エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-12][NP+4.2 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の力強い景況感が、今年のあと2回の利上げ見通しを正当化している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-07-13][NP+4.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・クリーブランド連銀のメスター総裁が、国内経済は年内さらに2回の利上げに対応可能との認識を示したと報じている。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2018-10-29][NP     HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・クリーブランド連銀のメスター総裁がインタビューで、市場変動について現時点で自身の見通しに影響を及ぼしていないとの認識を示した、報じている。市場が秩序だった形で機能しているほか、状況はなお緩和的と指摘。賃金は上昇しつつあるが、インフレ圧力はみられないとしたという。

[2018-10-26][NP+3.0 HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済は非常に良好に推移」「GDP伸び率は今年3%超、来年2.75-3%と予想」「最近の株価動向は投資家の過度の悲観意味せず」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「一段の穏やかな利上げを見込んでいる」「米経済は非常に良好に推移している」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「トランプ政権の税制改革で長期見通し変更せず」「経済見通しへのリスクは引き続き均衡と判断」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済の長期的な成長率は2%前後」「成長に幾分減速が見られるが、依然平均を上回っている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「足もとの金融市場のボラティリティを受けて見通しを変更しない」「金融市場では自然なことが起こっている」

[2018-10-25][NP     HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済のファンダメンタルズは強い」「関税は経済に潜在的なリスクをもたらす」「最近の市場の落ち込みで政策スタンスを調整しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「市場の下落を受けて、政策方針を修正しない」「度々の政府によるツイートはFRBの政策に影響しない」

[2018-10-04][NP     HDP +2.7 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げのペースはインフレに依存」「2%前後のインフレは金融政策や成長率に依存」「依然として漸進的な利上げが適切」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げが依然適切」

[2018-09-08][NP     HDP +2.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「非常に強い米雇用統計が緩やかな利上げ方針の裏付け」「インフレは今年末までに持続的に2%に達すると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「政策金利はニュートラルに向けて徐々に推移」「非常に強い雇用指標が緩やかな利上げをサポート」

[2018-08-24][NP+4.6 HDP +2.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「本年の米国経済成長見通し、3%近くに引き上げ」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げ軌道が適切」「経済、予想より強い勢い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の成長率予想を3.00%程度に上方修正する」「米連邦準備理事会(FRB)のこれまでの政策は正しい」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現時点では、FF金利誘導目標を3.0%付近と思われる中立金利以上に引き上げるべきかの判断は難しい」
・米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、CNBCに対し、第3四半期の米経済はこれまで力強く推移しており、経済の勢いは予想以上との認識を示し、引き続き穏やかな利上げが適切と考えていると述べた。

[2018-07-13][NP+4.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・クリーブランド連銀のメスター総裁が、国内経済は年内さらに2回の利上げに対応可能との認識を示したと報じている。

[2018-07-12][NP+4.2 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の力強い景況感が、今年のあと2回の利上げ見通しを正当化している」

[2018-06-01][NP-1.0 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは急激な上昇とはならない」

[2018-05-24][NP     HDP +2.7 CHDP +0.1 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利回り曲線の形状を過度には懸念せず」「年内3回ないし4回の利上げなら漸進的なペース」

(最終更新日時 2018-10-30 17:01)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース