ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係の発言・ニュース

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)ロゴ

 ニュージーランド準備銀行(RBNZ)の関係者による発言やRBNZに関連したニュースなどを紹介しています。

 このカテゴリ内では、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)の複数の関係者による発言やコメントなどを掲載しているため、HDP・RHDPの値は目安となります。

 また、ニュージーランドの政策金利については、世界の政策金利のカテゴリ内にて他国と一緒に掲載しています。

HDP

中間派

 HDP   -0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-05][NP+1.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「NZ中銀はインフレ目標で柔軟性を増している」
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「物価安定で信認を保つことが重要」
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「インフレよりも生産や雇用、金融安定性に一段と重点を置く金融政策が妥当である可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係の発言・ニュース

[2017-12-11][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・NZ中銀総裁にエイドリアン・オア氏が指名された。

[2017-12-05][NP+1.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「NZ中銀はインフレ目標で柔軟性を増している」
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「物価安定で信認を保つことが重要」
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「インフレよりも生産や雇用、金融安定性に一段と重点を置く金融政策が妥当である可能性」

[2017-11-29][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.0]
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行、RBNZ)は29日、来年1月からローン資産価値比率(LVR)規制の緩やかな緩和を行うことを発表した。
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「依然として住宅が不足している」

[2017-11-09][NP-1.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.0]
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「金融政策はかなりの期間緩和的であり続けるだろう」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「多くの不確実性が残っており、政策を調整する必要がある可能性」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「為替レートは8月の声明以来緩和した」「NZドル安が継続すれば貿易財インフレを引き上げ、よりバランスのとれた成長を実現することを支援するだろう」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「インフレは目標レンジの中心付近にとどまる見込み」「長期的なインフレ期待は2%でしっかりと定着している」
・スペンサーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁代行「経済見通しは総じて非常にポジティブ」「通貨は持続的な水準により近い」
・マクダーモットNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁補佐「NZドルがもう少し下落すれば良いだろう」「インフレは一時的な要因で上がった。我々はそれを常に注視している」
・マクダーモットNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁補佐「RBNZは利上げを急いでいない」

[2017-11-06][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.1]
・NZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)は6日、四半期レポートで今後2年間のインフレ率予想を2.02%と発表。前回の2.09%から下方修正された。

[2017-09-29][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.1]
・ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は29日公表の年次報告書で、同国の金融システムは「健全な状態」にあるが、最近まで過熱感があった住宅市場に絡むリスクは依然としてあるとの見解を示した。報告書でウィーラー前総裁は「住宅市場の不均衡は引き続き金融安定へのリスクを引き起こしている」とした。ウィーラー氏は5年の任期を終えて今週退任。中銀はスペンサー副総裁が総裁代行を務める6カ月間に後任の総裁を探す予定。

[2017-09-28][NP-3.0 HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.1]
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「政策は相当な期間緩和的だろう」「一段のNZドル安がインフレ加速を支援するだろう」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「全体のインフレ率は今後数四半期に減速の可能性強い」「不確実性残り、政策は調整必要な可能性」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「6月期のCPIは緩やかだが目標レンジの範囲内」「長期的なインフレ期待は2%付近で定着したまま」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「為替レートは8月の声明以来やや緩和した」「NZドル安は貿易財インフレを引き上げ、よりバランスのとれた成長を実現することを支援するだろう」

[2017-08-10][NP     HDP -0.6 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.0]
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「金融政策はかなりの期間緩和的であり続けるだろう」「多くの不確実性が残っており、政策を調整する必要がある可能性」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「政策は相当な期間緩和的に」「多くの不確実性残り、政策は調整必要な可能性」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「為替レートは5月の声明以来上昇した」「NZドル安は貿易財インフレを引き上げ、よりバランスのとれた成長を実現するために必要」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「6月期のCPIは緩やかだが目標レンジの範囲内」「より長期のインフレ見通しは2%近くで安定」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「2019年1Qにインフレ率2%と予想」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「インフレはより高い燃料価格と食糧価格の影響がなくなるため、今後の四半期で低下する可能性が高い」
・ニュージーランド準備銀行(NZ中央銀行)声明「経済成長は今後改善の見通し」「インフレ率は2018年1Qに0.7%に鈍化と予想」
・マクダーモットNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁補佐「中銀は介入に向けた一歩としてNZドルの文言変更」「NZドルは下向き調整の必要」
・マクダーモットNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁補佐「RBNZは介入に向けた第一歩としてNZドルに関する文言を変更した」

[2017-08-07][NP-3.0 HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.0]
・NZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)は7日、四半期レポートで今後2年間のインフレ率予想を2.09%と発表。前回の2.17%から下方修正された。また、今後1年間のインフレ率予想も1.92%から1.77%に下方修正された。

[2017-07-17][NP     HDP -0.5 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
・バスカンドNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)副総裁「NZドル安は成長のリバランスを支援するだろう」「NZドル安は将来の債務削減に必要とされる」

(最終更新日時 2017-12-12 00:24)

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係の発言・ニュース バックナンバー

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース