強)を下回ったが「毎月7万5000から12万人(の雇用増加)で失業率を低位に維持できる」と強調。9月の雇用統計を踏まえても利上げは可能だとの考えを示した。

[2016-10-04][NP+4.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米景気は過熱してはいない」「過去1年にわたりインフレの上昇を注視」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げに際して予防的であるべきだ」「11月も含め全てのFOMC会合はライブ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げとは各FOMCでの利上げを意味していない」「段階的利上げとは毎会合での利上げという意味ではない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレが2%まで上昇するのを待つと、速やかな利上げを強いられる可能性も」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「データが予想通りなら11月シナリオになお説得力も」「2%のインフレ率を待てば、引き締めが速まるリスク」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは政策で後手に回っていない」「利上げに際し、予防的であるべき」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「指標が見通しに一致すれば、11月会合での利上げの論証も可能に」「米労働市場はかなり堅調に推移している」

[2016-09-29][NP+4.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げの過度な先送りにリスク」「緩やかな利上げが長期的な景気拡大を支援するだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「海外の逆風弱まる」「インフレ率は2%目標に徐々に加速へ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを過剰に長く見送ることにリスクがある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは資産価格を目標とせず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「私の考えでは11月FOMCはライブ」「FRBはデータに反応しないことで信用低下の恐れ」

[2016-09-02][NP+4.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済は大きく前進した」「緩和的な政策が米経済を支えた」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「毎月7.5-15万人の雇用増が失業率の安定を維持するだろう」「毎月20万の雇用増を期待はしていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融当局は金融安定へのリスクを真剣にとらえる必要」「緩やかな利上げペース、自身の見通しと整合する」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「低金利政策が、長期的な労働問題を解決できる公算は小さい」

[2016-08-26][NP+4.4 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを行うことは理にかなっている」「毎回の会合がライブ」

[2016-07-13][NP+3.6 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げが適切とあらためて表明」「利上げが遅れれば金融の安定を損なう恐れ」「米労働市場はなお健全」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ率は向こう2、3年で徐々に2%に上昇へ」「英EU離脱の影響を7月FOMC前に、時間をかけて熟慮」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「毎回の会合で金利の変更は検討される」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「追加緩和措置が必要になるとは考えていない」「市場への追加緩和措置ではQEが引き続き最善の手段」「マイナス金利は支持しない」

[2016-07-12][NP     HDP +2.5 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融安定をFRBの第3の目標とすべきでない」といった見解を示した。メスター総裁は講演の事前テキストで米国経済の見通しに言及せず、講演は6月4日のスピーチに基づくもの。
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の労働市場を楽観」「金利の緩やかな上昇が合理的」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FOMCは後手に回っていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレで前進」「金利のタイミングは別問題」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の中期的な見通しは依然極めて良好」「金融市場とドルを通して英EU離脱の主な影響」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ヘリコプターマネー」「米FRBがさらに金融緩和をする必要が出たら採用する手段になり得る」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「(米利上げ時期について)経済の見通しとリスクによる」「金融政策の決定にあたって(対応が後手に回る)ビハインド・ザ・カーブにない」

(最終更新日時 2017-01-07 00:06)

ロレッタ・メスター バックナンバー

ロレッタ・メスター カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース