先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の関係者による発言や、為替・株式・商品相場に関連性が高いと考えられるニュースを掲載しています。

 このカテゴリ内では、G7の財務相や中央銀行関係者による発言やニュースを元にHDP・RHDPを作成していますが、共同声明を含め、複数の人物による数値となるため目安範囲となります。

 また、G7は、フランス・アメリカ合衆国・イギリス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ、以上のの7カ国を指します。

HDP

中間派

 HDP   -2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-26][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳はテレビ会議後に首脳声明を出し、ロシアの侵攻を受けるウクライナに「必要な限りの支援」を続けると強調した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)の発言・ニュース

[2024-02-26][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳はテレビ会議後に首脳声明を出し、ロシアの侵攻を受けるウクライナに「必要な限りの支援」を続けると強調した。

[2024-02-20][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7交通相は、紅海でイエメンの反政府勢力「フーシ」による商船への攻撃が相次いでいることを受け、オンラインでの臨時会合を開いた。フーシを非難するとともに、安全な航行の確保に向けて連携を強化する方針などを盛り込んだ宣言を採択する。

[2024-02-19][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7は、ドイツ南部ミュンヘンで外相会合を開き、ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の獄死を受けて、ロシア当局を非難する議長声明を発表した。死亡の経緯を明らかにし、反体制派への弾圧を停止するよう求めている。

[2024-02-16][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、G7首脳が、ロシアによるウクライナ侵攻から2年が経過する24日に首脳会議(サミット)をテレビ会議形式で開催すると報じている。今年G7の議長国を務めるイタリアの政府筋が述べたという。

[2024-01-24][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、今年のG7議長国を務めるイタリアが、ロシアに侵攻されたウクライナに対してG7として全面的な支援を続ける意向を示していることが分かったと報じている。ウクライナでの戦闘でロシアが優勢になっているとの観測や、西側諸国に支援疲れがあるとの見方に対抗するという。

[2024-01-05][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・今年のG7議長国を務めるイタリアのメローニ首相は記者会見し、アフリカの開発支援と人工知能(AI)による脅威への対策が、議長国としての2つの主要テーマになると述べた。また、イタリアはウクライナへの支援を継続すると明言したほか、中東の紛争がさらにエスカレートすれば「想像もつかない結果」を招きかねないと警鐘を鳴らしている。

[2023-12-22][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・米紙NYタイムズは、G7が経済制裁の一環で凍結したロシアの資産を接収し、ウクライナ支援に活用するための検討を加速させていると報じている。バイデン米政権が日本を含むG7各国に対し、ロシアの侵攻開始から2年の節目となる来年2月24日までに方針をまとめるよう呼び掛けているという。

[2023-12-21][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・ロイターは、インドがG7にロシア産ダイヤモンド輸入禁止措置の実施を延期するよう要請したことが、関係者2人の話で分かったと報じている。原産地の追跡ルールが依然として不透明だとしている。世界のダイヤモンド加工・研磨産業の90%を占めるインドは、禁輸措置を実施するうえで重要な国となる。

[2023-12-11][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7内務・安全担当相会合が水戸市で開かれ、国境を越えて活動する組織的詐欺グループの追跡や摘発を強化していくことで合意し、閉幕した。共同声明には、ウクライナへの継続的な支援やイスラエル・パレスチナ情勢の緊迫化にともなうテロの脅威に対抗していくこと、生成AI(人工知能)を悪用した手口の情報共有なども盛り込まれた。

[2023-12-07][NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
・G7首脳はオンライン会合を開くなか、オンラインでウクライナのゼレンスキー大統領とも会談を行い、改めて連帯を表明した。また、ロシア産ダイヤモンドの新たな禁輸措置で合意したという。
・G7首脳はオンライン会合を開き、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルにさらなる人道的な戦闘休止を求めた。また、イランに対し、ハマスやレバノンの武装組織ヒズボラ、フーシ派武装勢力への支援を自制するよう求めている。

(最終更新日時 2024-02-27 11:07)

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) バックナンバー

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7) カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース