先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-12-02][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、G7高官が、ロシア産石油価格の上限を1バレル60ドルに設定し、市場価格を5%下回る水準に維持するための仕組みも設ける方向でG7が合意に「極めて近い」と明らかにしたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2022-12-02][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、G7高官が、ロシア産石油価格の上限を1バレル60ドルに設定し、市場価格を5%下回る水準に維持するための仕組みも設ける方向でG7が合意に「極めて近い」と明らかにしたと報じている。

[2022-11-30][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7は、ベルリンで法務相会合を開き、ウクライナでの残虐行為を告発する措置の一環として、戦争犯罪の調査を調整するネットワークを設立することで合意した。司法相会合には、ウクライナのマリウスカ法務相のほか、国際刑事裁判所の特別検察官と独連邦検察官も出席したという。

[2022-11-21][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7外相は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会が「一段の重要な措置」を取ることを求める共同声明を発表した。安保理は21日、北朝鮮による18日のICBM発射をめぐり緊急会合を開く予定となっている。

[2022-11-07][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7外相は、ロシアによるウクライナへのインフラ攻撃を非難する声明を採択した。ウクライナでは大規模なミサイル攻撃で停電や断水が相次ぐ。越冬支援方針でも一致した。

[2022-11-04][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・「G7各国がロシア産石油の上限で固定価格設定で合意」などと報じた。
・ロイターは、G7と豪州が、月内に決定するロシア産石油価格の上限について、変動レートではなく固定価格を採用することで合意したと報じている。関係筋が明らかにしたという。

[2022-10-25][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7議長国ドイツと欧州委員会は、ロシアが侵攻するウクライナの復興に向けた方策を討議する国際会議をベルリンで開いた。G7やEU諸国、G20、国際機関、市民団体などの専門家らが集まり、ウクライナの代表者らとともに協議。国際社会のウクライナへの結束を改めて強調したい考えだ。

[2022-10-24][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7は、ロシアがウクライナ南部ザポロジエ原子力発電所の幹部や職員を繰り返し拉致していることを非難し、原発の完全な管理権を即座にウクライナに返還するよう求めた。ロシア軍は、2月にウクライナ侵攻を始めてすぐにザポロジエ原発を支配下に置いている。

[2022-10-19][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・時事通信によると、 米ワシントンで先週開かれた先進7カ国(G7)と20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議は、円やユーロなどの通貨価値が対ドルで軒並み下落する「ドル独歩高」を念頭に、為替変動に対する懸念を共有した。しかし、その後も米国からはドル高を容認する要人発言が繰り返され、円相場は連日、約32年ぶりの安値を更新。為替をめぐる国際連携の実効性が問われそうだ。

[2022-10-13][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7声明草案「システミックリスク上昇に備える必要性」「多くの通貨が著しく変動した」「マクロ政策での協調強化へ」「為替について2021年4月の文言に再コミット」
・G7財務相・中銀総裁会議は声明で、多くの国の通貨が著しく変動していることへ懸念を表明した。

[2022-10-12][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳はオンライン形式での緊急会合後に声明を発表し、ロシアによるウクライナ全土への大規模なミサイル攻撃について「罪のない市民に対する無差別攻撃」だとして「もっとも強い言葉で非難する」と強調した。

(最終更新日時 2022-12-03 12:20)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース