メキシコ政府関係の発言・ニュース

メキシコ政府

 メキシコ合衆国の政府関連となっている発言やニュースについて紹介しています。

 このカテゴリ内では複数の政府関係者による発言や、政府に関するニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは目安の数値となります。

 特に2009年の豚インフルエンザが発生時には、メキシコからの政府の対応や速報に対して相場が反応し動くケースが見られました。

HDP

中間派

 HDP   -1.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-13][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「金利決定は全会一致ではなかった」「4人の委員が0.50%の利上げに投票、1人が0.75%の利上げに投票」「2022年第1四半期に経済活動が回復したことが示された」
・メキシコ中銀声明「ヘッドラインとコアのインフレ予測は、2023年第2四半期と第3四半期まで上方修正」「ただ、3%のインフレ目標への収束は2024年の第1四半期に達成されると予想」「世界的な金融および金融情勢の継続的な引き締め、および地政学的紛争に関連する重大な不確実性とより大きなインフレ圧力の環境によってもたらされる課題について検討」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のメキシコ政府関係の発言・ニュース

[2022-05-13][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「金利決定は全会一致ではなかった」「4人の委員が0.50%の利上げに投票、1人が0.75%の利上げに投票」「2022年第1四半期に経済活動が回復したことが示された」
・メキシコ中銀声明「ヘッドラインとコアのインフレ予測は、2023年第2四半期と第3四半期まで上方修正」「ただ、3%のインフレ目標への収束は2024年の第1四半期に達成されると予想」「世界的な金融および金融情勢の継続的な引き締め、および地政学的紛争に関連する重大な不確実性とより大きなインフレ圧力の環境によってもたらされる課題について検討」

[2022-05-04][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・ヒース・メキシコ中銀副総裁「物価のコントロールに注視すべき」「インフレに対応するため、常識を超えた政策に対してオープン」「短期的には物価コントロールは機能する」

[2022-05-03][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコのオブラドール大統領はバイデン米大統領と最近行った対話は「非常に良好だった」としつつも、米国が中米に十分な投資を行っていないと批判した。また、バイデン大統領との会談で、6月にロサンゼルスで開催される北米・中南米カリブ諸国による米州首脳会議に米州すべての国が招待されるべきという考えを伝えたと明らかにしている。
・日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、メキシコ連邦保健省は4月26日、新型コロナウイルス関連のここ数週間の低い病床利用率や、高いワクチン接種率(成人人口の90%)、低い新規死者数、低い新規感染者数といった状況を受け、新型コロナはパンデミックではなく、エンデミック(一定期間で繰り返される流行)に移行したとし、5月2日以降に適用する各州の感染警戒信号について発表しなかった。感染に関して毎日発表していた統計情報のリリースも、26日以降は発表がない。

[2022-04-07][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀理事「前倒しの利上げも考えるべき」「中立スタンスから脱却しなくてはならない」

[2022-03-25][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「今回の政策決定は全会一致」「3%のインフレ目標への収束は2024年の第1四半期に達成されると予想」
・メキシコ中銀声明「世界的な金融および金融情勢の継続的な引き締め、および地政学的紛争に関連する重大な不確実性とより大きなインフレ圧力の環境によってもたらされる課題について検討」「インフレ圧力と期待に影響を与える全ての要因を徹底的に監視」
・ロイター通信によると、メキシコ中銀は24日に開催した金融政策決定会合で、政策金利を予想通り0.50%ポイント引き上げ6.50%とした。利上げは7会合連続。中銀発表の数時間前にはロペスオブラドール大統領が0.50%ポイントの利上げが決定されたとの異例の公表をしていた。利上げは全会一致だった。

[2022-03-16][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコのインフレ率、2022年には5.9%になるとの報。

[2022-03-08][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀副総裁「あまり好ましくない経済実績を受け、メキシコ政府はまもなく22年成長予測を修正しなければならないだろう」

[2022-02-11][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「金利決定は全会一致ではなかった」「4人のメンバーが6.00%への利上げに投票」「インフレ圧力が予想よりも大きく、長く続いている」「インフレ圧力を注意深く監視する」「インフレに対するリスクは上サイドに偏ったまま」

[2022-01-11][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・日本経済新聞によると、メキシコで新型コロナウイルスの感染が再び広がってきた。メキシコ保健省によると、8日の1日当たりの新規感染者数は3万671人と過去最多を更新した。累計の感染者数は400万人を超え、死亡者数も30万人に達する。変異型「オミクロン型」の拡大で検査体制は逼迫しつつある。

[2021-12-22][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀のディアスデレオン総裁は、最近の利上げについて、できるだけ早期のインフレ抑制に対するコミットメントを示していると述べた。1月は多くの価格が設定される時期だとし、「3%目標へのできるだけ早期の回帰にコミットしているというシグナルを送るのが適切だ」という見方を示している。

(最終更新日時 2022-05-14 11:00)

メキシコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

メキシコ政府関係 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース