ルイス・デギンドスの発言・ニュース

ルイス・デギンドス

 ルイス・デ・ギンドスは1960年生まれのスペインの政治家で、財務省と総務省が統合されてできた、スペインの経済相(経済・競争力相)大臣です。

 デ・ギンドスは、リーマンショック勃発当時に、その元凶であるリーマンブラザーズの幹部としてイベリア半島(スペイン・ポルトガル)を統括する地域の責任者で有ったが、皮肉にも経済相として欧州債務危機で生じたスペイン債務問題から復帰するための責任者となった。

 また、2011年に経財相に就く前はマレ・ノストルム銀行で、取り締まり役員として就任していた。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-14][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「必要な情報が揃うまでにはもう少し時間がかかる」「データ次第の動きを続ける」「利上げの影響の多くはまだこれから現れる」「ディスインフレプロセスは続いている」
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は14日、金融政策の緩和を安全に開始する前に、インフレ率が目標に戻りつつあることを示すさらなる証拠が必要だと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のルイス・デギンドスの発言・ニュース

[2024-02-14][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「必要な情報が揃うまでにはもう少し時間がかかる」「データ次第の動きを続ける」「利上げの影響の多くはまだこれから現れる」「ディスインフレプロセスは続いている」
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は14日、金融政策の緩和を安全に開始する前に、インフレ率が目標に戻りつつあることを示すさらなる証拠が必要だと述べた。

[2024-01-29][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ECBはデータ次第であり、利下げのスケジュールなどはない」「ECBの利下げはインフレの展開次第」「紅海の状況が金利の決定に影響するとはみていない」

[2023-12-21][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「金利は本来の役割を果たしていて、インフレ率が低下している」「インフレ率が目標の2%に収束すると、金融政策は緩和し始める可能性がある」
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「しかし、今それ(目標の2%に収束するの)が起こるにはまだ時期尚早」「ECBは依然としてデータに依存している」「最近のデータは良好だが、政策を変更するには十分ではない」「利下げについて話すのは時期尚早だ」

[2023-12-04][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「最近のインフレデータは朗報でポジティブサプライズ」「勝利宣言をするには時期尚早」「金融政策スタンスはデータに左右され、会合ごとに変化する」

[2023-11-09][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁(新聞のインタビューで)「今後数カ月のインフレ見通しにはいくつかのリスクがあるため、私たちは慎重になる必要がある」「先行指標は、成長見通しが以前の予想よりも若干マイナスであることを示している」「依然としてインフレリスクを認識しているため、利下げは時期尚早」

[2023-11-01][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「基調インフレの減速は重要な要素」「今日発表されたインフレ率は『良いニュース』」

[2023-10-09][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ユーロ圏の下半期の成長率はゼロに近い見通し」「インフレは今後低下する見通し」「欧州中央銀行(ECB)の政策金利は、当分現状の水準で推移する見通し」「今後の政策金利の決定は、データ次第」
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「中東の地政学リスクの不透明感を受けた原油価格がリスク要因」

[2023-10-05][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「現状の政策金利水準はインフレ抑制に効果的」「今後の金融政策はデータ次第」
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「利下げの議論は時期尚早」

[2023-10-02][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁(FTとのインタビューで)「利下げの議論は早すぎる」「最近の原油価格の10カ月ぶりの高騰は我々の取り組みを難しくさせる」「金利に関してさらなる措置を講じる必要があるかもしれない」「政策伝達が不完全であれば、もう少し辛抱強くなるべき」
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「現行金利はインフレ目標達成に役立つ」「インフレは今後数カ月低下する見通し」

[2023-09-22][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP +0.7 CRHDP -0.2]
・デギンドスECB副総裁「インフレへのリスクは落ち着きつつある」

(最終更新日時 2024-02-15 11:00)

ルイス・デギンドスの発言・ニュース バックナンバー

ルイス・デギンドス カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース