カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-20][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「理事会は利下げを7月まで待つことを検討」「当局者はインフレが停滞する可能性があることを認識。ただ、指標は利下げを正当化するのに十分な進展を示しているとのコンセンサスあった」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「今後の緩和はおそらく段階的、かつタイミングはデータ次第であると同意」「一部の当局者は財政の下振れリスクに焦点を当てていた」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「他の当局者は、持続的な賃金上昇と住宅市場の回復の可能性に関連する上振れリスクをより重視」「為替レートに影響を与える可能性のある多くの潜在的な要因について議論」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2024-06-20][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「理事会は利下げを7月まで待つことを検討」「当局者はインフレが停滞する可能性があることを認識。ただ、指標は利下げを正当化するのに十分な進展を示しているとのコンセンサスあった」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「今後の緩和はおそらく段階的、かつタイミングはデータ次第であると同意」「一部の当局者は財政の下振れリスクに焦点を当てていた」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)議事要旨「他の当局者は、持続的な賃金上昇と住宅市場の回復の可能性に関連する上振れリスクをより重視」「為替レートに影響を与える可能性のある多くの潜在的な要因について議論」

[2024-06-06][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(中央銀行)が5日の会合で4年ぶりの利下げを決定したことを受け、トルドー政権の閣僚から喜びの声が上がっている。これまで生活費高騰の責任を野党から厳しく追及されていたからだ。

[2024-06-05][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「世界経済は2024年第1四半期に約3%成長し、4月予測とほぼ一致」「ほとんどの先進国ではインフレが引き続き緩和しているものの、物価安定に向けた進展は不安定で、地域によって速度が異なっている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「原油価格は平均して想定に近い水準で推移しており、金融状況は4月以降ほとんど変わっていない」「第1四半期のGDP成長率は1.7%で、予測よりも低かった」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「在庫投資の弱さが活動を抑制。消費の伸びは約3%で堅調。企業投資と住宅活動も増加した」「賃金圧力は残っているものの、徐々に緩和」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「4月CPIインフレ率はさらに低下し、2.7%となった」「コアインフレ率の指標も鈍化し、3カ月間の指標は引き続き下降傾向にあることを示唆」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「しかし、住宅価格のインフレ率は依然として高い」「基調的なインフレ率が緩和しているという証拠が継続」「理事会は金融政策をそれほど引き締める必要はないと合意し、政策金利を25ベーシスポイント引き下げた」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「最近のデータにより、インフレ率が引き続き2%の目標に向かって進むという確信が高まった」「とはいえ、インフレ見通しに対するリスクは依然として残っている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「理事会はコアインフレ率の推移を注意深く監視しており、特に経済の需要と供給のバランス、インフレ期待、賃金上昇率、企業の価格設定行動に重点を置いている」「物価安定を回復するという確固たる決意を維持」
・マックレム・カナダ中銀総裁「FRBと足並みを揃えて行動する必要は無い」

[2024-05-03][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ中銀のマックレム総裁は下院財政委員会で、米国とカナダの金利の乖離には限界があるとしたうえで「その限界に近づいていないのは確かだ」と述べた。5%と約23年ぶりの高水準にある政策金利を引き下げる前に、基調的なインフレ率の最近の鈍化が持続的かどうかを見極めたいと改めて指摘している。

[2024-04-20][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレは引き続き広範囲に及ばなくなりつつある。正しい方向に進んでいる」「全体として、インフレ見通しに対する下振れリスクは以前よりも低下」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「地政学的緊張は国際社会における深い懸念要因」「原油価格が高騰すれば、それを考慮する必要がある」

[2024-04-17][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレに関して引き続き正しい方向に進んでいる」「コアインフレの低下は物価圧力緩和を示唆」

[2024-04-11][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・ロイター通信によると、カナダ銀行(BOC、中央銀行)は10日、政策金利である翌日物金利の誘導目標を5.0%に据え置いた。政策金利は約23年ぶり高水準。中銀はインフレ低下が持続する一段の兆候が見られるまで利下げは行わない姿勢を示した。

[2024-04-10][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「世界経済は約3%の成長を続けるとともに、大半の先進国のインフレが徐々に緩和すると予想」「米国経済は、回復力のある消費と堅調な企業支出と政府支出に支えられ、予想よりも好調であることが再び示された」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「米GDP成長率は今年下半期に鈍化すると予想されているが、1月予想よりは依然として強い」「ユーロ圏は現在の低成長から徐々に回復すると予想」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「原油価格は上昇し、1月想定より平均約5ドル高となっている」「1月以降、利回りは上昇したが、企業の信用スプレッドの縮小と株式市場の急騰により、全体的な金融状況は緩和した」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「インフレ率は2025年に中銀の目標に達すると予想」「労働市場の状況が引き続き緩和していることを幅広い指標が示唆」「雇用の伸びは生産年齢人口に比べて遅く、失業率は徐々に上昇し、3月には6.1%に達した。最近、賃金圧力が緩和している兆候がいくつか見られる」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「経済成長は2024年に加速すると予測」「2024年のGDP成長率を1.5%、2025年に2.2%、2026年に1.9%と予測」「2月CPIインフレ率は2.8%に減速し、物価圧力の緩和が財やサービス全体にわたってより広範に広がっている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「今年上期のCPIインフレ率は3%近くとなり、下半期には2.5%を下回り、2025年には2%のインフレ目標に到達すると予想」「理事会は政策金利を5%に維持し、バランスシートの正常化を継続することを決定」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「インフレ率は依然高すぎる、リスクは残っているものの、CPIとコアインフレ率はここ数カ月でさらに低下している」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「理事会はこの低下の勢いが持続しているという証拠を模索」「理事会は特にコアインフレの推移に注目しており、経済における需要と供給のバランス、インフレ期待、賃金上昇率、企業の価格設定行動に引き続き焦点を当てる」「物価安定を回復するという確固たる決意を維持」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「6月利下げは可能性の範囲内」「予想通りの展開になれば、利下げが適切になるだろう」
・マックレム・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁「インフレ指標全体に進展が見られる」「企業の価格設定が正常化し始めている」「インフレのモメンタムが低下したのは最近のこと」

[2024-03-27][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・カナダ中銀のロジャース上級副総裁は、企業が投資を拡大して生産性を高めることが同国の急務となっており、そうすればインフレの脅威から経済を守ることができるとの見解を示した。

[2024-03-21][NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・BOC議事要旨「今年利下げ条件が現れると予想」「コアインフレは単一の指標では測定されない」「失業率急増のリスクは減少」「量的引き締めを変更する必要はない」「突然ではなく段階的に景気が減速すると予想」
・BOC議事要旨「春の住宅反発がCPI目標の回復を遅らせる可能性」「利下げの条件は2024年後半に実現するはず」「利下げを検討するには時期尚早」
・BOC議事要旨「住宅がもたらすインフレの上振れリスクを懸念」「利下げのタイミングについて高官の間で見解の多様性がみられる」
・グラヴェル・カナダ中銀(BOC)副総裁「2月のインフレデータは大変心強いものだったが、一つのデータに過ぎない」

(最終更新日時 2024-06-21 16:25)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース