カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-04-28][NP+6.4 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.1]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「より高い金利が必要」「金利がどれだけ高くなるかは、経済がどのように反応し、インフレ見通しがどのように進化するかによる」
・カナダ中銀のマックレム総裁は議会証言で、利上げの必要があり、同国経済は利上げに適応できるとの見解を示したうえで、どの水準まで引き上げるかは「経済がどう反応するかや、インフレ見通しの推移に左右される」と述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2022-05-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.1]
・カナダ中銀のグラベル副総裁は講演で、インフレ高進を考慮するとカナダ中銀の1%の政策金利は「過度に刺激的」とし、経済の一部が金利上昇に敏感でなくなっているため政策金利が中立水準を上回る必要があるかもしれないと述べた。

[2022-04-28][NP+6.4 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.1]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「より高い金利が必要」「金利がどれだけ高くなるかは、経済がどのように反応し、インフレ見通しがどのように進化するかによる」
・カナダ中銀のマックレム総裁は議会証言で、利上げの必要があり、同国経済は利上げに適応できるとの見解を示したうえで、どの水準まで引き上げるかは「経済がどう反応するかや、インフレ見通しの推移に左右される」と述べた。

[2022-04-26][NP+6.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP +0.1]
・マックレム加中銀総裁「カナダは高い金利を必要としている」「価格上昇圧力は大きな懸念」
・マックレム加中銀総裁「BOCはもう一度50bpの利上げを検討するだろう」「カナダのインフレはピークに近づいている」

[2022-04-22][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「利上げを除外するものは何もない」「供給の混乱は緩和されていない」

[2022-04-14][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレに対処するため必要な限り強力に行動する用意があり、重要な一歩を踏み出した」「インフレ期待をしっかりと抑制することが、本日決定の重要な一部」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「50bpsの利上げ、金融政策を適度な速さで正常化する必要があるというメッセージを送っている」「カナダドルの水準は市場に任せるつもりだが、米国との金利差がカナダドルの重荷になるかもしれない」
・ブルームバーグによると、カナダ銀行(中央銀行)は13日、政策金利である翌日物貸出金利を0.5ポイント引き上げて1%とした。この20年余りで最も大きい利上げ幅だ。同時に、バランスシート圧縮に向けて国債買い入れを停止するとも明らかにした。30年ぶり高水準にあるインフレとの闘いで積極攻勢をかける。

[2022-04-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「再投資を終了し、4月25日から量的金融引き締め(QT)を開始する」「バランスシートの規模は時間とともに縮小する」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「ロシアのウクライナへの継続的な侵略は、新たな経済への不確実性を引き起こしている」「石油、天然ガス、その他の商品価格の高騰は世界中のインフレを助長」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「成長は力強く、経済は過剰需要に移行」「労働市場は逼迫しており、賃金の伸びはパンデミック前のペースに戻り上昇している」「第1四半期の成長は1月予測よりも強かった」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「カナダCPIインフレ率は5.7%であり、1月の予測を上回っている」「インフレは、エネルギーと食料価格の上昇と供給の混乱、世界と国内の強い需要によって押し上げられている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「金融政策ツールを行使しインフレを目標に戻し、インフレ期待をしっかりと抑制する」「経済が過剰需要に移行し、インフレが目標をはるかに上回っている中、BOCは金利をさらに引き上げる必要があると判断」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「政策金利は主要な金融政策手段であり、量的金融引き締めは政策金利の上昇を補完」「政策金利のさらなる引き上げのタイミングとペースは継続的な経済評価と2%インフレ目標達成へのコミットメントに基づく」

[2022-03-04][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「バランスシート縮小は比較的迅速に」「保有債券を積極的に売却しない」「BOCは金融正常化政策への道を明確に進んでいる」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「量的金融引き締め(QT)に関するより多くのガイドラインを提供する」「QTは利上げを補完する」「価格圧力の拡大は大きな懸念」「利上げはCPIを2%に戻すための主要なツール」

[2022-03-03][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「国債の全体的な保有をほぼ一定に維持し、再投資を継続」「ロシアによるウクライナ侵攻は新たな不確実性の要因」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「石油やその他の商品価格は急激に上昇」「これは世界中のインフレを増大させ、新たな供給混乱が世界の成長を圧迫する可能性」「金融市場のボラティリティは高まっている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「経済が拡大し続け、インフレ圧力が上昇し続ける中、理事会は金利をさらに引き上げる必要があると予想」「理事会は再投資フェーズをある時点で終了し、国債保有の縮小を検討」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「量的金融引き締め(QT)は、政策金利の上昇を補完するだろう」「追加利上げのタイミングとペース、およびQT開始は、継続的な経済評価と2%インフレ目標達成へのコミットメントに基づく」

[2022-02-10][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「パンデミックによる景気後退からの回復は強力」「利上げに関してBOCは慎重に検討し、明確にコミュニケーションをとる」「中央銀行は低く、安定したCPIにする責務がある」「経済は、支出の伸びを緩和するために、利上げを必要としている」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「利上げについては熟考し、明確に意思疎通をしている」「利上げの軌道は設備投資が条件」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「カナダのトラックドライバーによるストでサプライチェーン問題悪化も」

[2022-02-03][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・ロイター通信によると、カナダ銀行(中央銀行)のマックレム総裁は2日、物価上昇の要因になっているパンデミック(世界的大流行)はこれまでに誰も経験したことがないため、インフレ率が今後、どの程度速く低下するかは分からないと述べた。

(最終更新日時 2022-05-14 11:00)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース