ロレッタ・メスターの発言・ニュース

ロレッタ・メスター

 ロレッタ・J・メスターは、アメリカの銀行家で、クリーブランド連銀総裁として2014年6月1日より就任している。

 クリーブランド総裁以前は、フィラデルフィア地区連銀においてフィラデルフィア地区連銀副総裁兼リサーチ部門ディレクターを歴任しています。

 また、彼女は銀行と経済問題の専門家で、「大きくて潰せない」と言う米銀行問題について、銀行のサイズは経済活動の大きさにより変わるものであり、大小銀行にはそれぞれのリスクがあるため、「大きな銀行=危険(分割する)」と言う事にならないと主張している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-26][NP-2.0 HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、通商をめぐる先行き不透明性が経済見通しの重しとなっているとの認識を示し、経済をめぐる不確実性が解消しなければ、政策を下向きに調整する必要が出てくる可能性があると述べた、と報じている。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、経済に対する下方リスクに引き続き留意しているとしながらも、来月のFOMCには先入観を持って臨まない姿勢を示したと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロレッタ・メスターの発言・ニュース

[2019-08-26][NP-2.0 HDP +2.8 CHDP -0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.2]
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、通商をめぐる先行き不透明性が経済見通しの重しとなっているとの認識を示し、経済をめぐる不確実性が解消しなければ、政策を下向きに調整する必要が出てくる可能性があると述べた、と報じている。
・米クリーブランド連銀のメスター総裁が、経済に対する下方リスクに引き続き留意しているとしながらも、来月のFOMCには先入観を持って臨まない姿勢を示したと報じている。

[2019-07-03][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済が低成長と判断するには時期尚早」「政策金利引き下げは議論されているが、その効果は不透明」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融政策の変更前により多くの情報を得たい」「経済は2019年、順調に推移する可能性が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利下げを織り込む市場の動きは軽視できないが、市場が常に正しいというわけではない」「金融政策担当者にとって重要なことは、短期的な政治的考慮に左右されないこと」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米連邦準備理事会(FRB)の予想よりも、成長が鈍化している可能性」「米連邦準備理事会(FRB)は、市場の期待感を斟酌しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FF金利は、中立金利付近で推移している」「利下げを決定する前に、インフレデータが必要」「インフレ率は、2.0%付近へ収れんする見通し」

[2019-05-24][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今、利下げすることは悪い政策になるだろう」

[2019-05-04][NP+3.0 HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FOMCの忍耐強い姿勢を完全に支持」「インフレ圧力が高まっているとは思わない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「労働市場は強い」「低インフレが一時的であると考える正当な理由がある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金利は中立で我々は良い水準にいる」「FEDにとって重要なことはインフレを2%にヒットさせること」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは金融市場にサプライズを与えないよう努力している

[2019-04-05][NP+4.0 HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気が回復すれば、若干金利を引き上げる必要がある」「最近の経済はデータは第1四半期の成長鈍化を示唆」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「今年の米GDP成長率は2%と見込む」「FRBの政策姿勢を変更する緊急性ない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気が回復すれば金利を若干引き上げる必要」「今回のサイクルで利上げが完了した可能性もある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「もし見通しがあっていれば、FEDは金利をわずかだが上げるべき」

[2019-02-20][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「強い労働市場は消費者を支える」「米国は財政的に持続可能な道を歩んでいない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「2019年、2020年に景気後退を予想しない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「消費は良好」「毎月の小売売上高の指標は変動が激しい」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「本年にBS解消を終了することを支持」

[2019-02-19][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBは今後の数会合でバランスシートの計画をまとめる」「FRBは今後の金利の動きに関して様子見の姿勢」「見通し通りであれば金利をわずかに引き上げる必要がある」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済のファンダメンタルズは堅調、リスクを監視」

[2019-02-14][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBの現在の柔軟なインフレ目標は非常に良く機能している」
・米クリーブランド連銀のメスター総裁は、米企業の自社株買い実施について、堅調な経済情勢を踏まえ企業自らの判断に委ねるべきとの見解を示した。

[2019-02-13][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FRBのバランスシート縮小は非常に漸進的になる」「米労働市場はおそらく最大雇用をやや超えている」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FEDは必要ならバランスシートの計画変更の用意」「インフレ圧力の兆候はない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国は最大雇用を若干上回っている可能性」

[2019-02-05][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +3.7 CRHDP +0.0]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「景気が予想通りなら、若干の金利上昇が必要も」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「将来のFRBの行動については様子見姿勢を支持」「景気が予想通りであれば若干金利を引き上げる必要がある」「景気が予想より弱まれば政策見解の調整も」

(最終更新日時 2019-08-27 11:16)

ロレッタ・メスター バックナンバー

ロレッタ・メスター カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース