メキシコ政府関係の発言・ニュース

メキシコ政府

 メキシコ合衆国の政府関連となっている発言やニュースについて紹介しています。

 このカテゴリ内では複数の政府関係者による発言や、政府に関するニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは目安の数値となります。

 特に2009年の豚インフルエンザが発生時には、メキシコからの政府の対応や速報に対して相場が反応し動くケースが見られました。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-03-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ経済省は、グアハルド経済相が3日に米ミシガン州のデトロイトを訪問し、フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)の幹部らと会談すると明らかにした。また、メキシコで事業を展開する自動車部品メーカー関係者とも会う予定だという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-01-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・ペニャニエト・メキシコ大統領「電話会談は生産的、建設的だった」「壁の問題、対話によって解決すると双方が約束」
・ペニャニエト・メキシコ大統領「壁の費用は双方とも公にコメントしないことで一致」

最近のメキシコ政府関係の発言・ニュース

[2017-03-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ経済省は、グアハルド経済相が3日に米ミシガン州のデトロイトを訪問し、フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)の幹部らと会談すると明らかにした。また、メキシコで事業を展開する自動車部品メーカー関係者とも会う予定だという。

[2017-03-02][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・「メキシコは米連邦準備理事会(FRB)にスワップライン設定要請を検討している」ようだ。
・カルステンス・メキシコ中銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)へのスワップライン設定要請の検討」

[2017-02-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相へのインタビューとして、トランプ米政権が求める北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉について、「米国が自動車の関税を20%にすると言った瞬間に、わたしは席を離れる」と述べ、協議打ち切りも辞さない姿勢を示したと報じている。

[2017-02-27][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのオソリオ内相は、トランプ米政権がメキシコ経由で入国した不法移民は国籍を問わず同国に送還する方針を示していることについて「我々は受け入れない」と述べ、外国人不法移民の受け入れを拒否する姿勢を鮮明にした。

[2017-02-24][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのビデガライ外相は、米国のティラーソン国務長官、ケリー国土安全保障長官と会談し、米新政権の移民・通商政策、国境警備などを巡り協議した。ビデガライ外相は会談後の会見で、「メキシコ国民の間では、国家利益、および国内外のメキシコ人に打撃を与えると思われる政策に対して懸念といら立ちが存在する」とし、トランプ政権の政策に冷ややかな対応を示している。

[2017-02-23][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ財務省とメキシコ銀行(中央銀行)で構成する通貨委員会は21日、中銀が最大200億ドル規模の為替ヘッジ契約入札を実施すると発表した。メキシコペソはトランプ米大統領の就任に伴い、対ドルで過去最安値を更新。メキシコ当局はこれまでドル売り介入で対応していたが、一方で外貨準備高の減少が懸念材料となっていた。今回の措置はペソで決済されて中銀のバランスシートに反映されるため、外貨準備高を失わずにペソ相場を下支えすることが可能になる。市場では「為替ヘッジ入札の頻度や規模次第では、ペソ相場を継続的に支える可能性がある」との指摘もあり、為替ヘッジ入札の行方に注目しておきたい。なお、初回の入札は3月6日に実施され、最大10億ドルの規模になる。

[2017-02-21][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ中銀のカルステンス総裁は11月30日まで現職にと報じた。

[2017-02-02][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ政府は、トランプ米大統領が主張している北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しについて、まず国内での関係機関との協議を進めるとして、再交渉は国内の協議を終えた5月以降になるとの見通しを示した。
・メキシコ大統領報道官「米国とメキシコの首脳の電話協議で威圧的トーンはなかった」「トランプ氏は米軍派兵で警告していない」

[2017-01-31][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコの地元メディアは、グアハルド経済相が日、米国との北米自由貿易協定(NAFTA)の本格的な見直し交渉に関して、5月以降に開始になるとの見通しを明らかにした、と報じている。

[2017-01-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・ペニャニエト・メキシコ大統領「電話会談は生産的、建設的だった」「壁の問題、対話によって解決すると双方が約束」
・ペニャニエト・メキシコ大統領「壁の費用は双方とも公にコメントしないことで一致」

(最終更新日時 2017-03-04 00:01)

メキシコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

メキシコ政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース