エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-08][NP-2.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ウィルスの第2波がより人々を注意深くさせる」「パンデミック前のレベルに到達するまでには長い時間がかかる」「我々はしばらくの間、緩和的な金融政策を期待」「州、地方自治体はより多くの助けが必要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2020-05-13][NP-6.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2020年下半期に経済が一部回復すると予想」「コロナの最も厳しい経済的影響はQ2に」「米失業率は20%以上に達し、年末に低下すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「更なる直接的な財政支援策が必要」「基本的な見方として、下半期からの景気回復を予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「マイナス金利検討する前に他の手段を試すだろう」「米金融当局のプログラムが市場に信頼感もたらした」

[2020-04-11][NP-6.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「非常に悪い経済データが出てきている」「経済の停止は公衆衛生上の関心」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「世界中の中央銀行は適切な行動をとっている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDが行動の必要性を感じた場合、それを実行」「FEDのバランスシートの拡大についてそれほど懸念していない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは市場が壊れたと感じたので介入した」「市場は今よりはうまく機能するだろう」「マーケットの機能は完全には戻っていませんが、改善が見られる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現状ではインフレの上昇を懸念していない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「非常に悪い経済指標が今後出てくるだろう」「FRBの措置は市場が機能するようにするため」

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2020-07-08][NP-2.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ウィルスの第2波がより人々を注意深くさせる」「パンデミック前のレベルに到達するまでには長い時間がかかる」「我々はしばらくの間、緩和的な金融政策を期待」「州、地方自治体はより多くの助けが必要」

[2020-06-19][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済を2月の段階に戻すには長い時間がかかる」「復旧作業には多くの公的なサポートが必要」「経済の回復に自信」「流行前の経済を取り戻すには1-2年かかる」

[2020-06-18][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気回復を支援するため非常に緩和的な政策が必要」「今年の米成長率はマイナス6%程度と想定」「政策金利は2022年までゼロ%近辺で推移すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「必要ならFEDのバランスシートで追加的措置の余地」「今年インフレは低下」「この時点でフォワードガイダンスを強化する必要はない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「回復は長い道のりであり、長期間にわたって緩和的な政策が必要になるだろう」「今年のインフレはさらに低くなり、失業率はしばらくは上昇するだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「イールドカーブコントロールにおいて利益がコストを上回るかどうかは決定していない」「現時点でフォワードガイダンスの強化は必要ではない」「必要ならバランスシートで追加措置を行う余地がある」
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は、米経済は第2四半期に過去最悪のマイナス成長に陥る恐れがあるとし、回復の力強さは、新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた取り組みの成功にかかっているとの考えを示した。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は17日、 米国債利回りに目標水準を設けるイールドカーブ・コントロール(YCC)について、米金融当局にとって必要もしくは効果的な手段になるか引き続き確信が持てないでいると述べた。

[2020-06-01][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、米経済は活動再開にともない7-9月期に持ち直す可能性があるものの、消費者や企業は新型コロナウイルス感染に用心することから、回復のスピードは緩慢になるという見方を示したと報じている。

[2020-05-14][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「下半期にいくらかの改善が見られる可能性」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「マイナス金利は積極的に協議している手段ではない」
・米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は13日、マイナス金利政策について活発な議論は行っていないと明らかにした。CNBCのインタビューで述べた。ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2020-05-13][NP-6.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +1.9 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2020年下半期に経済が一部回復すると予想」「コロナの最も厳しい経済的影響はQ2に」「米失業率は20%以上に達し、年末に低下すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「更なる直接的な財政支援策が必要」「基本的な見方として、下半期からの景気回復を予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「マイナス金利検討する前に他の手段を試すだろう」「米金融当局のプログラムが市場に信頼感もたらした」

[2020-04-20][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.3]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、FRBは市場機能を支援すると同時に、企業が経済活動再開時に速やかに営業を開始できるよう取り組んでいると述べたと報じている。

[2020-04-17][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済指標は悲惨、しかし、想定外ではない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは支援手段の限界に直面していない」

[2020-04-11][NP-6.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「非常に悪い経済データが出てきている」「経済の停止は公衆衛生上の関心」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「世界中の中央銀行は適切な行動をとっている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDが行動の必要性を感じた場合、それを実行」「FEDのバランスシートの拡大についてそれほど懸念していない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは市場が壊れたと感じたので介入した」「市場は今よりはうまく機能するだろう」「マーケットの機能は完全には戻っていませんが、改善が見られる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現状ではインフレの上昇を懸念していない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「非常に悪い経済指標が今後出てくるだろう」「FRBの措置は市場が機能するようにするため」

[2020-04-01][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済に関するいくつかの非常に悪い数字が出るとみている」「ウィルスのせいで失業率が10%に増加するとみている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融市場をサポートするための取り組みを完全に行う」「失業率はなどと述べた。10%を超える可能性もあるが、30%には届かないだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「新型コロナウイルスで米失業率は10%を上回る可能性」

(最終更新日時 2020-07-09 13:21)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース