先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-17][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7サミットで合意したロシアの凍結資産を活用する500億ドル規模のウクライナ支援に関し、EUが支援金全体の半額程度を拠出する意向であることがわかったと報じている。米政府高官が明らかにしたという。日本も軍事目的に使われない方法で資金拠出に加わることを検討する。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2024-06-17][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7サミットで合意したロシアの凍結資産を活用する500億ドル規模のウクライナ支援に関し、EUが支援金全体の半額程度を拠出する意向であることがわかったと報じている。米政府高官が明らかにしたという。日本も軍事目的に使われない方法で資金拠出に加わることを検討する。

[2024-06-14][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳声明案は中国の「非市場的政策」に懸念を示したと、時事通信が伝えた。
・主要7カ国(G7)がロシアの凍結資産を活用したウクライナ支援の枠組みで合意した。米国は最大500億ドル(約7兆8000億円)を貸し付ける方針だ。G7が拠出する基金を設け、ロシア凍結資産の運用収益を返済に充てる。凍結資産の元本を没収する案を避けるなど、金融システムへの影響にも配慮した。

[2024-06-13][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・主要7カ国(G7)はウクライナに約500億ドル(約7兆8640億円)の新たな支援を提供する仕組みで合意した。事情に詳しい関係者が明らかにした。支援は年内に始まるという。

[2024-06-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7がロシアの凍結資産を活用したウクライナ支援のため、基金を設ける方針で大筋合意したと報じている。まず米国や英国などが基金に資金を貸し付け、基金からウクライナに資金を贈与するという。凍結資産の運用収益を返済に充てる。

[2024-06-10][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7サミットが13-15日、イタリア南部プーリア州で開かれる。G7首脳はロシアのウクライナ侵攻に結束して対応する方針を確認。イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘が続く中東情勢や、移民対策、生成AI(人工知能)への法規制の在り方について意見を交わし、共同声明を出す。

[2024-06-04][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳は、イスラエルとイスラム組織ハマスとの戦争に関してバイデン米大統領が示した停戦案を「全面的に支持する」と声明で発表した。

[2024-06-03][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7がイタリアで13-15日に開くサミットで取りまとめる共同声明に、AIに関し「軍事分野での責任ある開発と使用を推進する枠組みの必要性」を明記する方向で調整に入ったと報じている。国際人道法の準拠に言及し、兵器利用をめぐる一定のルール共有を目指すという。「安全、安心で信頼できるAIを促進し、人間中心のデジタル変革を追求する」と指摘。AIが生産性向上や質の高い仕事に資するよう労働分野の行動計画の策定に着手する。
・G7とEUが、ロシアの制裁逃れをほう助する金融機関を規制する方法について検討していると報じている。一部の同盟国が検討しているのは、貿易制限を回避するために国際銀行間通信協会(SWIFT)のシステムに似たロシア中銀の金融メッセージシステムを利用している第三国の金融機関を対象とする措置だという。

[2024-05-27][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相・中銀総裁会議は、2日間の討議を終え、共同声明を採択して閉幕した。声明は中国による電気自動車(EV)などの過剰生産に「懸念」を表明。世界経済の強化へ、不公正貿易など「有害な慣行」に連携して対応する姿勢を示した。為替に関しては過度の変動が経済に悪影響を与え得るとの合意を改めて確認している。
・G7財務相会議は共同声明で、外国為替市場の過度な変動は経済の安定に悪影響を与えるとした過去の合意を「再確認する」と明記した。
・G7財務相会議の共同声明は、凍結したロシアの資産活用について、6月の首脳会議に向け「議論を前進させている」と説明した。

[2024-05-24][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が23日夜(日本時間24日未明)、イタリア北部ストレーザで開幕した。ウクライナ侵攻への制裁で凍結したロシアの資産から生じる利子をウクライナ支援に使うことや、中国企業の過剰生産が世界経済に及ぼす影響を議論する。外国為替市場でのドル高進行について協議する可能性もある。
・日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は24日午前(日本時間24日午後)、イタリア北部ストレーザで本格討議が始まった。

[2024-05-23][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7財務相・中銀総裁会議が23日からイタリア北部の都市ストレーザで始まると報じている。世界経済の分断リスクが重点テーマのひとつに浮上。米国が対中関税の引き上げを表明するなど、深まる「貿易戦争」に歯止めをかけられるかが焦点となりそうだ。

(最終更新日時 2024-06-18 10:39)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース