先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-30][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・来年の米国でのG7サミット開催地でトランプ大統領がフロリダ州マイアミ近郊の一族所有のゴルフリゾートを提案したことについて、下院民主党議員は連邦政府当局者が政府事業から利益を得ることを禁じた憲法条項への違反を調査する計画だと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2019-08-30][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・来年の米国でのG7サミット開催地でトランプ大統領がフロリダ州マイアミ近郊の一族所有のゴルフリゾートを提案したことについて、下院民主党議員は連邦政府当局者が政府事業から利益を得ることを禁じた憲法条項への違反を調査する計画だと報じている。

[2019-08-26][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会議の外交安全保障に関する討議で、トランプ米大統領が韓国の文大統領を批判していたことがわかった、と報じている。米国の再三の要請にもかかわらず、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したことや、いわゆる徴用工問題など、韓国の不誠実な対応が背景にあるとみられるという。
・G7首脳が、G8から排除したロシアの復帰について議論したと報じている。ただ、議論内容は「一切公表しない」としたという。
・G7はサミット初日の討議で、イラン核問題をめぐり核保有を認めず、地域の平和と安定を求めていく方針で一致した。
・フランス南西部ビアリッツで開かれている先進7カ国首脳会議(G7サミット)は25日、2日目の討議を終えた。巨大IT企業の税逃れを防ぐ「デジタル課税」を巡って重要性を確認。世界的な不平等の拡大への懸念も共有し、教育や雇用、女性支援などを通じた対応策を協議した。3日間の討議を終え、26日午後(日本時間同日夜)に閉幕する。
・仏ビアリッツでの主要7カ国(G7)首脳会議(G7サミット)は26日、共同声明の発表を見送り、閉幕する。なお現在、マクロン仏大統領とトランプ米大統領による記者会見が開かれている。

[2019-08-22][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7議長を務めるフランスのマクロン大統領は記者団に対し、今回のサミットでは、例年発表されている首脳宣言を取りまとめない考えを示した。その理由として「G7内には現実的に対立がある」としたうえで、イラン情勢や地球温暖化対策をめぐって、トランプ米大統領と各国のあいだで意見の隔たりが大きいことを挙げている。

[2019-08-15][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・24-26日にフランスで行われるG7サミットで、日本によるアフリカ開発会議(TICAD)の取り組みを支持する文言を、首脳宣言案に盛り込む方向で調整が進んでいることがわかった、と報じている。

[2019-07-19][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相・中銀総裁会議が閉幕し、フランスが議長総括を公表した。IT大手への「デジタル課税」について新たな規則を開発すべきだとの認識を示し、法人税の最低税率が公平な税負担を確保すると表明している。
・G7財務相・中銀総裁会議が閉幕し、フランスが議長総括を公表した。そのなかで、米IT大手フェイスブック(FB)の暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に関し、「金融システムなどに深刻な懸念を生じさせる」と指摘。最高水準の規制が必要と訴えている。

[2019-04-07][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7外相会合は、2日間の討議を終えて閉幕した。採択した共同声明では北朝鮮に対し、挑発を控えて米国との非核化協議を続けるよう要求。北朝鮮の完全な非核化を実現するまで国連安全保障理事会決議に基づく制裁を維持する方針を記している。一方、中国に関しては南シナ海で大規模な埋め立てを進める中国の海洋進出に深刻な懸念を表明。自由で開かれたルールに基づく国際社会への責任ある参加を促すとともに、中国での外国人拘束や人権侵害への懸念も示し

[2018-12-03][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7の外相は、ロシアがウクライナ艦船3隻を拿捕(だほ)したことについて「最大限の懸念」を表明する声明を発表した。また同時に、ロシアによるクリミア半島併合をG7として認めることはないとの立場も示している。

[2018-06-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕した。焦点の通商問題について、宣言は「ルールに基づく貿易」の重要性を強調し、「保護主義と引き続き闘う」と明記。北朝鮮にすべての大量破壊兵器の「完全、検証可能かつ不可逆的な廃棄」を求めている。
・G7首脳会議(サミット)は、2日間の討議を総括した首脳宣言を採択し、閉幕したが、米朝首脳会談出席のため途中退席をしたトランプ米大統領は、閉幕後に自身のツイッターで、議長国カナダのトルドー首相の会見内容に不満を示したうえで、首脳宣言を承認しないよう米代表団に指示したことを明らかにした。
・G7サミットの議長国カナダのトルドー首相は、閉幕後の記者会見で「7ヵ国の共同宣言を採択し、一定の成果を挙げられた」と述べた。ただ、一方で、米国による鉄鋼やアルミニウムへの輸入制限措置の発動について「侮辱的」と批判、「我々は断固たる対応を取る」と説明している。
・G7サミット=主要7か国首脳会議が閉幕したあと、トランプ大統領が関税をめぐるカナダのトルドー首相の発言に不満をあらわにしたことなどについて、カナダのフリーランド外相は、理性に欠けた攻撃だと強く反論し、アメリカからの輸入品に報復関税をかけることを強調した。

[2018-06-09][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳会談、最終的な共同声明がでる可能性はほとんどないと報じられた。
・フリーランド・カナダ外相「G7の数カ国は『ロシアは復帰すべきではない』との見解で一致」

[2018-06-08][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)はカナダ東部シャルルボワで8日昼(日本時間9日未明)、開幕する。トランプ米政権の輸入制限を踏まえ、通商問題を巡り討議。安倍晋三首相は、対抗措置の応酬はどの国の利益にもならず、自由で公正な貿易が重要だと主張する見通し。欧州やカナダも懸念を表明するとみられ、G7内の対立は必至だ。北朝鮮の非核化に向けた米朝首脳会談の成功を後押しする方針では一致する。

(最終更新日時 2019-08-31 12:32)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース