エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-21][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は制限的」「4月CPIは良いニュースだったが、インフレがどのような方向に向かうかを判断するには時期尚早」「インフレ率が持続的に2%に向かうかどうかを判断するには、インフレに関するより多くの証拠を集める必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2024-05-21][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は制限的」「4月CPIは良いニュースだったが、インフレがどのような方向に向かうかを判断するには時期尚早」「インフレ率が持続的に2%に向かうかどうかを判断するには、インフレに関するより多くの証拠を集める必要」

[2024-05-17][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ率が2%に向かうという確信を得るにはさらに時間がかかるだろう」「FRBがさらなるデータを精査する中、金融政策は良好な位置にある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ面のリスクが増大」「成長と雇用に対する下振れリスクは低下」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現在の政策はインフレを低下させるだろう」「最新のCPIデータはインフレ抑制の兆しとして歓迎」

[2024-05-15][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレが反転すると結論付けるのは尚早」「利上げ検討に積極的ではない」「さまざまなリスクに対処するための政策は適切」

[2024-04-18][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年のインフレ率、想定よりやや高い」「インフレ率が2%への持続的な道筋の上にあると言えるまで、さらなる情報必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ率は低下するとなお予想」「労働市場は力強く、経済成長は堅調」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ率が2%へと低下しない場合、金利を現行水準より長期的に据え置く可能性」「政策緩和を急ぐ必要はないが、ある時点で緩和を開始する」「労働市場が悪化すれば、利下げの可能性」

[2024-04-05][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済、金融政策は良好な状況にある」「今年の成長率はトレンドを少し上回ると予想」「制限的な政策で需要を緩和するとみている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年後半に金利を引き下げる見込み」「ディスインフレのペースが昨年と一致するとは期待すべきではない」「修正データでは移民が予想よりも多いことが示された」「インフレ率2%に向けた進展は続くと予想」「インフレ低下に伴い利下げを検討すべき」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年後半には利下げできる状況にあると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ判断に、あと2、3カ月のデータ必要」「住宅、コアサービスインフレで一段の改善必要」

[2024-04-03][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年後半に利下げができると引き続き予想しているものの、次回会合では利下げはできないだろう」「経済が期待通りになればFRBは段階的な利下げが可能」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「政策にとってより大きなリスクは早すぎる利下げ」「好調な経済は利下げ前に状況を見極める余地を与える」「2%のインフレへのスムーズな回復は期待できない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済見通しに対するリスクはよりバランスが取れてきた」「今年のGDPは2%をわずかに上回る見込み」「労働市場のバランスは改善されるとみている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は若干減速しているものの、バランスを取り戻しつつある」「中立金利が以前ほど低くなるとは思わない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「雇用の伸びは鈍化し、失業率は若干上昇すると予想」「健全な労働市場は維持されるべき」「銀行の商業用不動産リスクは管理可能」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年3回の利下げを予想」「FOMCについて早まった判断をしないで欲しい。6月の利下げ可能性を除外することはない」

[2024-03-08][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済が予想通りに進展すれば今年後半の利下げの可能性は高い」「FRBは段階的に金利を引き下げることができると予想している」「時期尚早な利下げは最大の過ち」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「長期のFF金利見通し引き上げを検討している」

[2024-03-01][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「PCEデータはインフレが低下しているという見方を変えるものではない」「PCEはFEDがやるべきことがさらにあることを示している」「昨年ほどのペースでのインフレ緩和には頼れない」「需要、雇用、経済成長は緩やかになると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「PCEデータはさらなる行動が必要であることを示している」「2024年は3回の利下げが妥当」

[2024-02-07][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は良好な状況。FRBは年内利下げの可能性」「FRBが利下げする場合、利下げは緩やかなペースになる可能性が高い」「インフレが低下しなければFRBは現行政策を維持」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「時間の経過とともにインフレ率は2%に戻ると予想」「今年は成長と雇用が鈍化するとみられる」「労働市場が予想よりも早く冷え込むリスクに注意が必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「時期尚早の利下げは間違い」「インフレは予想よりも持続する可能性がある」「インフレ率が2%に到達するには賃金上昇率が依然として高すぎる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内に3回の利下げを依然として見込む」「利下げを急ぐ必要性があるとは思わない」「バランスシート縮小のペースを落とす緊急性ない」

[2023-11-30][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今後のデータ評価する上で政策は良い位置にある」「インフレは著しく進展しているものの、依然として2%を超えている」「さらなる利上げが必要かどうかは経済状況次第」

(最終更新日時 2024-05-22 10:32)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース