エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は記者団に対し、FRBが年内にテーパリングに着手することを引き続き望んでいると述べた。そのうえで、テーパリングの「明確なタイミング」については異なる見解があるかもしれないが、個人的には年内にテーパリングを開始し、来年上半期に資産買い入れを終了することに抵抗はないとの見方を改めて示している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2021-09-13][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は記者団に対し、FRBが年内にテーパリングに着手することを引き続き望んでいると述べた。そのうえで、テーパリングの「明確なタイミング」については異なる見解があるかもしれないが、個人的には年内にテーパリングを開始し、来年上半期に資産買い入れを終了することに抵抗はないとの見方を改めて示している。

[2021-09-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年内にテーパーを開始し、2022年上半期に終了することを支持」

[2021-09-10][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター米クリーブランド連銀総裁「インフレ予測は今年も高いまま、来年は低下へ」「インフレには上向きのリスクが見られる」
・メスター米クリーブランド連銀総裁「今年、テーパリングを開始し2022年上期で終了することを支持」

[2021-08-31][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター米クリーブランド連銀総裁「インフレには上向きのリスクがあり、FRBはそれに注意を払う必要がある」「利上げのためのインフレ基準はまだ満たされていない」
・ロイターは、米クリーブランド連銀のメスター総裁が、米経済が力強く回復しているのは事実だが、最近のインフレ指標がFRBの物価安定目標を十分に満たしているとは確信できないと表明したと報じている。一方、テーパリングについては、年内に開始し、来年半ばまでに終了させることが望ましいとの立場を改めて表明。同時に、買い入れ額を減らした後もFRBは経済を支え続けることに変わりはなく、我々は依然として非常に緩和的だ」と強調した。

[2021-08-28][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「11月にテーパリングを開始するか、12月に開始するかは重大な違いにはならない」「FRBが基本、実質的なさらなる進歩の基準を満たしている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「9月のFOMC会合でテーパリングのタイミングとペースについて検討するべき」「2022年半ばまでにテーパリング終了を目指したい」「金利変更は今後さらに長くなるだろう」

[2021-08-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「私たちは実質的なさらなる進展を遂げた」「9月にテーパリングについて協議し、年末までに開始することを支持」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「テーパリングを急ぐ必要はない」「年内にテーパリングが開始されると予想」

[2021-06-23][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター米クリーブランド連銀総裁「米国経済はまだ高い金融安定リスクに直面している」「幾分バブルの証拠があり、FRBはそれを監視している」「債券市場の構造的問題には作業が必要」
・メスター米クリーブランド連銀総裁「FRBはテーパリングのための条件をまだ満たしていない」「金融政策の調整についてはまだ考えていない」

[2021-06-04][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米雇用統計は堅実な内容だったが、さらなる進展を見たい」

[2021-05-14][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年はインフレ率が2%を超え、その後低下すると予想」「我々はインフレ期待に焦点をあてている」

[2021-05-11][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「労働市場のさらなる底堅さを見たい」「インフレは年末に2%を超えると予想するが、2022年には再び低下するだろう」

(最終更新日時 2021-09-14 19:03)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース