ロレッタ・メスターの発言・ニュース

ロレッタ・メスター

 ロレッタ・J・メスターは、アメリカの銀行家で、クリーブランド連銀総裁として2014年6月1日より就任している。

 クリーブランド総裁以前は、フィラデルフィア地区連銀においてフィラデルフィア地区連銀副総裁兼リサーチ部門ディレクターを歴任しています。

 また、彼女は銀行と経済問題の専門家で、「大きくて潰せない」と言う米銀行問題について、銀行のサイズは経済活動の大きさにより変わるものであり、大小銀行にはそれぞれのリスクがあるため、「大きな銀行=危険(分割する)」と言う事にならないと主張している。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-03][NP-3.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「20年末の米GDPは19年末時点を幾分下回る」「20年末の失業率、ひと桁で高止まりを予想」「20年末のインフレ率、2%を大幅に下振れと予想」「インフレ上昇圧力、金融安定リスクなければ強い雇用状態は問題にならない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の回復はもろい」「経済成長は第2四半期で底を打ち、第3、第4四半期はプラス成長が見込まれる」「持続可能な回復はより多くの財政支援によるだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国は強い経済に戻るだろう」「経済が完全に回復するまでには時間がかかる」「経済は財政と金融政策の両方のサポートを必要とする」「ダウンサイドリスクはアップサイドリスクよりも確率が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済が完全に回復するためには、金融政策と財政政策の支援が必要」「労働市場がパンデミック前のレベルに戻るには数年かかるだろう」「インフレが目標の2%までに戻るのはしばらく時間がかかるだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のロレッタ・メスターの発言・ニュース

[2020-10-22][NP     HDP +2.3 CHDP -0.1 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「より多くの財政支援はウィルス後の経済をより良くする」「金融安定リスクへの注視が必要」

[2020-10-15][NP     HDP +2.3 CHDP -0.1 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「より持続的、広範な景気回復には当面かかる」「20年末の米GDP、19年の水準をいくらか下回ると予想」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「20年末の失業率は高い一桁でインフレ率は2%を大きく下回る見込み」「景気回復は金融緩和策と財政政策の支援があれば今後2-3年続く」

[2020-10-07][NP     HDP +2.3 CHDP -0.1 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「回復は継続するが、より遅くなるだろう」「財政政策の話がストップしたのは残念」「多くの世帯、中小企業はまだ助けが必要」

[2020-09-29][NP-4.0 HDP +2.3 CHDP -0.1 RHDP -0.1 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済は依然、深刻な状況」「依然追加財政支援が必要」

[2020-09-23][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米経済の回復には大規模な金融緩和策と財政支援が必要」

[2020-09-04][NP     HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「債券購入の構成を変更する必要はないだろう」「FRBのフォワードガイダンスは最終的に改定する必要があるだろう」

[2020-09-03][NP-3.0 HDP +2.4 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「20年末の米GDPは19年末時点を幾分下回る」「20年末の失業率、ひと桁で高止まりを予想」「20年末のインフレ率、2%を大幅に下振れと予想」「インフレ上昇圧力、金融安定リスクなければ強い雇用状態は問題にならない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の回復はもろい」「経済成長は第2四半期で底を打ち、第3、第4四半期はプラス成長が見込まれる」「持続可能な回復はより多くの財政支援によるだろう」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国は強い経済に戻るだろう」「経済が完全に回復するまでには時間がかかる」「経済は財政と金融政策の両方のサポートを必要とする」「ダウンサイドリスクはアップサイドリスクよりも確率が高い」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「経済が完全に回復するためには、金融政策と財政政策の支援が必要」「労働市場がパンデミック前のレベルに戻るには数年かかるだろう」「インフレが目標の2%までに戻るのはしばらく時間がかかるだろう」

[2020-08-29][NP     HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレは低すぎるより2%を超えるほうが良い」「ぜり金利への接近の影響を相殺する必要がある」

[2020-08-06][NP+1.0 HDP +2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「フォワードガイダンス、債券購入がさらなる刺激を提供」「インフレは今後しばらく低水準にとどまる見込み」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「20年の米GDPは6%減の見通し、予測の不確実性極めて高い」「最近のコロナ感染増加で下振れリスク」「米経済の調整で回復にはしばらくかかる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「フォワードガイダンスについて、債券購入がさらなる刺激を提供」「最近のデータは経済活動鈍化を示唆」「米経済の調整で回復には当面時間がかかる」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国はさらに多くの財政支援を必要としている」「マイナス金利導入の支持はほとんどない」

[2020-07-08][NP-2.0 HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.3]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ウィルスの第2波がより人々を注意深くさせる」「パンデミック前のレベルに到達するまでには長い時間がかかる」「我々はしばらくの間、緩和的な金融政策を期待」「州、地方自治体はより多くの助けが必要」

(最終更新日時 2020-10-23 20:14)

ロレッタ・メスター バックナンバー

ロレッタ・メスター カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース