メキシコ政府関係の発言・ニュース

メキシコ政府

 メキシコ合衆国の政府関連となっている発言やニュースについて紹介しています。

 このカテゴリ内では複数の政府関係者による発言や、政府に関するニュースを掲載しているため、HDP・RHDPは目安の数値となります。

 特に2009年の豚インフルエンザが発生時には、メキシコからの政府の対応や速報に対して相場が反応し動くケースが見られました。

HDP

中間派

 HDP   -1.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-10][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・ディアスデレオン・メキシコ中銀総裁「ビットコインは決済手段というよりもボラティリティの高い投資のようなもの」
・メキシコ中銀のディアスデレオン総裁は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインについて、中銀が発行する「進化した」不換紙幣というよりは物々交換の手段に近く、リスクの高い投資で、価値を維持する能力に乏しいという認識を示した。さらに、暗号通貨が通貨とみなされるためには、信頼された決済手段となる必要があるほか、価値を維持する必要があると指摘している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のメキシコ政府関係の発言・ニュース

[2021-09-10][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・ディアスデレオン・メキシコ中銀総裁「ビットコインは決済手段というよりもボラティリティの高い投資のようなもの」
・メキシコ中銀のディアスデレオン総裁は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインについて、中銀が発行する「進化した」不換紙幣というよりは物々交換の手段に近く、リスクの高い投資で、価値を維持する能力に乏しいという認識を示した。さらに、暗号通貨が通貨とみなされるためには、信頼された決済手段となる必要があるほか、価値を維持する必要があると指摘している。

[2021-08-12][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコのロペスオブラドール大統領は、バイデン米大統領が9月下旬に同国を訪問するよう招待したと明らかにした。9日には、ハリス米副大統領がロペスオブラドール大統領と移民問題や新型コロナウイルス対策、中米経済の強化の必要性について電話で協議している。

[2021-07-30][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・ヨリオ・メキシコ財務次官「メキシコ政府は国営石油会社ペメックスへの支援を継続する」

[2021-07-14][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ保健省は、新型コロナウイルスの新規感染者数が1万1137人になったと発表した。ロイターの集計によると2月11日以来の多さ。累計の感染者数は260万4711人となっている。
・ロイター通信によると、メキシコ保健省は13日、新型コロナウイルスの新規感染者数が1万1137人になったと発表した。ロイターの集計によると2月11日以来の多さとなる。累計の感染者数は260万4711人となった。死者数は219人増え、累計23万5277人となった。

[2021-07-08][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀議事要旨「ほとんどのメンバーは21年末のインフレ期待は再び上昇するものの、中長期的な期待は目標の3%を上回る水準で安定と指摘」「ほとんどのメンバーは、インフレ圧力は一過性のものと指摘したが、価格形成プロセスにリスクをもたらす可能性も強調」「メンバーの大半は、今後の金融政策の実施はインフレに影響を与える要因の展開に依存することで同意」

[2021-06-25][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「利上げ決定は全会一致ではなかった」「理事会の2人のメンバーが4.0%で据え置きを支持」
・メキシコ中銀声明「インフレに対するリスクバランスは上向きに偏っている」「ヘッドライン・インフレは22年第3四半期中に目標の3%に収束すると予想」「インフレ期待への悪影響を回避するため、金融政策スタンスを強化する必要があると判断」

[2021-06-10][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコのロペスオブラドール大統領は定例記者会見で、前日会談したハリス米副大統領を「並外れた女性」と称賛。会談についても、「非常に良いものだった」と評価したうえで、「まったく新たな段階だ」と述べている。
・メキシコのロペスオブラドール大統領は、エレラ財務公債相を次期中銀総裁に指名した。エレラ氏は世銀などでの勤務を経て、2019年7月に財務公債相に就任。ロペスオブラドール大統領の意向に従い、緊縮的な財政政策を実施した。
・ロイター通信によると、メキシコのロペスオブラドール大統領は9日、アルトゥロ・エレラ財務公債相を次期中央銀行総裁に指名した。

[2021-06-03][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ政府は、米国のブリンケン国務長官とメキシコのエブラルド外相がコスタリカで会談したと発表した。移民に関する協力と新型コロナウイルスワクチンの配布について協議したという。

[2021-04-12][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・ディアスデレオン・メキシコ中銀総裁「景気の回復は様々セクターで不均一であり、メキシコは新たな課題に直面する」「新興国の債券市場で資金流入を期待するのは困難な状況」

[2021-03-26][NP     HDP -1.2 CHDP -0.8 RHDP -1.2 CRHDP -0.8]
・メキシコ中銀声明「据え置きは全会一致で決定」「21年のインフレ期待は上向きに調整」「中長期的にインフレは3%目標を上回って安定的に推移」

(最終更新日時 2021-09-11 11:49)

メキシコ政府関係の発言・ニュース バックナンバー

メキシコ政府関係 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース