メキシコ政府関係の発言・ニュース

メキシコ政府

 メキシコ合衆国の政府関連となっている発言やニュースについて紹介しています。

 このカテゴリ内では複数の政府関係者による発言や、政府に関するニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは目安の数値となります。

 特に2009年の豚インフルエンザが発生時には、メキシコからの政府の対応や速報に対して相場が反応し動くケースが見られました。

HDP

中間派

 HDP   -0.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコのブエンロストロ経済相は記者会見で、米国がメキシコからの鉄鋼に関税を課せば報復関税をかけると表明した。米国の動きは政治的な動機によるもので、貿易にとって良いことではないと述べている。同相は今月、米通商代表部(USTR)のタイ代表とオンラインで会談。タイ氏はこのなかで、メキシコから米国への鉄鋼・アルミニウム輸出が急増していることに対処するよう求めるとともに、関税が復活する可能性があると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のメキシコ政府関係の発言・ニュース

[2024-02-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコのブエンロストロ経済相は記者会見で、米国がメキシコからの鉄鋼に関税を課せば報復関税をかけると表明した。米国の動きは政治的な動機によるもので、貿易にとって良いことではないと述べている。同相は今月、米通商代表部(USTR)のタイ代表とオンラインで会談。タイ氏はこのなかで、メキシコから米国への鉄鋼・アルミニウム輸出が急増していることに対処するよう求めるとともに、関税が復活する可能性があると述べた。

[2023-12-15][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコ中銀声明「金利はしばらくの間現在の水準に維持する必要がある」「今回の決定は全会一致」
・メキシコ中銀声明「2023年第4四半期のインフレ率は4.4%になると予想」「2024年第4四半期のインフレ率は3.5%になると予想」「2025年第4四半期のインフレ率は3.1%になると予想」

[2023-11-30][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコ中銀「政策会合からのインフレ見通しを維持」「2023年のGDP成長率予測を3%から3.3%に引き上げ」「2024年のGDP成長率予測を2.1%から3%に引き上げ」「2025年のGDP成長率は1.5%になると予想」

[2023-11-21][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・日本経済新聞によると、メキシコの2024年度歳出予算が下院を通過した。残り任期が1年を切ったロペスオブラドール大統領は、観光鉄道の新設や年金など看板政策に振り切った予算を編成させた。財政赤字は過去30年で最悪の規模に達する見通しだ。人気取りを優先した予算編成により、中南米では比較的安定していたメキシコの財政悪化が確実になり、国際通貨基金(IMF)も苦言を呈している。

[2023-11-10][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコ中銀声明「理事会はメキシコにおけるインフレ解消プロセスの進展を認識」「見通しは依然として厳しいと判断」「金融政策スタンスは、インフレ率が予測期間内に3%の目標に収束するために必要な軌道にとどまる」
・メキシコ中銀声明「理事会はインフレ圧力だけでなく、予想されるインフレ経路とインフレ期待に影響を与えるあらゆる要因を徹底的に監視」「基準金利をしばらくの間現在の水準に維持する必要がある」

[2023-10-10][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコのロペスオブラドール大統領は、同国経由で米国への移民を希望する人々が殺到している問題を協議するため、今月22日に中南米・カリブ海の11ヵ国首脳を招待して会議を開くと発表した。

[2023-10-09][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコのロペスオブラドール大統領は、米政府はメキシコとの国境に新たな壁を建設することを望んでいないと述べた。バイデン米政権は5日、記録的な水準に達している不法移民の流入を抑制するため、メキシコとの国境の壁を一部増設する方針を示している。

[2023-09-29][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・メキシコ中銀声明「今回の決定は全会一致」「政策金利を現在の水準で長期間維持する必要がある」「2023年第4四半期のインフレ率は4.7%になると予想」
・メキシコ中銀声明「2024年第4四半期のインフレ率は3.4%になると予想」「2025年第3四半期のインフレ率は3.1%になると予想」「メキシコ経済の回復力がインフレを遅らせる可能性がある」「8月以降、中長期債利回りが上昇」

[2023-09-07][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・日本経済新聞によると、メキシコの与党・国家再生運動(MORENA)は6日、2024年6月の大統領選の公認候補にシェインバウム・前メキシコシティ市長(61)を指名したと発表した。大統領選は与党が優勢だ。米中対立で北米供給網の重要性が増すなか、メキシコで左派政権による保護主義が続く可能性が高まっている。
・ヒース・メキシコ中銀副総裁「コアインフレは依然として長い道のり」

[2023-08-31][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
・ロイター通信によると、メキシコ中央銀行は30日公表の四半期報告書で、2023年と24年の経済成長率見通しを引き上げた。一方、近い将来に利下げに転じる可能性は低いとの立場を堅持した。

(最終更新日時 2024-02-29 10:52)

メキシコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

メキシコ政府関係 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース