マリアーノ・ラホイの発言・ニュース

マリアーノ・ラホイ

 マリアーノ・ラホイ・ブレイは1955年生まれのスペインの政治家で、スペイン王国、第6代首相です。

 ラホイは、2011年の総選挙で国民党の党首として、欧州債務問題に揺れる政府与党に対する批判が強まる中で過半数を大きく上回る186議席を獲得、そして社会労働党に76議席の差をつける歴史的な圧勝を果たし首相になった。

 また、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で法律を学び、スペインでは高度な法律専門職である登記人の資格試験に最年少の23歳で合格した法律家でもある。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-12][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインのラホイ首相は、カタルーニャ州の首相が独立宣言を延期すると表明したことについて、独立宣言をしたのか明確にするよう求め、回答次第では自治権停止といった強硬措置に踏み切る姿勢を示した。5日以内に立場を明示するよう要求している。
・スペインのラホイ首相は、議会で演説し、東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票で独立賛成派が圧勝した問題について、「民主主義に立脚する法律と、非合法な不服従の間に調停が存在することはない」と述べ、自治州政府が求める独立に向けた協議には応じない考えを示した。
・スペインのラホイ首相は11日、議会で演説し、東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票で独立賛成派が圧勝した問題について「民主主義に立脚する法律と、非合法な不服従の間に調停が存在することはない」と述べ、自治州政府が求める独立に向けた協議には応じない考えを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のマリアーノ・ラホイの発言・ニュース

[2017-10-12][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインのラホイ首相は、カタルーニャ州の首相が独立宣言を延期すると表明したことについて、独立宣言をしたのか明確にするよう求め、回答次第では自治権停止といった強硬措置に踏み切る姿勢を示した。5日以内に立場を明示するよう要求している。
・スペインのラホイ首相は、議会で演説し、東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票で独立賛成派が圧勝した問題について、「民主主義に立脚する法律と、非合法な不服従の間に調停が存在することはない」と述べ、自治州政府が求める独立に向けた協議には応じない考えを示した。
・スペインのラホイ首相は11日、議会で演説し、東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票で独立賛成派が圧勝した問題について「民主主義に立脚する法律と、非合法な不服従の間に調停が存在することはない」と述べ、自治州政府が求める独立に向けた協議には応じない考えを示した。

[2017-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ラホイ・スペイン首相「カタルーニャ州政府の停止につながるプロセスを開始する」

[2017-09-08][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・ラホイ・スペイン首相、同国北東部のカタルーニャ州の議会でスペインからの独立の是非を問う住民投票を来月実施する法律が成立したことについて「許しがたい違法行為だ」と激しく非難したうえで、あらゆる手段を尽くし投票を中止させるとして、今回の法律の無効を求めて憲法裁判所に訴えを起こした。

[2017-07-27][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・複数の欧州メディアは、スペインのラホイ首相が、マドリード郊外の裁判所に出廷し、自身が党首を務める与党・国民党が絡む汚職事件について「わたしは党の経済問題を扱っていない」と関与を否定した、と報じている。スペインの現職首相が法廷で証言するのは同国史上初めてのことになる。

[2017-05-30][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインのラホイ首相がグルテル事件の証人として6月26日に法廷で証言をする。

[2016-10-31][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・昨年12月の総選挙以降、新政権不在の状態が続くスペインの下院は、ラホイ首相続投の是非を問う第2回の信任投票を行い、与党の中道右派・国民党などの賛成多数で承認した。首相は直ちに組閣に着手し、今週中に第2次ラホイ政権が発足する見通しとなった。

[2016-09-05][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペイン下院は、ラホイ首相の再任の是非を問う2回目の信任投票を行ったが、8月末の第1回投票と同様、野党の反対多数で否決した。10月末までに新首相が決まらなければ、憲法の規定により、1年間で3度目となる総選挙が年末に実施されることになる。

[2016-08-22][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインからの報道によると、ラホイ首相が所属する中道右派の与党・国民党は、中道の新興野党シウダダノスが求めていた汚職対策案の受け入れを決め合意文書に署名した。これを受け、シウダダノスが今月末から下院で実施されるラホイ首相の信任投票で賛成票を投じる可能性が高まったことになる。

[2016-08-19][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインのラホイ暫定首相は18日、連立政権樹立へ断固とした措置を講じたと表明した。これを受け、政治のこう着打開への期待から、スペイン国債利回りが過去最低を更新した。スペインでは6月の再選挙でも過半数議席を獲得した政党がなく、議席数でトップに立った与党・国民党(PP)を率いるラホイ氏が暫定首相として難航する連立協議を主導している。

[2016-05-09][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・スペインのバイス紙は、同国暫定政府のラホイ首相が2015年の財政健全化目標を達成できなかったことで科される可能性のある制裁金の免除を欧州委員会に求めたと報じている。

(最終更新日時 2017-10-13 00:26)

マリアーノ・ラホイの発言・ニュース バックナンバー

マリアーノ・ラホイ カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース