エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-26][NP-2.0 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、通商をめぐる先行き不透明性が経済見通しの重しとなっているとの認識を示し、経済をめぐる不確実性が解消しなければ、政策を下向きに調整する必要が出てくる可能性があると述べた、と報じている。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、経済に対する下方リスクに引き続き留意しているとしながらも、来月のFOMCには先入観を持って臨まない姿勢を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2019-11-22][NP-3.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは3回の利下げでよい位置に到達した」「ダウンサイドリスクを抱えており、投資は弱い」「来年の米国の成長率は2%でトレンドの近辺」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「弱さが経済全体に広がっている兆候はない」「リスクは下サイド、投資は弱い」「来年の米GDP成長率は2%程度とみる」

[2019-11-19][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国経済は順調」「インフレは2%を下回っているが目標に向かっている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の消費者は力強く、弾力性に富む」「米経済は順調」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年最後のFOMCでは政策金利は現状維持が望ましい」「金融政策は良い位置にあり、現状維持を希望」

[2019-10-11][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済がより深刻な下降を回避すると予想」「7、9月のFOMCでは金利据え置きが望ましかった」

[2019-10-05][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今日の雇用統計は非常に良いもの」「米国の経済はかなりうまくやっている」「貿易問題は我々が慎重に監視しなければならない逆風」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国経済は全体的にかなり順調」「製造の弱さが波及しているかどうかを確認したい」

[2019-10-04][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「特異な要因が労働市場とインフレに影響を及ぼす」
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は参加した討論会で、労働参加率を押し上げるために金融政策を緩和的に維持することは、労働需要の減退につながるオートメーション化が企業のあいだで一段と進むリスクを孕んでいると述べた。

[2019-08-26][NP-2.0 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、通商をめぐる先行き不透明性が経済見通しの重しとなっているとの認識を示し、経済をめぐる不確実性が解消しなければ、政策を下向きに調整する必要が出てくる可能性があると述べた、と報じている。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、経済に対する下方リスクに引き続き留意しているとしながらも、来月のFOMCには先入観を持って臨まない姿勢を示したと報じている。

[2019-07-03][NP     HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済が低成長と判断するには時期尚早」「政策金利引き下げは議論されているが、その効果は不透明」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策の変更前により多くの情報を得たい」「経済は2019年、順調に推移する可能性が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利下げを織り込む市場の動きは軽視できないが、市場が常に正しいというわけではない」「金融政策担当者にとって重要なことは、短期的な政治的考慮に左右されないこと」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)の予想よりも、成長が鈍化している可能性」「米連邦準備理事会(FRB)は、市場の期待感を斟酌しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FF金利は、中立金利付近で推移している」「利下げを決定する前に、インフレデータが必要」「インフレ率は、2.0%付近へ収れんする見通し」

[2019-05-24][NP     HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今、利下げすることは悪い政策になるだろう」

[2019-05-04][NP+3.0 HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FOMCの忍耐強い姿勢を完全に支持」「インフレ圧力が高まっているとは思わない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「労働市場は強い」「低インフレが一時的であると考える正当な理由がある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利は中立で我々は良い水準にいる」「FEDにとって重要なことはインフレを2%にヒットさせること」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは金融市場にサプライズを与えないよう努力している

[2019-04-05][NP+4.0 HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気が回復すれば、若干金利を引き上げる必要がある」「最近の経済はデータは第1四半期の成長鈍化を示唆」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の米GDP成長率は2%と見込む」「FRBの政策姿勢を変更する緊急性ない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気が回復すれば金利を若干引き上げる必要」「今回のサイクルで利上げが完了した可能性もある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「もし見通しがあっていれば、FEDは金利をわずかだが上げるべき」

(最終更新日時 2019-11-24 12:46)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース