カナダ銀行関係の発言・ニュース

カナダ銀行ロゴ

 カナダ銀行の関係者による発言や、為替・株式・商品市場に関係の高いと考えられるカナダ銀行関連のニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内においてのHDP・RHDPは、複数のカナダ銀行の関係者による発言やニュースを元に算出しているため、数値は目安範囲となります。

 また、カナダの政策金利に関しては、世界の政策金利のカテゴリ内において他国と一緒に掲載をしています。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-11][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・ウィルキンスBOC副総裁「輸出が引き続き最大の不確定要素だ」「貿易戦争が2021年までにカナダのGDPを2%程度削減させる」
・ウィルキンスBOC副総裁「貿易戦争が2012年にカナダのGDPを2%程度削減させる恐れ」「輸出が引き続き最大の不確定要素」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のカナダ銀行関係の発言・ニュース

[2019-12-07][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(中央銀行、BOC)「ポロズBOC総裁は2020年で辞任する」

[2019-12-05][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現在の政策金利水準を維持することが適切と判断」「将来の金利はカナダ経済の回復力、特に消費支出と住宅活動に対する中銀の評価によって決定される」「財政政策の進展は1月の最新見通しにも反映される」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「CPIインフレは目標を維持、コアインフレは約2%」「ガソリン価格の変動で今後数カ月はインフレ率が一時的に上昇」「今後2年間でインフレ率が2%の目標に近づくと予想」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「金融市場は中銀の行動と景気後退への懸念後退に支えられている一方、貿易面のニュースが重し」「商品価格とカナダドルは比較的安定」「賃金の伸びは堅調で消費者支出は緩やかに拡大した」
・カナダ銀行(BOC、中央銀行)は政策金利を予想通り1.75%に据え置いた。金利発表後はカナダドル買いが優勢。対ドルで1.3226カナダドル、カナダドル円は82.25円までカナダドル高となった。

[2019-11-20][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・ウィルキンスBOC副総裁「貿易戦争、金融の脆弱性は経済の不確実性とストレスの主な原因」「カナダの経済は全体的に順調」「原油価格の低下がエネルギーを生産する州を圧迫」
・ウィルキンスBOC副総裁「政策金利は1.75%で低いが、まだ操作する余地がある」「フォワードガイダンスや大規模資産購入など他のオプションもある」

[2019-10-30][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現在の政策金利水準を維持することが適切と判断」「貿易紛争や不確実性が続く中、カナダ経済の回復力がますます試される」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「実質GDPが今年1.5%、2020年に1.7%、2021年に1.8%成長すると予想」「インフレ率は2%近辺にあるが、2020年に一時的に低下する可能性がある」「総じてインフレ率は予測期間にわたって2%の目標に近づくと予想」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「カナダの成長は今年後半に潜在成長率を下回るペースまで減速すると予想」「貿易紛争に伴う不確実性、エネルギーセクターの継続的な調整、および第2四半期の成長を後押しした一時的な要因の解消を反映」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「金融政策の適切な道筋を検討するにあたり、世界的な景気減速が製造と投資を超えて広がる程度を監視する」

[2019-09-04][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「カナダ経済は潜在的状態に近く、インフレは目標を達成している」「貿易摩擦の激化と関連する不確実性は、世界およびカナダ経済に打撃を与えている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「現在の緩和的な金融政策は依然として適切」「将来の政策を決定するにあたり、世界の動向とカナダの成長、インフレ見通しへの影響を注視」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「米中貿易摩擦の激化で世界貿易は縮小。投資は弱まった」「7月予測よりも世界経済の勢いに大きく影響」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「米経済成長は緩やかながら堅調。消費者および政府支出に支えられている」「世界成長見通しに対する懸念が高まるにつれて、商品価格は下落した」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「インフレ率は目標の2%」「7月CPIインフレは、主に一時的な要因で予想よりも強かった」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「カナダの第2四半期の成長は力強く、7月予想を上回った。ただ。この強さの一部は一時的なものと予想される」

[2019-07-11][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.1]
・ウィルキンスBOC副総裁「輸出が引き続き最大の不確定要素だ」「貿易戦争が2021年までにカナダのGDPを2%程度削減させる」
・ウィルキンスBOC副総裁「貿易戦争が2012年にカナダのGDPを2%程度削減させる恐れ」「輸出が引き続き最大の不確定要素」

[2019-07-10][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「最近のデータによるとカナダ経済は潜在成長率が持ち直していることを示唆。ただ、見通しは持続的な貿易摩擦によって曇っている」「理事会は緩和的な政策金利が引き続き正当化されると判断」「将来の政策を決定するにあたり、エネルギーセクターの進展と貿易摩擦による成長・インフレ見通しに対する影響を監視する」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「最近の食料や自動車価格の上昇圧力を受けて、インフレ率は2%前後で推移」「コアインフレ率も2%近くにとどまっている」「ガソリン価格やその他の一時的な要因により、インフレ率は今年低下する可能性がある」「一時的な影響が弱まるにつれて、インフレ率は2020年半ばまでに2%まで持続的に回復すると予想」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「継続的な貿易摩擦が世界の経済見通しに重大な影響を及ぼしているという証拠が蓄積されている」「米国と中国の間の貿易摩擦は製造業と投資を抑制し、商品価格を押し下げている」

[2019-06-18][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・カナダ中銀のシェンブリ副総裁は講演で、カナダのインフレ率が中銀の目標を達成した背景には柔軟な為替相場があったとの認識を示した。

[2019-05-31][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・ウィルキンスBOC副総裁「2019年のBOC予想1.2%の経済成長が上振れするリスクも、下振れするリスクも両方ともあれ得る」
・カナダ中銀のウィルキンス上級副総裁は、企業投資は全般的に緩やかに拡大するとの見通しを示した。ただ、米中に加え、米国とEUとのあいだの通商摩擦の高まりに懸念を表明している。

[2019-05-29][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP -0.1]
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「最近のデータは、世界的な貿易リスクが高まっているものの、2018年末と2019年前半の減速は一時的なものであるという理事会の見解を強化」「理事会は緩和的な政策金利が引き続き正当化されると判断」「将来の政策を決定するにあたり、家計支出と石油市場、世界貿易政策の動向を監視する」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「CPIインフレ率は今後数カ月間、目標の2%前後にとどまると予想」「コアインフレ率はすべて2%近くにとどまっている」
・カナダ銀行(BOC、カナダ中央銀行)声明「最近の貿易摩擦の深刻化により、経済見通しについての不確実性が高まっている」「中国を巡る貿易規制は輸出に直接影響を及ぼしている一方、鉄鋼・アルミ関税撤廃とCUSMA批准の見込みで輸出と投資にプラスの影響がある」

(最終更新日時 2019-12-08 10:22)

カナダ銀行関係の発言・ニュース バックナンバー

カナダ銀行関係 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース