メキシコ政府関係の発言・ニュース

メキシコ政府

 メキシコ合衆国の政府関連となっている発言やニュースについて紹介しています。

 このカテゴリ内では複数の政府関係者による発言や、政府に関するニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは目安の数値となります。

 特に2009年の豚インフルエンザが発生時には、メキシコからの政府の対応や速報に対して相場が反応し動くケースが見られました。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-11-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・「メキシコのミード財務公債相が辞任」「ペメックスCEO、辞任しメキシコ財務相就任」などと報じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のメキシコ政府関係の発言・ニュース

[2017-11-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・「メキシコのミード財務公債相が辞任」「ペメックスCEO、辞任しメキシコ財務相就任」などと報じた。

[2017-11-27][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのミード財務公債相が27日に辞任の予定とされている。

[2017-11-24][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・カルステンス・メキシコ中銀総裁「ペソはNAFTAが悪い結果となる公算反映」「ペソはNAFTA不確実性解消なら改善の可能性」

[2017-11-22][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は、メキシコは自動車で対案まとめるだろう、などと発言した。

[2017-11-01][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ国家統計局が10月31日に発表した7-9月期国内総生産(GDP)は前期比0.2%減と2013年第2四半期以来、約4年ぶりのマイナス成長となった。9月の地震やハリケーンの影響を大きく受けた形となったが、内訳ではサービス部門の落ち込みを受けて、「これまでメキシコ経済をけん引してきた同部門の低迷は天災が原因ではないかもしれない」と指摘する声があった。今後のサービス部門の動向に注視していきたいところだ。なお、この結果を受けてメキシコペソは売りが強まったが一時的だった。対ドルでは10月で約6%近く下落していることもあり、この日は持ち高調整の買い戻しが主導した。

[2017-10-18][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は記者団に対し、米国を除くTPPについて、来月ベトナムで開催するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、市場アクセスをどう維持するかについて意見を統一したいと述べた。

[2017-10-11][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相「メキシコは北米自由貿易協定(NAFTA)の議論から退く可能性」
・メキシコペソは軟調。メキシコのグアハルド経済相が「メキシコは北米自由貿易協定(NAFTA)の議論から退く可能性」と述べたことも重しとなり、ドルペソは一時18.8141ペソと昨年6月5日以来の水準までドル高ペソ安が進んだ。

[2017-09-19][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は参加したイベントで、米国、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉について、2-3の複雑な課題が成功の鍵を握るとの考えを示した。

[2017-09-11][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ政府から国外追放を命じられた北朝鮮の大使は、「朝鮮半島の核問題は米国の敵視政策のせいであり、メキシコとは関係がない」としたうえで、「今回の措置は法律的にも道徳的にも根拠がない」と抗議する声明を発表した。

[2017-09-08][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ政府は、北朝鮮が6回目の核実験を強行したことなどを受け、同国のキム駐メキシコ大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」に指名し、72時間以内に国外退去するよう命じた。北朝鮮による核ミサイル開発に対し、「外交的手段で断固とした拒否を表明する」としている。
・米地質調査所によると、メキシコのトレスピコス近くでマグニチュード8の地震が観測された。
・メキシコ市長は大規模地震を受けた被害について「これまでに一部でガラスが割れたとの報告のみ」などと説明した。
・米地質調査所によると、メキシコのピヒヒアパン南西87キロでマグニチュード8.1の地震が観測された。
・メキシコのペニャニエト大統領は8日未明、現地のテレビ局の電話取材に応じ、この中で「1985年以来、最大の地震で、最大規模の災害だ。まだ詳細がわかっていないが、グアテマラなどほかの国にも影響が出ている。今のところ大きな混乱は起きていないが、緊急事態警報を出し、今後できるかぎりの対応をしていく」と述べた。

(最終更新日時 2017-11-29 00:54)

メキシコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

メキシコ政府関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース