カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-02-24][NP-4.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「金融緩和策はかなり期間必要になる」「新型コロナウイルスは労働市場の構造変化を加速させた」「カナダ経済の完全な回復はまだ遠い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2021-02-24][NP-4.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「金融緩和策はかなり期間必要になる」「新型コロナウイルスは労働市場の構造変化を加速させた」「カナダ経済の完全な回復はまだ遠い」

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2021-05-14][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「基準年の影響で、インフレは今後数カ月で3%に上昇すると予想」「経済の大部分が非常に弱いため、インフレはのちに低下すると予想」
・カナダ中銀のマックレム総裁はオンラインの講演で、量的緩和など新型コロナウイルス対策の一部が所得格差の拡大をもたらす恐れがあるとして、この問題を注視していく考えを示した。

[2021-04-22][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「経済の回復が期待通りに展開した場合、QEを縮小させることもできる」「BOCはデジタル通貨に関する作業を加速」「デジタル通貨の決定は政府の仕事」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「量的緩和(QE)プログラムの見直しは、家計や企業の堅調さを反映」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「QEプログラムのさらなる調整は段階的に実施」「政策金利維持は現在の予測に基づくと2022年のある時点まで」
・ブルームバーグによると、カナダ銀行(中央銀行)は21日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの回復が予想以上に底堅いとして、緊急時のレベルに拡大していた金融緩和の規模を他の主要中銀に先駆けて縮小した。

[2021-04-21][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「経済見通しは改善したものの、理事会は回復には引き続き大規模金融政策が必要であると判断」「2%インフレ目標の持続的達成のため政策金利を下限で維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現時点の予測では、政策金利維持は2022年後半まで継続」「回復が順調に進むまで量的緩和プログラムを継続」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「債券購入ペースについての決定は理事会の継続的な評価によって導かれる」「回復を支援しインフレ目標を達成するために、適切な金融刺激策を維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「4月26日の週から国債購入プログラムの純購入額を週30億カナダドルに調整」「この調整は、景気回復の進展を反映」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「世界経済とカナダ経済の両方の見通しは改善」「経済回復はパンデミックの進展とワクチン接種のペースに大きく依存」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「世界的な回復により、石油を含む商品価格が上昇し、カナダドル高に寄与」「CPIインフレは2021年下期に2%に戻ると予想」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「ワクチン接種が進展し、経済が再開するにつれて、消費は今年の後半に力強く回復し、予測を超えて堅調に推移すると予想」「現在、2021年の実質GDP成長率を6.5%と予測」

[2021-03-24][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)「残りのすべての危機流動性プログラムを停止する」「量的緩和策の縮小開始時期については言及せず」
・グラベル・カナダ銀行(中央銀行、BOC)副総裁「債券購入ペースの調整は、政策金利の引き上げ時期に対する見解の変更を意味しない」「フォワードガイダンスで示されたポイントに到達し、インフレ目標が達成された時点で利上げを開始する必要がある」

[2021-03-12][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・ロイター通信によると、カナダ銀行(中央銀行)のシェンブリ副総裁は11日、国民が新型コロナウイルス流行期間中に増やした貯蓄を使って消費し始めれば、経済成長に「大きく影響」する可能性があると述べた。金利上昇ペースが加速する可能性があることを示唆したものだ。

[2021-03-11][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「経済見通しは改善したものの、理事会は回復には引き続き大規模金融政策が必要であると判断」「2%インフレ目標の持続的達成のため政策金利を下限で維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現時点の予測では、政策金利維持は2023年まで継続」「回復が順調に進むまで量的緩和プログラムを継続」「回復の強さに自信を持てるようになれば、債券購入ペースは必要に応じて調整される」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「回復を支援しインフレ目標を達成するために、適切な金融刺激策を維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「世界経済は、地域やセクター間で不均一が続いているものの、新型コロナウイルスのパンデミックからは回復」「米国の景気回復は、ウイルス感染が減少し、財政支援が収入と消費を押し上げるにつれて勢いを増している」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「石油やその他の商品価格は上昇。カナダドルは米ドルに対して比較的安定している」「2021年第1四半期のGDP成長率はプラスになると予想」「外需の改善と商品価格の上昇も輸出と企業投資の見通しを明るくした」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「より強い短期的な見通しにもかかわらず、ウイルスの進化と経済成長の道筋については、依然としてかなりの経済的緩みと著しい不確実性がある」「労働市場は回復まで程遠く、雇用はまだパンデミック以前のレベルをはるかに下回っている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「CPIインフレ率は1-3%の目標バンドの下限近くだが、今後数カ月以内に一時的にバンド上限付近に達する可能性がある」「コアインフレは現在1.3-2%の範囲」

[2021-02-24][NP-4.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.1 CRHDP +0.2]
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「金融緩和策はかなり期間必要になる」「新型コロナウイルスは労働市場の構造変化を加速させた」「カナダ経済の完全な回復はまだ遠い」

[2021-01-21][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP +0.0]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「短期的な成長の弱さと回復を考慮して、大規模金融政策の支援が引き続き必要と判断」「2%インフレ目標の持続的達成のため政策金利を下限で維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現時点の予測では、政策金利維持は2023年まで継続」「回復が順調に進むまで量的緩和プログラムを継続」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「回復の強さに自信を持てるようになれば、債券購入ペースは必要に応じて調整される」「回復を支援しインフレ目標を達成するために、適切な金融刺激策を維持」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「新型コロナウイルスのパンデミックは、カナダおよび世界中で深刻な人的および経済的被害をもたらし続けている」「不確実性は依然として高く、見通しはウイルスの経路とワクチンの効果的な展開のタイムラインに大きく左右される」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「効果的なワクチンとさらなる財政および金融政策の支援により、中期的な成長見通しは押し上げられた」「1月の金融政策報告書(MPR)では、2021年と22年に世界成長率を年平均5%強、2023年には4%弱に減速すると予測」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「米ドルの大幅な下落と商品価格の上昇で、カナダドルはさらに上昇した」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「2021年第1四半期の成長は、現在、マイナスになると予想」「第2四半期には力強い回復が見込まれる」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「短期的には、ワクチンの入手可能性が予想よりも早く、継続的な大規模刺激策のおかげで、見通しは10月の予測よりも力強く安定した」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「消費者物価指数のインフレ率は、ここ数か月で1-3%の目標範囲の下限まで上昇したものの、コアインフレ率は依然として2%を下回っている」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「債券購入ペース減速について検討することは時期尚早」「ウイルス封じ込め措置で、第1四半期に-2.5%を下回るリスクがある」「第2四半期には、消費がさらに強まると予想」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「経済が低調と判断すれば、BOCにはオプションがある。追加刺激策の選択肢がある」「回復ペースに自信が持てるようになれば、量的緩和のペースは調整される」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「刺激策の規模について議論することにかなりの時間を費やした」「BOCはワクチンの状況を注意深く見守っている」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「当面の間、量的緩和プログラムが必要になる」「投資の回復は少し早く来ると予想」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「基本的見通しでは時間の経過とともに大規模緩和を必要としなくなる公算」「経済にはかなりの刺激策がある」「住宅に投機的な活動は見られない」

[2020-12-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP +0.0]
・マックレム・カナダ中銀総裁「貿易、投資は2008-09年以降の危機と比較してより早く回復する可能性」「カナダには克服すべき長年の競争力の問題がある」
・マックレム・カナダ中銀総裁「企業が投資するため、長期間低金利を維持」「コロナウィルスの感染拡大は経済の失速を強める可能性」「景気回復への道は困難に見える」
・マックレム・カナダ銀行(BOC)総裁「コロナ感染拡大からの経済回復は非常に困難な局面にある」

[2020-12-11][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP +0.0]
・カナダ中銀のビュードライ副総裁は、新型コロナウイルスの感染状況が一段と悪化すれば、すでに過去最低水準となっている政策金利をさらに引き下げる可能性があるとの見方をあらためて示した。カナダ中銀は9日、政策金利の翌日物金利誘導目標を予想通り0.25%に据え置き、現在の量的緩和政策を維持している。

(最終更新日時 2021-05-15 20:31)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース