エンリコ・レッタの発言・ニュース

エンリコ・レッタ

 エンリコ・レッタは、1966年生まれのイタリアの政治家で、2013年4月24日にイタリアの首相に任命されています。

 レッタはイタリア第1党である中道左派連合の党員で、首相任命時には民主党前副書記長のポストに付いていたが、前任の党首であるベルサーニ氏が大統領選出に5回の失敗し、その責任から辞職する事になったことを受けて、第1党の代表として首相に任命された。

 また、レッタは青年時に中道左派連合の反対勢力である中道右派としての活動をした事や、叔父が中道右派の代表であり前首相のベルルスコーニ相談役を務めていた事から、イタリア政権のまとめ役として期待されている。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-16][NP+2.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「我々はインフレの安定を目にするだろう」「サプライチェーン回復に数か月要する可能性」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年後半が力強くなるだろう」「今年の成長は全体で6%以上になるだろう」「物価は安定するか、若干下落するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のエンリコ・レッタの発言・ニュース

[2021-05-07][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「コロナウィルスは依然として見通しにリスクをもたらしている」「見通しは明るいが、いくつかのリスクが残っている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今後数カ月、消費者物価指数(CPI)は上昇するだろう」「インフレは今年2%を超えるだろうが来年は低下する」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「広範囲な回復を望むため、金融政策はまだ暫く緩和的であるべき」「今年の経済成長率は6-7%を予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「もしテーパリングの条件に達したとしても、FRBは債券購入を続け、量的緩和は継続される」

[2021-05-06][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレや金融の安定リスクがない場合は強い雇用市場に行動しない」「フォワードガイダンスは、改訂された金融政策戦略と完全に一致」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「全体的な金融安定リスクは中程度」「年末時点で失業率は4.5%と予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレ目標達成を期待」「現在のFEDの政策が過剰な市場リスクを引き起こす可能性は低い」「金融安定リスクの急増は見られない」

[2021-04-16][NP+2.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「我々はインフレの安定を目にするだろう」「サプライチェーン回復に数か月要する可能性」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「年後半が力強くなるだろう」「今年の成長は全体で6%以上になるだろう」「物価は安定するか、若干下落するだろう」

[2021-04-06][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは依然として目標からは遠い位置にいる」「見通しは明るくなっている」「最新の雇用統計は素晴らしかったが、もっと雇用が必要」「FEDの政策は忍耐強くあるべき」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「次の数か月の高いインフレの指標を期待」「高いインフレが維持されると期待すべきではない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「現段階では債券利回りの上昇に注目せず」「長期債利回りの上昇は理解可能であり、見通しの改善に牽引されている」「財政の状態はまだ順応性がある」

[2021-02-09][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済の回復は遅いが、予防接種によって加速する」「FEDは長期間支援を維持する」「経済は今後しばらくの間FEDの支援を必要とする」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレを2%に戻すには時間がかかる」「インフレがより迅速にターゲットに向かって上昇する場合は問題ない」「予防接種のペースは期待されていたほど迅速ではない」

[2021-02-05][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・CNBCは、米クリーブランド連銀のメスター総裁がインタビューで、ゲームストップ株の荒い値動きについて、「ボラティリティーが金融市場の他の分野に波及しないよう監督するべきだが、現時点ではそのような状況には陥っていない」と述べたと報じている。

[2021-02-05][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・CNBCは、米クリーブランド連銀のメスター総裁がインタビューで、ゲームストップ株の荒い値動きについて、「ボラティリティーが金融市場の他の分野に波及しないよう監督するべきだが、現時点ではそのような状況には陥っていない」と述べたと報じている。

[2021-02-04][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策について今は良い場所にいる」「一段の財政支援が必要となる可能性」
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は、緩和的な金融政策は米経済を長期的に支援できるが、新型コロナウイルスのパンデミック下では短期的に追加の財政支援が恐らく必要だとの見方を示した。
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ボラティリティーが波及しないように監督するべき」

[2021-01-13][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDと財政政策は引き続き回復を支援する必要がある」「ワクチンは中期的な見通しに自信を与える」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは、回復が予想よりもはるかに強い場合、政策を調整する」「現在の経済的不測の事態に対処するのに適した金融政策」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は予想以上に回復力がある」「見通しが変わらない場合、2021年にポリシーを変更する必要はない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDの政策は忍耐強く緩和的であり続けるべき」「見通しは不透明、下振れリスクは軽減」

[2021-01-08][NP     HDP +2.1 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は、2021年後半の成長が2020年より相当強いと楽観、と発言した。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は、米金融当局は忍耐強く緩和的姿勢と述べた。

(最終更新日時 2021-05-08 15:26)

エンリコ・レッタの発言・ニュース バックナンバー

エンリコ・レッタ カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース