エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレが低下することを期待」「インフレ圧力はより広範になった」「インフレ低下の見通しのため、FEDは行動」「インフレはパンデミックを受けて広範に」「見通しが変化しなければ3月の利上げを支持」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDはバランスシートで何ができるかも検討」「経済が軌道に乗っている場合、3月の利上げは可能性が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ圧力は広範に」「インフレは依然低下すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBが金融緩和解除する論拠が圧倒している」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBはインフレを低下させるための行動必要」「FRB、バランスシートを、より理に適う規模に縮小必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRB市場を混乱させずにできる限り速やかなBS縮小すべき」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレが低下することを期待」「インフレ圧力はより広範になった」「インフレ低下の見通しのため、FEDは行動」「インフレはパンデミックを受けて広範に」「見通しが変化しなければ3月の利上げを支持」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDはバランスシートで何ができるかも検討」「経済が軌道に乗っている場合、3月の利上げは可能性が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ圧力は広範に」「インフレは依然低下すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBが金融緩和解除する論拠が圧倒している」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBはインフレを低下させるための行動必要」「FRB、バランスシートを、より理に適う規模に縮小必要」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRB市場を混乱させずにできる限り速やかなBS縮小すべき」

[2022-01-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は良好」「2022年3回の利上げを想定」「金融正常化への論拠は強い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「バランスシート縮小、最近のサイクルよりも速やかなペースも可能」「もし、経済が現状を保てば、3月の利上げを支持する可能性も」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「成長を脱線させることなく、インフレ抑制へ」

[2021-12-02][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「テーパリング加速の議論にオープン」「オミクロン株は新たなリスクだが、さらなるデータが必要」「必要に応じて来年数回の利上げが可能」「テーパリング加速によって早期の利上げが可能」

[2021-10-21][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利の引き上げはすぐにはおこらない」「金利の引き上げは短期的な考慮事項ではない」「長期的なインフレ期待は目標と一致」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現時点での金融の安定性についてはあまり心配していない」「来年はインフレ圧力が弱まると予想」「来年のインフレが緩和されない場合、政策対応を前進させる可能性」「FEDのテーパリングを支持」「利上げが目先検討されることは決してない」

[2021-10-08][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ見通しに関する不確実性は高まっている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDの予測は金利の急激な上昇を示していない」「インフレ見通しに関する不確実性は高まっている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策は供給ショックに対応すべきではない」 「最大雇用の責務達成は2022年末を予想」「インフレは低下を予想も、リスクは上方」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ見通しを巡る不透明性が上昇」

[2021-10-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「サイバーセキュリティはFEDにとって最優先事項」

[2021-10-02][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「最近の受給の状況はパンデミックに絡んだもの」「ボトルネックが緩和したら、インフレは低下」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「最近の受給の状況はパンデミックに絡んだもの」「2022年、2023年のインフレは2%を上回ると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレリスクは上方」「インフレ期待は広範に抑制」

[2021-09-24][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2022年の米GDPは3.75-4%を予想」「インフレ、上方リスクが下方リスクを上回る」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げの条件は2022年末までに達成すると想定」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「11月からのテーパリング開始を支持」
・日本経済新聞によると、米クリーブランド連邦準備銀行のメスター総裁は24日の講演で、利上げに踏み切り、ゼロ金利を解除する条件は「2022年末までに満たされると期待している」と語った。22日に終えた米連邦公開市場委員会(FOMC)の参加者18人が示した中期経済見通しで22年中の利上げを見込んだのは半数の9人だった。

[2021-09-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は記者団に対し、FRBが年内にテーパリングに着手することを引き続き望んでいると述べた。そのうえで、テーパリングの「明確なタイミング」については異なる見解があるかもしれないが、個人的には年内にテーパリングを開始し、来年上半期に資産買い入れを終了することに抵抗はないとの見方を改めて示している。

[2021-09-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内にテーパーを開始し、2022年上半期に終了することを支持」

(最終更新日時 2022-01-14 17:12)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース